KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 灯籠流し
  • 石灯籠
  • 平成
  • 阪神大震災
  • 令和
  • 記者
  • 屋外
  • 建物
  • 東日本大震災
  • 文字

「灯籠」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3,298
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,298
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  石灯ろうと紅葉
    -
    石灯ろうと紅葉

    キーワード:屋外、紅葉、秋、情緒、石灯ろう、赤、庭、灯籠、日本、和風、風景、無人、風景メイン写真=撮影日不明、京都府、クレジット:YASUSHI AKIMOTO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908798

  •  芝増上寺水盤所
    -
    芝増上寺水盤所

    有章院霊廟御霊殿拝殿前の水屋である。勅額門を入った左手に位置し、拝殿唐門前から撮影されたものである。この右手には井戸屋形がある。諸大名から寄進された数多くの銅灯篭が、将軍の権威を示している。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐26‐0]

    商品コード: 2017081401141

  •  お高祖頭巾の女性
    -
    お高祖頭巾の女性

    石灯篭に積もった雪が見られる雪降りの中、蛇の目笠を差し、袖のある着物を着て、高下駄を履き、お高祖頭巾を付けた女性の姿である。若い女性の冬の外出着姿である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐9‐0]

    商品コード: 2017081401382

  •  Akasaka
    -
    Akasaka

    Akasaka, Andō, Hiroshige, 1797-1858, artist, [between 1848 and 1854], 1 print : woodcut, color ; 18.4 x 25.7 cm., Print shows travelers, including several with lanterns, passing between two trees at night under a crescent moon near the Akasaka station on the Tōkaidō Road.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020013100736

  •  伏見稲荷大社本殿
    -
    伏見稲荷大社本殿

    伏見稲荷大社拝殿東側の石段下から同社本殿を東に望む。右手には常夜灯の石灯籠が置かれる。写真の本殿は明応3年(1494)の建立で、天正17年(1589)に豊臣秀吉が修理した。正面の唐破風造の向拝は元禄7年(1694)に附加されたものである。五間社流造、檜皮葺。左奥に権殿が姿を見せる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:スチルフリード(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号63‐5‐0]

    商品コード: 2017082301009

  •  向島堀田庭園
    -
    向島堀田庭園

    回遊式の庭園。橋の上に女性がひとり佇んでおり、その先には数人の人物が庭を鑑賞している。ここかしこに灯籠が立っており、対岸には藤棚が見える。整理番号25-34と同一。=撮影年月日不明、東京、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐45‐0]

    商品コード: 2017080902638

  •  目隠し遊び
    -
    目隠し遊び

    芝生を敷いた庭園で目隠し鬼をして遊ぶ男女。手ぬぐいで目隠しをした男性が、すぐ左の女性の袖を捕まえている。その左には3人の女性が手をたたいている。背後には大きな石灯篭が置かれている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐81‐0]

    商品コード: 2017080400644

  •  春日大社参道の鹿
    -
    春日大社参道の鹿

    奈良公園の鹿とあるが、春日大社参道での撮影で、たむろする7頭の鹿を撮影する。中央に牡鹿を一頭、周囲に牝鹿がいる。撮影地点を示す手係りが乏しいが、石灯籠がほとんど無いことや両側の路肩の様子から、一の鳥居から東550メートルのあたりを東向きに撮影している、と考える。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐9‐0]

    商品コード: 2017082400715

  •  寺の境内
    -
    寺の境内

    未詳の寺の境内である。二層の立派な蔵の構えからみて東京芝の増上寺の寺の一部か。左隅には大灯篭の端がみえる。水盤社の構えも大きく、井戸の横の銅製と思われる飾り水盤も大きい。木の鳥はご愛敬である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐26‐0]

    商品コード: 2017080201402

  •  庭園と子供
    -
    庭園と子供

    石垣上方から、引き水が勢いよく下の池に落下している。石灯籠そばの少女がこれを見つめている。水の動きを撮った古写真は他にも見られ、流体撮影への初期写真家の関心を示すものといえよう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐37‐0]

    商品コード: 2017080201454

  •  日光東照宮オランダ灯篭
    -
    日光東照宮オランダ灯篭

    日光東照宮オランダ灯篭=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号116‐21‐0]

    商品コード: 2017081502463

  •  日光東照宮陽明門
    -
    日光東照宮陽明門

    画面中央が日光東照宮で最も有名な建物である陽明門。その奥に日光東照宮の本社がある。画面左側に鼓楼。その右下手前が釣灯籠。画面中央の右端が鼓楼と対をなす鐘楼。画面右手前に上神庫(かみじんこ)の屋根の一部が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐1‐0]

    商品コード: 2017081401474

  •  春日大社境内
    -
    春日大社境内

    春日大社境内には、およそ1700基もの石灯籠が立ち並び、「万灯籠」のさいには社殿の釣り灯籠とともに、いっせいに灯が点される。=1879(明治12)年、奈良、撮影者:[スチルフリ-ド]、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号27‐36‐0]

    商品コード: 2017080902033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    金閣寺

    鹿苑寺金閣を鏡湖池南西縁より松林をはさみ北東に望む。写真の金閣は応永5年(1398)の創建で、昭和25年(1950)に放火で全焼した。現在と異なり、屋根は各層の外回りに建てられた多くの柱により支えられている。松林が植えられた地面は苔で覆われ、石灯籠が建つ。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐12‐0]

    商品コード: 2017080902645

  •  日光東照宮回転灯籠
    -
    日光東照宮回転灯籠

    キーワード:日光東照宮回転灯籠、初期絵葉書(写真版)=撮影年月日不明、栃木、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019112704854

  •  日光東照宮 回転燈籠写真
    -
    日光東照宮 回転燈籠写真

    キーワード:回転燈籠写真=撮影年月日不明、栃木・日光東照宮、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019112704836

  •  芝増上寺有章院霊廟勅額門
    -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    左側が勅額門、右側が水屋である。拝殿前庭の北西隅から写したものである。透塀に囲まれた拝殿前庭には、塀に沿って多くの銅灯篭が建てられていた。徳川家霊廟では、勅額門の外は石製、勅額門より中は銅製の灯篭が建てられていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐8‐0]

    商品コード: 2017082300971

  •  住吉高灯籠
    -
    住吉高灯籠

    住吉高灯籠=撮影年月日不明、大阪、撮影者:スチルフリード(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号63‐3‐0]

    商品コード: 2017082300989

  •  日光東照宮唐銅鳥居付近
    -
    日光東照宮唐銅鳥居付近

    画面左端は元和4(1618)年に鍋島藩が奉納した花崗岩の水盤がある御水舎(おみずや)。その右隣の建物は輪蔵(りんぞう)で、仏教の経典を納める経蔵である。中央手前に、三代将軍家光の建てた日本初の青銅製鳥居である唐銅鳥居。右上奥に鼓楼。その右下は釣灯籠。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐6‐2]

    商品コード: 2017081002665

  •  日光東照宮唐銅鳥居からの陽明門
    -
    日光東照宮唐銅鳥居からの陽明門

    東照宮境内の御水舎(おみずや)の脇から唐銅鳥居をとうして陽明門を見ている。唐銅鳥居は三代将軍家光の建てた日本初の青銅製鳥居である。画面左端の建物は鼓楼。その右隣に釣灯籠を納める燈台穂屋。画面右端の建物は鐘楼。陽明門の奥が日光東照宮の本社である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐41‐0]

    商品コード: 2017081002685

  •  日光東照宮オランダ灯篭
    -
    日光東照宮オランダ灯篭

    日光東照宮オランダ灯篭=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐27‐0]

    商品コード: 2017080903014

  •  熊野古道伊勢路
    -
    熊野古道伊勢路

    キーワード:カーブ、伊勢路、屋外、巨石、熊野古道、三重県、山、山並み、初夏、小道、世界遺産、石灯ろう、灯籠、道、日本、風景、文化遺産、無人、横垣峠、亀島、世界文化遺産、テーマメイン写真=撮影日不明、三重県、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060301454

  •  草津温泉温泉街と湯畑
    -
    草津温泉温泉街と湯畑

    キーワード:ホテル、屋外、温泉、温泉街、観光地、建物、源泉、自然、春、人物、人間、水、草津温泉、池、町、湯煙、湯畑、灯籠、日本、風景、硫黄、日本三名泉、風景メイン写真=撮影日不明、群馬県草津町、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062001682

  •  Miyajima Island
    -
    Miyajima Island

    Miyajima is one of Japan‘s three most celebrated scenic sights. The main buildings of Itsukushima shrine rest directly in front of the island.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610834

  •  安芸の宮島
    -
    安芸の宮島

    厳島神社西方にある大元公園は江戸時代からサクラの名勝地として知られ,長澤蘆雪「厳島八景図」(重要文化財)で「大元桜花」として描かれている。大元神社参道脇に石燈籠とともにサクラ並木が続いている。=撮影年月日不明、宮島、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐32‐0]

    商品コード: 2017080201220

  •  日光大猷院唐門
    -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。破風の下に雌雄の多鶴、平桁上に白竜の彫刻がある。唐門に連らなる端垣の前には御三家、諸大名の献納した燈籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐3‐0]

    商品コード: 2017080400662

  •  日光東照宮上神庫と二の鳥居
    -
    日光東照宮上神庫と二の鳥居

    日光東照宮表門を入り左より御手水舎、銅鳥居、輪蔵と上神庫を望む。右端上神庫は校倉造りでその妻に狩野探幽の下絵による黒白二頭の象の彫刻がある。その前に諸大名献納の燈籠が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐57‐0]

    商品コード: 2017080902314

  •  日光東照宮三神庫
    -
    日光東照宮三神庫

    左に陽明門と鐘楼、 右に上神庫を見る。 上神庫は校倉造りで、 その妻に狩野探幽の下絵による黒白二頭の象の彫刻がある。 階段右には伊達正宗の献納した鉄製燈篭を始め、 諸大名の献納燈篭が並ぶ。 上中下の三神庫があり春秋の千人武者行列の装束が格納されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐23‐0]

    商品コード: 2017080200937

  •  春日大社参道の鹿
    -
    春日大社参道の鹿

    石灯籠が立ち並ぶ春日大社参道上に、親子連れと思われる鹿が佇んでいる姿。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐32‐0]

    商品コード: 2017080201049

  •  日光東照宮陽明門
    -
    日光東照宮陽明門

    本地堂側より陽明門とその回廊を見る。 御本社をコの字に囲む回廊の外側壁面は朱塗りの柱に仕切られた胴羽目と腰羽目にはそれぞれ花鳥と水鳥が彫り込まれている。 その前には数多くの燈篭があり、 右端には櫓造袴腰の鼓楼が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐7‐0]

    商品コード: 2017080201117

  •  Drawing of a Young Woman Standing by a Stone Lantern, Yoshitoshi (Japanese, 1839-1892), Meiji, about 1870, ink on paper,
    -
    Drawing of a Young Woman Standing by a Stone Lantern, Yoshitoshi (Japanese, 1839-1892), Meiji, about 1870, ink on paper,

    Drawing of a Young Woman Standing by a Stone Lantern, Yoshitoshi (Japanese, 1839-1892), Meiji, about 1870, ink on paper, 7 x 5-1/4 in. (image) 9-7/8 x 6-1/4 in. (sheet), Asian Art.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023020505927

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    上野東照宮参道の桜

    徳川家康を祀る上野東照宮。寛永4年(1627)藤堂高虎(とうどうたかとら)が下屋敷内に創立した。唐門を背にして表参道を写したもの。諸大名が献納した石灯籠が並ぶ。奥に見える石造りの鳥居は寛永10年(1633)上州厩橋城主酒井田忠世が寄進したもの。その後何故か地中に埋められた。享保19年(1734)になって、孫の酒井忠知により掘り出され再建されたという経歴を持つ。以後、関東大震災にも動じることなく現存する。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐6‐0]

    商品コード: 2017081400927

  •  馬籠宿
    -
    馬籠宿

    キーワード:エクステリア、屋外、建物、手水鉢、灯籠、日本、日本家屋、和風、馬籠宿、無人、木曽、落ち着いた、風景メイン写真=撮影日不明、長野県、クレジット:JIRO DAN/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122301004

  •  江戸 上野寛永寺の幕臣
    -
    江戸 上野寛永寺の幕臣

    江戸、上野寛永寺の幕臣=1872年11月2日、東京・江戸、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023029

  •  中庭
    -
    中庭

    キーワード:中庭、灯籠、動物、犬、鳥=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020070201012

  •  鎌倉八幡宮
    -
    鎌倉八幡宮

    キーワード:鎌倉八幡宮、鶴岡八幡宮、太鼓橋、石灯籠=撮影年月日不明、鎌倉、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600929

  •  芝増上寺文昭院霊廟拝殿唐門
    -
    芝増上寺文昭院霊廟拝殿唐門

    霊廟の入り口となる勅額門を入った正面にある向唐破風造の門である。左右に廊を持ち、門の奥には御霊殿拝殿に通じる前廊が続いていた。廊の前には諸大名から寄進された青銅製の灯篭が左右それぞれ3基ずつ立てられていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐29‐0]

    商品コード: 2017081401107

  •  西本願寺大谷本廟から望む京都市街
    -
    西本願寺大谷本廟から望む京都市街

    西大谷山門前から下り坂の参道を西に望む。背後に京都市街と西山連峰を遠望する。山門前には石灯籠が建ち、庭園は整備され、ソテツの木が植えられる。参道手前には人力車と車夫、傘をさした人物が写る。参道北側には背の高い樹木の列が並ぶ。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐23‐0]

    商品コード: 2017081002440

  •  兼六園の徽軫灯籠とツツジ
    -
    兼六園の徽軫灯籠とツツジ

    キーワード:ツツジ、ピンク、屋外、花、徽軫灯籠、橋、兼六園、建物、春、水辺、庭園、日本、日本庭園、風景、無人、国指定名勝、ご当地セレクト、テーマメイン写真=撮影日不明、石川県金沢市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402803

  •  浅間神社
    -
    浅間神社

    現静岡市宮ヶ崎町に鎮座する浅間神社境内の様子。階段両脇には石灯籠が配され、本殿は杉木立に囲まれている。明治期以来、同一境内に神部神社、大歳御宮神社が鎮座する国幣小社となっている。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐39‐0]

    商品コード: 2017080902776

  •  神社と灯籠
    -
    神社と灯籠

    神社と灯籠=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐5‐0]

    商品コード: 2017081400841

  •  也阿弥ホテル庭園の石灯籠
    -
    也阿弥ホテル庭園の石灯籠

    斜面に石を積んで形成された庭園には様々な庭木が植えられ、石灯籠が置かれる。その横に建つ電柱の上には電灯が設けられているので、写真は明治25年以後に撮影されたもの。ホテルは入母屋造で、2階には眺望のために縁側が設けられる。也阿弥ホテルは明治12年(1879)に長崎県人の井上万吉が円山安養寺の塔頭也阿弥を買収し、洋風に改造して開業した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐86‐0]

    商品コード: 2017080902871

  •  Akasaka
    -
    Akasaka

    Akasaka, Andō, Hiroshige, 1797-1858, artist, [between 1844 and 1848], 1 print : woodcut, color ; 21.7 x 33.9 cm., Print shows travelers with paper lanterns, walking at night through a small grove of pine trees near the Akasaka station on the Tōkaidō Road.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020013100808

  •  神社の参道
    -
    神社の参道

    木立の間に古い灯籠が並んでいる。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐124‐0]

    商品コード: 2017080903009

  •  石山寺の境内
    -
    石山寺の境内

    石山寺本堂、蓮如堂を多宝塔南側参道より西に望む。参道には石畳が敷かれ、参道北側に石灯籠が建ち並ぶ。石灯籠の右方には珪灰岩が露出した斜面が見える。本堂は慶長7年(1602)の創建で、総檜皮葺で寄棟造である。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐115‐0]

    商品コード: 2017080902930

  •  片瀬の茶屋
    -
    片瀬の茶屋

    龍口寺門前の「かとや」(角屋)と「かしハや」(柏屋)。右手に龍口寺に隣接する龍口明神社の鳥居と灯籠が見えている(灯籠は現存)。片瀬海岸は明治24年(1891)から学習院の遊泳演習地とされた。ヴェランダ付3階建の柏屋にはそうした時代の雰囲気が見て取れる。現在は写真の左手前を江ノ電(江ノ島電鉄)の軌道が通っている。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐56‐0]

    商品コード: 2017081400617

  •  目隠し遊びの女性たち(銭山金山)
    -
    目隠し遊びの女性たち(銭山金山)

    石灯籠を配した日本庭園で目隠し遊びに興じる若い女性たち。だらりの帯にぽっくり下駄、裾からのぞく襦袢(じゅばん)の赤い色。もちろん彼女たちはポーズをきめているのである。左下に「GIRLS PLAYING」とあり、典型的な外国人向けの彩色写真。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐14‐0]

    商品コード: 2017081400833

  •  清水寺成就院庭園
    -
    清水寺成就院庭園

    江戸時代初期に作られた成就院庭園は別名「月の庭」として知られる。石組みの間に灯籠があり、池の石と石の間には小さい橋がかけられている。植え込みの向こうに刈り込みが見える。庭帚の姿が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐14‐0]

    商品コード: 2017080200696

  •  日光東照宮青銅鳥居
    -
    日光東照宮青銅鳥居

    銅鳥居の奥にある石垣の上は陽明門(右端)前の境内である。 境内には櫓造袴腰の鐘楼と鼓楼とが左右にある。 写真には鼓楼のみがあり銅鳥居右端と重なっている。 鼓楼の横に和蘭陀から献上された釣燈篭と廻転燈篭とが杉木立に隔てられて写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐28‐0]

    商品コード: 2017080200721

  •  片瀬の茶屋
    -
    片瀬の茶屋

    江ノ島の対岸片瀬の二階建ての茶屋。1階の障子には「御休泊」「御茶漬」などと書かれている。画面左には石段と1対の石灯篭が見え、その背後は森になっている。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐26‐0]

    商品コード: 2017080400459

  •  鶴岡八幡宮本殿
    -
    鶴岡八幡宮本殿

    楼門(ろうもん)の向うにあるのは六角堂(ろっかくどう)。楼門の前には銅造灯籠と石灯籠が数基あるが、六角堂や銅造灯籠などは明治初年の排仏毀釈(はいぶつきしゃく)で除却された。なお、横浜開港資料館にベアト撮影の同じ写真がある。彼は元治元年(1864)鎌倉に来ており、本資料はその頃の撮影か。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐11‐0]

    商品コード: 2017081501682

  •  向島堀田庭園
    -
    向島堀田庭園

    キーワード:東京、向島堀田庭園、旧佐倉藩主堀田家の向島別邸、七松園、花木、藤棚、灯篭、池、釣りをしている人=明治初期~中期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019020712115

  •  住吉高燈籠
    -
    住吉高燈籠

    キーワード:住吉高燈籠(たかどうろう)、灯籠、灯台、木造船=明治後期、大阪、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017122200401

  •  兼六園の徽軫灯籠とツツジ
    -
    兼六園の徽軫灯籠とツツジ

    キーワード:ツツジ、屋外、花、徽軫灯籠、兼六園、春、水辺、青、庭園、日本、日本庭園、風景、複数、無人、国指定名勝、ご当地セレクト、風景メイン写真=撮影日不明、石川県金沢市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402820

  •  春日大社
    -
    春日大社

    朱塗りの社殿や回廊には1000基あまりの釣り灯籠があるが、毎年2月の節分祭と8月15日の中元の「万灯籠」では、これらにいっせいに灯が点される。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐34‐0]

    商品コード: 2017080902739

  •  興福寺境内
    -
    興福寺境内

    幕末から明治初期(1868年前後)のステレオ写真。視差のある二枚の写真をビューアーにより見ることにより、立体映像をみることができる。興福寺境内の青銅の燈篭。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:ピエール・ロシエ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号70‐5‐0]

    商品コード: 2017082301209

  •  向島堀田庭園
    -
    向島堀田庭園

    堀田家別邸「七松園」である。目録番号4442の藤棚の前に写る橋が、この3枚の巨大な板石からなる橋である。左手に高くそびえる築山や中央の雪見灯篭などに、大名庭園の面影を残している。目録番号2993より水位は低いようだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐6‐0]

    商品コード: 2017081600863

  •  京都清水寺
    -
    京都清水寺

    清水寺仁王門を門前石段下より東に見上げる。門前石段の南北両側には石燈籠が建つ。右奥には西門と三重塔が見える。仁王門は室町期創建の檜皮葺の三間一戸の楼門で、金剛柵と菱格子で囲まれた中に金剛力士像が安置されている。現在は「清水寺」と彫られた石灯籠の前に狛犬が鎮座する。F.ベアド撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐29‐0]

    商品コード: 2017082300899

  •  日光東照宮オランダ灯篭
    -
    日光東照宮オランダ灯篭

    画面右がオランダ国から贈られた八角形の回転灯籠で、日光東照宮陽明門の手前にある。画面奥の中央にスタンド型の蓮灯籠。画面左端の屋根のある柱に支えられた建物には朝鮮鐘が下げられている筈だが、この写真ではその鐘を確認することができない。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐33‐0]

    商品コード: 2017082301137

  •  春日大社参道
    -
    春日大社参道

    春日大社に続く参道。道の両側に、多数の石灯籠が立ち並んでいるのが見える。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐21‐0]

    商品コード: 2017080200687

  •  京都清水寺の内殿
    -
    京都清水寺の内殿

    清水寺本堂の廊内には太い柱や梁に多くの絵馬が奉納されている。船旅の無事を祈り、近世に豪商が奉納したものも多くある。廊の中央に釣灯籠が並び、右手の外側に面する柱には格子が設けられ、外側へ釣りあげられている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐16‐0]

    商品コード: 2017080200739

  •  長崎大光寺本堂
    -
    長崎大光寺本堂

    ベアトの撮影による大光寺。寺の前、左の灯籠の前に男を立たせている。上野彦馬である。これと全く同じアングルの写真がこの約7年後に内田九一によって撮られている。興味深いことに、そこでもまた中央に男を立たせている(目録番号 688、3220、3222、3251参照)。このベアトの写真を参考にしたと思われる。=1865年頃、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐27‐0]

    商品コード: 2017082800577

  •  西大谷円通橋
    -
    西大谷円通橋

    西大谷円通橋を皎月池南縁より北に望む。円通橋は安政3年(1865)に築造された石橋である。その形より眼鏡橋と称され、幕末から明治にかけて紅白の蓮が眺められる景勝地であった。橋上の高欄脇には蓮を眺めるモデルの男性が立っている。背後の橋東詰には石灯籠が建つ。池内には紅色の蓮の花が咲く。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐10‐0]

    商品コード: 2017081002520

  •  住吉高灯籠
    -
    住吉高灯籠

    住吉高灯籠。創建は鎌倉時代末期といわれるが不詳。航海の安全を守る灯台として、また住吉名物として親しまれた。16メートルの高さがあり、楼上からは遠く淡路島が見えたという。昭和49年(1974)に200メートル西に再建された。明治中~末期。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐36‐0]

    商品コード: 2017081400851

  •  芝増上寺の弁天池
    -
    芝増上寺の弁天池

    大きく育った蓮の葉が湖面を覆っている。奥には築山がありその頂には四阿屋らしき建物が見える。池の周囲には石灯籠や五重石塔が置かれている。しかし、この景観に合う場所は増上寺弁天池にはない。別の蓮池ではなかろうか。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐21‐0]

    商品コード: 2017081400916

  •  安芸の宮島
    -
    安芸の宮島

    写真は厳島神社の西側を流れる紅葉谷川の河口で大西町側から石燈籠やアカマツが茂る「西の松原」,遠くに水晶山を望む。川に突き出した基壇上に建つ石燈籠は寛政7年(1795)の建造で笠石に垂木表現を行った笠石は全国的にも珍しい。=撮影年月日不明、宮島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐6‐0]

    商品コード: 2017081400982

  •  清水寺
    -
    清水寺

    清水寺西門と三重塔を仁王門東側より東に見上げる。参道は右方の西門をくぐり三重塔へ至る石段と、左方の直接に三重塔へと至る石段に分かれている。西門西側の斜面には岸駒灯籠と呼ばれる灯籠群が建ち並ぶ。西門西門は寛永8年(1631)の創建で、切妻造、檜皮葺。三重塔は寛永10年(1633)頃の創建で、本瓦葺である。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐43‐0]

    商品コード: 2017081401008

  •  芝増上寺有章院霊廟勅額門
    -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    東面する勅額門を南東側から写したものである。門の右手だけでも大名家から寄進された60基以上の石灯籠が整然と並び、将軍家の威光を示している。この石灯籠群の前に有章院霊廟の建造物として唯一現存する二天門がある。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐25‐0]

    商品コード: 2017081401132

  •  手紙を読む女性
    -
    手紙を読む女性

    女性は、濡れ縁に座って巻紙の手紙を嬉しそうに読んでいる。庭には石灯篭(いしどうろう)と袖垣(そでがき)がみられる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐29‐0]

    商品コード: 2017080903118

  •  諏訪神社旧中門
    -
    諏訪神社旧中門

    英語で「寺の入り口」と書き込まれているが、長崎諏訪神社の旧中門である。上野彦馬のアルバムのなかの一枚である。明治10年代の撮影で、門の脇にまだ伊万里焼きの灯篭が置かれていない。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号21‐15‐0]

    商品コード: 2017080201853

  •  奈良の石灯篭
    -
    奈良の石灯篭

    詳細不明。寺院に隣接する墓地に、墓石、石灯籠、卒塔婆等が多数立ち並んでいる。高下駄を履いた人物の姿も見える。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐24‐0]

    商品コード: 2017080201419

  •  諏訪神社の旧中門
    -
    諏訪神社の旧中門

    改修され、現在は残っていない。この門の背後に本殿があった。石段の左右にある灯籠は幕末期に奉納された。その屋根は青銅葺である。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐39‐0]

    商品コード: 2017080201501

  •  日光東照宮境内
    -
    日光東照宮境内

    石段を登ると陽明門の境内となる。右端に鼓楼、その横にオランダが献上した釣燈籠や回転燈籠がある。石段の両側には島津家と伊達の献納した燈籠が立ち並ぶ。左端に上神庫の屋根が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:[スチルフリ-ド]、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号27‐7‐0]

    商品コード: 2017080902157

  •  石灯篭と茶屋
    -
    石灯篭と茶屋

    茶屋の意味するところは多である。単に茶葉を売る店から、茶を飲ませる茶店、劇場近くの芝居茶屋、相撲茶屋、遊里の引手茶屋、料理茶屋、そして庭園内の茶室という具合である。写真は、建物の作り、規模からして、どこかの料理茶屋を庭から見たものであろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐50‐0]

    商品コード: 2017080201598

  •  芝増上寺有章院の石灯籠
    -
    芝増上寺有章院の石灯籠

    芝増上寺有章院の石灯籠=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号105‐16‐0]

    商品コード: 2017081501897

  •  芦ノ湖畔の延命地蔵
    -
    芦ノ湖畔の延命地蔵

    廃仏毀釈前の慶応3年(1867)頃の延命地蔵。ナンバー4603の廃仏毀釈後と比べると、光背・脇士・灯籠の本来の様子が分かる。五雲亭貞秀の東海道箱根山中図(文久三年(1867))によれば、この延命地蔵を初め多数の石仏・石塔が、芦の湖畔の賽河原に存在したことが窺われ、往事の壮麗な様が偲ばれる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐2‐0]

    商品コード: 2017081600794

  •  草津温泉温泉街と湯畑
    -
    草津温泉温泉街と湯畑

    キーワード:ホテル、屋外、温泉、温泉街、観光地、建物、源泉、自然、春、人物、人間、水、草津温泉、池、町、湯煙、湯畑、灯籠、日本、風景、硫黄、日本三名泉、風景メイン写真=撮影日不明、群馬県草津町、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061111872

  •  日光東照宮上神庫
    -
    日光東照宮上神庫

    左に陽明門と鐘楼、右に上神庫を見る。上神庫は校倉造りで、その妻に狩野探幽の下絵による白黒二頭の象の彫刻がある。段階の両側には諸大名の献納燈籠が並んでいる。写真は整理番号6-23と同じである。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐44‐0]

    商品コード: 2017080400598

  •  日光東照宮陽明門
    -
    日光東照宮陽明門

    三神庫側より陽明門を見る。 階段右手にある鉄製の燈篭は伊達正宗が献納したものである。 階段上右手にはオランダから奉納された蓮燈篭と朝鮮国王から献上された鐘がある。 右端に校倉造りの上神庫を見る。 その妻には狩野探幽の下絵による白黒二頭の象の彫刻がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐23‐0]

    商品コード: 2017080201464

  •  中島川風景伊勢神社辺り
    -
    中島川風景伊勢神社辺り

    伊勢町の長崎聖堂の前辺りからのアングル。上流に向けて撮影している。近くには上野彦馬の邸宅があった。変わった形のこの石灯籠は現存しない。中島川と西山川との合流地点に同じような石灯籠が置いてある。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐41‐0]

    商品コード: 2017080201425

  •  徽軫灯籠
    -
    徽軫灯籠

    キーワード:屋外、丸の内、徽軫灯籠、兼六園、初夏、新緑、池、庭園、灯籠、日本、和風、風景、無人、木立、国指定名勝、ご当地セレクト、風景メイン写真=撮影日不明、石川県金沢市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060303197

  •  Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 48
    -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 48

    48 Seki - View outside a resthouse in the early morning, where a daimyo is stopping, the retainers preparing, by the aid of lanterns, to proceed on the journey. Each station was required to maintain lodging houses for travellers. The inn shown is one for upper class travellers such as Shogunate officials and feudal lords. Retinue are making preparations for a feudal lord to leave from the lodging house. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080211023

  •  神社
    -
    神社

    神社名は未詳。小さな神社ではあるが、参道両側に並ぶ石灯篭も立派であり、この地においては由緒ある神社なのであろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐161‐0]

    商品コード: 2017080903099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    靖国神社の鳥居

    明治6年(1873)年に建立された木製の鳥居が老朽化して、明治17年(1884)に撤去されたため、明治20年(1887)に再建された青銅製の大鳥居である。大鳥居の左右にある灯籠は、明治13年(1880)に奉納された警視局金灯籠。鳥居の奥の社殿は明治5年(1872)5月19日落成の本殿。明治20年代。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐52‐0]

    商品コード: 2017081401601

  •  日光東照宮オランダ灯篭
    -
    日光東照宮オランダ灯篭

    陽明門前の境内にオランダ国王から寄進された回転燈籠がある。 その後は鼓楼で、 その奥に本地堂がある。 徳川家康の本地仏、 薬師如来を安置するので本地堂と言われていたが、 現在薬師堂ともいう。 右に陽明門への階段と回廊が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐24‐0]

    商品コード: 2017080200981

  •  日光東照宮オランダ灯篭と鐘楼
    -
    日光東照宮オランダ灯篭と鐘楼

    陽明門前の境内本地堂側に櫓造袴腰の鼓楼とオランダ国王の寄進した回転燈籠と釣燈籠がある。人が廻そうとしている回転燈籠は上部の葵の紋が逆さであり逆紋の廻り燈籠ともいう。右端杉の向こうに釣燈籠がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐2‐0]

    商品コード: 2017080902650

  •  祭りの山車
    -
    祭りの山車

    山車は、山型、屋台型、船型、灯篭型など地方毎に独自の形態を持ち、地域文化と共に発展してきた。また、経済の発展と共にその装飾は華美になり、大きさも競われるようになった。しかし、電線の普及によって高さが制限され、小型化が余儀なくされている。「町会所」前を進行している「本町一丁目の山車」と通称されているもの山車である。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐40‐0]

    商品コード: 2017080902611

  •  鎌倉の大仏
    -
    鎌倉の大仏

    台座前方には銅造蓮弁(れんべん)が写る(4枚現存)。また、像左横の瓦葺き建物と、前面灯籠(とうろう)の笠に付く渦巻き状の張り出しが『ザ・ファー・イースト』1870年5月30日号の写真と同じであるので、これに近い時期の撮影と思われる。信仰の対象であり、現在お像に上がることは禁じられている。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐20‐0]

    商品コード: 2017081002771

  •  安芸の宮島
    -
    安芸の宮島

    三笠の浜から大鳥居を望む,この地は現在でも厳島神社の朱の大鳥居を背景に写真撮影が行われる眺望地である。画面左側には文化3年(1806)に阿波国の藍屋講中が寄進した石燈籠がある。厳島神社に寄進された数百の石燈籠のうちでも最大級の規模をもつ。=撮影年月日不明、宮島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐48‐0]

    商品コード: 2017081400846

  •  日光東照宮陽明門
    -
    日光東照宮陽明門

    画面中央に日光東照宮で最も有名な建物である陽明門。その奥に日光東照宮の本社がある。画面左側に鼓楼。その右下が釣灯籠。陽明門の右側が鼓楼と対をなす鐘楼。画面右手前に上神庫(かみじんこ)の一部が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐39‐0]

    商品コード: 2017081401263

  •  也阿弥ホテル庭園
    -
    也阿弥ホテル庭園

    斜面に形成された庭園には様々な庭木が植えられ、石灯籠や庭石が置かれている。ホテル玄関には唐破風の屋根が設けられる。也阿弥ホテルは明治12年(1879)に長崎県人の井上万吉が円山安養寺の塔頭也阿弥を買収し、洋風に改造して開業した。外国人観光客に多く利用されたが、39年に焼失した。電柱が見えるので、写真は明治25年以後に撮影されたもの。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐85‐0]

    商品コード: 2017080902880

  •  也阿弥ホテル庭園
    -
    也阿弥ホテル庭園

    斜面に形成された庭園には様々な庭木が植えられ、石灯籠や庭石が置かれている。ホテル玄関には唐破風の屋根が設けられる。也阿弥ホテルは明治12年(1879)に長崎県人の井上万吉が円山安養寺の塔頭也阿弥を買収し、洋風に改造して開業した。外国人観光客に多く利用されたが、39年に焼失した。電柱が見えるので、写真は明治25年以後に撮影されたもの。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐83‐0]

    商品コード: 2017080902915

  •  神社表門
    -
    神社表門

    門の構造や石灯篭の並び方などから見て、春日大社南門である。様々な世代の男女が一斉にこちらを向いている。おそらく一族揃っての参拝記念の写真であろう。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐67‐0]

    商品コード: 2017080902243

  •  西本願寺
    -
    西本願寺

    西本願寺境内を御影(ごえい)堂南東側から北北西に望む。左から御影堂(大師堂)、阿弥陀堂(本堂)、水吹き銀杏が見える。御影堂は寛永13年(1636)の創建、阿弥陀堂は宝暦10年(1760)の創建で、両者は歩廊で結ばれている。子供を中心に大勢の人々が青銅製の灯籠の周囲に集まっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐9‐0]

    商品コード: 2017081002526

  •  芝増上寺境内
    -
    芝増上寺境内

    文昭院霊廟奥院拝殿に通じる石段と唐門を,仕切門をくぐった位置から撮影したものである。左手に並ぶ灯篭は銅製で、大名家から寄進されたものである。銅灯篭には「文昭院尊前正徳二年十月二十四日」の刻銘がある。この日は、家宣の亡くなった日である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐1‐0]

    商品コード: 2017082301040

  •  灯篭とシャクナゲ 勝尾寺
    -
    灯篭とシャクナゲ 勝尾寺

    キーワード:シャクナゲ、屋外、花、紫、寺、勝尾寺、灯籠、日本、複数、無人、その他、動植物メイン写真=撮影日不明、大阪府箕面市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901757

  •  鎌倉八幡宮
    -
    鎌倉八幡宮

    キーワード:鎌倉八幡宮、鶴岡八幡宮、参道、灯籠=撮影年月日不明、鎌倉、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600939

  •  鎌倉八幡宮
    -
    鎌倉八幡宮

    キーワード:鎌倉八幡宮、鶴岡八幡宮、参道、石灯籠=撮影年月日不明、鎌倉、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600931

  •  草津温泉温泉街と湯畑
    -
    草津温泉温泉街と湯畑

    キーワード:ホテル、屋外、温泉、温泉街、観光地、建物、源泉、自然、春、人物、人間、水、草津温泉、池、町、湯煙、湯畑、灯籠、日本、風景、硫黄、日本三名泉、風景メイン写真=撮影日不明、群馬県草津町、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062001688

  •  安芸の宮島
    -
    安芸の宮島

    厳島神社の西側に延びる「西の松原」から朱の大鳥居を望む。「西の松原」は紅葉谷川から流出した土砂を堆積させて作られた人工堤浜である。堤上にはマツが植樹され,数多くの燈籠とともに独特の景観を作っている。=撮影年月日不明、宮島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐23‐0]

    商品コード: 2017081501487

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...