KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • かく
  • 他人
  • 子供
  • 対策
  • 成長
  • 手話
  • 教師
  • 案内

「滕王閣」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 04:06.95
    2018年10月05日
    「新華社」百機のドローンが滕王閣上空で編隊ショー江西省南昌

    中国江西省南昌市にあり、江南三大名楼に数えられる滕王閣の上空でこのほど、多数の小型無人機(ドローン)が編隊を組んでショーを演じ市民を驚嘆させた。LEDライトを携えた100機余りのドローンによる編隊は、滕王閣中心広場からゆっくりと上昇すると、「八一」、「南昌」、「ILOVENC(南昌の頭文字)」などの文字を点滅させたり、南昌ゆかりの「孤鶩」、「勃興」塑像を表現したり、さらにはピラミッド、扇子などの3D立体造形を夜空に描いてみせた。ショーの責任者で、編隊技師長の楊宇川(よう・うせん)氏によると、今回のドローン編隊ショーは江西南昌旅遊集団と江西翼眸科技が連携して演出したという。ショーの内容は南昌市の要素が際立っており、科学技術の魅力を見せるもので、時間は約8分間だったという。(記者/劉彬)<映像内容>滕王閣上空のドローン編隊ショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920285

  • 03:13.48
    2019年11月02日
    「新華社」軍人運動会終了後も冷めやらぬ人気「中華名楼」黄鶴楼に登る

    第7回世界軍人運動会は閉幕したが、開催都市となった中国湖北省武漢市の観光地は、まだ熱気が冷めない。名勝地「黄鶴楼」は連日延べ1万人以上の観光客でにぎわっている。2日、黄鶴楼を訪れてみると、大勢の観光客の姿であふれていた。ポーランドから来たというグループは、黄鶴楼の建築は壮大で文化の蓄積も厚くすばらしいと感想を述べた。武漢市の長江沿岸の蛇山(だざん)に位置する黄鶴楼は、湖南省の岳陽楼、江西省の滕王閣と並んで「江南三大名楼」とされ「天下絶景」の誉れが高い。黄鶴楼は三国時代の呉の黄武2(223)年に建立されて以来、各時代の文人墨客に親しまれてきた。たびたび戦乱に巻き込まれた黄鶴楼は、明、清の時代だけでも7回も破壊され、清の光緒10(1884)年には大火で焼失した。現在の黄鶴楼は明清期の残存構造の上に再建され、1985年に完成した。黄鶴楼の最上階の大壁画の前で、人々は争うように記念写真を撮っていた。壁画は「江天浩瀚(こうてんこうかん)」と呼ばれ、10幅の濃い色合いの写意画(画家の心意を描写した絵画)で構成されている。大きさは全体で約100平方メートルにのぼる。正面の壁に並ぶ3幅の壁画はそれぞれ「流逝」「浪淘沙」「華年」と題し、長江の文化および黄鶴楼の盛衰を描いている。壁画は1983年に制作を開始し、完成までに4年以上を費やしたという。今年、原作者の楼家本(ろう・かほん)氏が半年以上にわたって修復作業を行った。「金碧重彩」という中国の伝統的な壁画の形式で、天然の鉱植物顔料や「瀝粉貼金」「泥金」という技法を用いている。特にこのような大きなスケールで金泥を使って絵付けされた壁画は、古今東西に類を見ない。(記者/馮国棟)<映像内容>観光客の姿であふれる黄鶴楼の様子、撮影日:2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608564

  • 2021年01月03日
    (5)滕王閣で大型実景ショー江西省南昌市

    1日、大型実景演出ショー「尋夢滕王閣」で演技を披露する出演者ら。中国江西省南昌市の滕王閣風景区で1日夜、実際の風景を舞台にしたショー「尋夢滕王閣」(滕王閣にて夢を求む)が上演された。ショーではホログラム技術や大型投影装置などを活用し、名楼の奥深い歴史を表現した。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400142

  • 2021年01月03日
    (1)滕王閣で大型実景ショー江西省南昌市

    1日、滕王閣風景区で行われた大型実景ショー「尋夢滕王閣」。中国江西省南昌市の滕王閣風景区で1日夜、実際の風景を舞台にしたショー「尋夢滕王閣」(滕王閣にて夢を求む)が上演された。ショーではホログラム技術や大型投影装置などを活用し、名楼の奥深い歴史を表現した。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400172

  • 2021年01月03日
    (2)滕王閣で大型実景ショー江西省南昌市

    1日、大型実景演出ショー「尋夢滕王閣」鑑賞する観客。中国江西省南昌市の滕王閣風景区で1日夜、実際の風景を舞台にしたショー「尋夢滕王閣」(滕王閣にて夢を求む)が上演された。ショーではホログラム技術や大型投影装置などを活用し、名楼の奥深い歴史を表現した。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400146

  • 2021年01月03日
    (4)滕王閣で大型実景ショー江西省南昌市

    1日、大型実景演出ショー「尋夢滕王閣」の会場。中国江西省南昌市の滕王閣風景区で1日夜、実際の風景を舞台にしたショー「尋夢滕王閣」(滕王閣にて夢を求む)が上演された。ショーではホログラム技術や大型投影装置などを活用し、名楼の奥深い歴史を表現した。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400147

  • 2021年01月03日
    (3)滕王閣で大型実景ショー江西省南昌市

    1日、滕王閣風景区で行われた大型実景ショー「尋夢滕王閣」。中国江西省南昌市の滕王閣風景区で1日夜、実際の風景を舞台にしたショー「尋夢滕王閣」(滕王閣にて夢を求む)が上演された。ショーではホログラム技術や大型投影装置などを活用し、名楼の奥深い歴史を表現した。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400119

  • 00:53.52
    2021年02月07日
    「新華社」「福」の字に込められた春節の祝福江西省婺源県

    春節(旧正月)を間近に控え、中国江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁嶺(こうれい)村では濃厚な春節ムードが漂っている。村の人々はこのほど、観光客に新年の祝福を届けようと、トウガラシやトウモロコシなどの農作物を「福」の字型に並べて天日干しにした。この「福」の字には「瓦罐湯」(がかんとう、同省の民間に伝わる伝統的なスープ)や滕王閣(とうおうかく、同省南昌市にある有名な楼閣)など同省の名物・名所も取り入れられ、創意あふれる仕上がりとなっている。(記者/鄔慧穎) =配信日: 2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020800482

  • 2021年03月02日
    (3)竜舞で祝う元宵節、一人で操作可能な「竜」が登場江西省南昌市

    24日、竜舞のパフォーマンスを披露する南昌八一舞竜隊のメンバー。中国江南地方の三大名楼の一つ、江西省南昌市の滕王閣(とうおうかく)でこのほど、旧暦1月15日の元宵節を祝う竜舞(りゅうまい)のイベントが開催された。ステージ上では同省の省級無形文化遺産「城南竜灯」伝承者の史克浜(し・こくひん)さんが、竹で竜の頭の骨組みを制作する腕前を披露した。竜灯は中国の伝統的祝日のシンボルで、大多数の農村や都市周辺地域で旧正月の時期、とりわけ元宵節に竜灯を担いで竜舞を踊る風習がある。昨年、新型コロナウイルス流行の影響を受け、史さんの竜灯工場では注文が激減した。このため史さんは一人でも竜舞を踊れるよう、竜の頭にリボン状の胴体を付けた「彩帯竜」と呼ばれる新たな竜灯を開発、すると都会のフィットネス愛好者の間で大人気となった。もともと竜舞を踊るには数十人を必要としていたが、竜灯のミニ版が登場したことで、今は子ども一人でも楽しく遊べるようになった。(南昌=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030203858

  • 2021年03月02日
    (4)竜舞で祝う元宵節、一人で操作可能な「竜」が登場江西省南昌市

    24日、滕王閣で行われた元宵節の竜舞イベント。中国江南地方の三大名楼の一つ、江西省南昌市の滕王閣(とうおうかく)でこのほど、旧暦1月15日の元宵節を祝う竜舞(りゅうまい)のイベントが開催された。ステージ上では同省の省級無形文化遺産「城南竜灯」伝承者の史克浜(し・こくひん)さんが、竹で竜の頭の骨組みを制作する腕前を披露した。竜灯は中国の伝統的祝日のシンボルで、大多数の農村や都市周辺地域で旧正月の時期、とりわけ元宵節に竜灯を担いで竜舞を踊る風習がある。昨年、新型コロナウイルス流行の影響を受け、史さんの竜灯工場では注文が激減した。このため史さんは一人でも竜舞を踊れるよう、竜の頭にリボン状の胴体を付けた「彩帯竜」と呼ばれる新たな竜灯を開発、すると都会のフィットネス愛好者の間で大人気となった。もともと竜舞を踊るには数十人を必要としていたが、竜灯のミニ版が登場したことで、今は子ども一人でも楽しく遊べるようになった。(南昌=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030203859

  • 2021年03月02日
    (1)竜舞で祝う元宵節、一人で操作可能な「竜」が登場江西省南昌市

    24日、滕王閣前で竜頭作りを披露する、江西省の省級無形文化遺産「城南竜灯」伝承者の史克浜さん。中国江南地方の三大名楼の一つ、江西省南昌市の滕王閣(とうおうかく)でこのほど、旧暦1月15日の元宵節を祝う竜舞(りゅうまい)のイベントが開催された。ステージ上では同省の省級無形文化遺産「城南竜灯」伝承者の史克浜(し・こくひん)さんが、竹で竜の頭の骨組みを制作する腕前を披露した。竜灯は中国の伝統的祝日のシンボルで、大多数の農村や都市周辺地域で旧正月の時期、とりわけ元宵節に竜灯を担いで竜舞を踊る風習がある。昨年、新型コロナウイルス流行の影響を受け、史さんの竜灯工場では注文が激減した。このため史さんは一人でも竜舞を踊れるよう、竜の頭にリボン状の胴体を付けた「彩帯竜」と呼ばれる新たな竜灯を開発、すると都会のフィットネス愛好者の間で大人気となった。もともと竜舞を踊るには数十人を必要としていたが、竜灯のミニ版が登場したことで、今は子ども一人でも楽しく遊べるようになった。(南昌=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030203856

  • 2021年03月02日
    (2)竜舞で祝う元宵節、一人で操作可能な「竜」が登場江西省南昌市

    24日、ローラースケートを履いて竜舞を披露する南昌八一舞竜隊の熊福根(ゆう・ふくこん)隊長。中国江南地方の三大名楼の一つ、江西省南昌市の滕王閣(とうおうかく)でこのほど、旧暦1月15日の元宵節を祝う竜舞(りゅうまい)のイベントが開催された。ステージ上では同省の省級無形文化遺産「城南竜灯」伝承者の史克浜(し・こくひん)さんが、竹で竜の頭の骨組みを制作する腕前を披露した。竜灯は中国の伝統的祝日のシンボルで、大多数の農村や都市周辺地域で旧正月の時期、とりわけ元宵節に竜灯を担いで竜舞を踊る風習がある。昨年、新型コロナウイルス流行の影響を受け、史さんの竜灯工場では注文が激減した。このため史さんは一人でも竜舞を踊れるよう、竜の頭にリボン状の胴体を付けた「彩帯竜」と呼ばれる新たな竜灯を開発、すると都会のフィットネス愛好者の間で大人気となった。もともと竜舞を踊るには数十人を必要としていたが、竜灯のミニ版が登場したことで、今は子ども一人でも楽しく遊べるようになった。(南昌=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030203857

  • 00:45.30
    2021年03月10日
    「新華社」日々変貌するダイナミックな都市江西省南昌市

    中国江西省南昌市は対照的な二つの表情を持つ。同市では千年の歴史を持つ文化財や古跡を観賞し、数百年の都市文化を伝える文化市街地巡りが楽しめる一方で、現代的な都市のにぎわいも体験できる。市内には、千年以上の歴史を誇る滕王閣(とうおうかく)もある。唐代に建てられたこの名楼は、現在では中国の国家5A級観光地(最高ランク)に指定されており、世界各地からの観光客を魅了している。新たに誕生した「原城紀文化街区」は、100年間脈々と受け継がれてきた同市の都市文化を背景に、江西省の文化の精華が詰まったレジャー観光やアートセンター、無形文化遺産村などの要素を統合した都市観光レジャー複合体として整備され、街の新名所となっている。紅谷灘(こうこくたん)は、かつて南昌市を流れる贛江(かんこう)のほとりにある干潟だったが、10年余りの発展を経て、商業、貿易、金融、行政官庁、文化観光、居住、レジャーなどの機能を集約した現代的な新都心となり、日々変貌するダイナミックな都会の姿を人々に見せている。(記者/劉彬、郭傑文) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031014533

  • 2021年12月27日
    (11)文化テーマパーク「牡丹亭文化園」を訪ねて江西省大余県

    江西省南昌市の滕王閣(とうおうかく)で行われた「牡丹亭」公演に関する展示。(6月9日撮影)中国江西省贛州(かんしゅう)市南西部の大余県はタングステンの産地として世界的に知られる。県城(県中心市街地)東部に位置する「牡丹亭文化園」は名所旧跡と特徴的な地質・景観、地方風土、娯楽を一体化した文化テーマパークで、園内には東洋のシェイクスピアと呼ばれる明代の大劇作家・湯顕祖(とう・けんそ)が民間伝承を基に創作した「牡丹亭」ゆかりの品が数多く展示されている。「牡丹亭」は南安(大余県の旧称)の官府の花園を舞台とする恋愛劇で、世界文学史上に残る傑作として高く評価されている。(贛州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704627

  • 2022年03月23日
    (5)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で、聴覚障害者に在宅隔離の注意事項を説明する李煥秋さん(右)。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304739

  • 2022年03月23日
    (3)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で、聴覚障害者に検体採取の手順を説明する李煥秋さん(右)。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304741

  • 2022年03月23日
    (2)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で検体採取を受ける聴覚障害者(中央)。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304742

  • 2022年03月23日
    (8)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場でボランティアとして働く李煥秋さんの背中に、聴覚障害者が書き込んだ「ありがとう、頑張って」の文字。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304757

  • 2022年03月23日
    (4)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で、李煥秋さん(右)の背中に感謝の言葉を書き込む聴覚障害者。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304737

  • 2022年03月23日
    (7)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で、聴覚障害者と手話で「南昌頑張れ」と表現する李煥秋さん(右)。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304744

  • 2022年03月23日
    (1)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で、手話で「南昌頑張れ」と表現する李煥秋さん。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304788

  • 2022年03月23日
    (6)核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    21日、東湖区滕王閣広場の核酸検査場で、聴覚障害者と医療従事者のやり取りを手伝う李煥秋さん(左)。中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304746

  • 00:49.24
    2022年03月23日
    「新華社」核酸検査場のボランテイア聴覚障害者も活躍江西省

    中国江西省南昌市でこのほど、新型コロナウイルスの突発的な感染拡大が起き、社会各界が対策に取り組んでいる。東湖区滕王閣(とうおうかく)広場にある核酸検査場には、特殊教育学校の教師、李煥秋(り・かんしゅう)さんが特別なボランテイアとして働いている。李さんは検査場に設けられた障害者用の通路で3日間待機し、聴覚障害者を検査場まで案内した。検査の流れや注意事項を手話で伝え、検査を円滑に進める彼は「サイレントボランテイア」と呼ばれている。李さんは「私自身も聴覚障害者。子供の頃から周りの人に助けられ成長してきた。今は他人が自分を必要としている。後に引く訳にはいかない」と語った。取材も終わりに近づいたころ、核酸検査を無事終えた数人の聴覚障害者が、李さんの防護服の背中にペンで「ありがとう、頑張って」と書くのが見えた。(記者/彭昭之) =配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032304758

  • 1