KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 焼き
  • 職人
  • 包丁
  • 堺打刃物
  • グラインダー
  • オレンジ色
  • チベット仏教
  • デザイン
  • モンゴル族
  • 作品

「焼き入れ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月03日
    堺打刃物に息づく職人の技

    味岡知行さんに手元を支えてもらいながら「焼き入れ」に挑戦。包丁に魂を入れる

    商品コード: 2018120323613

  • 2018年12月03日
    堺打刃物に息づく職人の技

    焼き入れ前の包丁をグラインダーで磨く工程。指先が熱くなる

    商品コード: 2018120323721

  • 2018年12月03日
    堺打刃物に息づく職人の技

    焼き入れ前にグラインダーで包丁の縁を磨くと、オレンジ色の火花が散った

    商品コード: 2018120323746

  • 01:01.71
    2019年11月11日
    「新華社」魅力あふれる象眼工芸内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フフホト市のモンゴル象眼工房では、職人がデザインを考案し、磨き上げた本体に宝石の象眼を施す作業に取り組む。モンゴル象眼工芸は千年以上の歴史を持つモンゴル族の伝統技術で、主に狩猟や騎射、動植物など、草原に関わる図案が描かれる。遊牧民族の日常生活やチベット仏教で用いられる器の形を基にした本体に、草原に暮らす民族の豪放、豪快な文化スタイルや特徴を表現した象眼を施していく。作品は数十回の反復工程や100万回以上の彫り込みを経て完成する。モンゴル象眼は春秋戦国時代の銅や銀の焼き入れ工芸を起源とし、曲線の一つ一つに時代を超えた知恵が息づく。象眼は濃厚な民族文化の輝きを放ち、草原の物語を伝えている。(記者/王雪氷)<映像内容>モンゴル象眼工芸の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802285

  • 1