KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • きょうすい
  • 栽培
  • 産地
  • 豊作
  • 金色
  • 位置
  • せき止め湖

「溶岩台地」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  五島富江町溶岩台地 古生代のナゾを秘めた溶岩トンネル群
    1970年01月01日
    五島富江町溶岩台地 古生代のナゾを秘めた溶岩トンネル群

    五島富江町溶岩台地 古生代のナゾを秘めた溶岩トンネル群、クレジット:長崎新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061105619

  •  五島富江町溶岩台地 古生代のナゾを秘めた溶岩トンネル群
    1970年01月01日
    五島富江町溶岩台地 古生代のナゾを秘めた溶岩トンネル群

    五島富江町溶岩台地 古生代のナゾを秘めた溶岩トンネル群、クレジット:長崎新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061105611

  • 自然のドラマ垣間見る 氷河期の生きている化石
    1993年10月15日
    自然のドラマ垣間見る 氷河期の生きている化石

    静まり返った溶岩台地で、「キーッ、キーッ」と鋭い鳴き声を上げるナキウサギ=10月、北海道・十勝岳

    商品コード: 1993101500032

  •  文人たちが集った高原
    2005年03月02日
    文人たちが集った高原

    緩やかな溶岩台地が続く霧ケ峰。主峰の車山頂上には巨大な気象レーダーが

    商品コード: 2005030200039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月07日
    (5)秋の五大連池世界地質公園を訪ねて黒竜江省黒河市

    8月31日、五大連池世界地質公園の老黑山風景区に広がる溶岩台地。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池世界地質公園では秋に入り、独特の美しい風景が広がっている。同風景区は小興安嶺山脈から松嫩平原へ合流するエリアに位置し、14の火山と五つのせき止め湖からなる。火山地形が完全な形で残っていることから「天然の火山博物館」「火山の教科書」などと称されている。(黒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709812

  •  (7)秋の五大連池世界地質公園を訪ねて黒竜江省黒河市
    2021年09月07日
    (7)秋の五大連池世界地質公園を訪ねて黒竜江省黒河市

    8月31日、五大連池世界地質公園の温泊風景区に広がる溶岩台地。中国黒竜江省黒河市の五大連池世界地質公園では秋に入り、独特の美しい風景が広がっている。同風景区は小興安嶺山脈から松嫩平原へ合流するエリアに位置し、14の火山と五つのせき止め湖からなる。火山地形が完全な形で残っていることから「天然の火山博物館」「火山の教科書」などと称されている。(黒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709826

  •  (4)秋の五大連池世界地質公園を訪ねて黒竜江省黒河市
    2021年09月07日
    (4)秋の五大連池世界地質公園を訪ねて黒竜江省黒河市

    8月31日、五大連池世界地質公園の老黑山風景区に広がる溶岩台地。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池世界地質公園では秋に入り、独特の美しい風景が広がっている。同風景区は小興安嶺山脈から松嫩平原へ合流するエリアに位置し、14の火山と五つのせき止め湖からなる。火山地形が完全な形で残っていることから「天然の火山博物館」「火山の教科書」などと称されている。(黒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709761

  •  (13)五大連池世界地質公園が雪化粧黒竜江省黑河市
    2023年02月16日
    (13)五大連池世界地質公園が雪化粧黒竜江省黑河市

    12日、五大連池世界地質公園の老黒山近くにある溶岩台地。(小型無人機から)中国黒竜江省黑河市の五大連池世界地質公園が春の雪に覆われ、壮麗な姿を見せた。公園内には14の火山と五つのせき止め湖があり、火山地形が完全な形で残っていることから「天然の火山博物館」「火山の教科書」などと称されている。(黑河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021613090

  •  (14)五大連池世界地質公園が雪化粧黒竜江省黑河市
    2023年02月16日
    (14)五大連池世界地質公園が雪化粧黒竜江省黑河市

    12日、五大連池世界地質公園の老黒山近くにある溶岩台地。中国黒竜江省黑河市の五大連池世界地質公園が春の雪に覆われ、壮麗な姿を見せた。公園内には14の火山と五つのせき止め湖があり、火山地形が完全な形で残っていることから「天然の火山博物館」「火山の教科書」などと称されている。(黑河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021613094

  •  (7)五大連池世界地質公園が雪化粧黒竜江省黑河市
    2023年02月16日
    (7)五大連池世界地質公園が雪化粧黒竜江省黑河市

    12日、五大連池世界地質公園の老黒山近くにある溶岩台地。(小型無人機から)中国黒竜江省黑河市の五大連池世界地質公園が春の雪に覆われ、壮麗な姿を見せた。公園内には14の火山と五つのせき止め湖があり、火山地形が完全な形で残っていることから「天然の火山博物館」「火山の教科書」などと称されている。(黑河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021613081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月06日
    (1)特産の「石板米」、優れた品質と食感黒竜江省寧安市

    上官地村の稲田を散歩する観光客。(8月31日撮影)中国黒竜江省の南東部に位置する寧安市の渤海鎮上官地村ではこのところ、特産の「石板米」の稲が順調に育っており、1カ月以内には収穫が本格化する見通しとなっている。寧安市には世界でも珍しい8万5千ムー(約5700ヘクタール)の「石板稲田」がある。同市の玄武湖米専業合作社(協同組合)の陳雨佳(ちん・うか)販売部長によると、「石板米」は太古の火山噴火によって形成された溶岩台地で育つという。陳氏は、火山灰や腐植土は豊富なミネラルや有機物、微量元素をもたらし、富栄養湖である鏡泊湖の水は自然と用水路に流れ込む。さらに比較的大きな昼夜の温度差が、「石板米」の優れた品質と食感を生み出していると説明する。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2023(令和5)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090610092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月06日
    (2)特産の「石板米」、優れた品質と食感黒竜江省寧安市

    上官地村に広がる稲田。(8月31日撮影)中国黒竜江省の南東部に位置する寧安市の渤海鎮上官地村ではこのところ、特産の「石板米」の稲が順調に育っており、1カ月以内には収穫が本格化する見通しとなっている。寧安市には世界でも珍しい8万5千ムー(約5700ヘクタール)の「石板稲田」がある。同市の玄武湖米専業合作社(協同組合)の陳雨佳(ちん・うか)販売部長によると、「石板米」は太古の火山噴火によって形成された溶岩台地で育つという。陳氏は、火山灰や腐植土は豊富なミネラルや有機物、微量元素をもたらし、富栄養湖である鏡泊湖の水は自然と用水路に流れ込む。さらに比較的大きな昼夜の温度差が、「石板米」の優れた品質と食感を生み出していると説明する。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2023(令和5)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090610094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月06日
    (4)特産の「石板米」、優れた品質と食感黒竜江省寧安市

    上官地村で記念撮影する観光客。(8月31日撮影)中国黒竜江省の南東部に位置する寧安市の渤海鎮上官地村ではこのところ、特産の「石板米」の稲が順調に育っており、1カ月以内には収穫が本格化する見通しとなっている。寧安市には世界でも珍しい8万5千ムー(約5700ヘクタール)の「石板稲田」がある。同市の玄武湖米専業合作社(協同組合)の陳雨佳(ちん・うか)販売部長によると、「石板米」は太古の火山噴火によって形成された溶岩台地で育つという。陳氏は、火山灰や腐植土は豊富なミネラルや有機物、微量元素をもたらし、富栄養湖である鏡泊湖の水は自然と用水路に流れ込む。さらに比較的大きな昼夜の温度差が、「石板米」の優れた品質と食感を生み出していると説明する。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2023(令和5)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090610097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月06日
    (3)特産の「石板米」、優れた品質と食感黒竜江省寧安市

    ライブ配信で「石板米」を紹介する陳雨佳さん(右)。(2月15日撮影)中国黒竜江省の南東部に位置する寧安市の渤海鎮上官地村ではこのところ、特産の「石板米」の稲が順調に育っており、1カ月以内には収穫が本格化する見通しとなっている。寧安市には世界でも珍しい8万5千ムー(約5700ヘクタール)の「石板稲田」がある。同市の玄武湖米専業合作社(協同組合)の陳雨佳(ちん・うか)販売部長によると、「石板米」は太古の火山噴火によって形成された溶岩台地で育つという。陳氏は、火山灰や腐植土は豊富なミネラルや有機物、微量元素をもたらし、富栄養湖である鏡泊湖の水は自然と用水路に流れ込む。さらに比較的大きな昼夜の温度差が、「石板米」の優れた品質と食感を生み出していると説明する。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2023(令和5)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090610093

  •  「新華社」豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    01:04.64
    2023年09月21日
    「新華社」豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(記者/王建威) =配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092109970

  •  (12)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (12)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村周辺の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110138

  •  (9)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (9)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村周辺の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110089

  •  (4)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (4)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮小朱家村周辺の火山溶岩台地と「石板稲田」。中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110057

  •  (1)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (1)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村の田んぼ。中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110053

  •  (3)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (3)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮小朱家村周辺の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110055

  •  (10)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (10)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110086

  •  (11)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (11)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮小朱家村周辺の田んぼ。中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110139

  •  (7)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (7)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村周辺の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110087

  •  (6)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (6)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村周辺の田んぼ。中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110060

  •  (5)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (5)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮小朱家村周辺の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110052

  •  (2)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (2)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村の田んぼの中を走る「観光列車」。中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110054

  •  (8)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市
    2023年09月21日
    (8)豊作を間近に控える金色の田んぼ黒竜江省寧安市

    13日、寧安市渤海鎮上官地村周辺の田んぼ。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では、約27万ムー(1万8千ヘクタール)の水稲が実りの時期を迎えている。生育は良好で豊作が見込まれる。同市はブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の産地で、火山の溶岩台地で稲を栽培する「石板稲田」が、市内の作付面積の3分の1近くを占める。(寧安=新華社記者/王建威)= 配信日: 2023(令和5)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023092110088

  • 1