KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 登録
  • 国家
  • 革新
  • 伝承
  • 平成
  • 融合
  • 交流
  • 技術

「漆工芸」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
99
( 1 99 件を表示)
  • 1
99
( 1 99 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  日本電報通信社資料
    1930年10月19日
    日本電報通信社資料

    漆工芸家の六角紫水さん=1930(昭和5)年10月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930101900005

  •  六角紫水氏
    1946年05月14日
    六角紫水氏

    漆工芸家の六角紫水氏=整理1946(昭和21)年5月14日(21年内地番号なし)

    商品コード: 2015012000207

  •  高井白陽
    1946年10月09日
    高井白陽

    漆工芸家の高井白陽=1946(昭和21)年10月9日(21年内地番号なし)

    商品コード: 2014060300121

  •  松田権六
    1950年10月28日
    松田権六

    蒔絵師の松田権六(漆工芸)=1950(昭和25)年10月28日(25年内地番号なし)

    商品コード: 2014022400329

  • (たかはし・せつろう) 高橋節郎
    1966年06月09日
    (たかはし・せつろう) 高橋節郎

    漆工芸家、東京芸術大学名誉教授=1965(昭和40)年11月9日撮影

    商品コード: 2006051500083

  •  松田権六
    1976年08月24日
    松田権六

    松田権六、文化、学者・研究者、まつだ・ごんろく、死去・1986(昭和61)年6月15日、漆工芸家、日本工芸会理事長、東京美術学校教授、重要無形文化財技術保持者(人間国宝)、日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章、勲二等瑞宝章綬章=1976(昭和51)年8月24日

    商品コード: 1976113000013

  • (まつだ・ごんろく) 松田権六
    1976年10月14日
    (まつだ・ごんろく) 松田権六

    漆工芸家、芸術院会員(人間国宝)、東京芸術大教授、文化勲章受章=1976(昭和51)年8月24日撮影

    商品コード: 2005030700059

  • 文化勲章を受章 喜びを語る松田権六氏
    1976年10月25日
    文化勲章を受章 喜びを語る松田権六氏

    文化勲章受章の喜びを語る松田権六氏(漆工芸家)。「漆の関係で文化勲章をいただくのは私が初めてでしょう。いまだに信じられません」と人間国宝の松田さんは言葉を選びながら話す=1976(昭和51)年10月25日、東京都文京区(51年内地 7603)

    商品コード: 2014021700392

  • (まつだ・ごんろく) 松田権六
    1982年08月27日
    (まつだ・ごんろく) 松田権六

    漆工芸家、芸術院会員、人間国宝、東京芸術大教授、文化勲章受章=1982(昭和57)年4月26日撮影

    商品コード: 2004060900051

  • 木曽漆の伊藤猛さん 漆でつくる金銀銅メダル
    1997年01月27日
    木曽漆の伊藤猛さん 漆でつくる金銀銅メダル

    工房でまき絵を描く漆工芸家の伊藤猛さん=長野県楢川村

    商品コード: 1997012700047

  • 高橋節郎さん 高橋節郎さんが死去
    2007年04月19日
    高橋節郎さん 高橋節郎さんが死去

    死去した高橋節郎さん(漆工芸家、文化勲章受章者)

    商品コード: 2007041900160

  •  烏城彫 渋み、上品さ醸す漆工芸
    2017年05月24日
    烏城彫 渋み、上品さ醸す漆工芸

    渋みと上品さが漂う烏城彫の作品。漆特有の艶が渋みとともに上品さを醸し出す。木目を生かしつつ丁寧に手彫りされた絵がアクセントを添える。岡山城の別名を冠した「烏城彫」は、使うほどに味わいを増す郷土色豊かな漆工芸品として、多くのファンを引きつける。トチやケヤキ、カツラなどから取った木地に野菜、果物、花といった模様を大小の彫刻刀で描く。絵柄の部分を色付きの漆で引き立たせながら、全体も漆を塗っては拭き取る「拭き漆」を繰り返して仕上げていく。漆は国産の上質な物を用いる。=2017(平成29)年5月24日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500734

  •  「新華社」福州国際漆芸ビエンナーレ、国内外の漆工芸品約300点を展示
    03:42.59
    2018年12月27日
    「新華社」福州国際漆芸ビエンナーレ、国内外の漆工芸品約300点を展示

    中国福建省福州市で2年に1回開催される「2018福州国際漆芸ビエンナーレ」が27日、市民と観光客に向け無料公開された。中国や米国、ドイツ、フランス、オーストラリア、日本など9カ国(地域)の芸術家180名余りが、約300点の作品を出展した。今回のビエンナーレは「新時代、新たな漆の境地」をテーマに、「伝承の中での革新、国を超えた融合による発展」という理念を強調している。迫力のある主要展示品以外にも、オリジナリティがあり写実感にあふれる作品が多数展示された。ビエンナーレは福州市政府と福建省文化観光庁が共同で開催した。主要展示エリアの他にも8カ所の展示エリアを設け、会期中には10回以上の漆工芸に関する多彩な文化活動が行われるという。無料公開は2019年2月17日まで。(記者/宓盈婷、郭圻)<映像内容>「2018福州国際漆芸ビエンナーレ」の様子、撮影日:2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019501

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆工芸を学ぶフランスの芸術家ドミニク・アンベールさん(左)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517216

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆塗りの技術を学ぶフランスの芸術家ローレンス・クラインさん(右端)とドミニク・アンベールさん(右から2番目)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516762

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(左端)とドミニク・アンベールさん(右端)に漆塗りの古琴の制作技法を解説する福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(中央)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517090

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の塗り方を学ぶフランスの芸術家ローレンス・クラインさん。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517225

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(中央)とドミニク・アンベール(奥右)に脱胎技法を解説する福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(奥左)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516889

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の作り方を学ぶ、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517069

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(左から2番目)とドミニク・アンベール(左端)に漆工芸の制作方法や知識を教える福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(前列右)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517218

  •  フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」
    2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の研磨効果について話し合うフランスの芸術家ローレンス・クラインさん(右端)とドミニク・アンベールさん(右から2番目)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516871

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、傷のついた青磁を持って呉栄強さんの工房を訪ね、漆繕いについて相談する竜泉市の青磁陶芸家、楊盛侃(よう・せいかん)さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500585

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で、弟子に漆繕いの指導をする呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500743

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で青磁の器に漆繕いを施す呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500744

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で生漆を精製する呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500741

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で漆器を制作する呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500716

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で記念撮影する呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500718

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で漆器を制作する呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500721

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の「七分酔」工房で漆をろ過する呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500626

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村にある「七分酔」工房で青磁の器に漆繕いを施す呉栄強さん。「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500719

  •  山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市
    2019年01月15日
    山奥に宿る漆職人魂浙江省竜泉市

    15日、竜泉市牛頭嶺(ぎゅうとうれい)村の山中にある「七分酔」工房。(小型無人機から)「青磁の故郷」とされる中国浙江省竜泉(りゅうせん)市で1974年に生まれた呉栄強(ご・えいきょう)さんは、2012年に「高古瓷」と呼ばれる明清時代よりも前の陶磁器の修復に携わって以降、伝統的な漆工芸に興味を持ち始めた。呉さんは中国や日本、韓国の幅広い資料を調べ、漆で陶磁器を修繕する「漆繕い」や漆器の製造、生漆(きうるし)の精製の技術を探求してきた。呉さんは2017年末、活動の場を広げるために工房を杭州市内から故郷竜泉市の山中に移し、漆繕いと竜泉青磁を密接に結びつけた。呉さんは「地元に戻りすべてが順調になった」と語る。呉さんは現在、年間600~700件の器物を修繕しており、約500キロの生漆を精製している。また数人の弟子をとり、技術を若い世代に伝承している。呉さんは「山奥で漆と静かに対話することに幸せを感じる」と述べ、古い漆文化が徐々に復活するなか、その先頭に立つ探求者となれたことはとても幸運だったと語った。(竜泉=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500738

  •  「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催
    2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、漆工芸とタンカを融合させた作品を制作するチベット自治区のリンチェンナムギャルさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518225

  •  「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催
    2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、漆工芸とタンカを融合させた作品を制作するチベット自治区のリンチェンナムギャルさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518354

  •  「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催
    2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、制作したタンカと漆工芸を融合させた作品「タンカ・指小路尊者」を紹介するチベット自治区のリンチェンナムギャルさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518351

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300727

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」の歴史を紹介するガイドの張真禎(ちょう・しんてい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300769

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300774

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」で、福州市の脱胎漆器(芯材を持たない漆器)を紹介するライブ配信の準備をするスタッフの梁向明(りょう・こうめい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300782

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300802

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300760

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区にある古民家の歴史や文化を紹介する繆妙(ぼく・みょう)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300737

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300742

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」でライブ配信を通じて同市の漆工芸や建盞(けんさん、天目茶碗)を紹介するスタッフの梁向明(りょう・こうめい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300753

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」でライブ配信を行うスタッフ。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300776

  •  旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市
    2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300757

  •  セミの声響く夏山で漆の採取が最盛期重慶市城口県
    2020年08月06日
    セミの声響く夏山で漆の採取が最盛期重慶市城口県

    6日、鎌で漆の木の樹皮に切り込みを入れる、漆掻き職人の向純貴(しょう・じゅんき)さん。中国重慶市城口県では、毎年夏になると漆の木の樹液を採取する「漆掻(か)き」職人が山の中を忙しく動き回る。同県は漆の木が豊富で、天然の生漆(きうるし)の産出量が多い。生漆は漆の木の樹皮に含まれる樹脂の一種で、そのまま塗料として使用できる。重慶市政府は2011年4月、城口県の漆工芸を第3次市級無形文化遺産のリストに登録した。漆掻きは、漆工芸の制作過程の第一段階となっている。(重慶=新華社記者/陳青氷)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402388

  •  セミの声響く夏山で漆の採取が最盛期重慶市城口県
    2020年08月06日
    セミの声響く夏山で漆の採取が最盛期重慶市城口県

    6日、切り込んだ樹皮からにじみ出る樹液(漆)。中国重慶市城口県では、毎年夏になると漆の木の樹液を採取する「漆掻(か)き」職人が山の中を忙しく動き回る。同県は漆の木が豊富で、天然の生漆(きうるし)の産出量が多い。生漆は漆の木の樹皮に含まれる樹脂の一種で、そのまま塗料として使用できる。重慶市政府は2011年4月、城口県の漆工芸を第3次市級無形文化遺産のリストに登録した。漆掻きは、漆工芸の制作過程の第一段階となっている。(重慶=新華社記者/陳青氷)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402386

  •  「新華社」セミの声響く夏山で漆の採取が最盛期重慶市城口県
    00:50.00
    2020年08月12日
    「新華社」セミの声響く夏山で漆の採取が最盛期重慶市城口県

    中国重慶市城口県では、毎年夏になると漆の木の樹液を採取する「漆掻(か)き」職人が山の中を忙しく動き回る。同県は漆の木が豊富で、天然の生漆(きうるし)の産出量が多い。生漆は漆の木の樹皮に含まれる樹脂の一種で、そのまま塗料として使用できる。同県修斉鎮嵐山村の向純貴(しょう・じゅんき)さん(50)は、漆掻きとして20年以上の経験がある。向さんが漆掻きに使う道具は鎌1本と小さな籠、タブノキの葉400枚余り、そしておけ1個。鎌で木の幹にV字型の切り込みを一つ一つ入れ、小船のように折ったタブノキの葉を切り口の下に差し込み、にじみ出てきた樹液(生漆)を受け止める。向さんは、この一連の作業を早朝に400回以上繰り返す。全ての葉を差し込み終えるまでにかかる時間は約5時間、その後は樹液が出るのを「待つ」のが向さんの仕事となる。向さんによると、樹液の浸出には約2時間かかり、400余りの切り口から1日に1500グラム余りが採取できる。現在市場では500グラム当たり150元(1元=約15円)で取引されているという。重慶市政府は2011年4月、城口県の漆工芸を第3次市級無形文化遺産のリストに登録した。漆掻きは漆工芸の制作過程の第一段階となっている。(記者/陳青氷、楊仕彦)<映像内容>漆の木の樹液を採取する職人、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401908

  •  古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市
    2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、漆工芸品の制作に使われる道具や材料を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111006109

  •  (12)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (12)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、成都市の工芸品メーカー、成都漆器工芸廠で、弟子たちと記念撮影する尹利萍さん(右から4人目)。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800229

  •  (11)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (11)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、尹利萍さんの代表作品「鳳舞芸術座盤」。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800069

  •  (14)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (14)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、自身の代表作品「牡丹宝相瑞葉鼓型花罐」の横に立って記念撮影する尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800158

  •  (10)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (10)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、尹利萍さんの代表作品の漆芸彫刻。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800187

  •  (2)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (2)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、漆器の花瓶に彩色を施す尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800188

  •  (6)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (6)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、漆器の表面に模様を彫る尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800199

  •  (4)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (4)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、漆器の表面に模様を彫る尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800161

  •  (3)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (3)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、成都漆器の製造工程について説明する尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800086

  •  (5)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (5)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、漆器の表面に模様を彫る尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800140

  •  (13)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (13)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、弟子たちの前で彩色技法を実演する尹利萍さん(右から2人目)。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800208

  •  (1)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (1)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、1980年代に自身が描いた漆工芸のデザイン画を見せる尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800192

  •  (9)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (9)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、紅殻漆(べんがらうるし)の状態を確認する尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800227

  •  (15)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (15)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、漆器花瓶の表面を磨く尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800167

  •  (7)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (7)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、弟子を指導する尹利萍さん(左)。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800205

  •  (16)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (16)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    17日、成都市の工芸品メーカー、成都漆器工芸廠に展示されている漆器の製造過程を示す器。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800219

  •  (8)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者
    2020年12月27日
    (8)伝統と革新を模索、漆工芸の美を伝える文化遺産の継承者

    22日、漆器花瓶に金属箔粉をふりかける尹利萍さん。中国四川省の「成都漆器」は中国五大漆器の一つとして知られる。同省成都市の漆工芸は早くも3千年以上前から高いレベルに達していたという。成都漆器は生漆を主原料とし、細部にこだわり、見た目が美しく、芸術性と実用性を兼ね備えている。「成都漆工芸」は2006年、国家級無形文化遺産リストに登録された。同市出身の国家級無形文化遺産「成都漆工芸」の代表的継承者、尹利萍(いん・りへい)さん(67)はここ数年、伝統を継承しながら革新を模索。同省と全国の工芸美術大賞を何度も受賞している。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800211

  •  (3)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用
    2020年12月29日
    (3)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    26日、空から見た雄安駅。(小型無人機から)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903272

  •  (2)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用
    2020年12月29日
    (2)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    雄安駅に掲げられた扁額。制作には卵の殻4キロが使用されている。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903256

  •  (5)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用
    2020年12月29日
    (5)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    26日、雄安駅の外観。(小型無人機から)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903262

  •  (1)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用
    2020年12月29日
    (1)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    雄安駅に掲げられた扁額。(資料写真)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903252

  •  (4)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用
    2020年12月29日
    (4)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    雄安駅構内の柱に施されたハスの花の装飾。(資料写真)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903258

  •  (4)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (4)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福州彫漆(ちょうしつ、表面に漆を塗り重ねて模様を彫る技法)の作品を制作する、福建省紅門漆芸術研究院のスタッフ。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307826

  •  (9)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (9)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月28日、福建省工芸美術ビルで、漆絵作品を楽しむ愛好者。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307861

  •  (16)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (16)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月15日、福州市倉山区で、大型の脱胎漆器(芯材を持たない漆器)花瓶を制作する福建省の工芸美術大師、陳天灨(ちん・てんかん)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307851

  •  (12)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (12)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、漆を乾かす福建省紅門漆芸術研究院のスタッフ。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307856

  •  (7)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (7)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月23日、生徒に針描き(細い針金で線書きすること)を教える、中国工芸美術大師で国家級無形文化遺産「福州脱胎漆器髹飾技芸」の代表的伝承者、鄭修鈐(てい・しゅうけん)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307812

  •  (10)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (10)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月28日、福建省工芸美術ビルで、福建省の工芸美術大師、上官俊華(じょうかん・しゅんか)さんによる「薄料淡彩」技法を用いた脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の作品を見つめる愛好者。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307823

  •  (1)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (1)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福建省紅門漆芸術研究院の漆絵創作拠点で、作品の制作に励む人たち。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307833

  •  (17)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (17)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月23日、自身の作品を紹介する中国工芸美術大師で国家級無形文化遺産「福州脱胎漆器髹飾技芸」の代表的伝承者、鄭修鈐(てい・しゅうけん)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307865

  •  (15)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (15)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月28日、福建省工芸美術ビルで、漆絵作品を見つめる愛好者。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307822

  •  (5)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (5)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福州彫漆(ちょうしつ、表面に漆を塗り重ねて模様を彫る技法)の作品を制作する、福建省紅門漆芸術研究院のスタッフ。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307829

  •  (3)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (3)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の表面を磨く福建省紅門漆芸術研究院のスタッフ。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307779

  •  (14)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (14)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福州彫漆(ちょうしつ、表面に漆を塗り重ねて模様を彫る技法)の作品を紹介する福建省紅門漆芸術研究院の袁師永(えん・しえい)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307840

  •  (6)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (6)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月28日、福建省工芸美術大楼ビルで開かれた講座で講義をする、中国工芸美術大師で国家級無形文化遺産「福州脱胎漆器髹飾技芸」の代表的伝承者、鄭修鈐(てい・しゅうけん)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307854

  •  (11)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (11)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福建省紅門漆芸術研究院の漆絵創作拠点で、漆絵を描く愛好者。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307868

  •  (8)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (8)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月23日、針描きの技法を見せる、中国工芸美術大師で国家級無形文化遺産「福州脱胎漆器髹飾技芸」の代表的伝承者、鄭修鈐(てい・しゅうけん)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307853

  •  (18)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (18)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月28日、福建省工芸美術ビルに展示された、文字が書かれた緑色の花瓶「緑鼓漆書瓶」。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな街で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307839

  •  (2)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (2)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月29日、福州市倉山区の工房で、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の表面を磨く職人の洪兆恵(こう・ちょうけい)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307848

  •  (19)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (19)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月23日、針描きの技法で制作した自身の作品を見せる、中国工芸美術大師で国家級無形文化遺産「福州脱胎漆器髹飾技芸」の代表的伝承者、鄭修鈐(てい・しゅうけん)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな街で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」はは2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307858

  •  (13)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (13)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月28日、福建省工芸美術ビルに展示された大型の漆器花瓶。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307834

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200623

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011201269

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200789

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200199

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200464

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011201278

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200485

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200484

  •  Lacquer Craft
    2022年01月03日
    Lacquer Craft

    A worker polishes lacquerware products at a lacquerware craft Factory in Bijie City, Southwest China‘s Guizhou Province, Jan. 3, 2022.=2022(令和4)年1月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200585

  •  (6)歴史文化街区で海峡両岸民俗文化祭が開催福建省福州市
    2022年02月17日
    (6)歴史文化街区で海峡両岸民俗文化祭が開催福建省福州市

    12日、福州の漆工芸品を観賞する観光客。中国福建省福州市の梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区で12日、2022年海峡両岸民俗文化祭が開かれた。会場ではパレードや伝統芸能の実演、無形文化遺産の展示などが行われ、訪れた市民を楽しませた。文化祭には馬祖サブ会場も設けられ、馬祖の特色ある演目がクラウド上で上演された。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021710968

  • 1