KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 建築
  • 皇帝
  • 指定
  • 景観
  • 登録
  • 西太后
  • 観光地
  • 風景
  • 乾隆帝

「清東陵」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年06月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    文化財の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、楼淑琦(ろう・しゅくき)さん。今回の修復作業では技術指導責任者を務めた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=2015(平成27)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402240

  • 2018年09月05日
    空と雲が織りなす豊かな風景

    5日、中国河北省唐山市が管轄する県級市、遵化(じゅんか)市の清東陵(しんとうりょう)景勝地で、朝の光の中にたたずむ石像。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108123

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼の工事現場で修復作業を行う作業員。中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309867

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼。(小型無人機から)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309864

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    上:10日、修復中の景陵・大碑楼内にある石碑。/下:修復前の景陵・大碑楼内の石碑。(2012年5月5日撮影)(組み合わせ写真)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼の工事現場で修復作業を行う作業員。中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309874

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    上:10日、修復中の景陵・大碑楼。/下:修復前の景陵・大碑楼。(2011年11月13日撮影)(組み合わせ写真)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309856

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:50.75
    2018年09月22日
    「新華社」清東陵景陵大碑楼、主要部分の修復工事が完工

    中国河北省唐山市が管轄する県級市、遵化(じゅんか)市にある清東陵(しんとうりょう)景陵大碑楼はこのほど、主要部分の修復工事が完工した。基壇の石の修復や彩色画の塗装などの仕上げ工事が終わった後、一般公開される。清東陵景陵は清代の康熙(こうき)帝の陵墓で、大碑楼は史上初めて内部に2つの大きな石碑を持つ形が採用されており、これらの石碑には康熙帝の偉大な功績が刻まれている。大碑楼は1952年7月に落雷で炎上し焼失したが、国家文物局は2013年4月、清東陵景陵大碑楼の修復工事案に基本合意し、2014年から修復工事が始まった。4年余りを費やした修復工事も終わりに近づいており、景陵大碑楼の復元はほぼ完了している。(記者/曲瀾娟)<映像内容>清東陵景陵大碑楼の主要部分の修復工事が完工、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720634

  • 02:45.46
    2019年10月31日
    「新華社」多彩な秋色に染まる古長城河北省遵化市

    秋深まる中国河北省唐山市に位置する県級市、遵化(じゅんか)市の山々には、くねくねと横たわる巨竜のような古長城と色とりどりの葉が織りなす壮大な風景が広がっている。同市全域を貫く古長城は、東は洪山口(こうさんこう)から、西は北京郊外の清東陵付近まで、燕山山脈に沿って蛇行しながら80キロにわたって続いている。同地で最初に長城を築いたのは戦国時代の燕国(えんこく)で、その後の歴代王朝も修復を続けた。現存する城壁の大部分は明代に整備されたもので、比較的良く保存されている。(記者/高博)<映像内容>河北省遵化市の古長城の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608604

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の定東陵。右が東太后(慈安太后)の普祥峪定東陵、左が西太后(慈禧太后)の菩陀峪定東陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802133

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の定東陵。手前が東太后(慈安太后)の普祥峪定東陵、奥が西太后(慈禧太后)の菩陀峪定東陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802190

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる河北省遵化市の清東陵風景区の定東陵。左が東太后(慈安太后)の普祥峪定東陵、右が西太后(慈禧太后)の菩陀峪定東陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802195

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵風景区の昭西陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802211

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の恵陵(同治帝の陵墓)。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802257

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の裕陵(乾隆帝の陵墓)。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802260

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵裕陵の大碑楼。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802229

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の裕陵(乾隆帝の陵墓)。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802258

  • 2020年05月23日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    23日、河北省遵化市の清東陵の景陵(康煕帝の陵墓)。(小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802111

  • 2020年05月23日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    23日、清東陵の陵墓群。右から裕陵、裕陵妃園寝、定東陵。(小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802228

  • 2020年05月23日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    23日、清東陵の神路(参道)と石像生(帝王陵などに設置された石人や石獣)。(小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802210

  • 2020年05月23日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    23日、河北省遵化市の清東陵。(小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802185

  • 01:01.00
    2020年05月27日
    「新華社」幻想的な雨上がりの長城河北省遵化市

    中国河北省遵化(じゅんか)市の万里の長城付近では、山頂から谷へと流れる雲や霧の中に長城が見え隠れし、幻想的な雰囲気が漂う。長城は稜線に合わせて起伏しており、霧や雲の中で躍動する1匹の竜を思わせる。崩れかけた城壁は植物で覆われ、世の移り変わりを際立たせる。同市内の長城は全長約68・9キロで、東は洪山口、西は清東陵付近まで続く。同区間は戦国時代に燕国によって築かれ、歴代王朝による修復が繰り返された。現存する城壁の大部分は明代に整備されたもので、比較的良好な状態で保存されている。(記者/王昆)<映像内容>雨上がりの万里の長城の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802270

  • 01:17.29
    2020年05月27日
    「新華社」河北省の清東陵、一般開放再開へ人数制限し30日から

    中国河北省遵化市の清東陵風景区は、30日から一般開放を再開する。現在は職員が環境整備を行っており、開放再開に先立つ準備作業に取り組んでいる。清東陵は、現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。同風景区は感染対策と安全で秩序ある開放再開を統一的に進めるため、チケットを記名式に改め、時間帯を分けたオンライン事前予約を実施する。1日当たりの予約受付人数は4千人以内に制限するという。今回は主に孝陵の主神路(参道)や西太后(慈禧太后)の定東陵など屋外エリアが開放される。(記者/王昆)<映像内容>清東陵の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802273

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」(部分)。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402208

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    絹織物の修復作業をする文化財修復師の戴華麗(たい・かれい)さん。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402232

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」と夾衣。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402237

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」(部分)。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402246

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    絹織物の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、趙若含(ちょう・じゃくかん)さん。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402296

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館の文化財修復師らが数年かけて修復した錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402217

  • 01:05.75
    2020年08月03日
    「新華社」清東陵で一部陵墓の補修プロジェクト始まる河北省

    中国河北省の文物局はこのほど、同省遵化(じゅんか)市にある清朝の歴代皇帝陵墓群「清東陵」を管理する清東陵文物管理処に対し、一部の陵墓の修復実施を許可したと明らかにした。順治帝の孝陵や咸豊帝の定陵、同治帝の恵陵などが対象となる。清東陵は同市の中心市街地の北西30キロの地点にあり、北京市の市街地からは東に125キロ離れている。敷地面積は80平方キロで、国内に現存する帝王陵墓建築群の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。皇帝陵や皇后陵15基の造営は1661(順治18)年の順治帝の孝陵に始まり、1908(光緒34)年の西太后の菩陀峪定東陵まで247年間にわたり続けられた。(記者/王昆)<映像内容>歴代皇帝陵墓群「清東陵」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405487

  • 01:41.50
    2020年08月04日
    「新華社」清王朝の輝き伝える金銀工芸河北省遵化市

    中国清朝の歴代皇帝陵墓群「清東陵」がある河北省遵化市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は、清朝皇室の歴史・文化を色濃く残し、金銀器の生産・加工が発達している。300年余りの継承・発展を経て、現在では金銀器の開発・デザイン、生産・加工、販売、展示を集約した文化産業基地が形成されている。馬蘭峪の金銀工芸は、明清金銀器が持つ伝統的な作図や鋳型制作、彫刻などの工芸の神髄を継承しつつも、花糸や象眼など皇室ゆかりの工芸技法を絶えず充実させ、製品の外観に美しさと特徴を添えている。製品は置物、酒器、茶器、食器の4シリーズ260種類余りで構成されており、北京市や天津市、広東省、福建省などに幅広い市場を持つ。韓国やロシア、フランスなどへも輸出されており、地元の雇用をけん引する特色産業となっている。同鎮には現在、金銀器加工企業が80社余りあり、周辺農民3千人余りの雇用の受け皿となっている。(記者/王昆)<映像内容>金銀工芸の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080503946

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402242

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402218

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で展示された修復後の吉祥帽。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402270

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館での修復を経て展示された錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402231

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で慈禧太后の竜袍(皇帝や皇后の装束)を眺める来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402216

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402324

  • 02:06.38
    2020年08月11日
    「新華社」杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。今回の展示品は、同博物館のシルク修復師らが8年かけて修復したものだという。中でも慈禧太后の遺体を覆っていた錦の織物「織金陀羅尼経被(しききんだらにきょうひ)」は長さ290センチ、幅275センチで、制作に当時の通貨で銀16万両を費やした。また、同太后が埋葬時に身に着けていた装束の一つ「黄江綢繍五彩五蝠平金仏字女竜袍(こうこうちゅうしゅうごさいごふくへいきんぶつじじょりゅうほう)」には多くの「仏」の字が刺繍(ししゅう)されており、太后の信仰の厚さを示している。会期は11月8日まで。(記者/馮源、李濤)<映像内容>清王朝の女性皇族の装束などの展示、修復の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205282

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    文化財の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、楼淑琦(ろう・しゅくき)さん。今回の修復作業では技術指導責任者を務めた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402229

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402287

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館の文化財修復師らが数年かけて修復した錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402252

  • 2021年03月02日
    (4)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪晴れの青空にそびえる清東陵の裕陵(乾隆帝の陵墓)。中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030206622

  • 2021年03月02日
    (5)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、上空から見た清東陵の裕陵(乾隆帝の陵墓)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030207344

  • 2021年03月02日
    (3)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030206447

  • 2021年03月02日
    (8)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)にある竜鳳門。中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030207291

  • 2021年03月02日
    (2)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030206332

  • 2021年03月02日
    (7)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030207223

  • 2021年03月02日
    (6)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030207313

  • 2021年03月02日
    (1)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の石牌坊。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030206566

  • 2021年03月02日
    (9)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の主神路(参道)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030207236

  • 2021年03月02日
    (10)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の主神路(参道)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030207273

  • 2022年06月12日
    (2)「文化・自然遺産の日」中国各地で無形文化遺産の体験イベント

    10日、河北省にある世界文化遺産の「清東陵」を見学する遵化市東陵満族郷中学校の生徒。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は11日)に合わせ、各地ではさまざまなイベントが開催されている。参加者は無形文化遺産を自ら体験することで理解を深め、伝統文化の魅力を味わった。(遵化=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061204556

  • 1