KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 知的財産権
  • 科学
  • 種類
  • 製造
  • 強化
  • 達成
  • 全長

「炭素繊維」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
164
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
164
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年01月04日
    新型車椅子 軽い車椅子もうすぐ完成

    重さはスチール製の半分、女性でも持ち運び簡単な新型車椅子。通産省工業技術院の製品科学研究所が3年以上かかって完成。重さは現在のスチール製標準型の半分。カーボン・ファイバー(炭素繊維)で強化したプラスチックパイプを採用して製作(*新年用原稿、1976年12月24日撮影)

    商品コード: 2014031900391

  • 1995年03月08日
    補強工事をする作業員 炭素繊維巻き柱を補強

    ひびの入った柱に、炭素繊維のシートを巻く補強工事をする作業員=8日午後、兵庫県尼崎市の園田学園(カラーネガ)

    商品コード: 1995030800084

  • 2001年06月08日
    会見する太田教授 炭素繊維束ねて強度アップ

    記者会見で炭素繊維を手に説明する九州大大学院工学研究院の太田俊昭教授=8日午後、福岡市東区

    商品コード: 2001060800165

  • 2006年10月11日
    炭素繊維利用の暖房器 おからで化粧品つくります

    綿花を炭化させた炭素繊維を利用した家庭用暖房器

    商品コード: 2006101100140

  • 02:09.86
    2007年08月04日
    単3乾電池の車百キロ突破 192本使って有人走行

    松下電器産業と大阪産業大の合同チームが4日、茨城県城里町のテストコースで、単3乾電池192本を使った1人乗り電気自動車を走らせ、1キロの直線往復で平均時速105.95キロを記録した。「ギネス世界記録」の認定員が立ち会い、乾電池だけで走る車の初記録として認定。最高瞬間速度は122キロに達した。車体は全長3.3メートル、幅0.7八メートル、重さ38キロ。炭素繊維強化プラスチック製の流線形の車体後部に、電池ボックスが取り付けられている<映像内容>テストコースを疾走する電気自動車、電気自動車の内部を公開する様子、ガッツポーズで記念撮影に応じる開発スタッフ、操縦した大阪産業大大学院の須藤隆さん、撮影日:2007(平成19)年8月4日、撮影場所:茨城県城里町

    商品コード: 2020020703184

  • 2008年03月13日
    群馬高専の小島特任教授 炭素繊維で蘇州の運河浄化

    炭素繊維を手に水質浄化実験について説明する群馬高専の小島昭特任教授=13日午後、群馬県庁

    商品コード: 2008031300215

  • 2009年01月21日
    茨木工業が導入した炉 関西の中小企業、大空へ

    茨木工業が導入した、炭素繊維の複合材を加工する「オートクレーブ」と呼ばれる炉=大阪府茨木市

    商品コード: 2009012100258

  • 2010年06月11日
    炭素繊維バンドの腕時計 商品ニュース

    カシオ計算機が発売する腕時計「GW―S5600」

    商品コード: 2010061100204

  • 2010年09月04日
    炭素繊維の生産体制強化

    炭素繊維の世界市場

    商品コード: 2010090400116

  • 2010年09月04日
    炭素繊維の生産体制強化

    炭素繊維の世界市場

    商品コード: 2010090400117

  • 2011年03月09日
    帝人が披露した試作車 炭素繊維の電気自動車公開

    帝人が炭素繊維を使って大幅に軽量化した電気自動車の試作車=9日午前、静岡県裾野市

    商品コード: 2011030900265

  • 2011年03月09日
    帝人が披露した試作車 炭素繊維で自動車軽量化

    帝人が炭素繊維を使って大幅に軽量化した電気自動車の試作車=9日午前、静岡県裾野市

    商品コード: 2011030900476

  • 2011年06月28日
    韓国で開かれた起工式 炭素繊維の新工場を起工

    東レの韓国法人、東レ尖端素材が開いた炭素繊維工場の起工式=28日、韓国南東部の慶尚北道亀尾市(共同)

    商品コード: 2011062800177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月09日
    東レの電気自動車 超軽量の電気自動車

    炭素繊維などを使い軽量化と安全性を高めた東レの電気自動車の試作車

    商品コード: 2011090900318

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月07日
    同型の炭素繊維 炭素繊維を不正輸出容疑

    合成樹脂メーカー「クレファイン」が不正輸出した物と同型の炭素繊維

    商品コード: 2011120700145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月07日
    炭素繊維の電気自動車 ネットで即座に事故情報

    東レが開発した炭素繊維複合材を使用する電気自動車

    商品コード: 2011120700396

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年05月26日
    炭素繊維で航空部品

    SHINDOなどが航空エンジン部品用に開発した炭素繊維のシート=11日午後、福井県庁

    商品コード: 2012052600214

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年02月22日
    「奇跡の一本松」保存作業 炭素繊維で幹の内側補強

    公開された「奇跡の一本松」の保存作業=22日、兵庫県たつの市

    商品コード: 2013022200718

  • 2013年06月25日
    テープカットする関係者 20年に炭素繊維の車実現

    「ナショナルコンポジットセンター」の開所式でテープカットする関係者=25日午後、名古屋市千種区

    商品コード: 2013062500351

  • 2014年02月12日
    東レの大西盛行専務 炭素繊維の有望市場

    ニューヨークで講演する東レの大西盛行専務=11日(共同)

    商品コード: 2014021200361

  • 2014年04月14日
    炭素繊維シートと石井社長 加工が簡単な炭素繊維

    開発した炭素繊維シートなどを紹介する一村産業の石井銀二郎社長=14日午後、金沢市

    商品コード: 2014041400536

  • 2014年07月08日
    炭素繊維産業の集積地を

    東海と北陸の研究拠点と研究内容

    商品コード: 2014070800700

  • 2014年07月08日
    炭素繊維産業の集積地を

    東海と北陸の研究拠点と研究内容

    商品コード: 2014070800701

  • 2014年10月10日
    安藤社長とシートの外材 リニアにもっと炭素繊維を

    東レ・カーボンマジックの安藤伸哉社長と同社の炭素繊維製品を使った新幹線のシートを囲う外材=10日、滋賀県米原市

    商品コード: 2014101000756

  • 2014年11月12日
    名大で開かれた記念式典 炭素繊維研究で3大学連携

    炭素繊維複合材の研究で名古屋大と岐阜大、金沢工業大が連携する協定を結び、開催された記念式典=12日午後、名古屋市千種区

    商品コード: 2014111200470

  • 2014年11月17日
    炭素繊維「稼ぎ頭」へ

    炭素繊維の世界需要の推移

    商品コード: 2014111700700

  • 2014年11月17日
    炭素繊維「稼ぎ頭」へ

    炭素繊維の世界需要の推移

    商品コード: 2014111700701

  • 2014年11月17日
    炭素繊維「稼ぎ頭」へ

    炭素繊維の世界需要の推移

    商品コード: 2014111700702

  • 2014年11月17日
    炭素繊維「稼ぎ頭」へ

    炭素繊維の世界需要の推移

    商品コード: 2014111700703

  • 2014年11月17日
    握手する日覚社長ら 炭素繊維部材を共同開発

    記者会見で握手する東レの日覚昭広社長(左)と米ボーイングのジョン・トレーシー最高技術責任者=17日午後、東京都中央区

    商品コード: 2014111700714

  • 2014年12月05日
    公開された本社工場 炭素繊維部品の生産2倍

    大幅増床し、報道陣に公開された東レ・カーボンマジックの本社工場=5日、滋賀県米原市

    商品コード: 2014120500651

  • 2015年02月11日
    金沢工業大の装置 北陸企業、炭素繊維に意欲

    金沢工業大の高機能素材の分析装置と、鵜沢潔・革新複合材料研究開発センター所長=石川県白山市

    商品コード: 2015021100076

  • 2015年02月11日
    北陸企業、炭素繊維に意欲

    炭素繊維に力を入れる北陸の企業と大学

    商品コード: 2015021100130

  • 2015年02月11日
    北陸企業、炭素繊維に意欲

    炭素繊維に力を入れる北陸の企業と大学

    商品コード: 2015021100131

  • 2015年04月20日
    三菱HDの越智仁社長 炭素繊維事業の拡大に意欲

    インタビューに応じる三菱ケミカルホールディングスの越智仁社長

    商品コード: 2015042000560

  • 2015年09月16日
    炭素繊維を加工する設備 三菱重工、下関の工場拡張

    三菱重工業が下関造船所の航空機工場に設置した、材料の炭素繊維などを加工する設備=16日、山口県下関市

    商品コード: 2015091600492

  • 2015年11月13日
    炭素繊維で補強した社屋 耐震補強で炭素繊維PR

    炭素繊維複合材で補強した小松精練の社屋=13日、石川県能美市

    商品コード: 2015111300412

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:04.71
    2016年01月28日
    軍事力強化 戦闘機 ステルス実証機を公開 2月にも初飛行

    防衛装備庁は28日、国産初のステルス戦闘機開発に向け、防衛省の発注を受けて三菱重工業などが製造している試作機「先進技術実証機」を、愛知県豊山町の同社工場で報道陣に初公開した。総経費は約394億円。全長14・2メートル、全幅約9・1メートル、全高4・5メートルで、レーダーに映りにくい炭素繊維の電波吸収材を採用しており、ステルス性能を備えている。〈映像内容〉関係者による記者会見、ステルス機の外観、雑観など、撮影日:2016(平成28)年1月28日

    商品コード: 2019110607566

  • 2016年10月26日
    発電用風車 炭素繊維で車体を軽く

    発電用の風車が立つドイツ、BMWの工場=5月、ドイツ・ライプチヒ(共同)

    商品コード: 2016102600347

  • 06:00.42
    2016年11月10日
    全長8メートル 人造ティラノサウルス公開

    造形や企画を手掛ける企業の「ON―ART(オンアート)」が10日、全長約8メートルの巨大な人造ティラノサウルスを報道陣に向け公開した。歩き回り、尾を振り、ほえる姿はまるで生きているかのよう。SFの世界に入り込んだかのようだ。人が中に入ってハンドルなどで操縦しており、ロボットではなく大きな着ぐるみのようなものだという。炭素繊維など先端技術を駆使し、重さは約38キロと超軽量。 〈映像内容〉ティラノサウルスの披露記者会見と、パフォーマンスの模様。説 明しているのは同社の金丸賀也社長。

    商品コード: 2017090201577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年02月21日
    シートの土台を製作 レース用で国内シェア7割

    成形型に炭素繊維などを貼り付けてカーシートの「土台」を作る女性従業員=愛知県新城市のFRPカスタム

    商品コード: 2017022100333

  • 2017年05月06日
    素材を硬化する作業 炭素ニットで飛行機部品

    炭素繊維などを編んだニット状の素材に電磁波をあて硬化する秋田大の村岡幹夫教授=秋田市

    商品コード: 2017050600407

  • 2017年06月26日
    自主革新で「中国製」をアピール中国中車

    2017年6月26日、初運行日に北京南駅を出発した中国標準型動車組(動力分散式列車)「復興号」のG123号列車。地下鉄車両では中国1両目の車両から、世界初の炭素繊維製車体構造を持つ次世代車両まで、高速鉄道の車両では「和諧号」から、独自の知的財産権を持つ「復興号」まで、中国中車集団有限公司(中国中車)は改革開放の40年間で、世界一流の水準を目指し、絶え間なく研究・開発能力を増強するとともに自主革新を強化して、世界の先進的軌道交通装備分野で「トップを走る」という目標を達成し、世界で規模が最大、製品の種類が最多、最先端の技術を持つ軌道交通装備企業になった。(北京=新華社記者/邢広利)=2017(平成29)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223429

  • 2018年02月19日
    津田駒工業の自動化した本社工場のライン

    繊維機械と工作機械関連機器に続く新たな柱の育成は「100年企業」津田駒工業の大きな課題だ。自社の強みや市場性を見極め、2009年に炭素繊維複合材を成形するコンポジット機械に参入し、18年にはロボットシステムインテグレーション事業「ツダコマ・ロボティック・インテグレーション(TRI)」を立ち上げた。18年12月にはロボットへの取り組みを強化するため両事業の組織を一体化した。同社はパリで3月に開かれた複合材の展示会に、ロボットを活用した炭素繊維複合材のプリプレグ(中間材料)の溶着機を出品した。溶着機では繊維の方向を一定にして、プリプレグが重ならないよう正確に並べるためにロボットを用いている。=2018(平成30)年2月19日、津田駒工業本社工場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103449

  • 2018年03月15日
    記者会見する須賀常務 東レ、欧州炭素繊維買収へ

    記者会見する東レの須賀康雄常務=15日午前、東京都中央区

    商品コード: 2018031500161

  • 2018年03月23日
    自主革新で「中国製」をアピール中国中車

    3月23日、中車唐山機車車両有限公司の「復興号」動車組(動力分散式列車)の生産ラインで働くスタッフ。地下鉄車両では中国1両目の車両から、世界初の炭素繊維製車体構造を持つ次世代車両まで、高速鉄道の車両では「和諧号」から、独自の知的財産権を持つ「復興号」まで、中国中車集団有限公司(中国中車)は改革開放の40年間で、世界一流の水準を目指し、絶え間なく研究・開発能力を増強するとともに自主革新を強化して、世界の先進的軌道交通装備分野で「トップを走る」という目標を達成し、世界で規模が最大、製品の種類が最多、最先端の技術を持つ軌道交通装備企業になった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223454

  • 2018年03月23日
    自主革新で「中国製」をアピール中国中車

    3月23日、中車唐山機車車両有限公司の生産ラインにある「復興号」の車内から見た生産作業の様子。地下鉄車両では中国1両目の車両から、世界初の炭素繊維製車体構造を持つ次世代車両まで、高速鉄道の車両では「和諧号」から、独自の知的財産権を持つ「復興号」まで、中国中車集団有限公司(中国中車)は改革開放の40年間で、世界一流の水準を目指し、絶え間なく研究・開発能力を増強するとともに自主革新を強化して、世界の先進的軌道交通装備分野で「トップを走る」という目標を達成し、世界で規模が最大、製品の種類が最多、最先端の技術を持つ軌道交通装備企業になった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223389

  • 2018年04月26日
    三菱ケミカルの和賀社長 炭素繊維のM&Aに意欲

    インタビューに答える三菱ケミカルの和賀昌之社長

    商品コード: 2018042600533

  • 2018年04月26日
    和賀昌之社長 炭素繊維のM&Aに意欲

    インタビューに答える三菱ケミカルの和賀昌之社長

    商品コード: 2018042600543

  • 2018年05月05日
    ラージトウ 割安の炭素繊維に需要

    ゾルテックが製造した炭素繊維「ラージトウ」

    商品コード: 2018050500147

  • 2018年09月07日
    中車長客、独自開発の次世代スマート地下鉄車両を長春で初公開

    7日、中国(長春)軌道交通博覧会で展示された、次世代地下鉄車両の車内を見学する来場者。中国中車長春軌道客車股份有限公司(中車長客)は、吉林省長春市で9日まで開催されていた第4回中国(長春)軌道交通博覧会で、次世代地下鉄車両を発表した。車両は、全自動無人運転を実現、全炭素繊維(カーボンファイバー)製の車体構造を採用し、よりスマート化した運転操作で、人にやさしい設計となっている。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108420

  • 2018年09月07日
    中車長客、独自開発の次世代スマート地下鉄車両を長春で初公開

    7日、中国(長春)軌道交通博覧会で展示された、次世代地下鉄車両の運転室を見学する来場者。中国中車長春軌道客車股份有限公司(中車長客)は、吉林省長春市で9日まで開催されていた第4回中国(長春)軌道交通博覧会で、次世代地下鉄車両を発表した。車両は、全自動無人運転を実現、全炭素繊維(カーボンファイバー)製の車体構造を採用し、よりスマート化した運転操作で、人にやさしい設計となっている。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108214

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車両内。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215949

  • 2018年09月07日
    中車長客、独自開発の次世代スマート地下鉄車両を長春で初公開

    7日、中国(長春)軌道交通博覧会で展示された、次世代地下鉄車両の車内を見学する来場者。中国中車長春軌道客車股份有限公司(中車長客)は、吉林省長春市で9日まで開催されていた第4回中国(長春)軌道交通博覧会で、次世代地下鉄車両を発表した。車両は、全自動無人運転を実現、全炭素繊維(カーボンファイバー)製の車体構造を採用し、よりスマート化した運転操作で、人にやさしい設計となっている。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216044

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の大きく開放的な車窓。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215940

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の外観。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216304

  • 2018年09月07日
    中車長客、独自開発の次世代スマート地下鉄車両を長春で初公開

    7日、中国(長春)軌道交通博覧会で展示された、次世代地下鉄車両の車内を見学する来場者。中国中車長春軌道客車股份有限公司(中車長客)は、吉林省長春市で9日まで開催されていた第4回中国(長春)軌道交通博覧会で、次世代地下鉄車両を発表した。車両は、全自動無人運転を実現、全炭素繊維(カーボンファイバー)製の車体構造を採用し、よりスマート化した運転操作で、人にやさしい設計となっている。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216253

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車両に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216026

  • 2018年09月07日
    自主革新で「中国製」をアピール中国中車

    9月7日、中国(長春)軌道交通博覧会で展示された、中車長春軌道客車股份有限公司が発表した次世代地下鉄車両の車内を見学する来場者。地下鉄車両では中国1両目の車両から、世界初の炭素繊維製車体構造を持つ次世代車両まで、高速鉄道の車両では「和諧号」から、独自の知的財産権を持つ「復興号」まで、中国中車集団有限公司(中国中車)は改革開放の40年間で、世界一流の水準を目指し、絶え間なく研究・開発能力を増強するとともに自主革新を強化して、世界の先進的軌道交通装備分野で「トップを走る」という目標を達成し、世界で規模が最大、製品の種類が最多、最先端の技術を持つ軌道交通装備企業になった。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223412

  • 2018年09月07日
    中車長客、独自開発の次世代スマート地下鉄車両を長春で初公開

    7日、中国(長春)軌道交通博覧会で展示された、次世代地下鉄車両を見学する来場者。中国中車長春軌道客車股份有限公司(中車長客)は、吉林省長春市で9日まで開催されていた第4回中国(長春)軌道交通博覧会で、次世代地下鉄車両を発表した。車両は、全自動無人運転を実現、全炭素繊維(カーボンファイバー)製の車体構造を採用し、よりスマート化した運転操作で、人にやさしい設計となっている。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108157

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の運転席。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215988

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車窓の縁に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215978

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の運転席に座り運転士の気分を味わう来場者。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215983

  • 2018年09月18日
    「イノトランス2018」、ベルリンで開幕

    18日、独ベルリンで鉄道車両大手、中国中車製の全炭素繊維複合材料による次世代地下鉄車両を見学する来場者。「イノトランス2018」が18日、ドイツのベルリンで開幕した。61の国・地域から3062社が出展している。イノトランスとは、2年に1度開かれる鉄道業界最大の見本市である。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014813

  • 2018年09月18日
    「イノトランス2018」、ベルリンで開幕

    18日、ベルリンで撮影した鉄道車両大手、中国中車製の全炭素繊維複合材料による次世代地下鉄車両。「イノトランス2018」が18日、ドイツのベルリンで開幕した。61の国・地域から3062社が出展している。イノトランスは、2年に1度開かれる鉄道業界最大の見本市である。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014864

  • 2018年09月18日
    自主革新で「中国製」をアピール中国中車

    9月18日、ドイツの首都ベルリンで中国中車の炭素繊維製の次世代地下鉄車両を見学する来場者。地下鉄車両では中国1両目の車両から、世界初の炭素繊維製車体構造を持つ次世代車両まで、高速鉄道の車両では「和諧号」から、独自の知的財産権を持つ「復興号」まで、中国中車集団有限公司(中国中車)は改革開放の40年間で、世界一流の水準を目指し、絶え間なく研究・開発能力を増強するとともに自主革新を強化して、世界の先進的軌道交通装備分野で「トップを走る」という目標を達成し、世界で規模が最大、製品の種類が最多、最先端の技術を持つ軌道交通装備企業になった。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121223484

  • 2019年01月12日
    2019 International CES USA-CES

    The Novus electric motorcycle on display during the 2019 International CES, at the Sands Convention Center in Las Vegas, Nevada, January 11, 2019. With a fully carbon fiber frame and top speed of 60 mph, the German made motorcycle has a 60 mile range. Photo by James Atoa/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011521734

  • 2019年01月12日
    2019 International CES USA-CES

    The hollow-bodied Novus electric motorcycle on display during the 2019 International CES, at the Sands Convention Center in Las Vegas, Nevada, January 11, 2019. The fully carbon fiber city commuter, weighs only 85 lbs with a 60 mile range. Photo by James Atoa/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011521711

  • 2019年04月11日
    Federal Horticultural Show Heilbronn

    11 April 2019, Baden-Wuerttemberg, Heilbronn: Flowers blossom before the opening of the Federal Garden Show in front of a pavilion made of glass and carbon fibre. The Federal Garden Show will take place from 17 April to 6 October. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041225174

  • 2019年04月17日
    Opening of the Federal Horticultural Show 2019

    17 April 2019, Baden-Wuerttemberg, Heilbronn: Flowering tulips are located in front of a pavilion made of glass and carbon fibres at the opening of the Federal Horticultural Show (Buga) Heilbronn 2019. The Buga will take place from 17 April to 06 October. Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041811676

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: Employees at the BMW plant in Leipzig work on the assembly of the i3. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210363

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: Employees at the BMW plant in Leipzig work on the assembly of the i3. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210645

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: An employee assembles a “drive module“ (floor assembly with batteries) of an i3 at the BMW plant in Leipzig. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210653

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: Employees at the BMW plant in Leipzig work on the assembly of the i3. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210180

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: Employees at the BMW plant in Leipzig work on the assembly of the i3. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210479

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: Employees at the BMW plant in Leipzig work on the assembly of the i3. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210626

  • 2019年05月20日
    BMW - Production electric car i3

    20 May 2019, Saxony, Leipzig: Employees at the BMW plant in Leipzig work on the assembly of the i3. The plug-in hybrid has been built at BMW‘s Leipzig plant since 2013. It is the first production vehicle with a passenger cell made of carbon fiber-reinforced plastic (CFRP). Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052210546

  • 2019年07月30日
    三菱ケミカルの炭素繊維リサイクルのパイロット設備

    三菱ケミカルは炭素繊維の再生から同繊維を樹脂と混練したコンパウンドの生産まで一貫した商業生産設備を立ち上げる。2020年にコンパウンド換算で年産3000トンの設備に投資する計画。自社グループで再生・再利用を行うことで、自動車などで炭素繊維製品の受注拡大にもつなげる。子会社の新菱(北九州市八幡西区)が国内に商業設備を新設し、炭素繊維リサイクルを行う。本格的に需要の立ち上がる21―22年には稼働させる。投資額は今後詰めるが、10億円程度とみられる。当面は顧客と新菱との間での炭素繊維強化プラスチック(CFRP)のクローズド・リサイクルを行う。顧客からCFRP端材や使用済み材の供給を受け、炭素繊維をリサイクルして熱可塑性樹脂をベースにしたコンパウンドを生産。ペレット形状で部品材料として顧客に供給する。将来はリサイクル品の一般販売も検討する。現在、北九州市内に炭素繊維を年200トン再生できるパイロット設備を持つ。CFRPを数百度に熱して樹脂を気化させ、炭素繊維だけを残す仕組み。商業設備では、気化した樹脂を燃やしてCFRPを加熱する熱源に使い、エネルギー面で無駄のない設備にする。再生した炭素繊維は新品には若干劣るが強度が高く、少ないエネルギーで生産でき、コストを低減できる。=2019(令和元)年7月30日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080903383

  • 01:22.43
    2019年07月31日
    「新華社」スマート化された「次世代地下鉄」北京の展覧会でお目見え

    中国北京市でこのほど開催された「北京国際都市軌道交通展覧会・フォーラム2019」で披露された「次世代地下鉄」は、来場者に一層スマート、便利、快適で、環境に優しい公共交通手段を展示した。中車長春軌道客車股份有限公司の「次世代地下鉄」にはフレキシブルソーラーパネルが使用され、ディスプレー式車内案内表示装置には青、黄、赤の3色で車内の混み合い状況がリアルタイムで表示される。中車青島四方机車車両股份有限公司が開発した地下鉄車両「CETROVO」は車窓に映像番組が表示される。乗客はタッチパネルを操作し、ニュースを見たり、情報を調べたりすることができる。「CETROVO」は車体とフレームに炭素繊維強化炭素複合材料を採用し、重量を13%以上軽減した。車両はSiC(炭化ケイ素)インバーターやPM(永久磁石)モーターなどの省エネ技術を採用し、15%以上の省エネを実現した。さらに低騒音型設備、ナノセラミックフィルムでコーティングした断熱遮音ガラス、真空断熱遮音材などを使用することで、騒音を3デシベル(dB)下げることに成功した。「次世代地下鉄」は中国の製造業、新素材、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなど複数の分野の最先端テクノロジーの成果を結集して完成した。中国の地下鉄は今年、開通50周年を迎える。中国都市軌道交通協会によると、最初に北京地下鉄1号線の一部が開通して以来、これまでに中国内地の37都市で開通し、総延長距離は6126・82キロに達している。(記者/丁静)<映像内容>中車長春軌道客車の「次世代地下鉄」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103400

  • 01:42.57
    2019年08月05日
    NECが空飛ぶ車浮上実験 23年の実用化目指す

    NECは5日、人やモノを乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の試作機による浮上実験を行い、報道陣に公開した。試作機を使って自律飛行や位置把握などの技術を検証。政府が設けた官民協議会と歩調を合わせて2023年に、まず物流輸送での実用化を目指す。<映像内容>「空飛ぶ車」の試作機が浮上実験を行っている様子、撮影日:2019(令和元)年8月5日、撮影場所:千葉県我孫子市

    商品コード: 2019080607768

  • 2019年09月24日
    四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省

    矮寨鎮で改修中のつづら折りの道路。(9月24日撮影、小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003186

  • 2019年10月06日
    四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省

    6日、矮寨鎮のつづら折りの道路を通行する車両。(小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003208

  • 2019年10月06日
    四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省

    6日、矮寨鎮の矮寨特大吊り橋を通行する車両。(小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003195

  • 2019年10月06日
    四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省

    6日、矮寨鎮の矮寨特大吊り橋。(小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003205

  • 2019年10月06日
    四つの世界記録矮寨鎮の特大吊り橋湖南省

    6日、矮寨鎮の矮寨特大吊り橋。(小型無人機から)矮寨(わいさい)特大吊り橋は、中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の州都、吉首市の中心部から約20キロ離れた場所にある。2層構造の高速道路と観光用歩道を持つ両用橋で、双方向4車線の高速道路特大橋として建設された。鋼製桁と補剛桁による単径間構造を採用しており、全長1073・65メートル、主径間は1176メートル。同橋は四つの世界記録を達成した橋として知られる。一つ目は主径間距離。1176メートルの主径間は現在、峡谷をまたぐものとしては、世界最大の径間を持つ鋼製トラス梁の吊り橋になる。二つ目は塔と梁の構造。同橋は初めて塔と梁が完全に分離した構造プランを採用している。三つ目は索張り。初めてロックアンカーによる索張りを取り入れ、炭素繊維をプレストレス補強材として採用している。四つ目は架設工法。鋼製トラス梁の架設に初めて「ロープウエー方式」を採用した。同橋が湖南省と重慶市間のアクセスを飛躍的に向上させたことは、これら二つの省と市、さらには中国中西部の都市間の接続に極めて重要な意義を持つ。今では湘西(湖南省西部)地域を代表する建造物の一つとなっている。(吉首=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003227

  • 2019年10月21日
    German flying taxi completes manned test flight

    21 October 2019, Singapore, Singapur: The Volocopter 2X takes off for the first public test flight. The German manufacturer Volocopter has successfully completed a manned test flight with the flying taxi. The white device made of carbon fiber made a round of about one minute over the Marina Bay harbour of the metropolis of millions and then landed safely again. The aim of the company from Bruchsal in Baden is to take off from Singapore with commercial flights in 2021. Photo: Zubaidah Jalil/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102402059

  • 2019年10月21日
    German flying taxi completes manned test flight

    21 October 2019, Singapore, Singapur: The Volocopter 2X takes off for the first public test flight. The German manufacturer Volocopter has successfully completed a manned test flight with the flying taxi. The white device made of carbon fiber made a round of about one minute over the Marina Bay harbour of the metropolis of millions and then landed safely again. The aim of the company from Bruchsal in Baden is to take off from Singapore with commercial flights in 2021. (best possible quality) Photo: Zubaidah Jalil/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102402481

  • 00:58.23
    2019年10月22日
    「新華社」第2回輸入博、最初の出展品搬入いよいよ会場設営段階へ

    中国上海市で開催される第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)の開幕まで2週間を切った。22日午前、最初の出展品の搬入に伴い、フェレッティ(Ferretti)社の195型高速巡視船が中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)に運ばれ、第2回輸入博が正式に会場設営の段階に入った。同巡視船は今回がアジア初披露となる。全長約20メートル、炭素繊維やチタン金属などの新素材を大量に使用し、巡視や捜索救助などの海上特殊任務を安全かつ高効率に遂行できる。(記者/孫青、陳傑)<映像内容>第2回中国国際輸入博覧会の会場設営開始、撮影日:2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102801026

  • 01:29.86
    2019年10月30日
    「新華社」北京服装学院、冬季競技用ウェアをデザイン北京市

    中国北京市で開催中の第22回中国北京国際科学技術産業博覧会で、北京服装学院がデザインしたフィギュアスケート競技用ウェアとスマート発熱ウェアが注目を集めた。フィギュアスケート競技用ウェアは、音楽と動きという競技の特徴に合わせたデザインが求められる。出品された競技用ウェア3点は、最新トレンドを取り入れると共に、中国的要素も融合させている。軽く薄いストレッチ素材に、ラインストーンやプリント、パッチワークなどの装飾を組み合わせ、選手の芸術的表現を効果的に高める。また、スマート発熱保温ジャケットとベストも博覧会の目玉となっている。グラフェン炭素繊維を採用し、発熱により出場待機中の選手の体力維持と寒さからの保護などの面でサポートする。(記者/田晨旭)<映像内容>北京服装学院がデザインしたフィギュアスケート競技用ウェアとスマート発熱ウェア、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608583

  • 2019年12月17日
    JAXAのH3ロケット用フェアリング分離放てき試験

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、新型基幹ロケット「H3」用フェアリング(ロケットの先端部)の分離放てき試験を川崎重工業の播磨工場(兵庫県播磨町)で実施した(写真)。内部の火薬に電気を流して起爆し、バネの弾性で分離機構を二つに開頭した。H3は2020年度に種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)へ搬入し、打ち上げる。H3のプライムコントラクターである三菱重工業のもと、川重がフェアリングを開発、製造した。フェアリングはロケットが大気中を飛行する間、風圧で生じる力や空気との摩擦熱から衛星を保護する容器。衛星の内部容量は「H2A」4S型に比べて約2.3倍と大型化した。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)層を外周パネルに採用したほか、各パネルを大型化して組み立て枚数を減らし、コストを抑えた。=2019(令和元)年12月17日、兵庫県播磨町の川崎重工業播磨工場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122700305

  • 2020年06月23日
    軽量ショベル部品開発 タグチ工業など

    CFRP製のフレームやアームを取り付けて試作した油圧ショベル。軽量化により輸送効率を向上している。建設機械用アタッチメント製造のタグチ工業(岡山市北区平野)は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使った軽量の油圧ショベル用部品を開発した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同プロジェクト。重機ごと月面に移送したり、災害現場にヘリで運んだりするといった将来的なニーズを見据え、鉄製の従来品より約7割軽くして輸送効率を高めた。開発した部品は車体を支えるメインフレーム、腕部のアームとブーム、エンジンカバー、無限軌道のローラーの5種類。1トン級の小型ショベルをベースに、サイズを維持したままCFRPで試作した。=2020(令和2)年6月23日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071401065

  • 2020年07月16日
    中国GDP、第2四半期は3・2%増

    16日、江蘇省連雲港経済技術開発区で炭素繊維の生産ラインを確認する従業員。中国国家統計局が16日発表した上半期(1~6月)の国内総生産(GDP)速報値は、45兆6614億元(1元=約15円)と物価変動の影響を除く実質で前年同期比1・6%減となった。四半期別では、第1四半期(1~3月)が6・8%減、第2四半期(4~6月)が3・2%増だった。(連雲港=新華社配信/耿玉和)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802113

  • 2020年11月06日
    CHINA SHANGHAI APOLLO IE

    A view of an Apollo Intensa Emozione (IE) all-carbon-fiber supercar produced by German automaker Apollo Automobil GmbH during the third China International Import Expo (CIIE) in Shanghai, east China, Nov. 6, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020110900032

  • 2020年11月06日
    CHINA SHANGHAI APOLLO IE

    A view of an Apollo Intensa Emozione (IE) all-carbon-fiber supercar produced by German automaker Apollo Automobil GmbH during the third China International Import Expo (CIIE) in Shanghai, east China, Nov. 6, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020110900045

  • 2020年11月06日
    CHINA SHANGHAI APOLLO IE

    A view of an Apollo Intensa Emozione (IE) all-carbon-fiber supercar produced by German automaker Apollo Automobil GmbH during the third China International Import Expo (CIIE) in Shanghai, east China, Nov. 6, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020110900078

  • 2020年11月06日
    CHINA SHANGHAI APOLLO IE

    A view of an Apollo Intensa Emozione (IE) all-carbon-fiber supercar produced by German automaker Apollo Automobil GmbH during the third China International Import Expo (CIIE) in Shanghai, east China, Nov. 6, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020110900097

  • 2020年11月06日
    CHINA SHANGHAI APOLLO IE

    A view of an Apollo Intensa Emozione (IE) all-carbon-fiber supercar produced by German automaker Apollo Automobil GmbH during the third China International Import Expo (CIIE) in Shanghai, east China, Nov. 6, 2020.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020110900075

  • 2020年12月24日
    Carbon-fiber Bicycle Production Carbon-fiber Bicycle Production

    A worker works on a production line at a carbon-fiber bicycle factory in Lianyungang, East China‘s Jiangsu province, Dec. 24, 2020. The company is the first company specializing in the production of carbon fiber bicycles and various spare parts in the Chinese bicycle industry, and has passed the European Union EN standard test.=2020(令和2)年12月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122602835

  • 2020年12月24日
    Carbon-fiber Bicycle Production Carbon-fiber Bicycle Production

    Workers work on a production line at a carbon-fiber bicycle factory in Lianyungang, East China‘s Jiangsu province, Dec. 24, 2020. The company is the first company specializing in the production of carbon fiber bicycles and various spare parts in the Chinese bicycle industry, and has passed the European Union EN standard test.=2020(令和2)年12月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122602765

  • 2020年12月24日
    Carbon-fiber Bicycle Production Carbon-fiber Bicycle Production

    A worker works on a production line at a carbon-fiber bicycle factory in Lianyungang, East China‘s Jiangsu province, Dec. 24, 2020. The company is the first company specializing in the production of carbon fiber bicycles and various spare parts in the Chinese bicycle industry, and has passed the European Union EN standard test.=2020(令和2)年12月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122602694

  • 1
  • 2