KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • フフホト
  • 風景
  • 砂漠
  • 動物
  • 生き物
  • アジア
  • フルンボイル
  • 世界的

「烏梁素海」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
80
( 1 80 件を表示)
  • 1
80
( 1 80 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902094

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902120

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902121

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902138

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902146

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902159

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902160

  • 2019年03月18日
    烏梁素海の雪解け内モンゴル自治区バヤンノール市

    18日、氷雪が解け始めた烏梁素海。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)では、春の訪れとともに氷雪が徐々に解け始め、黄金色の葦や青い湖、白い残氷が鮮やかで美しい風景を描き出している。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902078

  • 2019年10月25日
    秋深まる烏梁素海にハクチョウ飛来内モンゴル自治区

    25日、烏梁素海を泳ぐコブハクチョウ。秋も深まった中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)には、青い水面と黄金色の葦が広がり、コブハクチョウが餌を探して戯れたり上空を飛んだりする姿と相まって、美しい風景を描き出している。(ウラド前旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501328

  • 2019年10月25日
    秋深まる烏梁素海にハクチョウ飛来内モンゴル自治区

    25日、烏梁素海に浮かぶコブハクチョウの群れ。秋も深まった中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)には、青い水面と黄金色の葦が広がり、コブハクチョウが餌を探して戯れたり上空を飛んだりする姿と相まって、美しい風景を描き出している。(ウラド前旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501339

  • 2019年10月25日
    秋深まる烏梁素海にハクチョウ飛来内モンゴル自治区

    25日、烏梁素海の上空を飛ぶコブハクチョウ。秋も深まった中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)には、青い水面と黄金色の葦が広がり、コブハクチョウが餌を探して戯れたり上空を飛んだりする姿と相まって、美しい風景を描き出している。(ウラド前旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501317

  • 2019年10月25日
    秋深まる烏梁素海にハクチョウ飛来内モンゴル自治区

    25日、烏梁素海の上空を飛ぶコブハクチョウの幼鳥。秋も深まった中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)には、青い水面と黄金色の葦が広がり、コブハクチョウが餌を探して戯れたり上空を飛んだりする姿と相まって、美しい風景を描き出している。(ウラド前旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501293

  • 2019年10月25日
    秋深まる烏梁素海にハクチョウ飛来内モンゴル自治区

    25日、烏梁素海の上空を飛ぶ2羽のコブハクチョウの成鳥。秋も深まった中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)には、青い水面と黄金色の葦が広がり、コブハクチョウが餌を探して戯れたり上空を飛んだりする姿と相まって、美しい風景を描き出している。(ウラド前旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501353

  • 01:04.80
    2020年03月24日
    「新華社」烏梁素海への緊急補水完了、黄河から2億立方メートルバヤンノール市

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市政府は24日、市内にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)に対する今年最初の緊急生態補水が23日に終了したと発表した。35日間にわたり、前年同期より2千万立方メートル多い計2億立方メートルの水を補給した。同市ウラド前旗にある烏梁素海は近年、自然に補充される水量の减少などから、自浄作用が弱まり、生態系機能が衰えていた。水の置換、水質改善のため、2018年2月から黄河の水を計画的に烏梁素海へ供給する緊急生態補水が始まった。これまでに計6回、累計10億立方メートル近い補水が行われている。(記者/李雲平)<映像内容>烏梁素海の緊急生態補水が終了、鳥の様子、撮影日:2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040300606

  • 01:02.63
    2020年04月03日
    「新華社」烏梁素海のコブハクチョウ繁殖期内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)では3月下旬から、気温の上昇に伴いコブハクチョウが繁殖期を迎え、「ハクチョウの楽園」の趣を醸し出している。(記者/李雲平)<映像内容>烏梁素海のハクチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901912

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海の上空を舞う渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001966

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海で撮影した渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001997

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海で撮影した渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041002001

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海で撮影した渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001891

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海を飛び回る渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001963

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海を飛び回る渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001970

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海で撮影した渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001949

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海で撮影した渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001961

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海の上空を舞う渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/連振)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001907

  • 2020年04月04日
    烏梁素海に多くの渡り鳥内モンゴル自治区

    4日、烏梁素海を飛び回る渡り鳥。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は、多くの渡り鳥が飛来する季節を迎えている。烏梁素海は黄河流域最大の淡水湖で、ユーラシア大陸における渡り鳥の主要な通り道の一つでもあり、毎年600万羽余りが飛来する。(バヤンノール=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001933

  • 00:49.81
    2020年04月06日
    「新華社」渡り鳥との約束内モンゴル自治区バヤンノール市

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)は中国八大淡水湖の一つ。乾燥した草原や砂漠地帯では極めて珍しいこの広大な草原と湖には、毎年コブハクチョウやアカツクシガモ、コサギなど数百万羽の水鳥が飛来する。烏梁素海湿地水禽自然保護区の職員は、水辺の自然環境や水鳥の保護などを担い、渡り鳥の繁殖と生息を見守っている。(記者/賀書琛連振劉磊)<映像内容>烏梁素海の風景、水鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800613

  • 2020年10月14日
    烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    14日、自転車レースで走行中の選手。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の砂漠・半砂漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900836

  • 2020年10月14日
    烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    14日、表彰式に参加した入賞選手。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の砂漠・半砂漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900837

  • 2020年10月14日
    烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    14日、自転車レースで走行中の選手。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の荒漠・半荒漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900568

  • 2020年10月14日
    烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    14日、自転車レースで走行中の選手。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の荒漠・半荒漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901020

  • 2020年10月14日
    烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    14日、スタート地点を出発する選手。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の荒漠・半荒漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900615

  • 00:39.92
    2020年10月14日
    「新華社」烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の荒漠・半荒漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。競技は、男子エキスパートクラス(距離60キロ)、女子エキスパートクラス(30キロ)、男子ローカルクラス(30キロ)、女子ローカルクラス(30キロ)の四つのカテゴリーに分けて実施された。同自治区全域から参加した200人近い選手は、朝日の中で湖岸道路に設置されたコースを走行。レース前には、全ての出場選手と作業スタッフが検温・消毒を行った。(記者/李雲平)<映像内容>烏梁素海周回自転車レースの様子、撮影日:2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102007300

  • 2020年10月14日
    烏梁素海周回自転車レース開催、観光とスポーツをPR内モンゴル自治区

    14日、自転車レースで走行中の選手。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある湖、烏梁素海(ウランスハイ)で14日、烏梁素海周回自転車レースが開催された。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、世界の砂漠・半砂漠地域では非常に珍しい大型草原湖でもある。地元では、スポーツと文化、観光の融合を促進し、文化観光とスポーツ資源を全国に向けてPRするため、今回のレースを開催した。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901016

  • 00:52.98
    2020年10月30日
    「新華社」秋深まる烏梁素海、渡り鳥の楽園に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗の湖、烏梁素海(ウランスハイ)ではこのところ、気温の低下に伴い、ハクチョウなどの渡り鳥が飛来するようになった。鳥たちは湖面で餌をついばみ、栄養を蓄える。烏梁素海は良好な生態系を維持しており、多くの渡り鳥の楽園になっている。(記者/李雲平)<映像内容>秋の烏梁素海、渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110301587

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海の湖面を飛び立つ2羽のハクチョウ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008804

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のセグロカモメ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008830

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のハクチョウ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008840

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のセグロカモメ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008818

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海の湖面の上を飛ぶハクチョウの群れ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008724

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のハクチョウ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008767

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のハクチョウ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008841

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のセグロカモメ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008725

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のセグロカモメ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008760

  • 2020年11月15日
    初冬の烏梁素海生態系整備に成果内モンゴル自治区

    15日、烏梁素海のセグロカモメ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。同市はここ数年、烏梁素海の総合整備に力を入れ、環境保護を優先としたグリーン成長志向の質の高い発展路線を歩んでいる。烏梁素海は水域面積293平方キロ、最大水深約4メートル。生息する生き物は、魚類が22種、鳥類は264種と大幅に増加している。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008832

  • 00:40.26
    2020年11月19日
    「新華社」初冬の烏梁素海を訪ねて内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある淡水湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、秋から冬へと季節の変わり目を迎え、青い湖面と青い空に鳥の群れが舞い上がり、美しい風景が広がっている。(記者/賈立君)<映像内容>烏梁素海の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112001619

  • 00:54.92
    2021年03月31日
    「新華社」渡り鳥の楽園、春の烏梁素海内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗の湖、烏梁素海(ウランスハイ)では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来するようになった。自然環境の改善に伴い、湖は渡り鳥の楽園となっており、統計によると毎年260種以上、計600万羽以上が滞在する。(記者/賀書琛) =配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033110622

  • 2021年07月07日
    (3)黄河流域の烏梁素海の水質がおおむね改善内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区にある烏梁素海生態保護修復区。(6月30日撮影)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)は、同緯度上の重要な湿地であり、黄河流域に位置する大型淡水湖でもある。1990年代以降、雨水など自然に補われる水量の減少とさまざまな汚染が重なり、水質は日増しに悪化、生態系機能も徐々に低下していった。烏梁素海の生態環境は現在、総合的な施策を推進しつつ、汚染を取り除くと同時に汚染源自体をなくす方法で改善を続けている。湖の表面積は293平方キロで安定し、水質もおおむね改善されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070800676

  • 2021年07月07日
    (4)黄河流域の烏梁素海の水質がおおむね改善内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区の烏梁素海で実施されているグリッド水路プロジェクト。(6月30日撮影)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)は、同緯度上の重要な湿地であり、黄河流域に位置する大型淡水湖でもある。1990年代以降、雨水など自然に補われる水量の減少とさまざまな汚染が重なり、水質は日増しに悪化、生態系機能も徐々に低下していった。烏梁素海の生態環境は現在、総合的な施策を推進しつつ、汚染を取り除くと同時に汚染源自体をなくす方法で改善を続けている。湖の表面積は293平方キロで安定し、水質もおおむね改善されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070800677

  • 2021年07月07日
    (2)黄河流域の烏梁素海の水質がおおむね改善内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区にある烏梁素海生態保護修復区。(6月30日撮影)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)は、同緯度上の重要な湿地であり、黄河流域に位置する大型淡水湖でもある。1990年代以降、雨水など自然に補われる水量の減少とさまざまな汚染が重なり、水質は日増しに悪化、生態系機能も徐々に低下していった。烏梁素海の生態環境は現在、総合的な施策を推進しつつ、汚染を取り除くと同時に汚染源自体をなくす方法で改善を続けている。湖の表面積は293平方キロで安定し、水質もおおむね改善されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070800684

  • 2021年07月07日
    (6)黄河流域の烏梁素海の水質がおおむね改善内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区にある烏梁素海生態保護修復区。(6月30日撮影)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)は、同緯度上の重要な湿地であり、黄河流域に位置する大型淡水湖でもある。1990年代以降、雨水など自然に補われる水量の減少とさまざまな汚染が重なり、水質は日増しに悪化、生態系機能も徐々に低下していった。烏梁素海の生態環境は現在、総合的な施策を推進しつつ、汚染を取り除くと同時に汚染源自体をなくす方法で改善を続けている。湖の表面積は293平方キロで安定し、水質もおおむね改善されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070800706

  • 2021年07月07日
    (5)黄河流域の烏梁素海の水質がおおむね改善内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区にある烏梁素海生態保護修復区。(6月30日撮影)中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海(ウランスハイ)は、同緯度上の重要な湿地であり、黄河流域に位置する大型淡水湖でもある。1990年代以降、雨水など自然に補われる水量の減少とさまざまな汚染が重なり、水質は日増しに悪化、生態系機能も徐々に低下していった。烏梁素海の生態環境は現在、総合的な施策を推進しつつ、汚染を取り除くと同時に汚染源自体をなくす方法で改善を続けている。湖の表面積は293平方キロで安定し、水質もおおむね改善されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070800679

  • 2021年08月20日
    (24)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区フルンボイル市のメケルト(莫和爾図)営林場。(7月28日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104479

  • 2021年08月20日
    (9)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海。(7月23日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104429

  • 2021年08月20日
    (14)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のシリンゴル草原。(7月12日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104431

  • 2021年08月20日
    (1)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗で、クブチ砂漠を車で越えるレジャーを楽しむ観光客。(7月22日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104439

  • 2021年08月20日
    (8)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ジュンガル旗に広がる黄河大峡谷。同自治区と山西省、陝西省にまたがる。(7月21日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104440

  • 2021年08月20日
    (12)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区シリンゴル盟東ウジムチン旗の草原で、草を食む牛の群れ。(7月15日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104441

  • 2021年08月20日
    (11)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗に広がるクブチ砂漠。(7月22日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104428

  • 2021年08月20日
    (10)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ジュンガル旗に広がる黄河大峡谷。同自治区と山西省、陝西省にまたがる。(7月21日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104409

  • 2021年08月20日
    (2)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のフルンボイル大草原。(6月6日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104433

  • 2021年08月20日
    (4)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区ヒンガン盟アルシャン市のアルシャン国家森林公園。(7月14日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104435

  • 2021年08月20日
    (5)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗で、クブチ砂漠を車で越えるレジャーを楽しむ観光客。(7月22日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104451

  • 2021年08月20日
    (16)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区ヒンガン盟にあるアルシャン国家森林公園内の天池。(7月14日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104412

  • 2021年08月20日
    (19)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のフルンボイル草原を蛇行しながら流れる莫日格勒河。(7月21日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104420

  • 2021年08月20日
    (22)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のシリンゴル草原。(7月12日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104422

  • 2021年08月20日
    (3)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区包頭市固陽県に広がる菜の花畑。(7月24日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104423

  • 2021年08月20日
    (26)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区フルンボイル市の根河源国家湿地公園。(6月8日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104461

  • 2021年08月20日
    (6)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区ヒンガン盟アルシャン市のアルシャン国家森林公園。(7月14日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104443

  • 2021年08月20日
    (15)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗に広がるトングリ砂漠。(2020年7月8日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104410

  • 2021年08月20日
    (23)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗阿里河鎮近くに広がる山林。(8月6日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104466

  • 2021年08月20日
    (18)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗に広がるムウス(毛烏素)砂漠のコノテガシワ自然保護区。(2020年9月15日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104415

  • 2021年08月20日
    (17)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のフルンボイル草原を蛇行しながら流れる莫日格勒河。(7月21日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104416

  • 2021年08月20日
    (20)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のフルンボイル大草原。(7月22日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104421

  • 2021年08月20日
    (7)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区ヒンガン盟アルシャン市のアルシャン国家森林公園。(7月14日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104453

  • 2021年08月20日
    (25)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区ヒンガン盟にあるアルシャン国家森林公園内の天池。(7月14日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104463

  • 2021年08月20日
    (21)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区のシリンゴル草原。(7月12日撮影)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104426

  • 2021年08月20日
    (13)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海。(7月23日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104493

  • 2021年09月13日
    (4)内モンゴル自治区の烏梁素海、15年間の生態補水量36億立方メートルに

    内モンゴル自治区の河套かんがい区域の幹線用水路から烏梁素海湖沼地帯への送水。(2019年3月5日撮影)中国内モンゴル自治区水利庁などの部門は、同自治区にある烏梁素海(ウランスハイ)の水質改善のために行った生態補水が、この15年で累計36億4800万立方メートルに上ったと明らかにした。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、砂漠・乾燥地域では非常に珍しい大型の湖でもある。水面面積は現在、293平方キロメートルで安定しており、水質も全体的に好転している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091309086

  • 2021年09月13日
    (3)内モンゴル自治区の烏梁素海、15年間の生態補水量36億立方メートルに

    内モンゴル自治区の河套かんがい区域の幹線用水路から烏梁素海湖沼地帯への送水。(2月9日撮影)中国内モンゴル自治区水利庁などの部門は、同自治区にある烏梁素海(ウランスハイ)の水質改善のために行った生態補水が、この15年で累計36億4800万立方メートルに上ったと明らかにした。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、砂漠・乾燥地域では非常に珍しい大型の湖でもある。水面面積は現在、293平方キロメートルで安定しており、水質も全体的に好転している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091309088

  • 2021年09月13日
    (2)内モンゴル自治区の烏梁素海、15年間の生態補水量36億立方メートルに

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗にある烏梁素海の湖沼地帯。(6月30日撮影)中国内モンゴル自治区水利庁などの部門は、同自治区にある烏梁素海(ウランスハイ)の水質改善のために行った生態補水が、この15年で累計36億4800万立方メートルに上ったと明らかにした。烏梁素海は、黄河の蛇行が進行してできた河跡湖で、砂漠・乾燥地域では非常に珍しい大型の湖でもある。水面面積は現在、293平方キロメートルで安定しており、水質も全体的に好転している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091309065

  • 1