KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 昭和
  • ルポ
  • 内地
  • 噴火
  • 山頂
  • 隆起
  • 外輪山
  • 左上
  • ヘリ
  • ホットスポット

「火口原」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • “死の林”と化した原始林 「ルポ」有珠山火口原
    1977年08月14日
    “死の林”と化した原始林 「ルポ」有珠山火口原

    豊かな緑を誇っていた有珠(うす)山頂の原始林もすっかり“死の林”と化していた。後方は小有珠山。最初の噴火(7日)以後初めて外輪山を越えて4つの火口が居並ぶ火口原を見ると、多様な地表、地殻変動を経て、複雑な紋様を刻んでいるキ裂や隆起を始めている山、乾き切った沼が広がっていた=1977(昭和52)年8月14日午前11時30分(52年内地 6166)

    商品コード: 2014102100198

  • 真上から見下ろす 「ルポ」有珠山火口原
    1977年08月14日
    真上から見下ろす 「ルポ」有珠山火口原

    いつ噴火するかもしれない有珠(うす)山を真上から見下ろす。中央左の黒い穴は第4火口、左上が大有珠、右下が小有珠。周りの黒い部分が外輪山=1977(昭和52)年8月14日午前10時、共同通信社ヘリから(52年内地 6168)

    商品コード: 2014102100201

  • 不気味な静けさの山頂 「ルポ」有珠山火口原
    1977年08月14日
    不気味な静けさの山頂 「ルポ」有珠山火口原

    「カラカラ、ドーン」時折落ちる大きな岩の乾いた音だけ。有珠(うす)山頂は不気味な静けさに支配されている。中央は打ち続く噴火で異常な隆起を見せるオガリ山。左上が小有珠山=1977(昭和52)年8月14日午前11時30分(52年内地 6167)

    商品コード: 2014102100199

  • サーモビジョンカメラ映像 有珠火口原に温度変化なし
    1977年08月20日
    サーモビジョンカメラ映像 有珠火口原に温度変化なし

    伊達市側から見たサーモビジョンカメラによる有珠(うす)山の熱映像。大有珠(右)と小有珠(左)の山頂部に見られる白い部分はホットスポット(熱点)。活動が注目されるオガリ山(中央)の隆起部では温度差が検出されていない=1977(昭和52)年8月20日午後4時30分、北海道伊達市郊外から撮影

    商品コード: 2014102100218

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1978年05月17日
    樽前山が水蒸気爆発

    噴気口から火口原に向かって流れ出る粉体流(画面下部の紫かぶりは原ネガの退色によるもの)=1978(昭和53)年5月17日、北海道・樽前山

    商品コード: 2004051900109

  • 1