KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 武昌区
  • 令和
  • 武漢長江大橋
  • 場所
  • 三国志
  • 三国時代
  • 兵士
  • 史跡
  • 守備

「漢陽区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年11月30日
    樹齢500年余りのイチョウ古木が「健康診断」湖北省武漢市

    3日、武漢市漢陽区にある樹齢530年余りのイチョウの古木の前で記念撮影する観光客。中国湖北省武漢市漢陽(かんよう)区の鳳凰巷には、樹齢530年余りのイチョウの古木がある。同市の園林科学研究院がこのほど専門の機材を用いて行った「健康診断」では、いまだに良好な発育状態であることが分かった。漢詩などで古くから知られる「漢陽樹」は、本来漢陽地区のすべての樹木を指す言葉だが、今ではこのイチョウが同市を代表する「漢陽樹」となっている。同研究院は、樹木に細い針を刺して健康状態を診断するレジストグラフや、弾性波で樹木の断層画像を生成するソニックトモグラフなどの先進機材を使い「漢陽樹」の「全身検査」を実施した。同市がこれらの機器を用いて古木の診断を行うのは今回が初めてだという。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506398

  • 2018年12月03日
    樹齢500年余りのイチョウ古木が「健康診断」湖北省武漢市

    3日、武漢市漢陽区にある樹齢530年余りのイチョウの古木の前で記念撮影する観光客。中国湖北省武漢市漢陽(かんよう)区の鳳凰巷には、樹齢530年余りのイチョウの古木がある。同市の園林科学研究院がこのほど専門の機材を用いて行った「健康診断」では、いまだに良好な発育状態であることが分かった。漢詩などで古くから知られる「漢陽樹」は、本来漢陽地区のすべての樹木を指す言葉だが、今ではこのイチョウが同市を代表する「漢陽樹」となっている。同研究院は、樹木に細い針を刺して健康状態を診断するレジストグラフや、弾性波で樹木の断層画像を生成するソニックトモグラフなどの先進機材を使い「漢陽樹」の「全身検査」を実施した。同市がこれらの機器を用いて古木の診断を行うのは今回が初めてだという。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506304

  • 2018年12月03日
    樹齢500年余りのイチョウ古木が「健康診断」湖北省武漢市

    3日、武漢市漢陽区にある樹齢530年余りのイチョウの古木の前で記念撮影する観光客。中国湖北省武漢市漢陽(かんよう)区の鳳凰巷には、樹齢530年余りのイチョウの古木がある。同市の園林科学研究院がこのほど専門の機材を用いて行った「健康診断」では、いまだに良好な発育状態であることが分かった。漢詩などで古くから知られる「漢陽樹」は、本来漢陽地区のすべての樹木を指す言葉だが、今ではこのイチョウが同市を代表する「漢陽樹」となっている。同研究院は、樹木に細い針を刺して健康状態を診断するレジストグラフや、弾性波で樹木の断層画像を生成するソニックトモグラフなどの先進機材を使い「漢陽樹」の「全身検査」を実施した。同市がこれらの機器を用いて古木の診断を行うのは今回が初めてだという。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506609

  • 2018年12月03日
    樹齢500年余りのイチョウ古木が「健康診断」湖北省武漢市

    3日、武漢市漢陽区にある樹齢530年余りのイチョウの古木。(小型無人機から)中国湖北省武漢市漢陽(かんよう)区の鳳凰巷には、樹齢530年余りのイチョウの古木がある。同市の園林科学研究院がこのほど専門の機材を用いて行った「健康診断」では、いまだに良好な発育状態であることが分かった。漢詩などで古くから知られる「漢陽樹」は、本来漢陽地区のすべての樹木を指す言葉だが、今ではこのイチョウが同市を代表する「漢陽樹」となっている。同研究院は、樹木に細い針を刺して健康状態を診断するレジストグラフや、弾性波で樹木の断層画像を生成するソニックトモグラフなどの先進機材を使い「漢陽樹」の「全身検査」を実施した。同市がこれらの機器を用いて古木の診断を行うのは今回が初めてだという。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506407

  • 2018年12月03日
    樹齢500年余りのイチョウ古木が「健康診断」湖北省武漢市

    3日、武漢市漢陽区にある樹齢530年余りのイチョウの古木。(小型無人機から)中国湖北省武漢市漢陽(かんよう)区の鳳凰巷には、樹齢530年余りのイチョウの古木がある。同市の園林科学研究院がこのほど専門の機材を用いて行った「健康診断」では、いまだに良好な発育状態であることが分かった。漢詩などで古くから知られる「漢陽樹」は、本来漢陽地区のすべての樹木を指す言葉だが、今ではこのイチョウが同市を代表する「漢陽樹」となっている。同研究院は、樹木に細い針を刺して健康状態を診断するレジストグラフや、弾性波で樹木の断層画像を生成するソニックトモグラフなどの先進機材を使い「漢陽樹」の「全身検査」を実施した。同市がこれらの機器を用いて古木の診断を行うのは今回が初めてだという。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506341

  • 2018年12月03日
    樹齢500年余りのイチョウ古木が「健康診断」湖北省武漢市

    3日、武漢市漢陽区にある樹齢530年余りのイチョウの古木。(小型無人機から)中国湖北省武漢市漢陽(かんよう)区の鳳凰巷には、樹齢530年余りのイチョウの古木がある。同市の園林科学研究院がこのほど専門の機材を用いて行った「健康診断」では、いまだに良好な発育状態であることが分かった。漢詩などで古くから知られる「漢陽樹」は、本来漢陽地区のすべての樹木を指す言葉だが、今ではこのイチョウが同市を代表する「漢陽樹」となっている。同研究院は、樹木に細い針を刺して健康状態を診断するレジストグラフや、弾性波で樹木の断層画像を生成するソニックトモグラフなどの先進機材を使い「漢陽樹」の「全身検査」を実施した。同市がこれらの機器を用いて古木の診断を行うのは今回が初めてだという。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506492

  • 02:47.00
    2018年12月29日
    「新華社」世界最大支間長の2層式道路橋が接合湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市で建設中の楊泗港(ようしこう)長江大橋で2018年12月29日、鋼トラスの最後の1本のつり上げと接合作業が無事終了した。これにより、上下2層式道路橋として世界最大支間長を誇る同大橋は、主要構造部が竣工し、橋面舗装の段階に入った。同大橋は中鉄大橋勘測設計院が設計し、中鉄大橋局が施工を担当。武漢市内の長江に架かる橋としては10本目で、初の2層式道路橋となる。橋の西側で漢陽区の国際博覧センター立体交差橋に、東側で武昌区の八坦立体交差橋にそれぞれ接続し、武漢三鎮(武漢市の中心部である武昌・漢口・漢陽の総称)の漢陽区と武昌区を結び、今年に開催される第7回世界軍人運動会を支えるルートの1つとなる。中鉄大橋勘測設計院のエンジニア、李恒(り・こう)氏によると、同大橋の最大支間長は1700メートル、上の道路は都市高速道路で片側3車線、設計速度が時速80キロとなっている。下の道路は都市幹線道路で片側3車線、設計速度が時速60キロとなっており、両側には軽車両用レーンと歩行者用観光通路が設けられている。独特な景観をもつ同大橋は、武漢の新しい名所になることが期待される。楊泗港長江大橋に使用された鋼トラスは長さ36メートル、幅32・5メートル。1つのトラスの重さは1050トンで、大人のゾウ約200頭分に相当する。中鉄大橋局副チーフエンジニアの李興華(り・こうか)氏は、同大橋のメイントラスが全溶接鋼トラス構造を採用していると説明。各トラスは工場で全体を溶接組立してから現場まで船で輸送し、つり上げ能力900トンのケーブルクレーン2台を使って高い精度で設置したので、施工効率が大幅に向上し、「2カ月以内に49本のトラス全てが所定の場所に設置された」と明らかにした。武漢市城市建設投資開発集団の担当者は、今年に竣工、開通する同大橋が、武漢市の高速道路網を効果的に改善し、川を渡る交通ストレスを軽減すると説明。都市のバランスの取れた発展を促し、都市の空間構成を最適化するとの見解を示した。(記者/王斯班)<映像内容>世界最大支間長の楊泗港長江大橋の建設の様子、撮影日:2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020825161

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとに立つ「関羽洗馬処」石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401411

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとにある関羽の武器「青竜偃月刀」の石彫。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401415

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとに立つ「関羽洗馬処」石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401371

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ赤兎馬と兵士の像。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401369

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の近くにある大禹神話園を見学する観光客。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401421

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとにある「関羽洗馬口」の由来が書かれた石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401398

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとに立つ関羽像。奥は「関羽洗馬処」石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401338

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の付近にある晴川閣を見学する観光客。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401418

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ関羽と赤兎馬、兵士の銅像。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401384

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ兵士の像。腰をかがめ馬にくらを乗せる準備をしている。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の付近にある鉄門関。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401400

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑に記された「関羽洗馬処」の文字。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401357

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の付近で建設中の「計謀殿」。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ高さ約2メートルの関羽像。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401394

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.04
    2019年12月24日
    「新華社」武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。関羽像の高さは約2メートル。よろいを身に着け、右手に馬を洗うブラシを持ち、川に向かって立っている。兵士は腰をかがめて馬にくらを乗せる準備をしている。赤兎馬は前足を高く上げ、躍動感に満ちている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。同地は武漢の「三国文化」を代表する場所であり、周辺の「洗馬長街」付近には晴川閣や鉄門関、魯粛(ろしゅく)墓など多くの歴史・文化遺跡が保存されているほか、近年整備された「大禹神話園」もある。晴川閣の西の亀山では「兵法三十六計」を説明する「計謀殿」の建設も進んでいる。(記者/馮国棟)<映像内容>関羽洗馬処の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401717

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋で写真を撮る市民。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032900304

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋で散歩する市民。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032900335

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋を往来する自動車。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032900317

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の上で乗客を乗せて走る10番線バス。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032900315

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:41.87
    2020年07月13日
    「新華社」武漢市で封鎖解除後最大の麻薬事件を摘発

    中国湖北省武漢市警察はこのほど、夏季治安取り締まり「百日行動」で重大麻薬事件を摘発し、麻薬25キロを押収したと発表した。関係した車両2台も押収し、省を跨ぐ麻薬売買ネットワークを撲滅したという。4月8日に武漢市と市外につながる道路の封鎖が解除されてから摘発された最大の麻薬事件となった。武漢市の麻薬取り締まり警察は7月初め、雲南省の楊(よう)容疑者が武漢市で麻薬取引を行う可能性があるとの重要な手がかりをつかんだ。楊容疑者は8日、武漢市漢陽区のホテルに宿泊。警察官は張り込みを開始した。13日、警察官はホテルで麻薬の取引を行っていた楊容疑者ら麻薬密売人4人を逮捕し、現場で合成麻薬計25キロが入ったスーツケース2個を押収した。容疑者4人は現在、法に基づき刑事拘留されており、事件の捜査と検証が進められている。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢市で麻薬事件摘発の様子、撮影日:2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701212

  • 1