KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 宮城県漁協
  • 水揚げ
  • 漁港
  • 記者
  • 説明
  • 養殖
  • 平成
  • 会見
  • 佐賀市
  • 所属

「漁協」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
982
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
982
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1947年05月20日
    塩沢達三

    東京漁業協同組合理事長の塩沢達三=1947(昭和22)年5月20日(22年内地番号なし) (塩澤達三)

    商品コード: 2014060300265

  • 1958年06月01日
    鹿児島県・与論島 漁業協同組合

    与論島の漁業協同組合=1958(昭和33)年6月、鹿児島県、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090200416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年02月23日
    えびの地震

    岸壁に乗り上げ船体後部から浸水した室戸漁協所属の給油船=1968(昭和43)年2月23日、高知県室戸市

    商品コード: 2021033006677

  • 1971年11月20日
    カブトガニが〃商品〃に

    甲羅干しになっているのはカブトガニ。見た目はグロテスクだが、笠岡市の繁殖地(全国唯一の天然記念物指定地)などでは〃消えゆく化石〃として注目される。ただ、一方ではトゲで漁網を破ったり、漁師さんの指を傷つけたりで敬遠もされた。そこで当時、児島半島沿岸の漁業者たちが考えたのが商品化。甲羅にツヤ出しの油を塗って天日乾燥し、飾り物などにして売り出し、話題になった。 瀬戸内海のカブトガニは昨年、環境省のレッドリストで絶滅危ぐ種に。同半島周辺では「今は姿もない」(胸上漁協)。 =1971(昭和46)年11月20日、岡山県玉野市胸上 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122723039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年04月24日
    高知県南国市の漁協 ビニール公害で損害賠償請求

    農業用ビニールなどの流入を防ぐため、後川の第1放水路水門に張られた金網。廃棄物の処理を放置したとして南国市の漁協は法務大臣、高知県知事、南国市長を相手取り高知地裁に提訴=1972(昭和47)年4月24日、高知県南国市

    商品コード: 2008121000503

  • 1974年08月24日
    「むつ出港」で厳戒体制

    原子力船「むつ」(手前)の出港を控え、船首付近に集まって海上デモをする漁船。陸奥湾沿岸漁協の漁船が「出力試験阻止」「原子力船母港反対」などのプラカードを掲げ行き交った。2年近くも岸壁につながれていた「むつ」が、あす25日、出力試験のため出港する=1974(昭和49)年8月24日、青森県下北埠頭

    商品コード: 2012022700096

  • 1974年09月18日
    「むつ」土のう作戦を開始

    原子力船「むつ」の母港に隣接するむつ市漁協に向け“帰港阻止”に使う土のうを運び出す漁民。陸奥湾沿岸漁民による対策会議は、土のうによる海中バリケード作戦を決め、各漁協ごとに土のうを作り始め、3万個を目指して作業中=1974(昭和49)年9月18日、青森県下北郡横浜町漁港

    商品コード: 2012031400187

  • 1974年09月18日
    「むつ」土のう作戦を開始

    土のうを積んで、原子力船「むつ」の母港近くにいったん集結した漁船。陸奥湾沿岸漁民による対策会議は、土のうによる海中バリケード作戦を決め、各漁協ごとに土のうを作り始め、3万個を目指して作業中を続けている=1974(昭和49)年9月18日、青森県むつ市芦崎で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012031400188

  • 1975年01月05日
    小沢環境庁長官が現地視察

    流出原油の回収作業状況などを聞き、厳しい表情の小沢辰男環境庁長官。右端は、王越漁協の三木高敏組合長。三菱石油水島製油所重油流出事故により“死の海”と化した瀬戸内海一帯の海洋被害状況を自衛隊ヘリから視察した後、香川県の海岸線を視察してハマチ養殖場で被害状況を聞いた=1975(昭和50)年1月5日、香川県坂出市王越地区

    商品コード: 2012071700082

  • 1975年01月26日
    岡山漁協38日ぶりに出漁

    38日ぶりの漁を終え次々と帰港する漁船を迎え、活気づく漁港。三菱石油水島製油所の流出油事故のため操業をやめていた岡山県漁連は、休業していた40漁協のうち26漁協の操業を開始した。一部地域では漁網に海底に沈んでいた吸着マットがかかるなどして漁民の顔に不安の表情が見られた=1975(昭和50)年1月26日、岡山県浅口郡寄島町

    商品コード: 2012073100413

  • 1975年04月20日
    甑島、最有力候補地に

    “甑島にほぼ内定”と報じる紙面に「初耳だ。本当の話なら絶対反対」と語る中甑島漁協組合員。政府は、原子力船「むつ」の新母港候補地に鹿児島県上甑島をあげ、外洋に接し、波静かな内海が多い、乗組員らの生活を賄う施設が整っている、水深が10メートル以上ある-などの諸条件を満たしているとしている=1975(昭和50)年4月20日

    商品コード: 2012111500081

  • 1975年09月20日
    木曽川保全に漁協が監視艇

    監視艇「清流」に乗って厳しくチェックする愛知県犬山市愛北漁業協同組合の人たち。渓流下りや釣り場として名高い“天下の木曽川”を汚染から守ろう-と、公害Gメンならぬ公害監視Fメン(フィッシャーメン)が活躍している=1975(昭和50)年9月20日、愛知県犬山市の木曽川

    商品コード: 2013032600156

  • 1975年11月12日
    東京湾で毒ガス弾掃海作業

    小型漁船2隻が並進して行われた毒ガス弾「イペリット」の掃海作業。ことし6月と9月、漁船が相次いで旧日本軍の毒ガス弾を引き揚げ、漁民が炎症を負った事故で、海上自衛隊、地元漁協が作業を行ったが、この日は発見できなかった=1975(昭和50)年11月12日午前10時5分、千葉県富津沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2013041500221

  • 1976年12月16日
    大阪湾の魚を“木彫り”

    かつて網にかかった130種類の“魚の木彫り”を前に、「もう、昔の海には戻らん」と嘆く海徳謙造さん。海の汚染のため漁業権を放棄、陸に上がった元漁協組合長が、海への愛着が断ち切れず、網をノミに持ち換えて大阪湾で網にかかった魚類を木彫りに…=1976(昭和51)年12月、兵庫県西宮市波止町

    商品コード: 2014052600236

  • 1977年05月27日
    ギンザケの水揚げ 瀬戸のギンザケ食卓へ

    銀りん輝くギンザケの水揚げ−「ギンザケを瀬戸内海で」という夢のプランが、香川県漁連の手で成功し、このほど初出荷を迎えた。昨年12月、アラスカ産ギンザケ受精卵を輸入。北海道などでフ化させた稚魚約10万匹を小豆島や玉越など香川県下8漁協で本格的養殖に入った(写真ニュース「瀬戸のギンザケ食卓へ」5枚組みの2)

    商品コード: 2014090100408

  • 1977年08月12日
    ホタテの稚貝も被害 有珠山66時間ぶり再噴火

    海に流れ込んだ火山灰で、網からホタテの稚貝もほとんど落ちた。後方は有珠(うす)山。66時間ぶりに小噴火を起こした有珠山。最初の噴火から数えて16回目の噴火で、規模は小さいが爆発直後に降灰があり、これまでに積もった火山れき、灰の上にさらに1センチほど積もった=1977(昭和52)年8月12日、北海道・有珠漁協(52年内地 6123)

    商品コード: 2014102100185

  • 1977年08月29日
    回収作業をする漁民 赤潮北上、被害さらに拡大

    赤潮で大量死したハマチの回収作業をする漁民。瀬戸内海東部で毒性の強い赤潮が発生、香川県大川郡引田町の2漁協が養殖中のハマチ約79万7千匹が死に、約8億7千万円の被害=1977(昭和52)年8月29日、香川県引田沖のハマチ養殖場で共同通信社へりから(参考:52年内地 6506 ◎赤潮北上 ハマチが大量死=登録済み)

    商品コード: 2014102100246

  • 1977年09月25日
    関取並みのイシナギ釣る

    関取も顔負けのイシナギと釣り上げた松江市で釣具店を経営する池田正昭さん。重さ123キロ、全長190センチと関取も顔負けの大きさ。島根県平田市十六島(うっぷい)町の沖で釣れた。刺身で300人分、内臓は漢方の薬にもなるとかで漁協から「10万円で売ってくれ」との商談も=1977(昭和52)年9月24日

    商品コード: 2014111300118

  • 1977年11月25日
    女川原発建設問題 女川で注目の臨時総会開く

    開会に先立ち正面ゲートでにらみ合いをする反対派漁民と機動隊。東北電力の女川原子力発電所建設問題で注目されている女川町漁協の臨時総会が開かれ、原発誘致には同意したものの漁業権の放棄については3分の2以上の同意が得られなかった=1977(昭和52)年11月25日、宮城県牡鹿郡女川町

    商品コード: 2015013000167

  • 1977年11月25日
    女川町で漁協臨時総会 原発建設問題またもや暗礁へ

    「やった、やった」−採決の瞬間手をたたいて喜ぶ反対派組合員。東北電力の女川原子力発電所建設問題で注目されている女川町漁協の臨時総会が開かれ、原発誘致には同意したものの漁業権の放棄については3分の2以上の同意が得られず一時タナ上げに…=1977(昭和52)年11月25日、宮城県牡鹿郡女川町

    商品コード: 2015013000168

  • 1977年12月10日
    銀座でマグロの大安売り

    大漁旗を飾り、銀座で行われたカツオ、マグロの街頭大安売り。日本鰹鮪漁業協同組合連合会が“産直セール”を開催。カツオ1本(2キロ)700円、刺身用メバチマグロ(100グラム)160円など市価の4〜5割安とあって歩道いっぱいに長い列ができた=1977(昭和52)年12月10日、東京・銀座松屋前

    商品コード: 2015030900223

  • 1978年02月11日
    飛鳥田氏が能都で対話集会

    能都町姫漁協マーケット前で、集まった主婦たちと話し合う社会党の飛鳥田一雄委員長。「肌のぬくもりを政治に」をテーマとする社会党の総対話運動がスタート。その皮切りとして石川県金沢市と能登半島で、飛鳥田委員長らが市民や漁民らと対話集会を開いた=1978(昭和53)年2月11日、石川県鳳至郡能都町

    商品コード: 2015041500167

  • 1978年03月06日
    組合事務所の“黒板” 魚のにおいの消えた町

    何もなかったかのように思える組合事務所。黒板の数字だけが事件を物語る。昨年11月からことし1月の水揚げは前年比30%減、金額にして3億7千万円の減収。壱岐全体では10億円になるのでは−と漁協関係者は話す=1978(昭和53)年3月4日、長崎県壱岐郡勝本町

    商品コード: 2015042200214

  • 1978年07月24日
    Fishing cooperative Toiler of Sea on Taman Peninsula

    8148518 23.07.1978 The fishing cooperative Toiler of the Sea on the Taman Peninsula, in the Temryuk District of the Krasnodar Territory. Photo: Yelena Panchenko, a cook of a fishermen‘s team, in the Akhtanizovsky Estuary. Л.Милованов、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306662

  • 1981年11月04日
    カキ打ち最盛期

    広い処理場の中に山積みされたカキ殻。約200人の主婦たちが慣れた手つきで素早く開いてカキを取り出す。岡山県日生町(現・備前市)の日生漁協カキ打ち場。処理するのは1日平均3トン。みずみずしい冬の味覚の生ガキは、これから当分の間、中京方面を中心に出荷される。=1981(昭和56)年11月4日、岡山県備前市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050801787

  • 1990年05月21日
    真珠養殖をご視察 両陛下が対馬入り

    真珠の核入れ作業をご覧になる天皇、皇后両陛下=21日午前11時30分、長崎県美津島町の対馬真珠養殖漁業協同組合

    商品コード: 1990052100023

  • 1990年10月15日
    いけすに移される関アジ 佐賀関漁港

    細心の注意で生きたまま漁船から漁協のいけすに移される関アジ=1990(平成2)年10月15日、大分県佐賀関町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070100558

  • 1991年04月16日
    貨物船ドブリノ号の乗組員 ゴ大統領来日は良いこと

    漁協から贈られた大漁旗を囲んで「日ソ友好を」と語るサハリンの貨物船ドブリノ号の乗組員=1991(平成3)年4月16日午前9時すぎ、北海道根室市の花咲港

    商品コード: 2018122521003

  • 1991年04月22日
    唐津湾に完成 クルマエビ養殖施設

    唐津湾に完成した浜崎漁協のクルマエビ養殖施設=1991(平成3)年4月22日、佐賀県浜玉町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070100566

  • 1991年07月02日
    流木などの撤去作業 島原港沖で流木など除去

    土石流で島原港沖まで押し流された倒壊家屋の残がいや流木を撤去する漁協の組合員=1991(平成3)年7月2日午前9時

    商品コード: 2018090720820

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年12月20日
    汚名返上できるか日本 伝統漁イルカの捕獲

    (4)解体されるマイルカ=12月15日、伊東市富戸漁協

    商品コード: 2006062100226

  • 1993年10月09日
    全面禁漁1年のハタハタ 効果は表われ始めたが…

    禁漁支援策の「不用漁具買い上げ」を受けるため網を漁協に運び込む漁民=秋田県男鹿市「列島ライトアップ」

    商品コード: 1993100900053

  • 1993年10月23日
    「列島・北から南から」 全国初のシジミ市場

    高値で取引される小川原湖漁協市場のシジミ入札=青森県上北郡上北町

    商品コード: 1993102300045

  • 1993年12月13日
    Vサインの推進派 推進派台頭の地元南島町

    古和浦漁協の役員選挙で芦浜原発推進派が勝利、開票中に窓からVサインで合図する関係者=4月30日、三重県・南島町

    商品コード: 1993121300038

  • 1993年12月22日
    稚貝を放流 桑名のハマグリ復活を

    人工ふ化で育てたハマグリの稚貝を放流する赤須賀漁協の漁師ら=三重県桑名市の揖斐川・長良川河口

    商品コード: 1993122200081

  • 1994年03月06日
    古和浦漁協 芦浜原発計画が新たな局面

    原発反対決議を白紙撤回した古和浦漁協=三重県・南島町

    商品コード: 1994030600012

  • 1994年03月19日
    ヤマトシジミが激減 長良川河口堰で潜水

    ヤマトシジミは長良川河口の汽水域で育つ。水揚げが激減したため、漁協では自主的に作業時間を制限、生産調整を行っている=桑名市の赤須賀漁協

    商品コード: 1994031900040

  • 1994年03月31日
    共和商事のある漁協 共和商事が無許可海運

    共和商事本社が入っている岸和田市漁業協同組合=2月15日、大阪府岸和田市

    商品コード: 1994033100085

  • 1994年04月26日
    佐賀県鹿島市 有明海にアゲマキ貝

    韓国産アゲマキ貝を放流する七浦漁協の人たち=1994(平成6)年4月26日、佐賀県鹿島市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070100567

  • 1994年09月14日
    漁協がイワナの放流中止

    粕毛川本流上流部のイワナ。斑点(はんてん)に赤味がないエゾイワナの特長が出ている「列島ライトアップ」

    商品コード: 1994091400026

  • 1994年09月14日
    会談する両氏 大矢、ポキージン会談

    大矢快治根室市長(手前)と話し合うポキージン南クリール地区長=14日午後、北海道・根室漁協「極東」

    商品コード: 1994091400048

  • 1994年10月29日
    元気になった傷物アワビ 傷物アワビの治療に成功

    水質を浄化した水槽で元気になった傷物アワビ=三重県・志摩町の越賀漁協

    商品コード: 1994102900002

  • 1994年11月30日
    会見する太田副社長 中電、海洋調査を申し入れ

    芦浜原発建設で、2漁協への海洋調査申し入れについて記者会見する中部電力の太田四郎副社長=30日午後、名古屋市東区(マイクあり)

    商品コード: 1994113000046

  • 1994年12月15日
    反対派と警官隊 海洋調査の是非で臨時総会

    芦浜原発建設計画の海洋調査是非をめぐり、漁協前で座り込む反対派住民とにらみ合う警官隊=15日午前6時55分、三重県・南島町(中部電力の芦浜原発計画の海洋調査の実施について)

    商品コード: 1994121500005

  • 1994年12月15日
    もみ合う反対派と警官 海洋調査の是非で臨時総会

    海洋調査の是非を決める臨時総会が開かれる古和浦漁協の前でもみ合う、反対派住民と警官隊=15日午前10時15分、三重県・南島町(中部電力の芦浜原発計画の海洋調査の実施について)

    商品コード: 1994121500021

  • 1994年12月28日
    臨時総会に臨む組合員 海洋調査で再び臨時総会

    海洋調査の受け入れを決める古和浦漁協の臨時総会に臨む組合員ら=28日午前9時30分、三重県・南島町(カラー出稿あり・503)(中部電力の芦浜原発計画で)

    商品コード: 1994122800008

  • 1994年12月28日
    臨時総会に臨む組合員 海洋調査で再び臨時総会

    海洋調査の受け入れを決める古和浦漁協の臨時総会に臨む組合員ら=28日午前9時30分、三重県・南島町(中部電力の芦浜原発計画で)

    商品コード: 1994122800011

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年12月28日
    海岸を捜索する組合員 不明16人は絶望か

    海岸を捜索する戸田漁協の組合員ら=28日午前11時35分、静岡県・御前崎町(別カラーネガあり)

    商品コード: 1994122800017

  • 1995年01月04日
    活気ある初セリ 南紀で近海マグロの初セリ

    勝浦漁協で行われた近海マグロの初セリ=4日午前6時40分、和歌山県・那智勝浦町

    商品コード: 1995010400054

  • 1995年03月19日
    泊漁協総会 新型炉検討表明が村に波紋

    )、内政S  最後に東通原発の受け入れを決めた泊漁協総会=1月15日、青森県上北郡六ケ所村

    商品コード: 1995031900012

  • 1995年03月30日
    ケヤキ植える漁協職員ら 広葉樹植え海守ろう

    山の保水力を高めようとケヤキを植樹する市や漁協の職員=21日午後、佐賀県鹿島市山浦

    商品コード: 1995033000001

  • 1995年11月21日
    全国漁連大会 200カイリ体制の確立決議

    200カイリ体制の確立を求め開かれた第5回全国漁業協同組合連合会の大会=21日午前10時10分、東京・日比谷公会堂(カラーネガ)

    商品コード: 1995112100023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年12月03日
    安否を気遣う関係者 石川沖で炎上し沈没

    腕組みをして安否を気遣う宮崎浦漁協の関係者=3日午後9時、富山県朝日町(モノクロネガ)

    商品コード: 1995120300091

  • 1995年12月04日
    経過報告する漁協組合長 能登沖で漁船が沈没

    捜索の経過を報告する宮崎浦漁協の扇谷孝好組合長(左)=4日午前9時15分、富山県朝日町宮崎(カラーネガ)

    商品コード: 1995120400014

  • 1995年12月04日
    遺体発見を報告する組合長 能登沖で漁船が沈没

    佐渡久勝さんの遺体確認を報告する宮崎浦漁協の扇谷孝好組合長=4日午後4時5分、富山県朝日町宮崎(カラーネガ)

    商品コード: 1995120400073

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年01月24日
    桜井漁協 漁協で発砲、男性死亡

    渡辺逸志さんが撃たれ死亡した桜井漁協=24日午後3時30分、愛媛県今治市桜井

    商品コード: 1996012400101

  • 1996年02月27日
    漁業者が決起大会 竹島の領土権確立を要求

    竹島の領土権確立などを求め開かれた島根県漁業協同組合連合会の決起大会=27日午後、松江市のくにびきメッセ

    商品コード: 1996022700101

  • 1996年05月03日
    揺らぐゴルフ場規制

    漁協が反対したものの開発が許可され、ゴルフ場が造られる千葉県御宿町の海岸に面した丘(右)

    商品コード: 1996050300020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年06月02日
    対応に追われる漁協関係者 漁船衝突2人死亡3人不明

    漁船衝突事故の対応に追われる小樽機船漁業協同組合の関係者=2日午前、北海道小樽市高島

    商品コード: 1996060200017

  • 1996年09月14日
    漁協が定置網観光船

    )、企画395S、16日付朝刊以降使用  観光客の受け入れを始めた高知県室戸市の椎名漁協の定置網漁

    商品コード: 1996091400019

  • 1996年10月11日
    たくましい串木野女性 家守った妻にただ感謝

    )、企画91、19日付朝刊以降使用厳守  串木野の女性は日本一働くといわれる。ムロアジの選別をする漁協には女性たちの大きな笑い声が…=鹿児島県串木野市の串木野漁協

    商品コード: 1996101100030

  • 1997年01月08日
    岩ノリを調べる漁協組合長 タンカー重油流出事故

    重油が漂着した海岸で岩ノリを調べる雄島漁協組合長の梅野茂雄さん=8日午前7時50分、福井県三国町

    商品コード: 1997010800012

  • 1997年01月20日
    オイルフェンスの準備 タンカー重油流出事故

    流出重油の漂着に備え、オイルフェンスの準備をする新潟県能生町の筒石漁協の組合員=20日午後4時20分

    商品コード: 1997012000073

  • 1997年01月20日
    オイルフェンスを運ぶ人 タンカー重油流出事故

    流出重油の接岸に備え、オイルフェンスを運ぶ名立漁協の組合員=20日午前9時10分、新潟県名立町の名立漁港

    商品コード: 1997012000015

  • 1997年01月24日
    重油の回収作業 タンカー重油流出事故

    新潟県・直江津港で岸壁と船から重油の回収作業をする漁協の組合員ら=24日午前9時45分

    商品コード: 1997012400032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年01月24日
    定置網漁に励む漁師たち ブリ豊漁に沸いた日

    )、企画91、2月1日付朝刊以降使用  冬の海に出漁、雲間から顔をのぞかせた朝日を浴びながら定置網漁に励む伊根町漁協の漁師たち。アジ、サバ、ヒラメなど魚種は多いがブリはいない=京都府伊根町

    商品コード: 1997012400059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年02月07日
    鮮魚容器に滅菌海水 鮮魚を天然殺菌して出荷

    魚市場で「天然ミネラル滅菌海水」を鮮魚容器に入れ出荷する漁協関係者=7日午前、神奈川県三浦市三崎

    商品コード: 1997020700070

  • 1997年03月17日
    視察する地元漁協関係者 動燃再処理工場爆発事故

    爆発事故があったアスファルト固化施設を視察し、動燃職員の説明を聞く地元漁協関係者=17日午前10時5分、茨城県東海村の動燃東海事業所

    商品コード: 1997031700028

  • 1997年04月07日
    姫野力さん

    「関サバ」の商標登録が認められた大分県佐賀関町漁協参事の姫野力(ひめの・つとむ)さん

    商品コード: 1997040700030

  • 1997年04月09日
    回収に出動した地元漁船 東シナ海の重油流出事故

    韓国のタンカーから流出したとみられる重油の回収作業をする地元漁船。対馬の全漁協から90隻近い漁船が出動した。上方は対馬=9日午後1時15分、長崎県・対馬の上県町伊奈崎の西15キロの海上で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997040900099

  • 1997年04月10日
    ドラム缶を積み込む漁民 対馬沖の重油流出事故

    対馬西海上の重油を回収するためドラム缶を積み込む漁協の組合員=10日午前7時55分、長崎県・対馬の上対馬町鰐浦漁港

    商品コード: 1997041000011

  • 1997年04月23日
    河上楯夫さん 日本大使公邸人質事件

    日本鰹鮪漁業協同組合連合会の河上楯夫さん=96年12月31日午後、リマ市の日本大使公邸(共同)

    商品コード: 1997042300014

  • 1997年07月03日
    オイルフェンス張る漁民 東京湾の原油流出事故

    原油の漂着を防ぐためオイルフェンスを張る富津漁協などの組合員=3日午後、千葉県富津市沖

    商品コード: 1997070300111

  • 1997年07月04日
    アサリのみそ汁提供 「カレイとアサリは安全」

    船橋漁協の安全PRで提供されたアサリのみそ汁を試食する買い物客=4日午後4時20分、千葉県船橋市のJR船橋駅北口

    商品コード: 1997070400103

  • 1997年07月19日
    鳥居とダイバー 魚泳ぐ水深16メートルに海底神社

    海の安全を願い水深約16メートルの海底に設置された鳥居の前を泳ぐダイバー=19日午前、千葉県館山市波左間沖(千葉県館山市の波左間漁協(福原勤組合長)などが、東京湾の入り口に当たる同市波左間沖約600メートルの海底(水深約16メートル)に鳥居などを設置、19日にダイバーの安全や海難事故の防止を願っておはらいをした)

    商品コード: 1997071900039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年07月21日
    出荷を待つウナギ ウナギ養殖業者顔色さえず

    土用の丑(うし)の日を前に出荷を待つウナギ=18日、愛知県一色町の一色うなぎ漁業協同組合

    商品コード: 1997072100018

  • 1997年09月14日
    商標シール 10月から「関サバ」シール

    佐賀関町漁協が10月1日から使用する「関サバ」「関アジ」の商標シール

    商品コード: 1997091400022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年10月22日
    油を回収する漁船 香川県沖で5キロの油の帯

    吸着マットで油の回収をする地元漁協関係者ら=22日午後1時、香川県多度津町沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997102200036

  • 1997年12月04日
    試食する小学生 ハマチをしゃぶしゃぶで

    試食会でハマチのしゃぶしゃぶを食べる小学生=4日午後、高松市上天神町(レストラン・海楽園「Seaサーカス」=香川県漁業協同組合連合会とシーフード香川が共同で運営)

    商品コード: 1997120400073

  • 1997年12月17日
    真珠をチェックする業者 品薄感強まり割高

    養殖真珠の入札会で品質をチェックする加工業者ら=17日、三重県伊勢市の全国真珠養殖漁業協同組合連合会

    商品コード: 1997121700058

  • 1998年01月04日
    勝浦でマグロの初せり

    マグロの初せりが行われた勝浦漁協=4日午前6時30分、和歌山県那智勝浦町

    商品コード: 1998010400034

  • 1998年02月03日
    抗議する日本の漁船 漁船100隻が海上デモ

    韓国のトロール漁船(右)に抗議する北海道の漁船=3日午後1時、北海道・恵山沖(椴法華漁協提供)

    商品コード: 1998020300138

  • 1998年03月04日
    成育ぶりみる関係者 潮干狩りのアサリ成育順調

    潮の引いた干潟でアサリなどを採り、成育ぶりをみる漁協関係者ら=3日午後、千葉県富津市の富津海岸

    商品コード: 1998030400005

  • 1998年03月17日
    佐賀県浜玉町 サケの放流

    玉島川河口でサケの稚魚1500匹を放流する玉島川漁協の関係者=1998(平成10)年3月17日、佐賀県浜玉町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070100565

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月20日
    破損した密漁自警船 漁協自警船の3人死傷

    消波ブロックなどに衝突し、3人が死傷した波崎共栄漁協所属の密漁などの自警船「はまかぜ」=20日午前10時35分、千葉県銚子市の銚子漁港で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1998052000040

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年08月22日
    第5弘昌丸乗組員の合同葬 漁船火災の合同葬営まれる

    しめやかに営まれた「第5弘昌丸」の乗組員5人の合同葬=22日午後、高知県土佐市宇佐町の宇佐漁協

    商品コード: 1998082200073

  • 1998年08月22日
    常滑沖で100隻がデモ 中部新空港反対で海上デモ

    中部国際空港の建設に反対して海上デモをする三重県ばっち網漁協の漁船=22日午前10時5分、愛知県常滑市沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1998082200023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年09月11日
    会見する岸漁協会長 新協定の締結を早急に

    「一審破棄、差し戻し」の判決を受け、記者会見する岸宏・島根県漁業協同組合連合会会長=11日午後1時30分、島根県庁

    商品コード: 1998091100169

  • 1998年10月04日
    佐賀関町漁協の商標 定着する魚のブランド化

    佐賀関町漁協の商標(左)と、申請中の日本遠洋旋網(まきあみ)漁協の商標

    商品コード: 1998100400070

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年10月20日
    転覆した幸運丸 イカ釣り船転覆、3人不明

    しけで転覆した長崎県西有家町漁協所属の幸運丸=20日午後0時45分、北海道小樽市高島岬北35キロ沖付近で共同通信社機から

    商品コード: 1998102000180

  • 1998年11月02日
    水野芳嗣さん

    養殖魚のえさ補助剤を開発した愛媛県三瓶湾漁協の水野芳嗣(みずの・よしつぐ)さん

    商品コード: 1998110200100

  • 1999年01月02日
    箱詰めのハタハタ 4県でハタハタを資源管理

    水揚げ後、箱詰めされたハタハタ=秋田県象潟町の秋田県南部漁協

    商品コード: 1999010200038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年01月20日
    安否を気遣う漁協関係者ら 岩手の6人乗り漁船不明

    八丈島沖で連絡を絶った新生丸の乗組員の安否を気遣う漁協関係者ら=20日午後11時40分、岩手県山田町の船越湾漁協

    商品コード: 1999012000118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年01月21日
    喜びの関係者 新生丸の乗組員5人救助

    乗組員5人救助の報に喜ぶ、新生丸船主の清水重雄さん(右端)=21日午後5時30分、岩手県山田町の船越湾漁協

    商品コード: 1999012100080

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年01月21日
    詰め掛けた家族ら 手掛かりなく、疲れ色濃く

    マグロはえ縄漁船「新生丸」が連絡を絶ち、一夜明けた漁協の対策本部に詰め掛けた漁船員の家族ら=21日午前8時40分、岩手県山田町の船越湾漁協

    商品コード: 1999012100019

  • 1999年03月29日
    調印後に関係者が握手 4県がハタハタ管理協定

    「北部日本海海域ハタハタ資源管理協定」に調印後、握手する関係4県の漁協会長ら。左から、青森県深浦漁協の森長保組合長、秋田県漁連の佐藤孫一会長、中須勇雄水産庁長官、新潟県漁連の守屋義秀専務理事、山形県機船底引き網漁協の志田啓会長=29日午後、水産庁

    商品コード: 1999032900102

  • 1999年03月29日
    調印する4県関係者ら 4県がハタハタ管理協定

    中須勇雄水産庁長官(中央)の立ち会いで「北部日本海海域ハタハタ資源管理協定」に調印する関係4県の漁協会長ら。左から秋田県漁連の佐藤孫一会長、青森県深浦漁協の森長保組合長、新潟県漁連の守屋義秀専務理事、山形県機船底引き網漁協の志田啓会長=29日午後、水産庁

    商品コード: 1999032900101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年07月24日
    鳥取の「第73長生丸」 イカ釣り漁船、相次ぎ転覆

    北海道留萌市沖で音信が途絶えている鳥取県境港市漁協所属のイカ釣り漁船「第73長生丸」

    商品コード: 1999072400027

  • 1999年10月05日
    カツオを無料配布 東海村臨界事故

    ひたちなか市の磯崎漁協が水揚げ、スーパーの買い物客らに無料配布されるカツオ=5日午後、水戸市元吉田町

    商品コード: 1999100500178

  • 1999年10月11日
    羅臼漁協の試験取水 海洋深層水で町おこし

    羅臼漁協青年部が行った深層水の試験取水=5月23日、北海道羅臼町沖

    商品コード: 1999101100044

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...