KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 無農薬栽培
  • 無農薬農法
  • 令和
  • 日本農業新聞
  • 生産
  • ヘクター
  • 世界
  • 収穫
  • 場所
  • 記者

「無農薬」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
110
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
110
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 無農薬ミカン園 果樹
    1981年10月01日
    無農薬ミカン園 果樹

    無農薬ミカン園=1981(昭和56)年10月1日、神奈川県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [A−613]

    商品コード: 2017062700148

  • 無農薬ミカン園 果樹
    1981年10月01日
    無農薬ミカン園 果樹

    無農薬ミカン園=1981(昭和56)年10月1日、神奈川県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [A−619]

    商品コード: 2017062700149

  •  植物工場、無農薬で人気上昇
    1989年05月20日
    植物工場、無農薬で人気上昇

    温度、湿度、照明などの育成条件がコンピューターで制御された植物工場「TSファーム」。サラダ菜は露地栽培の4分の1の約30日で収穫できる=1989(平成元)年5月20日出稿、茨城県・五霞村のキューピー試験農場

    商品コード: 2008071500295

  • 収穫されたレタス 植物工場、無農薬で人気上昇
    1989年05月20日
    収穫されたレタス 植物工場、無農薬で人気上昇

    店内工場(後方)で収穫されたレタスが並ぶ「ダイエーららぽーと」店。値段はやや高めだが無農薬と新鮮さが消費者に大好評=1989(平成元)年5月20日出稿、千葉県船橋市浜町

    商品コード: 2008071500298

  • 植物工場「TSファーム」 植物工場、無農薬で人気上昇
    1989年05月20日
    植物工場「TSファーム」 植物工場、無農薬で人気上昇

    温度、湿度、照明などの育成条件がコンピューターで制御された植物工場「TSファーム」。ナトリウムランプの下で育てられるサラダ菜の苗。種から約20日でパネルごと生育室に移される=1989(平成元)年5月20日出稿、茨城県・五霞村のキューピー試験農場

    商品コード: 2008071500297

  • サラダ菜の苗 植物工場、無農薬で人気上昇
    1989年05月20日
    サラダ菜の苗 植物工場、無農薬で人気上昇

    温度、湿度、照明などの育成条件がコンピューターで制御された植物工場「TSファーム」。ウレタン製の山形パネルに植えられたサラダ菜の苗。養液は噴霧装置でスプレーされる=1989(平成元)年5月20日出稿、茨城県・五霞村のキューピー試験農場

    商品コード: 2008071500296

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年09月14日
    雑草をとる作業員 佐賀に無農薬のゴルフ場

    オープンに備えグリーンの雑草をとる作業員=佐賀県佐賀郡大和町の嘉瀬川リバーサイドゴルフ場

    商品コード: 2009012900366

  • アイガモを見守る畠山さん 無農薬有機栽培米が人気
    1993年12月20日
    アイガモを見守る畠山さん 無農薬有機栽培米が人気

    「来年も活躍してくれ」とアイガモを見守る畠山さん=岩手県岩手郡玉山村の自宅前の田んぼで「コメ最前線」

    商品コード: 1993122000021

  • 愛媛の有機栽培グループ 株式会社化で事業を多角化
    1993年12月28日
    愛媛の有機栽培グループ 株式会社化で事業を多角化

    無農薬ミカンを選果する有機栽培グループ「無茶々園」の人たち=愛媛県・明浜町

    商品コード: 1993122800031

  •  急増する産直販売
    1994年05月25日
    急増する産直販売

    無農薬栽培のため紙を敷いて田植えをする「米沢稔(みのり)の会」のメンバー=山形県米沢市

    商品コード: 1994052500029

  • 「ひと・立ちばなし」 松田省吾さん
    1994年07月15日
    「ひと・立ちばなし」 松田省吾さん

    宮崎県の「日向新しき村」を自分の死に場所とした松田省吾さ(顔、無農薬農業の傍ら俳句、絵画を創作)

    商品コード: 1994071500029

  • 大手企業は普及に冷淡 天敵昆虫で無農薬農業
    1994年08月04日
    大手企業は普及に冷淡 天敵昆虫で無農薬農業

    生物農薬第1号に期待されるオンシツツヤコバチ

    商品コード: 1994080400075

  •  無農薬野菜うどん
    1994年08月20日
    無農薬野菜うどん

    無農薬野菜を使った「ひやむぎ」「ネットワーク経済情報」(関東)

    商品コード: 1994082000042

  • 茶畑で放し飼いされるキジ キジで茶の無農薬栽培
    1995年05月23日
    茶畑で放し飼いされるキジ キジで茶の無農薬栽培

    ネットで覆われた茶畑で放し飼いされるキジ=鹿児島県・松山町

    商品コード: 1995052300002

  •  農家が「野菜の本」
    1995年11月25日
    農家が「野菜の本」

    )、企画23S、27日朝刊以降使用  無農薬・有機栽培の野菜作りを続けているグループが出版した「おいしくたべよう百野菜」(成田空港周辺で二十年以上も無農薬・有機栽培の野菜作りを続けている「三里塚微生物農法の会ワンパックグループ」)

    商品コード: 1995112500034

  • 「博多鴨なべ」 アイガモで“一石二鳥”
    1995年12月21日
    「博多鴨なべ」 アイガモで“一石二鳥”

    カモ肉と無農薬野菜がセットになった「博多鴨なべ」

    商品コード: 1995122100004

  •  無農薬果実使った飲料
    1996年03月06日
    無農薬果実使った飲料

    カルピス食品工業の「無農薬グレープ&手摘みミックスベリー」

    商品コード: 1996030600072

  • 「菜園」 仮設に暮らすお年寄り
    1997年01月11日
    「菜園」 仮設に暮らすお年寄り

    仮設住宅前の空き地を利用した菜園で、収穫間近の野菜の手入れをする金気良和さん夫妻。無農薬で栽培した野菜を近所の人たちに食べてもらうのが楽しみという=10日、神戸市灘区岩屋北町

    商品コード: 1997011100059

  • 給食を食べる児童たち 無農薬の食材を子供たちに
    1997年01月13日
    給食を食べる児童たち 無農薬の食材を子供たちに

    地元の食材でつくられた給食を食べる加納小学校2年生の児童たち=96(平成8)年12月、福島県熱塩加納村

    商品コード: 1997011300002

  •  添加物なしのしょうゆ
    1997年02月01日
    添加物なしのしょうゆ

    )、企画392S、3日付朝刊以降使用  原料は無農薬、添加物や保存料も使用していないしょうゆ

    商品コード: 1997020100030

  • 大吟醸酒手にする三好さん 会員制で無農薬の大吟醸を
    1997年02月12日
    大吟醸酒手にする三好さん 会員制で無農薬の大吟醸を

    完成した大吟醸酒「土佐一」を手にする三好朝男さん=高知県須崎市浦ノ内今川内

    商品コード: 1997021200004

  • 稲作 稲作(稲作)
    1997年05月22日
    稲作 稲作(稲作)

    鴨:無農薬アイガモ米栽培=1997(平成9)年5月22日、三重県紀宝町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支9-1011-13]

    商品コード: 2017081500964

  • 稲作 稲作(稲作)
    1997年05月22日
    稲作 稲作(稲作)

    鴨:無農薬アイガモ米栽培=1997(平成9)年5月22日、三重県紀宝町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支9-1011-4]

    商品コード: 2017081501150

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年09月08日
    野菜を運び入れる三田さん 一生の仕事求め苦悩

    自宅の農地で作った無農薬野菜を契約店に納入する三田常義さん。夏の強い日差しの下、わずかな移動時間でも野菜を新聞紙で覆うなど、細かな気配りも=8月17日、仙台市青葉区

    商品コード: 2000090800143

  • 無農薬コーヒー豆 表示中止か、60万円負担か
    2001年07月10日
    無農薬コーヒー豆 表示中止か、60万円負担か

    有機コーヒー社が販売している無農薬コーヒー豆

    商品コード: 2001071000064

  • アイガモ農法 稲作(アイガモ農法)
    2003年05月31日
    アイガモ農法 稲作(アイガモ農法)

    アイガモ=2003(平成15)年5月31日、北海道函館市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20030531DN7164]

    商品コード: 2018031200562

  • アイガモ稲作 稲作(アイガモ稲作)
    2003年07月16日
    アイガモ稲作 稲作(アイガモ稲作)

    アイガモ農法=2003(平成15)年7月16日、北海道中富良野市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [03-562-22A]

    商品コード: 2018031200564

  • アイガモ 稲作(アイガモ)
    2003年08月27日
    アイガモ 稲作(アイガモ)

    アイガモ稲作=2003(平成15)年8月27日、福岡県桂川町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-1302-17]

    商品コード: 2018031200554

  •  輸入で途上国の生活支える
    2003年09月25日
    輸入で途上国の生活支える

    店頭に並ぶフェアトレードで輸入されたバナナ。無農薬なので、皮が黒ずみやすい=東京都葛飾区の「とらじろう」

    商品コード: 2003092500152

  • 無農薬ハーブのあめ 商品ニュース
    2003年11月19日
    無農薬ハーブのあめ 商品ニュース

    スズケンが発売した無農薬のハーブを使用した子ども向けのどあめ「ハーボンキッズのどあめ」

    商品コード: 2003111900177

  • パパイヤ 果樹
    2004年05月27日
    パパイヤ 果樹

    パパイヤの無農薬栽培=2004(平成16)年5月27日、沖縄県名護市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外16−658−17]

    商品コード: 2017071000918

  • パパイヤ 果樹
    2004年05月27日
    パパイヤ 果樹

    パパイヤの無農薬栽培=2004(平成16)年5月27日、沖縄県名護市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外16−658−1]

    商品コード: 2017071000919

  • パパイヤ 果樹
    2004年05月27日
    パパイヤ 果樹

    パパイヤの無農薬栽培=2004(平成16)年5月27日、沖縄県名護市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外16−658−2]

    商品コード: 2017071000920

  • パパイヤ 果樹
    2004年05月27日
    パパイヤ 果樹

    パパイヤの無農薬栽培=2004(平成16)年5月27日、沖縄県名護市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外16−658−12]

    商品コード: 2017071000921

  • フナを放してフナ米栽培 稲作(フナを放してフナ米栽培)
    2004年07月20日
    フナを放してフナ米栽培 稲作(フナを放してフナ米栽培)

    フナ放流=2004(平成16)年7月20日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20040720DN0376]

    商品コード: 2018031200763

  •  亜熱帯作物の移出に努力
    2005年06月03日
    亜熱帯作物の移出に努力

    ハンダマ(水前寺菜)など沖縄の無農薬野菜を使ったシーザーサラダ=那覇市首里桃原町の「ラ・フォンテ」

    商品コード: 2005060300135

  • アイガモで除草 稲作(アイガモで除草)
    2005年06月07日
    アイガモで除草 稲作(アイガモで除草)

    アイガモで除草=2005(平成17)年6月7日、栃木県野木町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20050607DN3120]

    商品コード: 2018031200549

  •  無農薬の大根
    2007年10月25日
    無農薬の大根

    キーワード:ダイコン、パーツ、1人、屋外、掘る、産業、手、収穫、秋、人物、身体、人間、大人、東洋人、日本、日本人、農業、畑、野菜、農家、畑仕事、無農薬、動植物メイン写真=2007(平成19)年10月25日、愛知県江南市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608441

  •  無農薬野菜の畑
    2007年10月25日
    無農薬野菜の畑

    キーワード:アップ、屋外、産業、秋、日本、農業、畑、無人、野菜、無農薬、テーマメイン写真=2007(平成19)年10月25日、愛知県江南市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608750

  •  無農薬野菜
    2007年10月25日
    無農薬野菜

    キーワード:グリーンリーフ、アップ、ミズナ、飲食、屋外、秋、食べ物、食材、フレッシュな、日本、無人、野菜、無農薬、モノメイン写真=2007(平成19)年10月25日、愛知県江南市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608777

  •  無農薬の大根
    2007年10月25日
    無農薬の大根

    キーワード:2本、ダイコン、屋外、産業、収穫、秋、日本、農業、畑、無人、野菜、無農薬、テーマメイン写真=2007(平成19)年10月25日、愛知県江南市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608297

  •  無農薬野菜
    2007年10月25日
    無農薬野菜

    キーワード:アップ、屋外、産業、秋、日本、農業、無人、野菜、無農薬、テーマメイン写真=2007(平成19)年10月25日、愛知県江南市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608521

  •  無農薬野菜の畑
    2007年10月25日
    無農薬野菜の畑

    キーワード:屋外、産業、収穫、秋、日本、農業、畑、無人、野菜、無農薬、テーマメイン写真=2007(平成19)年10月25日、愛知県江南市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608260

  • イオンが販売する自然食品 無農薬食品拡充し販売倍増
    2008年02月23日
    イオンが販売する自然食品 無農薬食品拡充し販売倍増

    イオンが販売する、自然食品の独自ブランド「トップバリュ・グリーンアイ」の商品=東京都品川区の「ジャスコ品川シーサイド店」

    商品コード: 2008022300047

  • 岡本、ネット通販で発売 無農薬の手紡ぎ靴下
    2008年05月14日
    岡本、ネット通販で発売 無農薬の手紡ぎ靴下

    無農薬の綿を使った靴下「あしごろも」

    商品コード: 2008051400445

  • 近藤典彦社長 ボランティアに無農薬栽培
    2011年02月24日
    近藤典彦社長 ボランティアに無農薬栽培

    ボランティア活動や無農薬有機栽培の農業も手掛ける「会宝産業」の近藤典彦社長=金沢市

    商品コード: 2011022400081

  • 自転車に乗った安藤久蔵 若者に接すれば若返る
    2012年05月02日
    自転車に乗った安藤久蔵 若者に接すれば若返る

    コーヒー豆輸入販売店「アロマフレッシュ」の前で、自転車にまたがる安藤久蔵。注文の配送もすいすい。無農薬栽培のコーヒー豆はファンも多い=東京・善福寺(撮影・有吉叔裕)

    商品コード: 2012050200292

  • 無農薬でおしゃれな八百屋 「かっこいい農業」模索
    2012年08月28日
    無農薬でおしゃれな八百屋 「かっこいい農業」模索

    木製棚や木箱の中にこだわりの無農薬野菜が並ぶ「オーガニックベジタブルCA」の福原悟史さん=兵庫県芦屋市

    商品コード: 2012082800036

  • ハバネロと近藤卓さん 無農薬のハバネロソース
    2013年12月12日
    ハバネロと近藤卓さん 無農薬のハバネロソース

    兵庫県篠山市の山あいでハバネロを育てる近藤卓さん

    商品コード: 2013121200015

  • 近藤卓さんのホットソース 無農薬のハバネロソース
    2013年12月12日
    近藤卓さんのホットソース 無農薬のハバネロソース

    近藤卓さんが加工するホットソース「Mellow Habanero」

    商品コード: 2013121200016

  • 無農薬表示のコメ 品質情報をきめ細かく
    2014年04月21日
    無農薬表示のコメ 品質情報をきめ細かく

    値札に無農薬を示す「◎」印が付いたコメ=東京都港区の福島屋六本木店

    商品コード: 2014042100330

  • 成田市雄 自然と共生、地域の誇り
    2014年07月11日
    成田市雄 自然と共生、地域の誇り

    自分の田んぼの様子を調べる成田市雄。無農薬の水田には多様な生物が暮らす=兵庫県豊岡市(撮影・泊宗之)

    商品コード: 2014071100294

  •  無農薬の米で酒
    2015年01月10日
    無農薬の米で酒

    栃木県小山市が販売している純米吟醸酒「この酒 小山のラムサールふゆみずたんぼ米」

    商品コード: 2015011000199

  •  無農薬、全国に広げたい
    2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000328

  •  無農薬、全国に広げたい
    2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000333

  •  無農薬、全国に広げたい
    2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000334

  •  無農薬、全国に広げたい
    2015年08月10日
    無農薬、全国に広げたい

    兵庫県豊岡市・コウノトリの郷公園、出石永楽館、城崎温泉

    商品コード: 2015081000341

  • 餌を探すコウノトリ 無農薬、全国に広げたい
    2015年08月10日
    餌を探すコウノトリ 無農薬、全国に広げたい

    水田で餌を探すコウノトリ=兵庫県豊岡市郊外

    商品コード: 2015081000364

  •  ケネディ大使が佐渡を満喫 トキ観察やドジョウ捕りも
    04:31.90
    2016年06月27日
    ケネディ大使が佐渡を満喫 トキ観察やドジョウ捕りも

    ケネディ駐日米大使は27日、新潟県佐渡市の「トキの森公園」を訪れ、飼育されている国の特別天然記念物トキを観察。トキの餌場をつくるため無農薬の稲作りに取り組む田んぼでは、ドジョウ捕りを体験した。 〈映像内容〉①ケネディ駐日米大使がカヤックや自転車を楽しむ様子。②新潟県佐渡市の「トキの森公園」を訪れ、ドジョウ捕りを体験したり、飼育されている国の特別天然記念物トキを観察したりしたケネディ駐日米大使の様子。

    商品コード: 2017090200116

  • ポンカン作りする坂本さん 無農薬ポンカン作りに挑戦
    2016年12月16日
    ポンカン作りする坂本さん 無農薬ポンカン作りに挑戦

    Iターンした高知県須崎市で、農薬を使わないポンカン作りに挑戦している坂本浩司さん=16日

    商品コード: 2016121600467

  • ポンカン手にする坂本さん 無農薬ポンカン作りに挑戦
    2016年12月16日
    ポンカン手にする坂本さん 無農薬ポンカン作りに挑戦

    Iターンした高知県須崎市で、農薬を使わないポンカン作りに挑戦している坂本浩司さん=16日

    商品コード: 2016121600673

  • 無農薬、無肥料の粉末茶 商品ニュース
    2016年12月26日
    無農薬、無肥料の粉末茶 商品ニュース

    テイコク製薬社の「ちょう明茶」

    商品コード: 2016122600359

  •  Husum wants to become FairTrade City
    2019年02月21日
    Husum wants to become FairTrade City

    21 February 2019, Schleswig-Holstein, Husum: Branch manager Heike Lorenzen stands in the Ebbe&Flut organic food store with a basket of fair trade food. The city of Husum wants to become Fairtrade City. Fair trade should guarantee production without illegal child labour and discrimination. The aim is to support the sustainable development of ecology, education and the advancement of women. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022819554

  • 理事長の島津隆雄さんら 無農薬米を子どもの給食に
    2020年03月30日
    理事長の島津隆雄さんら 無農薬米を子どもの給食に

    無農薬で育てたニンジンを持つ、くりのみ園の理事長の島津隆雄さん(左端)ら=17日、長野県小布施町

    商品コード: 2020033000005

  •  「北海道新聞」米作りにカモが一役 長沼の水田 180羽放鳥
    01:09.93
    2020年06月15日
    「北海道新聞」米作りにカモが一役 長沼の水田 180羽放鳥

    アイガモ農法に取り組む空知管内長沼町の農家が6月15日、カモ180羽を水田に放した。除草や害虫駆除に利用するためで、生後20日ほどのひなたちは、雑草や虫をついばみながら、稲の間を気持ちよさそうに泳いでいる。米や野菜の生産、販売を行うファームキトラでは、20年以上前から無農薬栽培のアイガモ農法を取り入れている。今年は水田19ヘクタールのうち、1.8ヘクタールで行う。アイガモ米は人気で、毎年予約受け付けから3週間ほどですぐに売り切れるという。アイガモは稲に穂がつく7月末まで水田で働く。 <映像内容>アイガモが稲の間を泳いでいる様子、撮影日:2020(令和2)年6月15日、撮影場所:北海道長沼町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062610531

  •  香月克公さん
    2020年07月01日
    香月克公さん

    完全無農薬のオレンジ色ワインを造る香月克公(かつき・よしただ)さん

    商品コード: 2020070114843

  •  香月克公さん
    2020年07月01日
    香月克公さん

    完全無農薬のオレンジ色ワインを造る香月克公(かつき・よしただ)さん

    商品コード: 2020070114844

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮塘口村に広がる高地野菜畑。(小型無人機から)中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900363

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、野菜畑で働く陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900374

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある野菜の栽培基地で収穫したロメインレタスを低温貯蔵庫に保管する従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900334

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、野菜畑で働く陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900357

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、水耕栽培で野菜の苗を育てる陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900209

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある栽培基地で収穫したサニーレタスをチェックする従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900221

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある野菜の栽培基地でウリ科の野菜キャッサバナナ(Cassabanana)を収穫する従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900399

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある野菜の栽培基地で収穫したロメインレタスを低温貯蔵庫に保管する従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900457

  •  中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県
    2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、水耕栽培で野菜の苗を育てる陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900460

  •  野菜作りで介護予防
    2021年04月27日
    野菜作りで介護予防

    「作るもよし、食べるもよし。ここの野菜は無農薬だから体にいいんだ」と話す山中教資さん=高知県香美市

    商品コード: 2021042707892

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115723

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115476

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115491

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115560

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115589

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115486

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115549

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115550

  • Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月20日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    Photo dated May 17, 2021 shows a vegetable garden in Bern, Switzerland. Switzerland is holding a referendum that could result in a total ban on synthetic pesticides. But environmentalists, farmers and agrochemical companies are at odds over a potential switch to organic agriculture. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月20日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115527

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月21日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月21日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110425

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月21日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月21日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110508

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月21日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月21日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110691

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月23日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月23日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110439

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月23日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月23日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110550

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月23日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月23日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110453

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月23日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows a field ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月23日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110516

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月23日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Two times No to the extreme phytosanitary initiatives“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月23日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110488

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月29日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Yes“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月29日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110530

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月29日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Two times No to the extreme phytosanitary initiatives“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月29日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110527

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月29日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Yes“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月29日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110596

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月29日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Two times No to the extreme phytosanitary initiatives“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月29日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110585

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月29日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Two times No to the extreme phytosanitary initiatives“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月29日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110567

  •  Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland
    2021年05月29日
    Voters To Cast Ballots On Pesticide-Free Farming - Switzerland

    A picture taken on May 22, 2021 in Switzerland, shows an electoral poster reading in German: “Yes“, ahead of a vote on two agriculture-related peoples initiatives. Swiss voters will go to the polls on June 13, 2021 on two initiatives which have already sparked heated debates. The first wants to stop subsidies to farmers who use pesticides or prophylactic antibiotics, or who import livestock feed. The second calls for a complete ban on the use of synthetic pesticides as well as an import ban on products which were manufactured with or which contain such pesticides. Photo by Francois Glories/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月29日、クレジット:Glories Francois/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060110517

  • 1
  • 2