KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 三国志演義
  • 関羽
  • 劉備
  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 風景
  • 創建
  • 孫権
  • 三国時代

「演義」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
85
( 1 85 件を表示)
  • 1
85
( 1 85 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2009年10月17日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁の下で体を鍛える市民。(2009年10月17日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2009(平成21)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401747

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401857

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401760

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401826

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401859

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401753

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401820

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2013年04月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2013年4月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2013(平成25)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401809

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2013年05月19日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401817

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2014年12月28日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2014(平成26)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100778

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2016年01月31日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    雪化粧した荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2016年1月31日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401842

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2017年07月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の北門の一つ、大北門(拱極門)の朝宗楼。(2017年7月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2017(平成29)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401793

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2018年06月21日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州市の関公義園。関羽像は高さ58メートル、総重量約1200トン。世界で最も大きい関羽像として知られる。(2018年6月21日撮影、小型無人機から)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401863

  •  Frankfurt Book Fair 2018.
    2018年10月11日
    Frankfurt Book Fair 2018.

    Feature, Mai JIA, China, writer, behind a book “The Three Kingdoms“ by Luo Guanzhong, on 11.10.2018 Frankfurt Book Fair 2018 from 10.10 - 14.10.2018 in Frankfurt am Main / Germany. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103031963

  •  中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露
    2018年10月19日
    中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露

    19日、英ロンドンで京劇「太真外伝」を披露する中国国家京劇院の役者。中国国家京劇院は9日から22日の日程で英国を訪問している。現地では唐代の詩人白居易の「長恨歌」を題材に唐の玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンス「太真外伝(たいしんがいでん)」、「楊家将演義」の一節で三叉路の宿屋で真夜中に二人の男が死闘を繰り広げる「三岔口(さんちゃこう)」、「西遊記」から抜粋した物語「金銭豹(きんせんひょう)」の3本の京劇が披露され、交流活動も行われる。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217240

  •  中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露
    2018年10月19日
    中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露

    19日、英ロンドンで京劇「太真外伝」を披露する中国国家京劇院の役者。中国国家京劇院は9日から22日の日程で英国を訪問している。現地では唐代の詩人白居易の「長恨歌」を題材に唐の玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンス「太真外伝(たいしんがいでん)」、「楊家将演義」の一節で三叉路の宿屋で真夜中に二人の男が死闘を繰り広げる「三岔口(さんちゃこう)」、「西遊記」から抜粋した物語「金銭豹(きんせんひょう)」の3本の京劇が披露され、交流活動も行われる。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217381

  •  中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露
    2018年10月19日
    中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露

    19日、英ロンドンで京劇「太真外伝」を披露する中国国家京劇院の役者。中国国家京劇院は9日から22日の日程で英国を訪問している。現地では唐代の詩人白居易の「長恨歌」を題材に唐の玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンス「太真外伝(たいしんがいでん)」、「楊家将演義」の一節で三叉路の宿屋で真夜中に二人の男が死闘を繰り広げる「三岔口(さんちゃこう)」、「西遊記」から抜粋した物語「金銭豹(きんせんひょう)」の3本の京劇が披露され、交流活動も行われる。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217342

  •  中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露
    2018年10月19日
    中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露

    19日、英ロンドンで京劇「太真外伝」を披露する中国国家京劇院の役者。中国国家京劇院は9日から22日の日程で英国を訪問している。現地では唐代の詩人白居易の「長恨歌」を題材に唐の玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンス「太真外伝(たいしんがいでん)」、「楊家将演義」の一節で三叉路の宿屋で真夜中に二人の男が死闘を繰り広げる「三岔口(さんちゃこう)」、「西遊記」から抜粋した物語「金銭豹(きんせんひょう)」の3本の京劇が披露され、交流活動も行われる。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217385

  •  中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露
    2018年10月19日
    中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露

    19日、英ロンドンで京劇「太真外伝」を披露する中国国家京劇院の役者。中国国家京劇院は9日から22日の日程で英国を訪問している。現地では唐代の詩人白居易の「長恨歌」を題材に唐の玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンス「太真外伝(たいしんがいでん)」、「楊家将演義」の一節で三叉路の宿屋で真夜中に二人の男が死闘を繰り広げる「三岔口(さんちゃこう)」、「西遊記」から抜粋した物語「金銭豹(きんせんひょう)」の3本の京劇が披露され、交流活動も行われる。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217107

  •  中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露
    2018年10月19日
    中国国家京劇院が英国公演「太真外伝」を披露

    19日、英ロンドンで京劇「太真外伝」を披露する中国国家京劇院の役者。中国国家京劇院は9日から22日の日程で英国を訪問している。現地では唐代の詩人白居易の「長恨歌」を題材に唐の玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンス「太真外伝(たいしんがいでん)」、「楊家将演義」の一節で三叉路の宿屋で真夜中に二人の男が死闘を繰り広げる「三岔口(さんちゃこう)」、「西遊記」から抜粋した物語「金銭豹(きんせんひょう)」の3本の京劇が披露され、交流活動も行われる。(ロンドン=新華社記者/韓岩)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217218

  •  三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市
    2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    空から見た江蘇省鎮江市北固山の甘露寺。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100343

  •  三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市
    2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    江蘇省鎮江市北固山にある甘露寺の山門。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山の後峰に立つ甘露寺は、呉の時代に建設が始まり、各時代の増築を経て現在の規模になっている。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」に登場する仏寺は、甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、孫権は周瑜の出した計略を用い、妹の孫尚香との縁談を偽って劉備を京口に誘い出し、その機に乗じて劉備を人質に捕らえ、荊州の返還を迫ろうとした。諸葛亮はこの計略の裏をかき、孫家と劉家の偽りの縁組を真にし、呉に夫人を差し出させ、兵も引かせた。京劇の演目「竜鳳呈祥」は、このストーリーを描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100339

  •  三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市
    2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    江蘇省鎮江市北固山の甘露寺。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100237

  •  三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市
    2018年12月13日
    三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市

    江蘇省鎮江市北固山の甘露寺の夜景。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100330

  •  「新華社」東京で元宵節のランタン·フェスティバル
    02:31.74
    2019年02月17日
    「新華社」東京で元宵節のランタン·フェスティバル

    「四海同春、楽しい春節」がテーマの「中華春節燈籠(とうろう)祭・東京燈会」が16、17の両日、東京で開催された。今回のランタン・フェスティバルは、東京で初めての元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日、今年は2月19日)を祝うイベントで、世田谷区にある駒沢オリンピック公園を会場に行われた。会場入り口の大きな門には中国と日本を代表する文化がそれぞれ描かれた飾り灯籠、動物の形の大きな宮廷用ランタンが設置されており、中国文化の息づかいが強く感じられるようになっていた。多くの観光客が、月のウサギ、パンダ、花瓶、中国の古典4大名著(「三国志演義」「水滸伝(すいこでん)」「西遊記」「紅楼夢」)の登場人物の形をしたランタンなどに足を止めて記念撮影をしていた。今回のランタン・フェスティバルでは中国八大料理(山東料理、四川料理、広東料理、江蘇料理、浙江料理、福建料理、湖南料理、安徽料理)の軽食も用意され、観客たちはランタンを見ながら料理を楽しんだり、ステージで披露された中日文化の実演を鑑賞したりすることもできた。(記者/鄧敏、郭威)<映像内容>東京で「中華春節燈籠祭・東京燈会」開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021901136

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2019年05月21日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の関羽祠にある関羽の彫像。(5月21日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401839

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2019年06月11日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    11日、荊州古城の洗馬池。関羽が愛馬の赤兎(せきと)を洗ったことから名が付いたという言い伝えがある。(小型無人機から)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401785

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625314

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625409

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625444

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800128

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800133

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」(石碑の前に置かれた石)。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800112

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑の台座に施された竜の文様。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625310

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800135

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625361

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明の正徳3年に武宗(正徳帝)が直筆し授けた「勅建三義宮」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625404

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の本殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625413

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿。三国志に登場する名馬、劉備の「的驢(てきろ)」と関羽の「赤兎(せきと)」が祭られている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625334

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625416

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625386

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿に祭られている劉備の愛馬「的盧(てきろ)」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625503

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮に祭られている劉備、関羽、張飛の像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625440

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800126

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625412

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮の香炉。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625458

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある関羽像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625499

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625501

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625498

  •  「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市
    2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した関聖殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625348

  •  三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
    2019年06月24日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100780

  •  特別展「三国志」9日に開幕新たな三国志像の構築目指す
    2019年07月08日
    特別展「三国志」9日に開幕新たな三国志像の構築目指す

    8日、「三国志演義」に記された長さで再現した張飛の蛇矛(じゃぼう)と出土した蛇矛(左側)を比較できる展示室。中日文化交流協定締結40周年を記念して東京・上野の東京国立博物館で9日から始まる特別展「三国志」の開会式と内覧会が8日、同博物館の平成館で行われた。同展は東京国立博物館と中国文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社が共同で主催し、中国で近年発掘された最新の考古学成果161点を展示、「三国志」の世界の実像に迫る。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902530

  •  Gamescom
    2019年08月20日
    Gamescom

    20 August 2019, North Rhine-Westphalia, Cologne: Plastic manga figures are on display at a Gamescom merchandising stand. The computer games fair Gamescom takes place from 20. to 24.08.2019 in Cologne. Photo: Henning Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082102092

  •  「新華社」ヤンゴンでミャンマー語版「西遊記」の放送開始式典
    01:15.67
    2019年09月14日
    「新華社」ヤンゴンでミャンマー語版「西遊記」の放送開始式典

    ミャンマー語吹き替え版「西遊記」と「三国演義」の放送開始式典が14日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンで行われた。現地のテレビ局は近く、この2本のテレビドラマの放送を始める。中国の陳海(ちん・かい)駐ミャンマー大使が式典であいさつし、次のように述べた。中国とミャンマーは地縁的に近く、民心が通じ合い、文化交流と協力は両国関係の重要な一部である。内容も形式も多様で、持続可能性が強い両国の映画・テレビ・メディア、文化・観光、文芸公演、文化遺産保護分野の協力は、両国関係の内容を一段と豊かにしている。ヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相もあいさつし、「中国映像作品のミャンマーでの放送は両国の文化交流を促し、2国間協力と両国人民の友好を増進することに役立つ」と述べた。1986年に制作された「西遊記」と1994年に制作された「三国演義」のほか、ミャンマー語版の中国の複数のテレビドラマと特集番組が今後、同国で相次いで放送される。先月12日には、ミャンマー語版の「紅楼夢」の放送開始式典が行われた。式典に参加したミャンマーの視聴者パトリシアさんによると、ミャンマーには、彼女のように中国のテレビドラマや中国映画を好む視聴者が多く、ミャンマー語版の中国映像作品の放送により、ミャンマーの国民は観賞しやすくなり、中国の伝統文化に対するミャンマー国民の理解を深めることに役立つという。彼女は「今後より多くの中国映像作品が放送されることを望んでいる」と述べた。(記者/車宏亮、維陽)<映像内容>ミャンマー語吹き替え版「西遊記」と「三国演義」の放送開始式典、撮影日:2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904839

  •  山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村
    2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、衡公祠の楣(まぐさ、玄関上部に横に渡した梁)に描かれた「三国志演義」の一場面「空城計」の図。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、霊廟21基、古書院6棟、「千米古街」と呼ばれる古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703804

  •  (2)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (2)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、日本の遣唐使、阿倍仲麻呂を記念して建立された阿倍仲麻呂詩碑。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008030

  •  (8)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (8)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、北固楼から望む長江。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008031

  •  (4)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (4)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、北固山の頂上に続く遊歩道と「天下第一江山」の石刻。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008019

  •  (3)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (3)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、北固山から望む長江河畔の景観。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008038

  •  (11)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (11)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、甘露寺の祭江亭。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008024

  •  (5)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (5)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、北固山の南徐浄域門洞(南徐は南北朝時代の鎮江一帯の州名)。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008026

  •  (7)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (7)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、北固山の北固楼。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008037

  •  (9)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (9)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、甘露寺の多景楼。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008023

  •  (10)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (10)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、甘露寺多景楼に掛かる「天下江山第一楼」の扁額。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008018

  •  (1)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (1)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、甘露寺鉄塔。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008041

  •  (6)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市
    2021年01月20日
    (6)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、甘露寺の扁額。張飛(ちょう・ひ)の揮毫と伝えられる。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008021

  •  (14)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (14)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802844

  •  (2)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (2)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802836

  •  (16)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (16)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802902

  •  (17)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (17)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802914

  •  (4)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (4)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802863

  •  (7)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (7)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802841

  •  (5)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (5)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802877

  •  (15)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (15)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802901

  •  (18)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (18)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802845

  •  (6)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (6)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081804388

  •  (1)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (1)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802835

  •  (10)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (10)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802857

  •  (3)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (3)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802833

  •  (9)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (9)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802846

  •  (11)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (11)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802860

  •  (12)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (12)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802867

  •  (13)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (13)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802870

  •  (8)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市
    2021年08月17日
    (8)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠の関帝廟。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802840

  •  「新華社」アートトイ、世界の若者の新たな文化消費トレンドに
    00:50.94
    2023年10月09日
    「新華社」アートトイ、世界の若者の新たな文化消費トレンドに

    中国ではここ数年、アートトイ(中国語は潮流玩具)に代表される新たな消費が、文化産業の新たな注目点となっている。アートトイは芸術、社交、コレクション、感情的価値などを備えており、国内外の若者に深く愛されている。「拼酷(piececool)」は「中国アートトイの都」とされる広東省東莞市発のアートトイブランドで、中国の伝統文化を特徴とした金属製3Dパズル製品を手がけている。製品は7言語に翻訳され、100カ国・地域余りで販売されており、世界に1億以上の愛好者がいる。中でも伝統婚礼衣装の鳳冠をデザインした製品は、月間販売数22万個の人気商品となり、年間販売額は1億元(1元=約21円)を超えた。世界のアートトイ市場は高度成長段階にあり、2015年に87億ドル(1ドル=約149円)だった市場規模は22年に340億ドルまで拡大した。「2023中国玩具・ベビーキッズ用品業界発展白書」によると、22年の中国のゲームを除く玩具輸出額は前年比5・6%増の483億6千万ドルだった。世界のアニメ派生商品の8割は中国で作られており、うち3分の1以上が東莞で生産されている。中国のアートトイオンライン取引プラットフォーム「潮玩族」の呉逸夫(ご・いつふ)副総経理によると、国内のアートトイ企業は当初、海外向けのOEM(相手先ブランドによる生産)が中心で、市場も海外のIP(知的財産)・キャラクター商品が多かった。現在は国産ブランドが台頭し、デザインにも多くの中国伝統要素が取り入れられているという。呉氏は「(中国の)アートトイは東南アジアや日本、韓国でも順調な売れ行きを見せている。彼らは中国の神話や博物館文化に強い興味を持っている」と語った。東莞のアートトイメーカー東莞東秀文化伝播の創設者、王東東(おう・とうとう)氏は「中国の伝統文化はインスピレーションと想像力の源になっている。『山海経』『三国演義』など中国の伝統的物語の人物像などをメカとして表現することで、日本の多くの若いユーザーにも歓迎された」と述べた。中国アートトイの先駆けとして知られる「泡泡瑪特(ポップマート)」の23年中間(1~6月)決算は売上高が前年同期比19・3%増の28億1400万元だった。海外事業も好調で香港・マカオ・台湾地区と海外の売上は2・4倍の3億7600万元となった。今年上半期には新たにフランスやマレーシアで店舗を開設したほか、 =配信日: 2023(令和5)年10月9...

    商品コード: 2023100911641

  • 1