KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 実現
  • 長さ
  • せん
  • カメラマン
  • コーリャン
  • デザイン
  • トウモロコシ畑
  • ムー

「瀋陽農業大学」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年07月25日
    山東省、科学技術特派員が農村振興をサポート

    25日、山東省青島市即墨区移風店鎮にある現代農業科学技術モデルパークで、支援を求めに訪れた栽培農家に、テンサイの成長過程における病害虫対策の質問について答える、瀋陽農業大学出身の科学技術特派員、宋永駿博士(左から1人目)。農村振興に強力な人的および知的サポートを提供し、農業に見識があり農村や農民を愛する農業科学技術チームを養成するため、中国山東省はこのほど「山東省農村人材振興推進事業方案」を発表した。同方案は、科学技術特派員制度をさらに整備し、科学技術特派員が農業科学のイノベーション、農業技術の普及、的確な貧困脱却の手助けなどにおいて、重要な役割を十分に発揮するよう求めている。同省は2022年までに、農業を営む県(市、区)における科学技術特派員サービスの全面的普及を実現する見込み。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000304

  • 2018年10月21日
    1キロのイチョウ並木が見頃遼寧省瀋陽市

    21日、瀋陽農業大学のイチョウ並木で写真を撮る市民。中国遼寧省の瀋陽農業大学ではここ数日、イチョウが見頃を迎えている。1キロに及ぶ校内のイチョウ並木は黄金色に染まり、多くの市民が観賞や写真撮影に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407147

  • 2018年10月21日
    1キロのイチョウ並木が見頃遼寧省瀋陽市

    21日、瀋陽農業大学のイチョウ並木で写真を撮る市民。中国遼寧省の瀋陽農業大学ではここ数日、イチョウが見頃を迎えている。1キロに及ぶ校内のイチョウ並木は黄金色に染まり、多くの市民が観賞や写真撮影に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407122

  • 2018年10月21日
    1キロのイチョウ並木が見頃遼寧省瀋陽市

    21日、瀋陽農業大学のイチョウ並木でジャンプしポーズをとる市民。中国遼寧省の瀋陽農業大学ではここ数日、イチョウが見頃を迎えている。1キロに及ぶ校内のイチョウ並木は黄金色に染まり、多くの市民が観賞や写真撮影に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406990

  • 2018年10月21日
    1キロのイチョウ並木が見頃遼寧省瀋陽市

    21日、瀋陽農業大学のイチョウ並木でポーズを取る市民。中国遼寧省の瀋陽農業大学ではここ数日、イチョウが見頃を迎えている。1キロに及ぶ校内のイチョウ並木は黄金色に染まり、多くの市民が観賞や写真撮影に訪れた。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407006

  • 02:33.06
    2019年04月04日
    「新華社」アマチュア芸術家、床板に「清明上河図」を彫る

    唐鳳揚(とう・ほうよう)さんは中国遼寧省瀋陽農業大学に勤める普通の教師だが、子どもの頃から彫刻芸術が好きだった。彫刻に関する本を大量に読みあさるうちに、独学で床板の上に絵や文字を彫刻するという妙技を習得したという。先ころ、瀋陽農業大学に彼を訪ね、図書館展示ホールで床板に彫られた「清明上河図」(北宋の都の風俗を描いた絵巻で中国絵画史上の名画とされる)を見せてもらった。この「清明上河図」は80枚の床板から成り、高さ約1・2メートル、長さ約30メートルと、原作の数倍の大きさ。彫刻は精緻で美しく、見る人を強烈に引き付ける出来栄えだ。唐さんによると、どの作品も電動工具や彫刻刀を使い、床板の上に直接彫って仕上げるという。一つの作品を制作するには、下絵、彫刻、色付けなどの流れがある。この作品を完成させるために、唐さんは20本以上の彫刻刀を使いつぶした。ただひたすら彫刻芸術を愛する思いから、唐鳳揚さんは20年余り手を止めることなく、これまでに千点以上の作品を制作してきた。(記者/姜兆臣)<映像内容>床板に「清明上河図」を彫るアマチュア芸術家、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402035

  • 2019年04月06日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    村民に水稲の育苗指導をする姚艶梅さん。(2019年4月6日撮影)山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社配信)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006249

  • 2019年08月15日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    切り絵の「福」の字を表現した田んぼアート。(2019年8月15日、小型無人機から撮影)山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006222

  • 2019年08月15日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    トウモロコシ畑の迷路。(2019年8月15日、小型無人機から撮影)山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006266

  • 2019年10月10日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    稲を刈り取る姚艶梅さん。(2019年10月10日撮影)山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006338

  • 2020年08月23日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    水田を飛び回るトンボ。(8月28日撮影)山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006310

  • 2020年08月28日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    水田を飛び回るトンボ。(8月28日撮影)山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006247

  • 2020年09月03日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    3日、成熟期を迎えた稲穂。山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006285

  • 2020年09月03日
    Uターン起業の女性、水田に描く美しい夢山西省静楽県

    3日、成熟期を迎えた稲穂。山西省静楽県の五家荘村に、夢の実現に向かって奮闘する女性がいる。1990年代生まれの姚艶梅(よう・えんばい)さんは、2014年に遼寧省の瀋陽農業大学を卒業すると、都市で数年間農業関連の仕事に就いたが、18年末、故郷の五家荘村に戻って起業した。黄土高原に位置する同村は気候が乾燥しており、これまでトウモロコシやハダカエンバク、コーリャンなどを栽培してきた。故郷に戻った姚さんは、村の豊富な水資源と、昼夜の温度差や日照時間の長さなどの気象条件に着目。翌年に中国東北部のブランド米「稲花香」を導入し、水稲栽培への転換を図った。村の観光資源の開発にも努めた。地元の国家級無形文化遺産の切り絵細工「静楽剪紙(せんし)」を活用し、「福」の字の田んぼアートやトウモロコシ畑の迷路などを考案。ユニークなデザインが評判となり、多くの観光客やカメラマンが訪れるようになった。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091006326

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、収穫したリンゴを運ぶ農家の人。(小型無人機から)中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901005

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、ライブ配信を行い、同村のリンゴを紹介する配信者(右)。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901025

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、収穫作業に励む農家の人。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900840

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、ライブ配信を行い、同村のリンゴを紹介する配信者。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900810

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、収穫作業に励む農家の人。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900926

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、収穫したばかりのリンゴが入った箱を引いて歩く農家の人。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900936

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村で、リンゴの箱詰め作業をする農家の人。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900664

  • 2020年10月13日
    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省

    13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、大きなリンゴを手にして笑顔を見せる農家の人。中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900766

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411526

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411397

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411538

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411268

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411551

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411390

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411383

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411313

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411286

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    Students at Shenyang Agricultural University learn soilless lettuce cultivation technology in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411130

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411408

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411242

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411494

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411520

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411326

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411493

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A student at Shenyang Agricultural University studies the technology of cultivating greenhouse tomatoes with high sugar content in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411187

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411231

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A student at Shenyang Agricultural University studies the technology of cultivating greenhouse tomatoes with high sugar content in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411445

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A student at Shenyang Agricultural University studies the technology of cultivating greenhouse tomatoes with high sugar content in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411532

  • 1