KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • まさじ
  • 主事
  • 入江稔夫
  • 河津憲太郎
  • 運動
  • 資料
  • 中央
  • 理事会
  • 前畑秀子

「清川正二」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1975年06月25日
    清川正二

    清川正二、運動、経済、きよかわ・まさじ、死去・1999(平成11)年4月13日、1932年ロサンゼルスオリンピック100メートル背泳ぎ優勝、水連常務理事、国際水連名誉主事、兼松江商社長、相談役などを歴任、IOC副会長、紫綬褒章受章、勲二等瑞宝章受章=1975(昭和50)年6月25日

    商品コード: 1975072900007

  • 1979年03月19日
    清川正二

    清川正二、運動・経済、きよかわ・まさじ、1932年ロサンゼルス五輪100m背泳ぎ優勝、1936年ベルリン五輪100m背泳ぎ3位、日本水連常務理事、国際水連名誉主事、兼松江商社長・相談役・名誉顧問、IOC理事・副会長、紫綬褒章受章、勲二等瑞宝章受章=1979(昭和54)年3月19日

    商品コード: 1979031900003

  • 1968年10月03日
    (きよかわ・まさじ) 清川正二

    水泳選手=1932年ロサンゼルス五輪100m背泳ぎ優勝、36年ベルリン五輪同3位、水連常務理事、国際水連名誉主事、兼松江商相談役、IOC理事=1968(昭和43)年9月26日撮影

    商品コード: 2006021500055

  • 1979年04月06日
    (きよかわ・まさじ) 清川正二

    ベルリンオリンピック3位、水連常務理事、国際水連名誉主事、兼松江商相談役、IOC理事=1979(昭和54)年3月19日撮影

    商品コード: 2004092900116

  • 1975年07月03日
    (きよかわ・まさじ) 清川正二

    ベルリンオリンピック3位、水連常務理事、国際水連名誉主事、兼松江商相談役、IOC理事=1975(昭和50)年6月25日撮影

    商品コード: 2005040500035

  • 1983年09月07日
    清川正二

    清川正二、運動、経済、きよかわ・まさじ、死去・1999年4月13日、1932年ロス五輪100m背泳ぎ金メダル、1936年ベルリン五輪100m背泳ぎ銅メダル、日本水連常務理事、兼松江商社長・相談役・名誉顧問、IOC委員・理事・副会長・名誉委員、朝日賞受賞、オリンピック・オーダー銀章受章、紫綬褒章受章、勲二等瑞宝章受章=1983(昭和58)年9月7日

    商品コード: 1983102000010

  • 1983年10月07日
    (きよかわ・まさじ) 清川正二

    ベルリンオリンピック3位、水連常務理事、国際水連名誉主事、兼松江商相談役、IOC理事=1983(昭和58)年9月7日撮影

    商品コード: 2004042800096

  • 1947年08月26日
    (きよかわ・まさじ) 清川正二

    水泳選手、ベルリンオリンピック3位=1947(昭和22)年8月26日撮影

    商品コード: 2001110700078

  • 1999年04月13日
    IOC会長を出迎え 清川正二さん死去

    79(昭和54)年10月、来日したキラニンIOC会長(右)を出迎える清川正二IOC副会長=大阪国際空港(資料99292)

    商品コード: 1999041300057

  • 1999年04月13日
    IOC理事会 清川正二さん死去

    79(昭和54)年10月、名古屋市のホテルで開かれたIOC理事会での清川正二さん(左から3人目)。中央はキラニン会長(資料99294)

    商品コード: 1999041300058

  • 1999年04月13日
    清川正二さん 清川正二さん死去

    死去した清川正二さん(水泳五輪金メダリスト)(ソウル五輪358)

    商品コード: 1999041300042

  • 1999年04月13日
    メダルを授与 清川正二さん死去

    1988年2月のカルガリー五輪、フリースタイルスキーの表彰式でメダルを授与する清川正二さん(共同)(カルガリ五輪173)

    商品コード: 1999041300060

  • 1999年04月13日
    清川正二さん死去

    死去した清川正二さん(水泳五輪金メダリスト)(運動25409)

    商品コード: 1999041300040

  • 1999年04月13日
    ロサンゼルス五輪優勝 清川正二さん死去

    1932年第10回ロサンゼルス五輪、100メートル背泳ぎで優勝した清川正二さん(右端)。入江稔夫さん(中央)が2位、河津憲太郎さん(左端)も3位と表彰台を独占した(資料49653)資料

    商品コード: 1999041300056

  • 1999年04月13日
    和代夫人と水泳 清川正二さん死去

    東京・駒込の東京スイミングセンターで夫人の和代さんと水泳を楽しむ清川正二さん=84(昭和59)年4月(人物41349)

    商品コード: 1999041300059

  • 2021年03月26日
    メダルを独占した日本勢 世界に挑む日本の競泳

    1932年ロサンゼルス五輪男子100㍍背泳ぎで、メダルを独占した日本勢。右が優勝した清川正二選手

    商品コード: 2021032613573

  • 2018年11月12日
    表彰式の鈴木大地 金メダルに託した願い

    ソウル五輪水泳男子100㍍背泳ぎの表彰式で鈴木大地に金メダルをかけて握手する清川正二IOC委員(共同)

    商品コード: 2018111217356

  • 1999年04月26日
    激動期のIOC会長 キラニン卿が死去

    名古屋市のホテルで開かれたIOC理事会、中央がキラニン会長。左から3人目は13日死去した清川正二さん=79(昭和54)年10月

    商品コード: 1999042600004

  • 2004年05月10日
    清川軸にメダル独占

    1932年ロサンゼルス五輪水泳男子100メートル背泳ぎでメダルを独占した日本勢。右から優勝した清川正二、2位の入江稔夫、3位の河津憲太郎

    商品コード: 2004051000096

  • 2012年04月17日
    表彰台独占の日本勢 水泳ニッポン花開く

    1932年、第10回ロサンゼルス大会、水泳100メートル背泳ぎで優勝した清川正二(右)、2位の入江稔夫(中)、3位の河津憲太郎(左)

    商品コード: 2012041700269

  • 1968年04月22日
    古橋氏、名誉の殿堂入り

    殿堂入りの記念たてを贈られた古橋広之進氏(中央)、左は奥野良・日本水連会長、右は清川正二・国際水連名誉主事=体協で

    商品コード: 2002040300216

  • 2018年03月19日
    競泳で表彰台独占 若さの輝き「水の王国」

    1932年ロサンゼルス五輪の競泳男子100㍍背泳ぎは日本選手が表彰台を独占。右から優勝した清川正二、2位の入江稔夫、3位の河津憲太郎

    商品コード: 2018031900731

  • 1979年10月23日
    IOC理事会開く

    IOC理事会全景。正面がキラニン会長、左から3人目立っているのが清川正二第3副会長=1979(昭和54)年10月23日、名古屋・ホテルナゴヤキャッスル

    商品コード: 2004081800453

  • 2020年06月07日
    表彰台独占した日本勢 「水泳ニッポン」が輝き

    1932年ロサンゼルス五輪の競泳男子100㍍背泳ぎで表彰台を独占した日本勢。右から優勝した清川正二、2位の入江稔夫、3位の河津憲太郎

    商品コード: 2020060700104

  • 1999年04月26日
    巧みな政治手腕も発揮 柔軟な姿勢のキラニン卿

    来日し、清川正二IOC副会長(左)の出迎えを受けるキラニンIOC会長=79(昭和54)年10月、大阪国際空港(資料99292)

    商品コード: 1999042600142

  • 2004年03月09日
    14、15歳日本勢が米国圧倒

    ロサンゼルス大会100メートル背泳で表彰台を独占した日本勢。右から優勝した清川正二、2位の入江稔夫、3位の河津憲太郎

    商品コード: 2004030900075

  • 1980年04月25日
    会見する清川副会長 清川IOC副会長が帰国

    ローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)理事会から帰国、「モスクワ五輪の個別参加はあり得ない」と語る清川正二IOC副会長=1980(昭和55)年4月25日、成田空港(昭和55年運動2864)

    商品コード: 2017042600427

  • 2021年03月24日
    ベルリン五輪の聖火トーチ 倉庫に眠るお宝22万点

    五輪で初めて聖火リレーが採用された1936年ベルリン大会のトーチ。32年ロサンゼルス大会競泳金メダリストの清川正二さんから寄贈された=東京都足立区の秩父宮記念スポーツ博物館

    商品コード: 2021032408609

  • 1980年02月28日
    清川副会長が文相に報告

    報告前に握手する谷垣専一文相(左)と清川正二IOC副会長。右は竹田恒徳IOC委員。清川副会長、竹田委員は、前日IOC総会から帰国し、文相に「モスクワ・オリンピック開催は方針通り」と報告した=1980(昭和55)年2月28日、文部省

    商品コード: 2017112100107

  • 1984年08月03日
    思い出の地でメダル授与 ロス五輪第7日

    水泳男子100メートル背泳ぎで優勝したリック・ケアリーにメダルを授与後、表彰台から観衆に手を振る清川正二IOC委員=1984(昭和59)年8月3日、南加大プール所(共同)

    商品コード: 2020012309889

  • 2000年07月10日
    研修受ける清川正二氏 「父を返せ」と怒声浴び

    )、社会302S、モノクロのみ、12日付朝刊以降、一括使用可、解禁厳守  オーストラリア・ビクトリア州の羊毛学校で研修を受ける清川正二元IOC副会長(左上)=1937年ごろ

    商品コード: 2000071000135

  • 2020年04月08日
    ロス五輪帰国の鶴田義行ら 三段跳びV3、水泳王国

    1932年ロサンゼルス五輪から帰国した競泳選手団。男子200㍍平泳ぎ2連覇の鶴田義行(中列左)のほか、背泳ぎ優勝の清川正二(同右)、女子平泳ぎ銀メダルの前畑秀子(前列)と14歳で男子1500㍍自由形優勝の北村久寿雄=1932年9月、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2020040801044

  • 1932年09月08日
    日本電報通信社資料

    ロサンゼルス五輪代表選手第2陣が帰国。下船する(手前から)女子200メートル平泳ぎ銀メダルの前畑秀子、男子100メートル背泳ぎ金メダルの清川正二(右)、男子200メートル平泳ぎ金メダルの鶴田義行(左)、男子1500メートル平泳ぎ金メダルの北村久寿男の各メダリストたち=1932(昭和7)年9月8日、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932090800003

  • 2020年01月08日
    ロス五輪帰国の鶴田義行ら 「苦しさに慣れ」V2

    1932年ロサンゼルス五輪から帰国した競泳選手団。男子200㍍平泳ぎ2連覇の鶴田義行(中段左)のほか、背泳ぎ優勝の清川正二(中段右)、女子平泳ぎ銀メダルの前畑秀子(手前)と14歳で男子1500㍍自由形優勝の北村久寿雄=1932年9月、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2020010803148

  • 1999年12月20日
    顔7枚 「日本の顔」盛田昭夫

    )、企画12S、新聞は12月25日付朝刊以降使用、ラ・テは24日午後5時以降使用厳守  三木のり平(K96-33487)、ジャイアント馬場(人物通信29256)、山岡久乃(K99-4688)、清川正二(運動25409)、別所毅彦(人物79169)、佐治敬三(K99-37824)、江藤淳(S99-1807)

    商品コード: 1999122000123

  • 1980年02月01日
    モスクワ五輪、事実上ボイコット

    モスクワ五輪事実上ボイコットの政府方針を受け、記者会見する柴田勝治JOC(日本オリンピック委員会)委員長(右)。左は清川正二IOC(国際オリンピック委員会)副会長。柴田委員長は、参加の方向でなお対応検討と述べる=1980(昭和55)年2月1日、東京都渋谷区の日本体育協会

    商品コード: 2017080900568

  • 1