KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 極東国際軍事裁判
  • 資料
  • 安保条約
  • 強行採決
  • 東京裁判
  • いちろう
  • 会期延長
  • 衆議院議員
  • 衆議院議長

「清瀬一郎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
40
( 1 40 件を表示)
  • 1
40
( 1 40 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1963年06月20日
    (きよせ・いちろう) 清瀬一郎

    法学博士、弁護士会会長、極東国際軍事裁判A級弁護人(東条英機担当)、衆議院議員、自民党、文相、衆議院議長=1963(昭和38)年5月29日撮影

    商品コード: 2007011600020

  • 1947年01月01日
    (きよせ・いちろう) 清瀬一郎

    法学博士、弁護士会会長、極東国際軍事裁判A級弁護人(東条英機担当)、衆議院議員・自民党、文相、衆議院議長、読書=1947(昭和22)年1月

    商品コード: 2004022700183

  • 1947年02月24日
    清瀬一郎

    清瀬弁護人の冒頭陳述(東京裁判)=1947(昭和22)年2月24日、撮影場所不明

    商品コード: 2021083109195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1947年01月31日
    清瀬一郎

    極東国際軍事裁判(東京裁判)日本側弁護人の清瀬一郎=1947(昭和22)年1月(撮影日不明)(22年内地番号なし)

    商品コード: 2014060300167

  • 1964年12月14日
    (きよせ・いちろう) 清瀬一郎

    衆議院議員=1964(昭和39)年12月14日撮影

    商品コード: 2007091900066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1947年01月31日
    清瀬一郎

    極東国際軍事裁判(東京裁判)日本側弁護人の清瀬一郎=1947(昭和22)年1月(撮影日不明)(22年内地番号なし)

    商品コード: 2014060300168

  • 1947年02月24日
    (きよせ・いちろう) 清瀬一郎

    法学博士、弁護士会会長、極東国際軍事裁判A級弁護人(東条英機担当)、衆議院議員・自民党、文相、衆議院議長=1947(昭和22)年2月24日、戦犯法廷にて(戦570、576)

    商品コード: 1947022400001

  • 1946年06月05日
    清瀬一郎氏

    極東国際軍事裁判弁護人の清瀬一郎氏=1946(昭和21)年6月5日(戦犯番号なし)

    商品コード: 2014110700103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年12月17日
    清瀬一郎氏

    極東国際軍事裁判首席弁護人の清瀬一郎氏=1946(昭和21)年12月17日、法廷控室(21年内地3246A)

    商品コード: 2014062500975

  • 1960年02月01日
    衆院新議長に清瀬一郎氏

    衆院新議長に内定した清瀬一郎氏=1960(昭和35)年2月1日、国会図書館分室(35年内地815)

    商品コード: 2011101800076

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:25.39
    1960年04月29日
    「中日映画社」最後の決戦へ―新安保改訂

    国会波乱。国会へ12万人の反対請願書の行列。全学連は警官隊と衝突。<映像内容>国会で騒ぐ野党、委員長席に着こうとする小沢委員長、社会党で非常事態宣言・安保改定阻止を呼びかける、採決に持ち込もうとする自民党でも反主流派が反対、清瀬議長が民社党との合作で斡旋案を提示、国会での質疑・答弁、国会に請願書を手にした長蛇の列、国会に突入しようとする全学連の学生 装甲車のバリケードを乗り越え警官隊との衝突、国会前に負傷者続出、学生達の背後から右翼団体が突入。※撮影日不明・公開日:1960年(昭和35年)4月29日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2017112400613

  • 1946年06月04日
    東京裁判

    法廷の清瀬一郎弁護人=整理1946(昭和21)年6月4日(戦犯161)

    商品コード: 2017112900306

  • 1946年06月04日
    東京裁判

    法廷の清瀬一郎弁護人=整理1946(昭和21)年6月4日(戦犯162)

    商品コード: 2017112900307

  • 1933年01月23日
    日本電報通信社資料

    第64議会。衆議院で質問する国民同盟の清瀬一郎氏=1933(昭和8)年1月23日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015101600303

  • 1961年09月27日
    第39臨時国会開会式

    天皇陛下ご臨席のもと式辞を述べる清瀬一郎衆院議長(中央)=1961(昭和36)年9月27日(皇室20642)

    商品コード: 2008102800364

  • 1960年02月01日
    岸首相、施政方針演説

    衆院本会議で施政方針演説をする岸首相。後方は清瀬一郎新議長=1960(昭和35)年2月1日

    商品コード: 2011101800075

  • 1966年10月01日
    インドのパール博士来日

    羽田空港の特別室で記者会見するインドのパール博士。右手前は清瀬一郎元衆院議長=1966(昭和41)年10月1日 (41年内地5364) 極東軍事裁判判事 東京裁判

    商品コード: 2011070800121

  • 1961年11月15日
    池田首相と英王女 池田首相主催の昼食会

    清瀬一郎衆院議長(手前左)と話すアレキサンドラ英王女。議長の後ろは池田勇人首相と満枝夫人=1961(昭和36)年11月15日、首相官邸

    商品コード: 2004060100197

  • 1956年08月19日
    国民皆泳大会

    子どもに水泳の指導する清瀬文相=1956(昭和31)年8月20日、東京都杉並区の関根文化公園プール(31内地3745、清瀬一郎)

    商品コード: 2006091200620

  • 1929年12月24日
    日本電報通信社資料

    死去した川原茂輔衆院議長の後任に選ばれ、清瀬一郎副議長(左)から事務引き継ぎを受ける堀切善兵衛新議長=1929(昭和4)年12月24日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929122400001

  • 1961年01月31日
    西尾末広民社党委員長

    衆院本会議で代表質問する西尾末広民社党委員長。後方は清瀬一郎衆院議長=1961(昭和36)年1月31日 (36年内地699)

    商品コード: 2008102800299

  • 1956年09月06日
    国際遺伝学会議

    国際遺伝学会の開会式であいさつする清瀬文相=1956(昭和31)年9月6日、東大安田講堂(清瀬一郎、31年内地3991)

    商品コード: 2006091200629

  • 1956年10月17日
    南極観測隊編成式

    清瀬文相から隊員辞令を受ける永田隊長=1956(昭和31)年10月17日、文部省(清瀬一郎、永田武、31年内地4617)

    商品コード: 2006091200671

  • 1961年04月25日
    議長室に乱入する社党議員

    民社党曽祢益書記長と清瀬一郎衆院議長との会談中、議長室に乱入する社会党議員とこれを阻止する衛視ら=1961(昭和36)年4月25日、国会

    商品コード: 2008102800602

  • 1931年01月19日
    日本電報通信社資料

    尾崎行雄(左端)、田川大吉、清瀬一郎、新渡戸稲造(左から3人目)らを発起人とする軍縮期成同盟会の発会式=1931(昭和6)年1月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013040800182

  • 1929年12月04日
    日本電報通信社資料

    安達謙蔵内相(左から2人目)に政界廓清を進言する清瀬一郎衆議院副議長(右端)と関直彦氏(左端)、大竹貫一氏=1929(昭和4)年12月4日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011112300044

  • 1960年05月19日
    衆院で新安保条約強行可決

    本会議場で与野党議員にもまれながらマイクを握り、50日間の会期延長について諮る清瀬一郎衆院議長。翌20日未明、新安保条約は自民党単独で強行採決された=1960(昭和35)年5月19日午後11時50分(35年内地3909)(日米安保条約)

    商品コード: 2008051200604

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年10月28日
    安保条約強行採決 最大の難問は核持ち込み

    )、企画01S、11月1日付朝刊以降使用、モノクロのみ  1960年5月19日、衆院本会議で与野党議員にもまれながら、マイクを握り発言する清瀬一郎衆院議長(中央)(資料53292)

    商品コード: 1999102800076

  • 1932年07月24日
    日本電報通信社資料

    国策研究クラブに参加するため解党大会を開いた革新党全国大会。出席した(前列右から)湯浅凡平、清瀬一郎、関直彦の諸氏=1932(昭和7)年7月25日、東京・日比谷の松本楼(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932072400002

  • 1946年04月30日

    人通K 3365 ◎清瀬一郎・司法・政治、きよせ・いちろう、法学博士、弁護士会会長、極東国際軍事裁判A級弁護人(東条英機担当)、衆議院議員・自民党、文相、衆議院議長、昭和21年4月30日、複写

    商品コード: 1946043000002

  • 1960年05月19日
    60年安保、自民党が単独強行採決

    1960(昭和35)年5月19日午後11時50分、衆院本会議でもみくちゃになりながら50日間の会期延長を諮る清瀬一郎・衆議院議長(写真中央)。自民党単独で会期延長を強行採決。翌20日未明、野党議員らが欠席する中で新安保条約を可決した(35年内地3909)

    商品コード: 2003012900017

  • 1932年07月28日
    日本電報通信社資料

    国策研究クラブの懇親会に臨む(右から)山道、安達謙蔵元内相、関直彦、松森、清瀬一郎衆院副議長の各氏=1932(昭和7)年7月28日、東京・丸の内会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932072800001

  • 1961年06月03日
    政防法衆院通過の瞬間 政防法衆院通過

    清瀬一郎議長、議長席につけず衛視に囲まれながら一般議員席で採決(議長は見えていない)。政防法が衆院通過の瞬間。万歳するのは自民党議員、議長席を占拠するのは社会党議員=1961(昭和36)年6月3日、衆院本会議場(36年内地2939)

    商品コード: 2009022400209

  • 2014年09月26日
    自民党単独で強行採決 安保闘争、全国に広がる

    本会議場で与野党議員にもまれながら会期延長を諮る清瀬一郎衆院議長(中央)。新安保条約は自民党単独で強行採決された=1960(昭和35)年5月19日「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P25)

    商品コード: 2014092600390

  • 2014年05月15日
    野党と反主流派欠席 新安保、自民が強行可決

    1960(昭和35)年5月19日、清瀬一郎衆院議長が警官500人を院内に導入、廊下に座り込んだ社会党議員らを排除した上、自民党単独で会期延長を強行採決。20日午前0時すぎ、衆院は新安保条約を一気に可決した。野党と自民反主流派の一部が欠席する中での強行で、脱臼など90余人が負傷。

    商品コード: 2014051500307

  • 2012年05月10日
    野党と反主流派欠席 新安保、自民が強行可決

    1960(昭和35)年5月19日、清瀬一郎衆院議長が警官500人を院内に導入、廊下に座り込んだ社会党議員らを排除した上、自民党単独で会期延長を強行採決。20日午前0時すぎ、衆議院は新安保条約を一気に可決した。野党と三木・松村派など自民反主流派の一部が欠席する中での強行で、脱臼など90余人が負傷。

    商品コード: 2012051000166

  • 1964年11月06日
    生存者叙勲親授式

    親授式後の記念撮影。手前左から清瀬一郎、正力松太郎、星島二郎、益谷秀次、松村謙三、足立正、天野貞祐、石川一郎、(2列目左かエア)石坂泰三、今村荒男、太田正孝、木村篤太郎、大橋八郎、小林俊三、笹森順造、杉通助、(3列目左から)十河信二、高柳賢二、谷村唯一郎、津島寿一、鳥養利三郎、南原繁、広瀬久忠、(4列目左から)真野毅、松永東、松田竹千代、村上義一、森戸辰男、吉野信次の各氏=1964(昭和39)年11月6日、宮内庁玄関前

    商品コード: 2011102600172

  • 1955年11月22日
    認証式後の記念撮影 第3次鳩山内閣発足

    記念撮影に納まる(前列左から)高碕達之助国務相、太田正孝国務相、牧野良三法相、大麻唯男国務相、鳩山一郎首相、重光葵外相、石橋湛山通産相、正力松太郎国務相、清瀬一郎文相、(後列左から)吉野信次運輸相、一万田尚登蔵相、馬場元治建設相、村上勇郵政相、倉石忠雄労相、河野一郎農相、小林英三厚相、船田中防衛庁長官=1955(昭和30)年11月22日、宮内庁丸池前(30年内地縮刷版掲載なし)

    商品コード: 2006091200428

  • 1931年02月02日
    日本電報通信社資料

    著作権法改正案について懇談する文芸家協会の代表らと代議士。右手前から反時計回りで榛原専一弁護士、山本有三、長田幹彦(右端)、岸田國士(顔半分隠れている)、林田英雄書記長(立っている)、佐佐木茂索の協会側。東郷実、山本実彦、牧野良三、杉浦武雄、清瀬一郎、原夫次郎の各代議士=1931(昭和6)年2月2日、東京・築地の錦水(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931020200001

  • 1955年11月22日
    第3次鳩山内閣記念撮影

    記念撮影に納まる(前列右から)重光葵外相、鳩山一郎首相、大麻唯男国務相、(2列目右から)倉石忠雄労相、河野一郎農相、牧野良三法相、一万田尚登蔵相、(3列目右から)太田正孝国務相、清瀬一郎文相、村上勇郵政相、高碕達之助国務相、吉野信次運輸相、(4列目右から)船田中防衛庁長官、小林英三厚相、正力松太郎国務相、馬場元治建設相、根本龍太郎官房長官、(5列目右から)林修三法制局長官、石橋湛山通産相、松本滝蔵・田中栄一両官房副長官=1955(昭和30)年11月22日、首相官邸(30年内地1708)

    商品コード: 2006091200434

  • 1