KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 前漢
  • 江村
  • 陵墓
  • 発掘調査
  • 漢代
  • 発見
  • 定説
  • 考古学調査
  • うし

「漢文帝」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
68
( 1 68 件を表示)
  • 1
68
( 1 68 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年12月16日
    (15)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の外蔵坑で出土した彩色着衣陶俑。(10月8日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607473

  • 2021年12月16日
    (18)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の外蔵坑から出土した銅製部材。(2020年5月7日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607499

  • 2021年12月16日
    (11)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    古くから漢文帝の陵墓と見なされてきた鳳凰嘴(ほうおうし)。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607500

  • 2021年12月16日
    (14)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の外蔵坑から出土した馬の骨。(2018年10月2日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607503

  • 2021年12月16日
    (9)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査で出土した馬の骨。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607496

  • 2021年12月16日
    (6)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査で出土した彩色陶俑。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607029

  • 2021年12月16日
    (1)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学プロジェクトの1号発掘地点の全景。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607004

  • 2021年12月16日
    (3)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査で出土した銅製の水時計。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121606991

  • 01:19.72
    2021年12月16日
    「新華社」陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。漢の文帝、劉恒(りゅう・こう、前202~前157年)は、高祖劉邦(りゅう・ほう)の四男で、漢帝国の成立後は代王に封じられたが、高祖の死後に政権を掌握した呂太后の一族が政変で一掃されると、重臣らに招かれ帝位に就いた。22年の治世は、賈誼(か・ぎ)や晁錯(ちょう・そ)らを重用し、年によって田租を免除するなど民力の休養に努めた。次の景帝と合わせた統治期間は「文景の治」と称えられている。陝西省考古研究院と西安市文物保護考古研究院は今世紀に入り、同市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などでも広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。江村大墓は封土(盛り土)がなく、墓葬形式は「亜」字型をしている。四方に台形の墓道が延び、墓室の開口部は地表から2・0~4・5メートルに位置する。南北の長さは74・5メートルで、東西は71・5メートル。底部は地表から27~30メートルの深さにある。江村大墓の周りでは、100基以上の外蔵坑と陪葬墓が確認された。考古学者らが江村大墓と薄太后南陵で2017年に開始した一部の外蔵坑の緊急発掘調査では、着衣陶俑や陶罐(とうかん)、銅帯鈎(たいこう)、弩機(どき、弩の発射装置)、鉄戟(てつげき)、車馬器などが大量に出土。印章2枚も見つかり、うち1枚は「中司空印」と判別できた。白鹿原西部の鳳凰嘴には、明清時代の祭祀碑が10基余りあり、ほかにも清の乾隆年間に陝西巡撫(じゅんぶ)を務めた畢沅(ひつ・げん)が銘文を記した石碑に「漢文帝霸陵」の文字があることから、古くから文帝陵墓の所在地とされてきた。考古学者は同エリアでも全面的かつ詳細な調査を実施したが、人工的な建築物や開削の跡は見つからなかったため、鳳凰嘴は自然に形成された黄土丘陵に過ぎず、いかなる墓葬も存在しないと判断した。今回の発掘作業を担当した陝西省 =配信日: 2021(令和3)年12月16...

    商品コード: 2021121606650

  • 2021年12月16日
    (22)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵の外蔵坑から出土した彩色陶俑。(2019年8月26日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607477

  • 2021年12月16日
    (13)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の1号発掘地点。(2019年5月15日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607497

  • 2021年12月16日
    (21)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    漢の文帝の生母を埋葬した薄太后南陵の発掘地点。(2019年3月14日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607525

  • 2021年12月16日
    (19)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓38号坑の全景。(2018年11月19日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607564

  • 2021年12月16日
    (27)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵の外蔵坑を発掘する考古学スタッフ。(2018年7月17日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607563

  • 2021年12月16日
    (2)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査で見つかった陶窯遺跡。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121606989

  • 2021年12月16日
    (17)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の外蔵坑から出土した銅の歯車。(2020年5月7日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607536

  • 2021年12月16日
    (16)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の外蔵坑から出土した刑徒俑。(2020年5月7日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607538

  • 2021年12月16日
    (25)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵の小型外蔵坑から出土した動物の骨。(11月1日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607546

  • 2021年12月16日
    (12)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓周辺の陶窯遺跡から出土した筒瓦と瓦当(がとう)。(2018年1月2日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607494

  • 2021年12月16日
    (8)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査で出土した鉄の足かせをした陶俑。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607032

  • 2021年12月16日
    (4)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査で見つかった外蔵坑の一つ。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607005

  • 2021年12月16日
    (5)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    今回の考古学調査の発掘現場。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607016

  • 2021年12月16日
    (28)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    発掘現場を確認する陝西省考古研究院の馬永贏(ば・えいえい)研究員(手前)と考古学者の焦南峰氏(中央)。(2019年11月4日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607568

  • 2021年12月16日
    (26)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵の外蔵坑から出土した金製装飾品。(2020年11月12日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607581

  • 2021年12月16日
    (20)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    江村大墓の外蔵坑から出土した印章。(2020年5月7日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607537

  • 2021年12月16日
    (24)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵の外蔵坑から出土した銅銭と銅環。(2019年11月8日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607521

  • 2021年12月16日
    (10)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵で出土した鳥頭形の金の装飾品。(資料写真)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607529

  • 2021年12月16日
    (23)陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    薄太后南陵の外蔵坑から出土した彩色着衣陶俑。(2020年5月7日撮影)中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121607510

  • 2021年12月20日
    (4)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑内部。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008559

  • 2021年12月20日
    (13)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した器物(一部)。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008876

  • 2021年12月20日
    (16)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008905

  • 2021年12月20日
    (15)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、薄太后南陵の外蔵坑から出土した金の装飾品。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008895

  • 2021年12月20日
    (1)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑の発掘現場。(小型無人機から)中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008462

  • 2021年12月20日
    (14)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した器物(一部)。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008878

  • 2021年12月20日
    (2)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008460

  • 2021年12月20日
    (9)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した銅銭を調べる考古学スタッフ。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008641

  • 2021年12月20日
    (7)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑で出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008619

  • 2021年12月20日
    (6)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑で出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008600

  • 2021年12月20日
    (11)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した陶馬。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008793

  • 2021年12月20日
    (3)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008461

  • 2021年12月20日
    (12)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した器物(一部)。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008865

  • 2021年12月20日
    (17)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008925

  • 2021年12月20日
    (8)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓外蔵坑の出土品を整理する考古学スタッフ。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008651

  • 2021年12月20日
    (10)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した銅銭の重さを量る考古学スタッフ。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008671

  • 2021年12月20日
    (5)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008595

  • 2021年12月21日
    (4)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した銅銭を検査する考古スタッフ。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109121

  • 2021年12月21日
    (3)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑の出土品(一部)。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109123

  • 2021年12月21日
    (7)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑の出土品(一部)。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109140

  • 2021年12月21日
    (1)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑の出土品(一部)。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109115

  • 2021年12月21日
    (2)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、薄太后南陵の外蔵坑から出土した金製装飾品。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109112

  • 2021年12月21日
    (5)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した陶馬。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109122

  • 2021年12月21日
    (6)漢文帝の薄太后南陵、出土品に多元的文化融合の特徴

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した彩色陶俑。中国陝西省西安市の東郊、覇橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓「江村大墓」が、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」と特定されたことで、文帝の生母「薄姫」を埋葬した薄太后南陵も多くの注目を集めている。江村大墓とその周辺区域で実施された調査と発掘では、薄太后南陵の外蔵坑からも多くの金器が見つかり、その文様は明らかな多元的文化融合の特徴を備えていた。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122109142

  • 2022年01月25日
    (1)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    秦始皇帝陵園外城東門遺跡の発掘現場。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512825

  • 2022年01月25日
    (2)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    元代趙氏家族墓地から出土した陶俑。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512826

  • 2022年01月25日
    (3)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    周原遺跡の王家嘴1号建築の基礎。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512850

  • 2022年01月25日
    (4)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    覇陵の外蔵坑から出土した着衣陶俑。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512854

  • 2022年01月25日
    (6)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    洪瀆原墓群の北周大野貞夫婦墓から出土した東ローマ帝国の金貨。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512855

  • 2022年01月25日
    (5)陝西省、2021年の六大重要考古新発見を発表

    太平遺跡から出土した玉器。(資料写真)中国陝西省で24日、第2回陝西重要考古新発見の発表記者会見がオンラインで開かれ、太平遺跡や覇陵遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡などの発掘プロジェクト6件が2021年度の同省重要考古新発見に選定されたと発表された。太平遺跡、周原先周建築・西周遺跡、秦始皇帝陵園外城東門遺跡、覇陵遺跡(漢文帝陵)、洪瀆原(こうとくげん)墓群(戦国~明清時代の古墓群)、元代趙氏家族墓地が選ばれた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512852

  • 2022年04月27日
    (10)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢宣帝杜陵から出土した双聯玉舞人。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707237

  • 2022年04月27日
    (3)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区の薄太后南陵外蔵坑から出土した鎏金銀当盧(りゅうきんぎんとうりょ、金メッキ銀の馬面)。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707190

  • 2022年04月27日
    (7)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区の薄太后南陵から出土した金の装飾品。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707224

  • 2022年04月27日
    (8)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢景帝陽陵博物院で、漢文帝霸陵陵区出土の陶俑を見学する人。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707231

  • 2022年04月27日
    (9)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢景帝陽陵から出土した陶俑。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707234

  • 2022年04月27日
    (1)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区の薄太后南陵から出土した金の装飾品。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707181

  • 2022年04月27日
    (2)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区の薄太后南陵から出土した陶俑。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707184

  • 2022年04月27日
    (4)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区の薄太后南陵外蔵坑から出土した烙馬印。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707191

  • 2022年04月27日
    (5)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区の薄太后南陵外蔵坑から出土した鎏金銀当盧(りゅうきんぎんとうりょ、金メッキ銀の馬面)。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707197

  • 2022年04月27日
    (6)漢文帝「霸陵」の出土品を一般公開陝西省

    22日、漢文帝霸陵陵区から出土した首に刑具を付けた半塑陶俑。中国陝西省咸陽市の漢景帝陽陵博物院でこのほど、漢文帝霸陵陵区から出土した遺物の一部として23組34点が一般公開された。展示品には、首に刑具を付けた半塑陶俑や薄太后南陵外蔵坑出土の鎏金(りゅうきん、金メッキ)車馬器、銅漏壺(水時計)などが含まれる。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2022(令和4)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042707236

  • 1