KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 位置
  • 群れ
  • 標高
  • ゴビズキンカモメ
  • 消失
  • 生き物
  • 縮小
  • 繁殖

「湖の島」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
64
( 1 64 件を表示)
  • 1
64
( 1 64 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Marble Bridge of Seventeen Arches leading to the island in the lake of Onane-Cheon-Chane

    Marble Bridge of Seventeen Arches leading to the island in the lake of Onane-Cheon-Chane, China, historical illustration, wood engraving, circa 1888.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021032207809

  • 1979年07月31日
    Trakai Island Castle in Lithuania

    8154562 31.07.1979 Trakai Island Castle, a castle of Grand Duke Vytautas the Great (built in 1409) and subsequent Lithuanian dukes, on an island in Lake Galve. A wooden bridge connects the island with the city of Trakai. The castle was recreated from ruins during Soviet times and now hosts Trakai History Museum. Lithuanian Soviet Socialist Republic. А.Рагайшис、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041011048

  • 2015年12月24日
    沖島で商品を売る兄弟 琵琶湖の島に住みませんか

    滋賀県近江八幡市の沖島で、地元食材を使った商品を売る福井和彦さん(中央)、浅田弘さん(右)兄弟=2015年12月22日

    商品コード: 2015122400565

  • 2015年12月24日
    沖島から戻る兄弟 琵琶湖の島に住みませんか

    琵琶湖に浮かぶ沖島(後方)での活動を終え、対岸の港に戻る福井和彦さん(右)、浅田弘さん兄弟=2015年12月22日

    商品コード: 2015122400568

  • 2015年12月24日
    琵琶湖の島に住みませんか

    滋賀県・琵琶湖、沖島、近江八幡

    商品コード: 2015122400727

  • 2015年12月24日
    琵琶湖の島に住みませんか

    滋賀県・琵琶湖、沖島、近江八幡

    商品コード: 2015122400728

  • 2015年12月24日
    琵琶湖の島に住みませんか

    滋賀県・琵琶湖、沖島、近江八幡

    商品コード: 2015122400729

  • 2015年12月24日
    琵琶湖の島に住みませんか

    滋賀県・琵琶湖、沖島、近江八幡

    商品コード: 2015122400731

  • 2017年03月09日
    Island on Phewa Lake

    Island on Phewa Lake, Pokhara, Nepal, Asia、クレジット:imageBROKER.com/GTW/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110703282

  • 2018年06月18日
    Grmozur fortress on an island in Lake Skadar

    Grmozur fortress on an island in Lake Skadar, Skadarsko Jezero, Lake Skadar National Park, near Bar, Montenegro, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Martin Siepmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111702329

  • 2019年01月26日
    絶景を満喫ガラスの展望台が使用開始湖北省陽新県

    26日、ガラスの展望台で仙島湖の景色を満喫する観光客。(小型無人機から)中国湖北省陽新県王英鎮にある天空之城景勝地に設置されたガラス張りの展望台「天空の境」が26日、正式に使用開始された。展望台は標高520メートル余りの千里山の山頂に設けられ、眼下に広がる仙島湖の島々を鑑賞するのに絶好のスポットとなっている。(陽新=新華社配信/柯皓)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009979

  • 01:02.52
    2019年01月26日
    「新華社」絶景を満喫ガラスの展望台が使用開始湖北省陽新県

    中国湖北省陽新県王英鎮にある天空之城景勝地に設置されたガラス張りの展望台「天空の境」が26日、正式に使用開始された。展望台は標高520メートル余りの千里山の山頂に設けられ、眼下に広がる仙島湖の島々を鑑賞するのに絶好のスポットとなっている。(記者/肖芸九)<映像内容>ガラス張りの展望台「天空の境」の風景、撮影日:2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113468

  • 2019年01月26日
    絶景を満喫ガラスの展望台が使用開始湖北省陽新県

    26日、ガラスの展望台で仙島湖の景色を満喫する観光客。(小型無人機から)中国湖北省陽新県王英鎮にある天空之城景勝地に設置されたガラス張りの展望台「天空の境」が26日、正式に使用開始された。展望台は標高520メートル余りの千里山の山頂に設けられ、眼下に広がる仙島湖の島々を鑑賞するのに絶好のスポットとなっている。(陽新=新華社配信/柯皓)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009780

  • 2019年01月26日
    絶景を満喫ガラスの展望台が使用開始湖北省陽新県

    26日、ガラスの展望台で仙島湖の景色を満喫する観光客。(小型無人機から)中国湖北省陽新県王英鎮にある天空之城景勝地に設置されたガラス張りの展望台「天空の境」が26日、正式に使用開始された。展望台は標高520メートル余りの千里山の山頂に設けられ、眼下に広がる仙島湖の島々を鑑賞するのに絶好のスポットとなっている。(陽新=新華社配信/柯皓)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010376

  • 2019年01月26日
    絶景を満喫ガラスの展望台が使用開始湖北省陽新県

    26日、ガラスの展望台で仙島湖の景色を満喫する観光客。(小型無人機から)中国湖北省陽新県王英鎮にある天空之城景勝地に設置されたガラス張りの展望台「天空の境」が26日、正式に使用開始された。展望台は標高520メートル余りの千里山の山頂に設けられ、眼下に広がる仙島湖の島々を鑑賞するのに絶好のスポットとなっている。(陽新=新華社配信/柯皓)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009972

  • 2019年01月26日
    絶景を満喫ガラスの展望台が使用開始湖北省陽新県

    26日、ガラスの展望台で仙島湖の景色を満喫する観光客。(小型無人機から)中国湖北省陽新県王英鎮にある天空之城景勝地に設置されたガラス張りの展望台「天空の境」が26日、正式に使用開始された。展望台は標高520メートル余りの千里山の山頂に設けられ、眼下に広がる仙島湖の島々を鑑賞するのに絶好のスポットとなっている。(陽新=新華社配信/柯皓)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009720

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の浅瀬で餌を探すゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809357

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の湖面を飛ぶゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809225

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の浅瀬で撮影したゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809226

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の浅瀬で餌を探すゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809378

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の湖面で餌をついばむゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809271

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地で撮影したゴビズキンカモメと他の渡り鳥。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809275

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の浅瀬で餌を探すゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809353

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地で撮影したゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809355

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の湖面を飛ぶゴビズキンカモメと他の渡り鳥。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809375

  • 2019年04月13日
    オルドス湿地にゴビズキンカモメの群れ

    13日、オルドス湿地の浅瀬で撮影したゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地にこのほど、約800羽のゴビズキンカモメが飛来し、13年ぶりの大規模な「帰還」を果たした。今回の飛来は、同湿地が継続的に整備され、基本的な生態機能を回復したことを示している。ゴビズキンカモメは世界的に絶滅が危惧されており、中国では国家1級保護動物に指定されている。オルドス湿地では、湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から、巣を作って繁殖するゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。(オルドス=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809330

  • 2019年08月23日
    Island in Lake Senftenberg in the Lusatian Lakeland

    23 August 2019, Brandenburg, Senftenberg: A small island in Lake Senftenberg. (Aerial photograph from an airplane). Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090307298

  • 2019年08月23日
    Islands in Lake Senftenberg in the Lusatian Lakeland

    23 August 2019, Brandenburg, Senftenberg: Islands in Lake Senftenberg. (Aerial photograph from an airplane). Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090308156

  • 2019年08月23日
    Bluno Lake in the Lusatian Lakeland

    23 August 2019, Saxony, Bluno: An island in Bluno Lake. Lake Bluno is currently being flooded and is partly in a restricted area. It originates from the residual hole Nordrandschlau of the opencast mine Spreetal. Lake Bluno is expected to be flooded by 2020 and is to be connected to the adjacent Lake Partwitz, Lake Neuwieser and Lake Sabrodt via canals. (Aerial photograph from an airplane). Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090308116

  • 2019年09月15日
    Island in Eibsee lake below the Zugspitze in the Wetterstein range in Grainau

    Island in Eibsee lake below the Zugspitze in the Wetterstein range in Grainau, Bavaria, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Peter Schickert/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110406838

  • 2019年09月15日
    Island in Eibsee lake below the Zugspitze in the Wetterstein range in Grainau

    Island in Eibsee lake below the Zugspitze in the Wetterstein range in Grainau, Bavaria, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Peter Schickert/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110406793

  • 2020年04月27日
    Morning mood at Schwerin Castle

    27 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Schwerin: The rising sun colours the sky behind Schwerin Castle orange-red. The castle on an island in Lake Schwerin is the seat of the state parliament of Mecklenburg-Vorpommern. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042905208

  • 2020年04月27日
    Morning mood at Schwerin Castle

    27 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Schwerin: The rising sun colours the sky behind Schwerin Castle orange-red. The castle on an island in Lake Schwerin is the seat of the state parliament of Mecklenburg-Vorpommern. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042904748

  • 2020年04月27日
    Morning mood at Schwerin Castle

    27 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Schwerin: The rising sun colours the sky behind Schwerin Castle orange-red. The castle on an island in Lake Schwerin is the seat of the state parliament of Mecklenburg-Vorpommern. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042904790

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子で、たわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303514

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303672

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303690

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探す渡り鳥の群れ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303779

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303540

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303675

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303769

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303617

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すハイイロガン。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303658

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303543

  • 2020年07月28日
    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区

    7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303666

  • 2021年03月06日
    湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、牛ふん灰をまいて安全な通り道を作る堆瓦村の住民ら。中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031202877

  • 01:15.73
    2021年03月11日
    「新華社」湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(記者/普布扎西、晋美多吉、孫瑞博、孫非)=配信日:2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031202880

  • 2021年03月11日
    (13)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108290

  • 2021年03月11日
    (10)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108279

  • 2021年03月11日
    (6)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108262

  • 2021年03月11日
    (9)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108247

  • 2021年03月11日
    (3)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、空から見たプモヨンツォ湖の島。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031106920

  • 2021年03月11日
    (2)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、チベット自治区ロカ市ナンカルツェ県の堆瓦村。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031106918

  • 2021年03月11日
    (11)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108269

  • 2021年03月11日
    (16)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日早朝、安全な通り道を作るため、牛ふん灰を背負ってプモヨンツォ湖畔に到着した堆瓦村の住民ら。中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108254

  • 2021年03月11日
    (1)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、子ヒツジを抱えた堆瓦村の牧畜民。中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031106923

  • 2021年03月11日
    (15)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日早朝、安全な通り道を作るため、牛ふん灰を背負ってプモヨンツォ湖畔に到着した堆瓦村の住民ら。中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108288

  • 2021年03月11日
    (7)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108274

  • 2021年03月11日
    (8)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108233

  • 2021年03月11日
    (14)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108258

  • 2021年03月11日
    (12)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。(小型無人機から)中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108277

  • 2021年03月11日
    (5)湖の島で冬を過ごしたヒツジが帰還チベット自治区

    6日、安全な通り道をたどってプモヨンツォ湖を抜けるヒツジの群れ。中国チベット自治区ロカ(山南)市ナンカルツェ(浪卡子)県の堆瓦村では春になると、ヒツジを連れて凍結した湖面を歩く牧畜民らの姿が見られる。同村は標高約5070メートルに位置し、世界で最も高い場所にある行政村の一つとされる。夏が短く、41世帯の牧畜民が飼うヒツジたちの冬場の餌を牧草地で確保することはできないため、毎年寒さが最も厳しい時期に「仙女の涙」と呼ばれるプモヨンツォ(普姆雍措)湖の凍結した湖面を渡り、羊の群れを湖に浮かぶ島に連れて行く。羊たちは豊富に茂る水草を食べて冬を過ごし、春、氷が解ける前に迎えに来た牧畜民らと共に島を離れる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031108176

  • 2021年04月09日
    (16)山水を彩る伝統風景建築、中国十大名亭を訪ねて

    山東省済南市の大明湖の島にある歴下亭。北魏時代に初めて亭が築かれ、盛唐の大詩人、杜甫の詩「李北海に陪して歴下の亭に宴す」で名を知られるようになった。(2015年6月10日撮影)亭(てい、ちん)は中国人が作りだした風景建造物で、水辺や山中に立ち、風景に彩りを添える。休憩や納涼、観賞の場としても使われ、中国の庭園には欠かせない存在となっている。開放式の構造で壁はなく、屋根は六角形や八角形、円形など各種様式がある。高所に築けば眼下を見渡すことができ、山前に築けば山の高さを際立たせることができる。水辺にあれば水面に倒影の趣を添え、林にあれば見え隠れする姿が奥ゆかしさを感じさせる。全国各地に点在する亭は風格もさまざまで、それぞれが秀麗な姿を持つ。その多くに重厚な歴史と文化があり、歴代の帝王や文人墨客が足跡を残している。数多くの亭の中でも酔翁亭、蘭亭、陶然亭、愛晩亭、滄浪亭、歴下亭、沈香亭、真趣亭、湖心亭、翠微亭が中国十大名亭として知られている。(済南=新華社記者/王頌)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040911367

  • 2021年08月01日
    参加した親子連れ 宍道湖の島まで水中散歩

    「歩いて渡る嫁ケ島2021」に参加した親子連れ=1日午前、松江市

    商品コード: 2021080107883

  • 1