KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ちょう
  • てい
  • ゆう
  • りつ
  • ムー
  • 中国共産党
  • 中心
  • 主任

「瀘定橋」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月11日
    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」

    11日、大金山国防園の長征体験コースで、大学生らに当時四川省の瀘定橋で起こった国民党軍との戦闘について解説する張勇さん。中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091901158

  • 2020年06月11日
    カンゼ・チベット族自治州70周年観光地の入場料を免除

    カンゼ・チベット族自治州瀘定(ろてい)県に架かる瀘定橋。(6月11日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州はこのほど、11月15日から来年2月1日にA級観光地67カ所で入場料免除政策を実施すると明らかにした。同自治州政府新聞(報道)弁公室の楊覚斯(よう・かくし)副主任によると、政策は州成立70周年を記念する重要な取り組みの一つで、入場料免除のほか、宿泊費半額、航空券割引の優遇措置を講じる。観光資源が豊富な同自治州は2019年、延べ3300万人以上の観光客を受け入れた。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602532

  • 1