KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 漢語
  • 言語
  • こうこ
  • エリア
  • クルジャ
  • チベット仏教寺院
  • チベット語
  • モンゴル語
  • ユネスコ

「満州語」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Painting of the Emperor of China Opening the First Furrow in Honour of Land Cultivation.

    Painting of the Emperor of China Opening the First Furrow in Honour of Land Cultivation. Painted by Bernhard Rode. Dated 1770、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019032904752

  • 2021年08月04日
    (15)承徳の世界遺産、安遠廟を訪ねて河北省

    安遠廟にある満州語、漢語、モンゴル語、チベット語の4言語で刻まれた乾隆帝の御碑。(6月22日撮影)中国河北省承徳市にある清王朝の夏の離宮「避暑山荘」の北東に位置する安遠廟は、「イリ(伊犁)廟」「金頂寺」とも呼ばれ、主殿の普度殿が正方形をしていることから「方亭子」の俗称も持つ。創建は清の乾隆29(1764)年で、乾隆帝が熱河(現在の承徳市)に移住したモンゴル達什達瓦(ダシュダワ)部の宗教活動、モンゴル王侯貴族の参拝の場所として新疆イリ地方のクルジャ(固爾札)廟を模して造営した。廟の名は乾隆帝が記した題字に由来し、「遠方を安定させる」を意味する。安遠廟は南西方向に面し、敷地は2万6千平方メートル。境内は「三進院落」と呼ばれる三つの中庭を持つ構造で、二つ目の中庭の周囲を建物が囲むチベット仏教寺院の建築配置となっている。主要建物は普度殿で、回字型の構造をしている。殿内には漆箔(しっぱく)を施した緑度母(緑ターラ菩薩)木像が祭られている。安遠廟は1988年1月13日、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。1994年12月には、安遠廟を含む「承徳避暑山荘と外八廟」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080507512

  • 2021年09月14日
    (10)盛京碑林陳列館を訪ねて遼寧省瀋陽市

    満州語と漢語の2言語が刻まれた碑首。(8月15日撮影)中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区にある盛京碑林陳列館は、敷地面積3900平方メートル。南北の回廊、正殿、碑首(石碑の上部)・碑座(石碑の台座部分)展示の三つのエリアに分かれ、大殿と山門、回廊はいずれも古風な建築様式となっている。館内には数十年を費やして収集した石碑118基のほか、碑首、碑座、残碑(割れたり欠けたりした石碑)、建築部材、石獅子などが180点以上あり、瀋陽一帯の歴史と文化の貴重な研究資料となっている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091410753

  • 1