KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 昆明
  • 資料
  • インド亜大陸
  • エビデンス
  • 乾燥
  • 古第三紀
  • 安定性
  • 後退
  • 東アジア

「漸新世」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年08月31日
    (4)先史時代の動物化石数万点を展示甘粛省和政県

    漸新世末期の臨夏巨犀(パラケラテリウム・リンシアンセ)の想像図。(イメージ図))中国甘粛省臨夏回族自治州和政県には、珍しい「先史動物園」といえる和政古動物化石博物館がある。古代の動物の化石3万点余りを所蔵し、中でも「パラケラテリウム動物群」「プラティベロドン動物群」「ヒッパリオン動物群」「真馬動物群」の化石が最も豊富にある。同博物館の張海蓮(ちょう・かいれん)解説員は「化石の年代は大体、今から3千万~250万年前の間に集中している」と説明した。完全な骨格が残る化石の多くは、土の中から発掘され、生前最後の姿が復元されている。(臨夏=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090108973

  • 2022年03月05日
    (1)雲南省でトネリコ属の化石発見北半球の低緯度地域で最古

    雲南省の呂合盆地で発見された「F.ZlatkoiMeng-XiaoWuetJ.Huang」と「Fraxinuscf.honshuensis」の化石。(資料写真)モクセイ科トネリコ属(Fraxinus)の現生種は6組43種あり、北半球に広く分布している。ほとんどの種は中緯度の温帯と亜熱帯地域に分布し、少数の種が低緯度の熱帯地域に分布している。中緯度地域ではトネリコ属の化石記録が非常に豊富で、現在のトネリコ属の分布域と一致しているが、低緯度地域では化石記録が乏しく、トネリコ属の低緯度地域における拡散と進化に関する理解を制限してきた。中国雲南省の漸新世初期の呂合盆地で発見されたトネリコ属の翅果(しか)の化石は、北半球の低緯度地域における同属最古の化石記録とされる。現生種と化石種の形態を比較することで、発見された化石は、新種の「F.ZlatkoiMeng-XiaoWuetJ.Huang」と、化石種の日本本州産トネリコ「Fraxinuscf.honshuensis」の類似種とそれぞれ同定された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509187

  • 2022年03月05日
    (2)雲南省でトネリコ属の化石発見北半球の低緯度地域で最古

    トネリコ属の化石の拡散経路を示した図。(資料写真)モクセイ科トネリコ属(Fraxinus)の現生種は6組43種あり、北半球に広く分布している。ほとんどの種は中緯度の温帯と亜熱帯地域に分布し、少数の種が低緯度の熱帯地域に分布している。中緯度地域ではトネリコ属の化石記録が非常に豊富で、現在のトネリコ属の分布域と一致しているが、低緯度地域では化石記録が乏しく、トネリコ属の低緯度地域における拡散と進化に関する理解を制限してきた。中国雲南省の漸新世初期の呂合盆地で発見されたトネリコ属の翅果(しか)の化石は、北半球の低緯度地域における同属最古の化石記録とされる。現生種と化石種の形態を比較することで、発見された化石は、新種の「F.ZlatkoiMeng-XiaoWuetJ.Huang」と、化石種の日本本州産トネリコ「Fraxinuscf.honshuensis」の類似種とそれぞれ同定された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030509176

  • 2022年03月28日
    (6)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム・ハロン植物相の生物多様性を示す化石。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903802

  • 2022年03月28日
    (2)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム北部の漸新世古気候を示した図。中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の黄健(こう・けん)氏が作成した。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903806

  • 2022年03月28日
    (3)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    汎北部湾化石植物群の概念図。中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の黄健(こう・けん)氏が作成した。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903805

  • 2022年03月28日
    (5)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム・ハロン湾の現在の植生。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903808

  • 2022年03月28日
    (1)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナム・ハロンにある盆地で化石を採集する中国とベトナムの研究者。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903811

  • 2022年03月28日
    (4)中国の研究者ら、3千万年前から安定している植物相を発見

    ベトナムのハロン植物相の化石(上)と現在の植生。(資料写真)中国の研究者らがベトナム北部で発見した植物化石群を研究した結果、中南半島(中国の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島)北部の植物相が長い間安定していることが明らかになった。同半島北部の植生と気候は、漸新世(約3千万年前)から比較的安定しており、古第三紀末の東アジア半乾燥帯の後退後に広葉常緑樹林が北に広がった際の生物多様性の重要な根源となっている。研究成果はこのほど、「中南半島北部の長期的な植物相と気候の安定性-ベトナムの漸新世ハロン植物相からのエビデンス(Long-termfloristicandclimaticstabilityofnorthernIndochina:EvidencefromtheOligoceneHaLongflora,Vietnam)」との題で、国際学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903803

  • 1