KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 点茶パフォーマンス
  • 点茶葉生産
  • 点茶技法
  • 点茶愛好家
  • 点茶講師
  • 中国福建省
  • 天目茶碗
  • 南平市建陽区
  • 福建省南平市
  • 中国浙江省

「点茶」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:11.75
    2020年06月23日
    「新華社」800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。径山寺の定賢(ていけん)法師によると、同寺は中日の仏教および文化交流の歴史において重要な地位を占めており、日本の仏教宗派の一つ臨済宗は、同寺を祖庭としている。また、多くの学者や関係者が日本の茶道の起源は「径山茶宴」にあると考えている。定賢法師は「日本の僧侶や観光客が毎年、径山寺を訪れ、仏法や茶道などについて交流している。径山寺と径山茶は中日友好交流の長い歴史の証人となっている」と語った。(記者/商意盈、許舜達、翁忻暘)<映像内容>点茶と呼ばれるお茶の作法、杭州市の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院でたてられた茶。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で開かれた開幕式。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月19日
    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽

    19日、福建省南平市建陽区にある考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、立て終わった抹茶の泡を茶さじを使い建盞に入れる点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を学ぶ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、茶に熱湯を注ぐ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、建盞で立てた茶を見せる点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、古装束姿で茶席を設け「茶百戯」を楽しむ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、茶せんを使って茶を立てる点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に後世の日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を再現する点茶講師。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に後世の日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を学ぶ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に後世の日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を学ぶ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月26日、紫陽県洄水鎮の茶葉メーカーの作業場で白茶の生産プロセスを紹介する経営者。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園を見学する観光客。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で子どもと一緒に茶を摘む茶農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で写真撮影を楽しむ観光客。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む農家。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県向陽鎮営梁村の茶園で茶を摘む子ども。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県の茶葉メーカー直売店で茶芸を習う女性。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県の茶葉メーカー直売店で茶芸を教える同県職業教育センターの王琳(おう・りん)さん(右)。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月05日
    中国で唯一現存、曜変天目茶碗の陶片が初公開浙江省杭州市

    5日、宋代の点茶の作法を実演する茶人。中国浙江省杭州市の浄慈寺美術館で5日、宋代の茶器を展示する「慧日峰下-宋代僧家茶事」展が開幕した。同展では、中国に唯一現存する南宋時代の「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の陶片が初公開された。会場には茶碗や茶托、執壺(しっこ)、罐(かん)、渣斗(さとう)など宋代の茶道具114点が展示され、宋代の僧侶が行った茶事の歴史を余すことなく示している。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:30.75
    1965年04月30日
    「インタナシヨナル映画」観桜会

    キーワード:城、日本庭園、雅楽演奏、昭和天皇皇后両陛下、香淳皇后、招待客、佐藤栄作首相、女性着物、野点、茶道、春、植物、外国人=製作年:1965(昭和40)年4月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1965

  • 1