KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 県立湘南海岸公園
  • 令和
  • じょう
  • アル
  • トベラ
  • ニエ
  • ニシキギ
  • 一角
  • 中華人民共和国
  • 人々

「湘南海岸公園」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2014年07月29日
    湘南海岸公園サーフビレッジ

    キーワード:さわやか、屋外、夏、快晴、空、建物、午後、公園、人間、青空、2人、日本、風景、落ち着いた、湘南海岸公園、サーフビレッジ、風景メイン写真=2014(平成26)年7月29日、神奈川県藤沢市、クレジット:yourphoto/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020805530

  • 2014年07月29日
    湘南海岸公園サーフビレッシ

    キーワード:屋外、夏、快晴、空、建物、午後、公園、3人、人間、青空、日本、風景、落ち着いた、湘南海岸公園、サーフビレッジ、風景メイン写真=2014(平成26)年7月29日、神奈川県藤沢市、クレジット:yourphoto/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020805753

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.45
    2020年05月17日
    空撮 湘南海岸 行楽地にぎわい

    緊急事態宣言が39県で解除されて初の日曜日となった17日、前日の天気が悪かったこともあり、各地の行楽地は家族連れなどでにぎわった。三重県のナガシマスパーランドは県の休業要請解除を受けて同日、営業を再開。朝から家族連れなどが訪れた。また、神奈川県の湘南海岸もサーファーや散歩客など多くの人が訪れた。<映像内容>ナガシマスパーランドの空撮、湘南海岸公園の空撮。サーファーや散歩客で混雑している様子の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月17日、撮影場所:三重県桑名市、神奈川県湘南湘南海岸

    商品コード: 2020051800592

  • 2021年06月30日
    (3)語り継がれる中日両国の友情藤沢市の聶耳記念広場を訪ねて

    16日、雨の中で聶耳記念広場を紹介する聶耳記念碑保存会の渡辺光雄会長。神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園を訪れると、夏の光の下で緑濃いニシキギや爽やかなトベラに囲まれて、「耳」の字をかたどった記念碑が海に面して立っている。中国の音楽家で、中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」を作曲したことで知られる聶耳(じょう・じ、ニエ・アル)は1935年7月17日、公園にほど近い鵠沼海岸で遊泳中に溺死した。23歳だった。1954年には地元の人々により相模湾に面した公園の一角に記念碑が建てられ、その後、何度かの改修と拡張を経て、現在の聶耳記念広場となった。(東京=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063011771

  • 2021年06月30日
    (2)語り継がれる中日両国の友情藤沢市の聶耳記念広場を訪ねて

    16日、聶耳記念広場に立つ郭沫若揮毫による「聶耳終焉之地」碑。神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園を訪れると、夏の光の下で緑濃いニシキギや爽やかなトベラに囲まれて、「耳」の字をかたどった記念碑が海に面して立っている。中国の音楽家で、中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」を作曲したことで知られる聶耳(じょう・じ、ニエ・アル)は1935年7月17日、公園にほど近い鵠沼海岸で遊泳中に溺死した。23歳だった。1954年には地元の人々により相模湾に面した公園の一角に記念碑が建てられ、その後、何度かの改修と拡張を経て、現在の聶耳記念広場となった。(東京=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063011775

  • 2021年06月30日
    (5)語り継がれる中日両国の友情藤沢市の聶耳記念広場を訪ねて

    16日、取材に応じる聶耳記念碑保存会の渡辺光雄会長(左)。神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園を訪れると、夏の光の下で緑濃いニシキギや爽やかなトベラに囲まれて、「耳」の字をかたどった記念碑が海に面して立っている。中国の音楽家で、中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」を作曲したことで知られる聶耳(じょう・じ、ニエ・アル)は1935年7月17日、公園にほど近い鵠沼海岸で遊泳中に溺死した。23歳だった。1954年には地元の人々により相模湾に面した公園の一角に記念碑が建てられ、その後、何度かの改修と拡張を経て、現在の聶耳記念広場となった。(東京=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063011777

  • 2021年06月30日
    (4)語り継がれる中日両国の友情藤沢市の聶耳記念広場を訪ねて

    16日、藤沢市が所蔵する40年前の昆明市との友好都市提携締結時に中国側から贈られた記念品。神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園を訪れると、夏の光の下で緑濃いニシキギや爽やかなトベラに囲まれて、「耳」の字をかたどった記念碑が海に面して立っている。中国の音楽家で、中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」を作曲したことで知られる聶耳(じょう・じ、ニエ・アル)は1935年7月17日、公園にほど近い鵠沼海岸で遊泳中に溺死した。23歳だった。1954年には地元の人々により相模湾に面した公園の一角に記念碑が建てられ、その後、何度かの改修と拡張を経て、現在の聶耳記念広場となった。(東京=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063011774

  • 2021年06月30日
    (1)語り継がれる中日両国の友情藤沢市の聶耳記念広場を訪ねて

    16日、聶耳記念広場の聶耳記念碑。神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園を訪れると、夏の光の下で緑濃いニシキギや爽やかなトベラに囲まれて、「耳」の字をかたどった記念碑が海に面して立っている。中国の音楽家で、中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」を作曲したことで知られる聶耳(じょう・じ、ニエ・アル)は1935年7月17日、公園にほど近い鵠沼海岸で遊泳中に溺死した。23歳だった。1954年には地元の人々により相模湾に面した公園の一角に記念碑が建てられ、その後、何度かの改修と拡張を経て、現在の聶耳記念広場となった。(東京=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063011776

  • 1