KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 令和
  • 指定
  • 群れ
  • 水辺
  • 生き物
  • 確認
  • ざん
  • れん
  • 光沢
  • 合格

「渉禽類」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園で水と戯れるブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903033

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903144

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903114

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園を舞うブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903067

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園の水辺を飛ぶブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903166

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年04月30日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月30日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903146

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年05月04日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園を舞う3羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903106

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年05月04日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園で水と戯れる2羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903012

  •  水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市
    2019年05月04日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    5月4日、漢江湿地公園の水辺で戯れるブロンズトキ。中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903167

  •  「新華社」丹江湿地にダイサギの群れ陝西省商洛市
    01:06.75
    2019年12月18日
    「新華社」丹江湿地にダイサギの群れ陝西省商洛市

    冬に入り、中国陝西省商洛市の丹江湿地では、越冬のため次々と飛来するダイサギの群れが活気をもたらしている。ダイサギは大型の渉禽類で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されている。丹江湿地に滞在するダイサギの群れは、ここ数年の生態環境の改善に伴い増え続けている。(記者/張晨俊)<映像内容>丹江湿地に飛来したダイサギの群れ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121805239

  •  「新華社」粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省
    01:09.24
    2021年06月04日
    「新華社」粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。オグロヅルは大型の渉禽類で、全身は淡灰色の羽毛で被われており、全長は約120センチ。高原の生態系の変化を示す指標的な役割を果たしており、主に標高2500メートルから5千メートルの高原、沼地、アシの茂みなどに生息している。1989年に中国国家一級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストとワシントン条約(CITES)の絶滅危惧種に登録されているほか、1996年に「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」にも掲載されている。(武雪峰、安維斌、華爾丹) =配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410730

  •  「新華社」繁殖期のアオサギ、木の上でせっせと巣作り青海省貴徳県
    00:51.79
    2022年04月12日
    「新華社」繁殖期のアオサギ、木の上でせっせと巣作り青海省貴徳県

    中国青海省の青海国家公園観鳥協会のスタッフはこのところ、同省海南チベット族自治州貴徳県河東郷で年に一度のアオサギの営巣と繁殖を観察している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、アオサギは湖や池の浅瀬などで生活する大型の渉禽類で、小型の魚、エビ、昆虫などを食べ、水辺の樹上に巣を作る。繁殖状況や個体群数が地域の鳥類の生息繁殖環境を反映することから、湿地生態系の重要な指標生物とされている。また、アオサギの抱卵期は3~4月で、5月にふ化したひなが8月中旬には親鳥と飛ぶ練習を始め、晩秋から初冬にかけて南へ移動する。同地域のアオサギ約70羽は縄張り争いや営巣・繁殖の時期に入っており、60以上ある巣の一部にはすでに卵があるという。(記者/耿輝凰) =配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041207061

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.82
    2022年05月02日
    「新華社」オグロヅル、アルチン山に続々飛来新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区と青海省の境にあるアルチン(阿爾金)山ではこのところ、次第に気温が上昇するのに伴って、「愛の巣」を作って子育てをするため、オグロヅルが次々と夏の生息地に戻って来ている。アルチン山国家級自然保護区のスタッフはこのほど、イシャクパティ(依協克帕提)湖とクムクリ(庫木庫里)砂漠の砂泉のそばで、オグロヅルの成鳥のつがいがのんびりと歩き回っているのを目撃した。オグロヅルは大型の渉禽類で、中国の国家1級保護動物にも指定され、「鳥類のジャイアントパンダ」として知られている。標高2500~5千メートルの高原にある沼沢地や湖、川岸に生息し、毎年3月に群れで越冬地を離れ北上、青海チベット高原北東部に飛来する。そして10月下旬になると、同高原南東部や雲貴高原、中国とインドやパキスタンとの国境地帯に渡って越冬する。同自然保護区は、オグロヅルの最北端の繁殖地の一つで、保護区内の生態環境の継続的な改善に伴い飛来するオグロヅルは年々増加している。保護区の研究者は今年1月、保護区の西側にある吐拉牧場でも、オグロヅルが越冬しているのを確認した。(記者/宿伝義) =配信日: 2022(令和4)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050205852

  •  (2)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (2)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖を舞う鳥の群れ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404907

  •  (9)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (9)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖を舞う鳥の群れ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404913

  •  (5)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (5)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖で越冬するクロヅルとシラサギ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404909

  •  (4)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (4)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖で越冬するアオサギとシラサギ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404911

  •  (3)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (3)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、水遊びをするカモ科の鳥。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404910

  •  (6)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (6)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖を舞う鳥の群れ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404912

  •  (1)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (1)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、羽を広げるカモ科の鳥。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404906

  •  (8)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (8)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖に生息するハイイロガンとカルガモ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404916

  •  (7)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (7)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖で越冬する鳥の群れ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404914

  •  「新華社」「霧の都」に越冬のクロヅル飛来雲南省昌寧県
    00:56.96
    2022年12月02日
    「新華社」「霧の都」に越冬のクロヅル飛来雲南省昌寧県

    「霧の都」と呼ばれる中国雲南省昌寧県ではこのところ、越冬中のクロヅルの群れが見られた。クロヅルは国家2級保護野生動物に指定されている大型の渉禽類。体は主に灰色で、前頸上部と後頭は黒、頭頂は赤く、両頬から後頸かけて灰白色の羽毛を持つ。短剣のようなくちばしや長い首と脚が優美な雰囲気を漂わせる。同県はここ数年、生態保護プロジェクトを推進し、希少な野生動植物の種類が豊富になり、渡り鳥の飛来数も増加しつつある。(記者/何春好) =配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120210855

  • 1