KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヘクター
  • ムー
  • 発展
  • 記者
  • 平成
  • 農家
  • 農民
  • 企業
  • 政策
  • ヤカン

「漢方生薬」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 栽培に成功した麻黄 麻黄の国内栽培に成功
    2004年02月06日
    栽培に成功した麻黄 麻黄の国内栽培に成功

    国内での栽培に成功した漢方生薬の麻黄(まおう)=03年12月、茨城県つくば市の国立医薬品食品衛生研究所筑波薬用植物栽培試験場

    商品コード: 2004020600005

  •  漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤
    2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    河北豊潤27日、丹参(タンジン)畑で農作業に勤しむ豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。(小型無人機で撮影)中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200554

  •  漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤
    2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、畑で射干(ヤカン)の手入れをする豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200590

  •  漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤
    2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、乾燥させた丹参(タンジン)を見せる豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200552

  •  漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県
    2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、オウゴン(黄芩)を収穫する河北省邢台市内丘県柳林鎮の農民。中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501111

  •  漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県
    2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、収穫したスイカズラを整理する河北省邢台市内丘県大孟村鎮劉家荘村の農民。中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501092

  •  漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県
    2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、河北省邢台市内丘県五郭店郷にある決明子(エビスグサ)栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501142

  •  「新華社」漢方生薬が収穫期迎える江西省楽安県
    01:20.84
    2019年09月02日
    「新華社」漢方生薬が収穫期迎える江西省楽安県

    中国江西省楽安(らくあん)県は近年、すぐれた生態資源の優位性を生かし、漢方薬(中薬)産業を県全体の農業産業構造の調整を推進する優位産業とし、黄蜀葵(おうしょっき)などを中心とする漢方生薬の栽培拠点7万ムー(約4660ヘクタール)余りを設立してきた。また、漢方薬産業の発展と貧困脱却の堅塁攻略を効果的に結びつけ、製薬会社の拠点設立と産業における貧困支援事業の参加を積極的に推奨し、政策・資金などの面から企業を支援することで、漢方薬産業を構造調整、増収促進、生態保護の「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)に育ててきた。(記者/彭昭之)<映像内容>収穫期を迎える漢方生薬の栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200999

  • 1