KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東京都三宅村
  • ガスマスク
  • 平成
  • 観光客
  • 雄山
  • 噴煙
  • 影響
  • 発生
  • 警察官
  • 伊豆諸島

「火山ガス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
120
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
120
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1975年01月21日
    蒸気量不足で計画の半分に

    近く運転を開始する鬼首地熱発電所。この地域は片山地獄といわれ、火山ガスや温泉蒸気が噴き出している。火山の地熱により生成された天然の水蒸気をボーリングにより取り出し、蒸気タービンで発電し電気を作りだす。3月に営業運転を開始するが、当初の出力は1万2千500キロワットを予定している=1975(昭和50)年1月21日、宮城県大崎市鳴子温泉

    商品コード: 2012071700105

  • 1991年05月26日
    治療を受ける上田譲二さん 上田さん、恐怖を語る

    火砕流による火山灰と火山ガスに巻き込まれてやけどを負い、治療を受ける上田譲二さん=1991(平成3)年5月26日午後3時、長崎県島原市

    商品コード: 2018090518905

  • 1991年05月29日
    溶岩から噴き出る火山ガス 最大規模の火砕流が発生

    連続発生して谷を落下する火砕流と割れた溶岩から噴き出る火山ガス(中央)=1991(平成3)年5月29日午後1時50分、長崎県・雲仙岳の地獄跡火口東側斜面

    商品コード: 2018090519005

  • 1997年09月15日
    搬出される遺体 安達太良山で女性4人死亡

    地元の消防団員らによって安達太良山の登山道入り口に搬出された遺体=15日午後5時15分、福島県猪苗代町(福島県警は火山ガスを吸引したのではないかとみて、原因を調べている)

    商品コード: 1997091500025

  • 1997年09月29日
    求められる登山者の自覚 後絶たぬ火山ガス事故

    安達太良山で硫化水素が原因で死亡した女性登山客の遺体を運び出す地元の消防団員ら=15日、福島県猪苗代町の安達太良山・沼ノ平

    商品コード: 1997092900003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年11月23日
    事故があった阿蘇中岳火口 阿蘇中岳で火山ガス中毒

    観光客2人が火山ガス中毒にあった阿蘇中岳の火口。手前が阿蘇山ロープウエー火口西駅=23日午後3時35分、熊本県阿蘇町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997112300046

  • 1997年11月23日
    熊本県 阿蘇中岳火口

    観光客2人が火山ガスで倒れた阿蘇中岳の火口付近=1997(平成9)年11月23日、熊本県(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041900644

  • 1997年11月23日
    熊本県 阿蘇中岳火口

    観光客2人が火山ガスで倒れた阿蘇中岳の火口付近=1997(平成9)年11月23日、熊本県(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041900794

  • 1997年11月23日
    熊本県 阿蘇中岳火口

    観光客2人が火山ガスで倒れた阿蘇中岳の火口付近=1997(平成9)年11月23日、熊本県(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041900795

  • 1997年12月13日
    安達太良山の事故現場 問われる登山者の自己責任

    )の(イ)、社会423S、18日付朝刊用、解禁厳守  火山ガス中毒事故の現場となった安達太良山の沼ノ平=9月20日、福島県猪苗代町

    商品コード: 1997121300027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年04月25日
    観光客まばらな阿蘇・中岳 GWもガス事故の痛手続く

    昨年11月の火山ガス事故の影響で、観光客もまばらな阿蘇・中岳の火口付近=4月17日、熊本県阿蘇町

    商品コード: 1998042500044

  • 2000年09月21日
    船に戻る防災関係者 火山ガスでのどの痛み

    火山ガスが発生、船に戻る防災関係者ら=21日午後4時30分、三宅島・阿古港

    商品コード: 2000092100272

  • 2000年09月21日
    ガスマスク着用の関係者 火山ガスでのどの痛み

    火山ガスが発生、ガスマスクを着用し船に戻る防災関係者ら=21日午後4時30分、三宅島・阿古港

    商品コード: 2000092100271

  • 2000年09月22日
    長谷川村長と石原知事 「火山ガスが問題」と報告

    都庁を訪問した三宅島の長谷川鴻村長(左)をねぎらう石原都知事=22日午後

    商品コード: 2000092200125

  • 2000年09月22日
    ガスマスクの乗船員 三宅島、より高温の噴火へ

    21日午後、一時的に火山ガスが発生、ガスマスクなどを付け船に戻る防災関係者を待つ乗組員=東京・三宅島の阿古港

    商品コード: 2000092200065

  • 2000年11月05日
    ガスを調べる消防庁職員 三宅島を現地調査

    火山ガスの有無を調べる東京消防庁の職員=5日午前、東京都三宅村の坪田漁港(代表撮影)

    商品コード: 2000110500053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年11月09日
    変色した作物 作物変色、山林は壊滅的

    火山ガスのため茶褐色に変色したビニールハウスの作物=10月28日、東京都三宅村神着地区(東京都提供)

    商品コード: 2000110900125

  • 2001年02月05日
    火山噴火予知連絡会が会見 火山ガス放出、今後も続く

    記者会見する火山噴火予知連絡会の井田喜明会長(左から2人目)ら=5日夜、気象庁

    商品コード: 2001020500150

  • 2001年02月27日
    火山ガスを噴出する雄山 「終息」見えず学者苦戦

    大量の火山ガス噴出が続く伊豆諸島・三宅島の雄山=2001(平成13)年2月27日

    商品コード: 2015082800319

  • 2001年03月02日
    白煙上げる雄山 三宅島避難から半年

    全島避難から半年、大量の火山ガスの噴出が続く伊豆諸島・三宅島の雄山=2月27日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2001030200087

  • 2001年03月04日
    白煙上げる雄山と三池港 三宅島、全島避難から半年

    全島避難から半年、三宅島の雄山からは火山ガスの放出が続く。手前は三池港の駐車場に放置された車=2月28日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2001030400038

  • 2001年03月18日
    火山ガスを噴出する雄山 「終息」見えず学者苦戦

    大量の火山ガス噴出が続く伊豆諸島・三宅島の雄山=2月27日

    商品コード: 2001031800013

  • 2001年04月29日
    クリーンハウスの内部 夜間常駐の開始を延期

    三宅島の夜間常駐のため、火山ガス除去フィルターなどを備えた「クリーンハウス」の内部=29日午後1時、東京都三宅支庁

    商品コード: 2001042900101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年10月24日
    牧園の作業現場 調査中、火山ガス噴出

    火山ガスが噴出し、地熱調査中の作業員が病院に運ばれる騒ぎがあった作業現場=24日午後、鹿児島県牧園町

    商品コード: 2001102400111

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年10月24日
    地熱調査現場の作業員 火山ガス噴出し11人倒れる

    有毒ガスが発生した地熱調査現場の噴気口付近を調べる作業員=24日午後2時40分、鹿児島県牧園町

    商品コード: 2001102400141

  • 2003年08月21日
    枯れ木が目立つ山間部 三宅、全島避難から3年

    火山ガスで立ち木が枯れ、倒れたままの三宅島の山間部=21日午前6時30分

    商品コード: 2003082100020

  • 2003年08月21日
    屋根が腐食した民家 三宅、全島避難から3年

    火山ガスの影響で屋根が腐食した民家。左手前は枯れた樹木=21日午前8時40分、東京都三宅村三池地区

    商品コード: 2003082100053

  • 2003年08月21日
    被害が大きい三池地区 三宅、全島避難から3年

    火山ガスの被害が大きい三宅島(東京都三宅村)東部の三池地区。民家の屋根は腐食し、樹木は枯れている=21日午前9時20分

    商品コード: 2003082100056

  • 2003年09月01日
    ガス放出続く三宅島 三宅島避難から3年

    全島避難から3年、山頂からの火山ガス放出が続く伊豆諸島・三宅島=1日午後、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2003090100180

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月02日
    三宅島の民家 公的支援と被害に落差

    火山ガスの被害が大きい三宅島の民家=8月28日、東京都三宅村三池地区

    商品コード: 2003090200127

  • 2004年07月15日
    雄山の噴火口 三宅島、年明け避難解除

    火山ガス放出が続く三宅島・雄山の噴火口=15日午後、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2004071500201

  • 2004年07月15日
    三宅島空港、雄山 三宅島、年明け避難解除

    立ち入り禁止地域となる見込みの三宅島東部の空港(右側)周辺。後方は火山ガス放出が続く雄山=15日午後、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2004071500202

  • 2004年07月15日
    三宅島全景 三宅島、年明け避難解除

    火山ガス放出が続く三宅島=15日午後、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2004071500203

  • 2004年07月20日
    三宅島の航空写真 来年2月に避難解除

    今も火山ガス放出が続く三宅島=15日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2004072000116

  • 2004年07月20日
    玉城さん夫婦 「暮らしていけるのか」

    火山ガスの濃度が高い三池地区で民宿を営んでいた玉城長之助さん(左)とタケさん夫婦=16日、川崎市内

    商品コード: 2004072000153

  • 2004年07月27日
    視察する平野村長 火山ガス放出続く三宅島

    島内を視察する三宅村の平野祐康村長=27日午前、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2004072700046

  • 2004年07月27日
    墓参りする村民 火山ガス放出続く三宅島

    墓参りする一時帰島中の村民=27日午前、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2004072700047

  • 2004年07月27日
    泥流に埋もれた乗用車 火山ガス放出続く三宅島

    泥流に埋もれたままの乗用車=27日午前、東京都三宅村三池地区

    商品コード: 2004072700029

  • 2004年07月27日
    看板掲げる村長ら 火山ガス放出続く三宅島

    「三宅島現地帰島対策本部」の看板を掲げる三宅村の平野祐康村長(右)と高松啓展村議会議長=27日午前、東京都三宅村伊豆の避難施設

    商品コード: 2004072700063

  • 2004年07月27日
    倒木や立ち枯れた樹木 火山ガス放出続く三宅島

    泥流や火山ガスの影響で立ち枯れた樹木や倒木=27日午前、東京都三宅村の金曽沢

    商品コード: 2004072700039

  • 2004年07月27日
    火山ガス監視の職員 火山ガス放出続く三宅島

    島内の火山ガス濃度をチェックする三宅村職員=27日午前、同村役場

    商品コード: 2004072700076

  • 2004年09月01日
    損壊したままの家屋 財政難、村職員も減少

    火山ガスの濃度が比較的高い三宅島東部の三池地区で損壊したままの家屋=7月27日、東京都三宅村

    商品コード: 2004090100148

  • 2004年12月06日
    ガスマスクで避難訓練 ガスマスク着け避難訓練

    火山ガス濃度が基準値を超えたとの想定で行われた夜間訓練で、ガスマスクを着け避難する人たち=6日午後6時25分、東京都三宅村

    商品コード: 2004120600172

  • 2005年01月31日
    看板を設置する三宅島職員 帰島準備大詰め

    火山ガスの高濃度地区への立ち入りを禁止する看板を設置する三宅村職員=31日午前、東京都三宅村

    商品コード: 2005013100032

  • 2005年01月31日
    ガスマスクの警察官 帰島準備大詰め

    火山ガス濃度が基準値を超えたため、ガスマスクを装着し交通整理する警察官=31日午前、東京都三宅村の坪田地区

    商品コード: 2005013100037

  • 2005年02月04日
    巡回する機動隊員 高濃度地区をパトロール

    火山ガスが高濃度で居住禁止となった住宅を巡回する機動隊員=4日午前10時40分、東京都三宅村の阿古地区

    商品コード: 2005020400042

  • 2005年02月04日
    巡回する警察官 三宅島居住禁止地区を巡回

    居住禁止となった火山ガスの高濃度地区で、住宅を巡回する警察官=4日午前10時35分、東京都三宅村の阿古地区

    商品コード: 2005020400034

  • 2005年02月07日
    警戒する警察官 「島での仕事はうれしい」

    1日の避難指示解除後初の火山ガス警報が発令され、避難を呼び掛け警戒する警察官。この後、火山ガスはさらに高濃度となり避難警報が発令された=7日、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2005020700143

  • 2005年02月07日
    警戒する警察官 三宅島で初の火山ガス警報

    火山ガス警報が発令され、避難を呼び掛け警戒する警察官=7日午前、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2005020700094

  • 2005年02月07日
    注意喚起する警察官 三宅島で初の火山ガス警報

    火山ガス警報が発令され、運転手に注意喚起する警察官=7日午前6時53分、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2005020700026

  • 2005年02月07日
    坪田高濃度地区 「島での仕事はうれしい」

    火山ガスの高濃度地区に指定され、屋根に穴があいた建物が並ぶ東京都三宅村坪田地区=1月31日

    商品コード: 2005020700148

  • 2005年02月08日
    避難を呼び掛ける警察官 3百世帯が三宅帰島

    避難指示解除後、初の火山ガス警報が発令され、ガスマスクをして避難を呼び掛ける警察官=7日、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2005020800213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年02月09日
    ガスマスクで被害調査 居住地域でまたガス注意報

    火山ガス注意報が発令され、ガスマスクを装着して住宅の被害調査を行う担当者=9日午前9時31分、東京都三宅村阿古地区

    商品コード: 2005020900028

  • 2005年02月28日
    噴煙上げる冠雪の雄山 ガス注意報・警報2百回超

    噴煙を上げる雪化粧した雄山。避難指示解除後も火山ガスの放出は続いている=2月27日、東京都三宅村

    商品コード: 2005022800142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年04月02日
    避難警報出た坪田地区 居住地区に初の避難警報

    高濃度の火山ガスが検出され、避難警報が発令された三宅島の坪田地区。後方は噴煙を上げる雄山=2日午前9時35分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2005040200034

  • 2005年04月08日
    校内を見学する児童 三宅島で学校再開へ説明会

    週明けの再開を前に、火山ガスを防ぐ脱硫装置につながるパイプが設置された校内を見学する三宅小学校の児童と保護者ら=7日午前、東京都三宅村

    商品コード: 2005040800054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年04月08日
    避難する三宅島の住民 ガス濃度が基準値超える

    火山ガス濃度が基準値を超え、ガスマスクを着けて坪田地区から避難施設に向かう住民=8日午後9時45分、東京都三宅村

    商品コード: 2005040800309

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年04月08日
    ガスマスク着けた住民 三宅島で住民が避難

    火山ガス濃度が基準値を超え、坪田地区からガスマスクを着けて避難する住民=8日午後9時47分、東京都三宅村

    商品コード: 2005040800322

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月20日
    ガス今も、終わらぬ災害

    三宅島の火山ガスの高濃度地区

    商品コード: 2010062000150

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月20日
    ガス今も、終わらぬ災害

    三宅島の火山ガスの高濃度地区

    商品コード: 2010062000151

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月20日
    火山ガス高濃度地区 ガス今も、終わらぬ災害

    火山ガスの影響で被害を受けた家屋や建物を視察する日本災害復興学会のメンバー=5月、東京都三宅村

    商品コード: 2010062000152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月20日
    ガス今も、終わらぬ災害

    三宅島の火山ガスの高濃度地区

    商品コード: 2010062000154

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月20日
    ガス今も、終わらぬ災害

    三宅島の火山ガスの高濃度地区

    商品コード: 2010062000155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月20日
    火山ガス高濃度地区 火山ガス今も、続く災害

    火山ガスの影響で被害を受けた家屋や建物を視察する日本災害復興学会のメンバー=5月、東京都三宅村

    商品コード: 2010062000276

  • 2014年04月21日
    火山ガス、登山道にも影響

    立山連峰の地獄谷

    商品コード: 2014042100016

  • 2014年04月21日
    火山ガス、登山道にも影響

    立山連峰の地獄谷

    商品コード: 2014042100018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年02月20日
    白い噴煙を上げる 阿蘇中岳

    白色噴煙を出す最近の中岳。火口底からは火山ガス噴出時に発生するゴウゴウという鳴動音が断続的に聞こえる=2015(平成27)年2月20日

    商品コード: 2015060300318

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月19日
    警戒が続く桜島 桜島、火山ガスの放出減少

    大規模噴火の警戒が続く鹿児島市の桜島=19日午後、鹿児島県垂水市から撮影

    商品コード: 2015081900894

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月19日
    桜島の昭和火口と観光客 桜島、火山ガスの放出減少

    大規模噴火の警戒が続く鹿児島市の桜島。上は煙を上げる昭和火口=19日午後、同市黒神町から撮影

    商品コード: 2015081900895

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月19日
    搬入されたベッドと住民 桜島、火山ガスの放出減少

    桜島の避難所で休むお年寄りと搬入された段ボール製のベッド=19日午後、鹿児島市東桜島町

    商品コード: 2015081900898

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月19日
    ベッドが搬入された避難所 桜島、火山ガスの放出減少

    桜島の避難所で過ごす住民と搬入された段ボール製のベッド=19日午後、鹿児島市東桜島町

    商品コード: 2015081900899

  • 2016年02月16日
    霧島火山防災連絡会 火口周辺400㍍を規制

    硫黄山で高い濃度の火山ガスが確認されたことを受け、開かれた「霧島火山防災連絡会」=16日午前、宮崎県えびの市

    商品コード: 2016021600491

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月25日
    避難訓練 箱根・大涌谷で避難訓練

    噴火や火山ガス濃度上昇に備えて実施された避難訓練=25日午後、神奈川県箱根町の大涌谷

    商品コード: 2016072500546

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:33.47
    2017年07月01日
    火山ガスに注意 阿蘇火口で試験ツアー 3年ぶり、規制解除検討へ

    熊本県阿蘇市は1日、立ち入り規制が続く阿蘇山・中岳第1火口で、一般募集による少人数の試験ツアーを開催した。観光客の見学は、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた2014年8月以来、約3年ぶり。規制解除に向け、安全確保のための課題を探る。気象庁は今年2月、警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げたが、昨年10月の爆発的噴火で火口近くは噴石が散乱。安全柵や国設置のガス検知器は壊れた状態で、観光客の立ち入りは規制されている。<映像内容> 「火山ガスに注意」の看板など火口周辺雑観、感想を聞かれる佐藤義興(さとう・よしおき)阿蘇市長、ヘルメットをかぶったりガスマスクを付けたりするツアー客、係員に噴火に伴う被害状況の説明を受けるツアー客、第一火口の雑観。

    商品コード: 2017090200820

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月01日
    ガス濃度を測る消防隊員 阿蘇火口で試験ツアー

    試験ツアーに先立ち、阿蘇山・中岳第1火口周辺で、火山ガスの濃度を測定する消防隊員=1日午前、熊本県阿蘇市

    商品コード: 2017070100099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月30日
    火山ガス上昇で爆発か

    本白根山の噴火とガスの動き

    商品コード: 2018013000433

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月30日
    火山ガス上昇で爆発か

    本白根山の噴火とガスの動き

    商品コード: 2018013000434

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月30日
    火山ガス上昇で爆発か

    本白根山の噴火とガスの動き

    商品コード: 2018013000435

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月30日
    火山ガス上昇で爆発か

    本白根山の噴火とガスの動き

    商品コード: 2018013000436

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:30.54
    2018年02月15日
    阿蘇火口で規制解除へ訓練 濃霧の中、市職員40人避難

    熊本県阿蘇市は15日、立ち入り規制が2014年8月から続く阿蘇山・中岳第1火口で、観光客の避難を想定した市職員ら約40人による避難訓練を行った。早ければ今月末の再開が検討されている一般公開への準備の一環。2016年4月の熊本地震で落ち込んだ観光客を呼び戻す目玉として期待が高まっている。冷たい雨と深い霧の中、市職員らが火山ガスのにおいが漂う火口の観光客役で参加。「ガスが著しく濃くなりました」とスピーカーから避難指示が放送されると、火口監視員の誘導で、バスや車で約1キロ離れた広場に避難した。ガスマスクを着けた消防隊員による救急搬送訓練も行われた。〈映像内容〉訓練の様子、撮影日:2018(平成30)年2月15日、撮影場所:熊本県阿蘇市

    商品コード: 2018021601031

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月02日
    新燃岳の噴煙 火山ガスの放出量減少

    噴煙を上げる宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳=2日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2018030200751

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月02日
    噴煙が上がる新燃岳 火山ガスの放出量減少

    噴煙を上げる宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳=2日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2018030200753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月02日
    噴煙を上げる新燃岳 火山ガスの放出量減少

    噴煙を上げる宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳=2日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2018030200754

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:19.81
    2018年03月09日
    空撮 2日ぶりに爆発的噴火 新燃岳、溶岩流続く

    気象庁は9日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)で同日午後4時ごろ、空振を伴う爆発的噴火が起きたと発表した。爆発的噴火は7日以来2日ぶり。大きな噴石が火口から約800メートル飛び、噴煙は火口から約3200メートルの高さに達した。直径約700メートルの火口の大半は溶岩で埋め尽くされており、火山ガスの圧力が高まるなどして爆発したとみられる。新燃岳で溶岩流が確認されたのは観測史上初めて。新燃岳では1日以降、連続的な噴火が発生。爆発的噴火は6、7両日に計34回確認され、8日は発生しなかった。<映像内容>溶岩が流出した霧島連山の新燃岳などの空撮、撮影日:2018(平成30)年3月9日、撮影場所:宮崎、鹿児島県境付近

    商品コード: 2018031200386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月22日
    Eruption of Hawaii‘s Kilauea Volcano Triggers Evacuations HAWAII VOLCANO

    キーワード:米ハワイ島噴火、Helicopter overflight of Kilauea Volcano‘s lower East Rift Zone on May 22, 2018, shows the lava channel emerging from Fissure 22 (not visible but to the center, far right of the image). The lava is flowing downhill, from right to left in the photo. A moderate-level eruption of lava continues along the northeast end of the active fissure system. As a result, volcanic gas emissions have tripled from Fissure 20 resulting in elevated to higher levels of Sulfur dioxide throughout the area downwind of the vents. Photo by USGS/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800739

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月21日
    口永良部島 レベル4維持、噴火警戒

    火山ガスの放出が続く鹿児島県の口永良部島=17日

    商品コード: 2018082121771

  • 2021年06月12日
    Philippines: Taal gas emission

    June 12, 2021, Tanauan, Batangas, Philippines: Freshwater Taal Lake turns green, prompting the DENR‘s Protected Area Management Office Taal Volcano Protected Landscape in an announcement that the discoloration is caused by ‘‘algal bloom‘‘ a natural phenomenon occurring at the shores of Lipa, Cuenca, Agoncillo, Balete, Laurel , Mataas na Kahoy and Tanauan, in the province of Batangas, Philippines, 9 June 2021. Also seen in the background is Taal Volcano continously spewing sulfur dioxide gas emission from the main crater of Taal Volcano with an average of 9,911 tonnes per day. (Credit Image: © Joel Mataro/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Joel Mataro/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061402197

  • 2021年06月12日
    Philippines: Taal gas emission

    June 12, 2021, Tanauan, Batangas, Philippines: A huge amount of gas emissions from Taal Volcano‘s main crater resulted in more than a kilometer tall steam plumes drifting generally to the northwest to the municipality of Agoncillo as seen from the lake shores of Tanauan this 12 June 2021. Phivolcs issued a notice today about reported and further potential impacts of elevated volcanic SO2 gas emission from the Main Crater of Taal Volcano with the highest SO2 flux ever recorded for Taal averaged 9,911 tonnes/day on 10 June 2021. Some Barangays of the town of Agoncillo, particularly in Batangas Province â Banyaga, Bilibinwang, and Subic Ilaya have experienced throat irritations and observed sudden dry-out or vegetation kill in crops, plants, and trees after a period of rain. They cautioned the areas where volcanic gas could be sensed to take necessary precautions to have a N95 face mask, drink plenty of liquids, and stay indoors. (Credit Image: © Joel Mataro/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Joel Mataro...

    商品コード: 2021061402196

  • 2021年06月12日
    Philippines: Taal gas emission

    June 12, 2021, Tanauan, Batangas, Philippines: A huge amount of gas emissions from Taal Volcano‘s main crater resulted in more than a kilometer tall steam plumes drifting generally to the northwest to the municipality of Agoncillo as seen from the lake shores of Tanauan City, Batangas, Philippines this 12 June 2021. Phivolcs issued a notice today about reported and further potential impacts of elevated volcanic SO2 gas emission from the Main Crater of Taal Volcano with the highest SO2 flux ever recorded for Taal averaged 9,911 tonnes/day on 10 June 2021. Some Barangays of the town of Agoncillo, particularly in Batangas Province â Banyaga, Bilibinwang, and Subic Ilaya have experienced throat irritations and observed sudden dry-out or vegetation kill in crops, plants, and trees after a period of rain. They cautioned the areas where volcanic gas could be sensed to take necessary precautions to have a N95 face mask, drink plenty of liquids, and stay indoors. (Credit Image: © Joel Mataro/Pacific Press via Z...

    商品コード: 2021061402192

  • 2021年06月12日
    Philippines: Taal gas emission

    June 12, 2021, Tanauan, Batangas, Philippines: A dead freshwater fish sprawls on the beach as Taal Lake turns green while Taal volcano pluomes with a huge amount of gas emissions from Taal Volcano‘s main crater resulted in more than a kilometer tall steam plumes drifting generally to the northwest to the municipality of Agoncillo as seen from the lake shores of Tanauan this 12 June 2021. Phivolcs issued a notice today about reported and further potential impacts of elevated volcanic SO2 gas emission from the Main Crater of Taal Volcano with the highest SO2 flux ever recorded for Taal averaged 9,911 tonnes/day on 10 June 2021. Some Barangays of the town of Agoncillo, particularly in Batangas Province â Banyaga, Bilibinwang, and Subic Ilaya have experienced throat irritations and observed sudden dry-out or vegetation kill in crops, plants, and trees after a period of rain. They cautioned the areas where volcanic gas could be sensed to take necessary precautions to have a N95 face mask, drink plenty of li...

    商品コード: 2021061402298

  • 2021年09月22日
    The volcano of La Palma continues to emit more than 10,000 tons of gas per day

    September 22, 2021, La Palma, Santa Cruz de Tenerife, Madrid, Spain: Lava from the La Palma volcano approaches a house, 22 September 2021, in La Palma, Santa Cruz de Tenerife, Canary Islands, (Spain). The Cumbre Vieja volcano, which erupted last Sunday, has been ravaging hundreds of houses and hectares of land as it passes through the municipalities of La Palma for more than four days. According to data from the Volcanological Institute of the Canary Islands (Involcan), the nine vents of the volcano of La Palma daily expel about 10,665 tons of sulfur dioxide that rises rapidly through the ash column and are suspended in the middle layers of the atmosphere depending on the wind direction...23 SEPTEMBER 2021;LA PALMA;VOLCANO;GASES..Equipo I Love The World..09/22/2021 (Credit Image: © Equipo I Love The World/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Equipo I Love The World/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021092608012

  • 2021年09月22日
    The volcano of La Palma continues to emit more than 10,000 tons of gas per day

    September 22, 2021, La Palma, Santa Cruz de Tenerife, Madrid, Spain: The cloud of ash and sulphur dioxide expelled by the volcano of La Palma, 22 September 2021, in La Palma, Santa Cruz de Tenerife, Canary Islands, (Spain). The Cumbre Vieja volcano, which erupted last Sunday, has been ravaging hundreds of houses and hectares of land as it passes through the municipalities of La Palma for more than four days now. According to data from the Volcanological Institute of the Canary Islands (Involcan), the nine vents of the volcano of La Palma daily expel about 10,665 tons of sulfur dioxide that rises rapidly through the ash column and are suspended in the middle layers of the atmosphere depending on the wind direction...23 SEPTEMBER 2021;LA PALMA;VOLCANO;GASES..Equipo I Love The World..09/22/2021 (Credit Image: © Equipo I Love The World/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Equipo I Love The World/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021092401810

  • 2021年09月29日
    Hawaii‘s Kilauea Volcano Erupts

    September 29, 2021, Kilauea, California, USA: One of the most active volcanos on Earth is erupting on Hawaii‘s Big Island. Officials with the U.S. Geological Survey confirmed Wednesday that an eruption has begun in Kilauea volcano‘s Halemaumau crater at the volcano‘s summit. Footage of the crater showed lava fountains covering the floor of the crater and billowing clouds of volcanic gas were rising into the air. The same area has been home to a large lava lake at various times throughout the volcano‘s eruptive past. The eruption is not in an area with homes and is entirely contained within Hawaii Volcanoes National Park. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100103112

  • 2021年09月29日
    Hawaii‘s Kilauea Volcano Erupts

    September 29, 2021, Kilauea, California, USA: A USGS Hawaiian Volcano Observatory geologist collects ‘tephra‘ or cinder thrown up during he eruption from Halema‘uma‘u crater on Kilauea summit. One of the most active volcanos on Earth is erupting on Hawaii‘s Big Island. Officials with the U.S. Geological Survey confirmed Wednesday that an eruption has begun in Kilauea volcano‘s Halemaumau crater at the volcano‘s summit. Footage of the crater showed lava fountains covering the floor of the crater and billowing clouds of volcanic gas were rising into the air. The same area has been home to a large lava lake at various times throughout the volcano‘s eruptive past. The eruption is not in an area with homes and is entirely contained within Hawaii Volcanoes National Park. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100103153

  • 2021年09月29日
    Hawaii‘s Kilauea Volcano Erupts

    September 29, 2021, Kilauea, California, USA: Scientists monitor eruption for changes in activity and volcanic hazards. One of the most active volcanos on Earth is erupting on Hawaii‘s Big Island. Officials with the U.S. Geological Survey confirmed Wednesday that an eruption has begun in Kilauea volcano‘s Halemaumau crater at the volcano‘s summit. Footage of the crater showed lava fountains covering the floor of the crater and billowing clouds of volcanic gas were rising into the air. The same area has been home to a large lava lake at various times throughout the volcano‘s eruptive past. The eruption is not in an area with homes and is entirely contained within Hawaii Volcanoes National Park. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100103110

  • 2021年09月29日
    Kilauea Volcano Eruption 2021

    September 30, 2021 - Big Island, Hawaii, USA - A Hawaiian Volcano Observatory geologist collects a sample of tephra from the recent eruption. The eruption is generating a vigorous plume of volcanic gas, including sulfur dioxide, being transported downwind. Sulfur dioxide emission rates were estimated at around 85,000 tonnes per day just after the eruption started yesterday afternoon at 3:21 p.m. HST. A rainbow is also visible; rainbows are often observed over Halemaumau, as mist and rain move across the caldera. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100303825

  • 2021年09月29日
    Hawaii‘s Kilauea Volcano Erupts

    September 29, 2021, Kilauea, California, USA: One of the most active volcanos on Earth is erupting on Hawaii‘s Big Island. Officials with the U.S. Geological Survey confirmed Wednesday that an eruption has begun in Kilauea volcano‘s Halemaumau crater at the volcano‘s summit. Footage of the crater showed lava fountains covering the floor of the crater and billowing clouds of volcanic gas were rising into the air. The same area has been home to a large lava lake at various times throughout the volcano‘s eruptive past. The eruption is not in an area with homes and is entirely contained within Hawaii Volcanoes National Park. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100103084

  • 2021年09月29日
    Kilauea Volcano Eruption 2021

    September 30, 2021 - Big Island, Hawaii, USA - Tephra from the recent eruption. Eruption in Halemaumau at Kilauea Volcano‘s summit. The eruption is generating a vigorous plume of volcanic gas, including sulfur dioxide, being transported downwind. Sulfur dioxide emission rates were estimated at around 85,000 tonnes per day just after the eruption started September 29th afternoon at 3:21 p.m. HST. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100302626

  • 2021年09月29日
    Hawaii‘s Kilauea Volcano Erupts

    September 29, 2021, Kilauea, California, USA: A USGS Hawaiian Volcano Observatory geologist takes video of the eruption that started within Halema‘uma‘u crater on Kilauea summit. One of the most active volcanos on Earth is erupting on Hawaii‘s Big Island. Officials with the U.S. Geological Survey confirmed Wednesday that an eruption has begun in Kilauea volcano‘s Halemaumau crater at the volcano‘s summit. Footage of the crater showed lava fountains covering the floor of the crater and billowing clouds of volcanic gas were rising into the air. The same area has been home to a large lava lake at various times throughout the volcano‘s eruptive past. The eruption is not in an area with homes and is entirely contained within Hawaii Volcanoes National Park. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100103123

  • 2021年09月29日
    Hawaii‘s Kilauea Volcano Erupts

    September 29, 2021, Kilauea, California, USA: One of the most active volcanos on Earth is erupting on Hawaii‘s Big Island. Officials with the U.S. Geological Survey confirmed Wednesday that an eruption has begun in Kilauea volcano‘s Halemaumau crater at the volcano‘s summit. Footage of the crater showed lava fountains covering the floor of the crater and billowing clouds of volcanic gas were rising into the air. The same area has been home to a large lava lake at various times throughout the volcano‘s eruptive past. The eruption is not in an area with homes and is entirely contained within Hawaii Volcanoes National Park. (Credit Image: © USGS/ZUMA Press Wire)、クレジット:©USGS/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100103225

  • 1
  • 2