KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 製造
  • ベルギー
  • ベンチマーク
  • 令和
  • 展示会
  • 市場
  • 科学
  • 育成
  • 配信
  • 電気自動車

「温暖化ガス」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年02月01日
    地球温暖化ガスの伸び低下

    中沢高清・東北大理学部助教授

    商品コード: 1994020100038

  • 1997年12月01日
    米国代表団 温暖化防止京都会議

    世界最大のC〓排出国で、温暖化ガス削減のカギを握る米国代表団=1日午前、京都市左京区の国立京都国際会館☆Oの横に小文字の2

    商品コード: 1997120100103

  • 1997年12月02日
    民族舞踊のNGOメンバー 温暖化防止京都会議

    温暖化ガス削減を訴えて、民族舞踊を披露する韓国のNGOメンバー=2日、国立京都国際会館

    商品コード: 1997120200108

  • 1997年12月04日
    キンブル米国務次官補代行 米案が最善の解決策

    温暖化ガス削減で、米国の立場を話すメリンダ・キンブル国務次官補代行=4日午後、京都市内のホテル(温暖化防止京都会議)

    商品コード: 1997120400079

  • 1997年12月11日
    議定書を採択した本会議 初の温暖化ガス削減義務づけ

    京都議定書を採択した温暖化防止会議の本会議=1997(平成9)年12月11日午後、国立京都国際会館  「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P108)

    商品コード: 2015070900214

  • 1997年12月11日
    疲れた表情の議長 初の温暖化ガス削減義務づけ

    議定書案の審疑で全体委員会が未明まで続き、疲れた表情のエストラーダ議長(右)=1997(平成9)年12月11日午前3時、国立京都国際会館 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P109)

    商品コード: 2015070900224

  • 2005年03月29日
    国民運動のロゴ 官民一体で温暖化ガス削減

    温暖化防止国民運動の統一ロゴ

    商品コード: 2005032900284

  • 2009年01月30日
    衛星の想像図 米も温暖化ガス観測衛星

    米航空宇宙局(NASA)が2月下旬に打ち上げる「炭素観測衛星」の想像図(NASA提供・共同)

    商品コード: 2009013000036

  • 2009年08月14日
    怒ってるぞ

    オーストラリア議会は、大胆な温暖化ガス削減に向けた政府の施策案を否決。シドニーで抗議中の2人は、スーツ姿ながら、心の中は「恐竜並みに」怒ってます。(ロイター=共同)

    商品コード: 2009081400177

  • 2019年10月18日
    中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表

    18日、ベルギーで開かれた「バスワールドヨーロッパ2019」で中車時代電動汽車が発表した新型EVバス「新巴客2・0」。中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(ブリュッセル=新華社配信/中車時代電動汽車)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500767

  • 2019年10月18日
    中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表

    18日、ベルギーで開かれた「バスワールドヨーロッパ2019」で中車時代電動汽車が発表した新型EVバス「新巴客2・0」の内部。中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(ブリュッセル=新華社配信/中車時代電動汽車)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500795

  • 2019年10月18日
    中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表

    18日、ベルギーで開かれた「バスワールドヨーロッパ2019」の中車時代電動汽車ブース。中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(ブリュッセル=新華社配信/中車時代電動汽車)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500811

  • 2019年10月18日
    中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表

    18日、ベルギーで開かれた「バスワールドヨーロッパ2019」の中車時代電動汽車ブース。中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(ブリュッセル=新華社配信/中車時代電動汽車)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500732

  • 2019年10月18日
    中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表

    18日、ベルギーで開かれた「バスワールドヨーロッパ2019」で展示された新型EVバス「新巴客2・0」のスマート電池中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(ブリュッセル=新華社配信/中車時代電動汽車)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500786

  • 2019年10月23日
    中国中車傘下のEVメーカー、ベルギーで新型電気バスを発表

    中車時代電動汽車の新型EVバス「新巴客2・0」のイメージ図。(資料写真)中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は18日、ベルギー・ブリュッセルで開かれた世界最大のバスの展示会「バスワールドヨーロッパ2019」で、スマート電池を搭載した新型電気バス「新巴客2・0(SANBUSKING2・0)」を発表した。新車両は中国とハンガリーの企業が共同で開発した。中車時代電動汽車がコア部品を提供し技術指導を行い、ハンガリー企業が車両を製造した。ハンガリーの新エネルギー自動車(NEV)市場を育成し、欧州公共交通における温暖化ガスの「ゼロ排出」で新たなベンチマークの樹立を目指す。(長沙=新華社配信/中車時代電動汽車)=撮影日不明、クレジット:中車時代電動汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500740

  • 2020年11月30日
    水素ロータリーエンジンの開発に挑戦する日東工作所

    日東工作所(大阪府枚方市)は、水素を燃料にした小型ロータリーエンジン(RE)の開発を本格化する。ガソリン燃料を使った同社の排気量80ccのREをベースに改良を進め、動力試験で1分間に3600回転の定常運転できる段階に入った。2022年3月をめどに、飛行ロボット(ドローン)などへの動力活用を想定し、実用レベルに近い水素REの完成を目指す。日東工作所は治具など精密機械部品の設計・製作とラジコン模型用REの製造・販売を行う。水素REの開発は、近畿経済産業局が25年の大阪・関西万博で披露を目指す水素応用プロジェクトに賛同したのが契機となった。その後、近経局の音頭で19年1月に発足した水素REが動力源の1人乗りドローン開発プロジェクトに参画した。水素REの案件では並行し、19年4月に福井県敦賀市から新産業創出を目指す補助金事業に採択された。年間約2000万円の補助金を得て、同社は3年の開発計画を始動。自社工場内に動力試験室を整備し、現在は試作した水素REの定常運転の試験を重ね、製品改良を進めている。燃焼工学に精通する京都大学の塩路昌宏名誉教授が同社の技術顧問となり、開発のアドバイスも得ている。将来的には敦賀市への営業所開設も計画する。政府が温暖化ガスの排出実質ゼロ方針を打ち出し、水素の利活用が注目される中、同社は水素REの技術基盤構築を狙う。「既存のロータリーエンジン技術と水素燃料をともに生かせる開発を進めたい」(開発担当の更谷元三氏)としている。=2020(令和2)年11月30日、大阪府枚方市の本社工場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121901439

  • 1