KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 東京都江東区
  • 記者
  • 日刊工業新聞
  • 車両
  • 東京都交通局
  • 都営バス
  • 水素エネルギー
  • 供給
  • 通勤

「燃料電池バス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
105
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
105
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1997年05月26日
    Daimler introduces bus with fuel cell

    On May 26, 1997, Daimler-Benz AG introduced a line-capable bus with fuel cell drive in Stuttgart. The pilot vehicle “Nebus“ with hydrogen-powered fuel cell has a range of 250 kilometers and is unlike any other than previous production vehicles with conventional combustion engines. However, before widespread use, the cost of fuel cell and drive must be significantly reduced. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062804965

  • 2002年10月18日
    公道走行 燃料電池バス、走行開始

    報道陣に公道走行を披露した新型燃料電池バス「FCHV―BUS2」=18日午後、東京都文京区

    商品コード: 2002101800176

  • 2003年08月06日
    路線運行バスの同型車 今月から燃料電池バス運行

    路線運行が決まった燃料電池バスの同型車=02年10月、東京都文京区

    商品コード: 2003080600158

  • 2003年08月27日
    カギをもつ石原都知事 出発進行!燃料電池バス

    燃料電池バス運行開始式典で、トヨタ自動車の奥田会長(左)からキーを受け取る東京都の石原知事(中央)=27日午後、東京都庁

    商品コード: 2003082700143

  • 2004年06月21日
    水素施設の完成予想図 万博会場に最大水素施設

    愛知万博で走る燃料電池バスの燃料を供給する水素ステーションの完成予想図

    商品コード: 2004062100190

  • 2005年03月07日
    完成した水素ステーション 水素ステーションが完成

    愛知万博の会場移動に使う燃料電池バスに「水素ステーション」から水素を充てんする職員=7日午後、愛知県瀬戸市

    商品コード: 2005030700160

  • 2005年03月14日
    IMTSと燃料電池バス 万博の足、引き渡し

    トヨタ自動車の斎藤明彦副社長(左)から「IMTS」のキーを受け取る万博協会の宮島寿男事業運営本部長=14日午後、愛知県長久手町のトヨタ博物館

    商品コード: 2005031400181

  • 2006年02月27日
    運行される燃料電池バス 燃料電池バス営業運行

    中部国際空港周辺で営業運行される燃料電池バス「FCHV―BUS」

    商品コード: 2006022700196

  • 2012年10月22日
    試乗会の燃料電池バス 燃料電池バスの初試乗会

    バス事業者向けに開催された、燃料電池バスの試乗会=22日午後、福岡県大野城市

    商品コード: 2012102200370

  • 2013年05月10日
    燃料電池バス 燃料電池バスを公道実験

    トヨタ自動車九州が公道を使った走行実験をする燃料電池バス=10日午後、北九州市役所

    商品コード: 2013051000273

  • 2013年11月14日
    トヨタの実証試験 燃料電池バスから電力供給

    トヨタ自動車が報道陣に公開した、燃料電池車のバスから家電製品に電力を供給する実証試験=14日午後、愛知県豊田市

    商品コード: 2013111400394

  • 2015年07月24日
    出発する燃料電池バス 都知事、燃料電池バス試乗

    東京都の舛添要一知事を乗せて都庁を出発する燃料電池バス=24日午前、東京都新宿区

    商品コード: 2015072400293

  • 2015年07月24日
    試乗に臨む都知事 都知事、燃料電池バス試乗

    燃料電池バス試乗に臨む東京都の舛添要一知事(中央)=24日午前、東京都庁

    商品コード: 2015072400297

  • 2017年03月06日
    燃料電池バス、営業運行へ

    商品コード: 2017030600185-4

  • 2017年03月06日
    燃料電池バス、営業運行へ

    商品コード: 2017030600185-6

  • 2017年03月06日
    視察する知事 燃料電池バス、営業運行へ

    燃料電池バスを視察する東京都の小池百合子知事=6日午前、東京都江東区

    商品コード: 2017030600185

  • 2017年03月06日
    燃料電池バス、営業運行へ

    商品コード: 2017030600185-5

  • 2017年03月06日
    燃料電池バス、営業運行へ

    商品コード: 2017030600185-1

  • 2017年03月06日
    燃料電池バス、営業運行へ

    商品コード: 2017030600185-2

  • 2017年03月06日
    燃料電池バス、営業運行へ

    商品コード: 2017030600185-3

  • 2017年03月06日
    燃料電池バスと小池知事 燃料電池バス、営業運行へ

    燃料電池バスを視察する東京都の小池百合子知事=6日午前、東京都江東区

    商品コード: 2017030600186

  • 2017年03月06日
    説明を受ける小池都知事 燃料電池バス、営業運行へ

    燃料電池バスに試乗し、車内で説明を受ける東京都の小池百合子知事(右から3人目)=6日午前、東京都江東区(代表撮影)

    商品コード: 2017030600255

  • 2017年03月06日
    ポーズをとる小池都知事 燃料電池バス、営業運行へ

    燃料電池バスに乗り込み、ポーズをとる東京都の小池百合子知事=6日午前、東京都江東区(代表撮影)

    商品コード: 2017030600258

  • 2017年03月06日
    説明を聞く小池知事 燃料電池バス、営業運行へ

    燃料電池バスのモータールームについて説明を聞く、東京都の小池百合子知事(右から3人目)=6日午前、東京都江東区(代表撮影)

    商品コード: 2017030600259

  • 2017年06月05日
    燃料電池バスと名古屋市長 名古屋市とトヨタが連携

    市役所前で、トヨタ自動車の燃料電池バス(後方)に試乗した名古屋市の河村たかし市長(左)=5日午後

    商品コード: 2017060501413

  • 2017年10月25日
    年内に固定式水素ステーション2カ所を設置へ四川省成都市

    中国東方電気集団有限公司と成都客車股份有限公司が共同開発した水素燃料電池バス。中国西部の都市、四川省成都市で22日、「第1回成都国際水素エネルギー・燃料電池産業大会」が開かれた。大会は年内に、同市の水素エネルギー産業の発展に必要な固定式水素ステーション(ガソリンスタンドと同様の形式のステーション)2カ所の設置を予定していることを明らかにした。また、「成都市水素エネルギー・燃料電池産業発展促進会」の設立も同日発表された。(成都=新華社配信/中国東方電気集団有限公司提供)=2017(平成29)年10月25日、クレジット:中国東方電気集団有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042602003

  • 2018年07月25日
    河北省張家口市、水素エネルギー時代に向け燃料電池バス導入

    25日、河北省張家口市空港経済開発区付近の専用ステーションで水素を補充する燃料電池搭載の大型バス。中国河北省張家口市はこのほど、水素燃料電池を搭載した路線バス49台、大型バス25台の運行を開始し、同省でいち早く水素エネルギー時代に入った。今年中に同電池搭載の路線バス170台をさらに導入し運行に投入する予定。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000441

  • 2018年07月25日
    河北省張家口市、水素エネルギー時代に向け燃料電池バス導入

    25日、河北省張家口市の市街地で水素燃料電池搭載の路線バスに乗り込む市民。中国河北省張家口市はこのほど、水素燃料電池を搭載した路線バス49台、大型バス25台の運行を開始し、同省でいち早く水素エネルギー時代に入った。今年中に同電池搭載の路線バス170台をさらに導入し運行に投入する予定。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000340

  • 02:17.34
    2018年08月27日
    「新華社」【字幕あり】「純水」のみ排出鄭州市初の水素燃料電池バスを公開

    中国河南省鄭州市でこのほど、同市初となる水素燃料電池バスが登場した。バスは水素燃料電池を動力とし、運転中は純水レベルの水ときれいな空気だけが排出され、汚染物は一切含まれない。【解説】鄭さんによると、バスは一度に約15キロの水素燃料を充填可能で、航続距離は約400キロになるという。【解説】この水素燃料電池バスは鄭州宇通客車が生産したもので、同社が自主開発した新エネルギーバスが商用試運転の段階に入ったことを意味する。現在、路線を走っている水素燃料電池バスは2台だが、今後はさらに多くのバスが投入され、水素燃料電池バスのモデル路線も開通する予定だ。(記者/尚昆侖、楊琳)<映像内容>水素燃料電池バスの全景。バスから排出された水を飲む鄭州市公共交通四公司第4車隊鄭大勇副書記、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082822914

  • 01:02.99
    2019年02月25日
    京急の燃料電池バス公開 お台場で3月から運行

    京急電鉄子会社の京浜急行バス(東京)は25日、3月1日からJR大井町駅(東京都品川区)とお台場地区を結ぶ路線で運行予定のトヨタ自動車製の燃料電池バス「SORA」を都内で報道関係者に公開した。燃料電池バスは、水素から生み出された電気が動力になる。〈映像内容〉公開されたバス、外観、車内、後方での給電の様子など、撮影日:2019(平成31)年2月25日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2019022701767

  • 2019年02月25日
    京急が導入の燃料電池バス 京急の燃料電池バス公開

    京浜急行バスが3月から運行予定の燃料電池バス「SORA」=25日午前、東京都港区

    商品コード: 2019022500232

  • 2019年02月25日
    外部給電の様子 京急の燃料電池バス公開

    燃料電池バス「SORA」の後部からコードをつないで扇風機に電気を送る様子=25日午前、東京都港区

    商品コード: 2019022500368

  • 2019年03月19日
    東邦ガス会長と愛知県知事 中部空港に水素充塡拠点

    開所式で燃料電池バスへの水素供給のデモンストレーションをする、東邦ガスの安井香一会長(左)と愛知県の大村秀章知事=19日午後、愛知県常滑市

    商品コード: 2019031903385

  • 2019年06月11日
    水素燃料電池バスの乗客数が延べ120万人に四川省成都市

    成都市で水素燃料電池バスに乗る市民。(資料写真)中国四川省成都市で11日、第1回エネルギーインターネット・イノベーション・アントレプレナーシップサミット(EIIEC)が開かれた。中国東方電気集団(成都)水素燃料電池科技の曹剣綿(そう・けんめん)総経理は、水素燃料電池バスのモデル路線は2018年4月の正式運行開始以来、成都市内で走行距離累計40万キロメートル以上、乗客数延べ120万人を記録したと紹介した。(成都=新華社配信/劉剛鈺)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300609

  • 2019年06月11日
    水素燃料電池バスの乗客数が延べ120万人に四川省成都市

    成都市で水素燃料電池バスに乗る市民。(資料写真)中国四川省成都市で11日、第1回エネルギーインターネット・イノベーション・アントレプレナーシップサミット(EIIEC)が開かれた。中国東方電気集団(成都)水素燃料電池科技の曹剣綿(そう・けんめん)総経理は、水素燃料電池バスのモデル路線は2018年4月の正式運行開始以来、成都市内で走行距離累計40万キロメートル以上、乗客数延べ120万人を記録したと紹介した。(成都=新華社配信/劉剛鈺)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300624

  • 2019年06月11日
    水素燃料電池バスの乗客数が延べ120万人に四川省成都市

    成都市で水素燃料電池バスに乗る市民。(資料写真)中国四川省成都市で11日、第1回エネルギーインターネット・イノベーション・アントレプレナーシップサミット(EIIEC)が開かれた。中国東方電気集団(成都)水素燃料電池科技の曹剣綿(そう・けんめん)総経理は、水素燃料電池バスのモデル路線は2018年4月の正式運行開始以来、成都市内で走行距離累計40万キロメートル以上、乗客数延べ120万人を記録したと紹介した。(成都=新華社配信/劉剛鈺)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300627

  • 2019年08月08日
    豊田市が公共交通に導入したトヨタの燃料電池バス「SORA」

    愛知県豊田市は8日、新たに導入したトヨタ自動車の量産型燃料電池バス「SORA(ソラ)」披露式典を開いた。中部地区で同車両を導入するのは初めて。計3台をリース契約し、2台は市内を走るコミュニティーバス「とよたおいでんバス」で9月から導入し、1台は公用車として利用。災害時には電源供給車としても活用する。導入したのはトヨタが8月から販売を始めた改良型SORAで、大きさは全長10525ミリ×全幅2490ミリ×全高3350ミリメートル、定員は最大79人。路車間通信で歩行者や信号情報などを得て運転手に注意を促す機能や、運転手に異常が発生した際に本人や乗客が押せる非常ブレーキスイッチ、車両同士が通信して運行を効率化するシステムなどを追加した。太田稔彦豊田市長は「水素社会や自然災害対策としてのメッセージ性が強い。新たな水素社会を豊田市が見せられるのは誇り」とし、「SORAの中で市民との意見交換会を開いてみたい」と意気込んだ。トヨタの桑田正規総務・人事副本部長は「多くの人に水素社会を身近に感じてほしい」と期待を寄せた。=2019(令和元)年、8月8日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100304860

  • 2019年10月09日
    北京市、水素燃料電池自動車産業発展計画を発表

    北京市延慶区で実用化されている水素燃料電池バス。(2019年10月9日撮影)中国北京市で開かれた2020年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)の一環として、北京市水素エネルギー産業政策・プロジェクト発表会が8日開かれ、同市経済・情報化局が「北京市水素燃料電池自動車産業発展計画」を発表した。また、大興国際水素エネルギーモデル区が発足した。計画では2段階に分けた発展目標を掲げ、23年までに国際的影響力を持つ水素燃料電池自動車(FCV)産業チェーンのリーディングカンパニー3~5社を育成し、FCV3千台を普及させ、FCV産業チェーン全体の生産額を85億元(1元=約16円)以上とする。さらに、25年までに国際的影響力を持つFCV産業チェーンのリーディングカンパニー5~10社を育成し、FCV1万台以上を普及させ、産業チェーン全体の生産額を240億元以上とする。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400528

  • 2019年12月26日
    北京市、水素燃料電池自動車産業発展計画を発表

    北京市延慶区で実用化されている水素燃料電池バス。(2019年12月26日撮影)中国北京市で開かれた2020年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)の一環として、北京市水素エネルギー産業政策・プロジェクト発表会が8日開かれ、同市経済・情報化局が「北京市水素燃料電池自動車産業発展計画」を発表した。また、大興国際水素エネルギーモデル区が発足した。計画では2段階に分けた発展目標を掲げ、23年までに国際的影響力を持つ水素燃料電池自動車(FCV)産業チェーンのリーディングカンパニー3~5社を育成し、FCV3千台を普及させ、FCV産業チェーン全体の生産額を85億元(1元=約16円)以上とする。さらに、25年までに国際的影響力を持つFCV産業チェーンのリーディングカンパニー5~10社を育成し、FCV1万台以上を普及させ、産業チェーン全体の生産額を240億元以上とする。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400546

  • 2020年01月16日
    東京ガスが豊洲に開所した水素ステーション

    燃料電池バスの水素は任せて―。東京ガスは16日、東京・豊洲に燃料電池バスに対応した豊洲水素ステーションを開所した。2系統化により1日20台ほどの燃料電池バスに供給できる。カーボンニュートラルの都市ガスが原料という環境性の高さも訴える。同社4カ所目で、旗艦の水素ステーションになる。日本水素ステーションネットワーク(東京都千代田区)と共同建設した。建設費は非公表で、通常の約6億円より数割高いとみられる。中圧パイプラインからの都市ガスで水素を製造する。液化天然ガス(LNG)の採掘から燃焼の工程で発生する二酸化炭素(CO2)をカーボン・オフセットしている。東京都は年内に燃料電池バスを100台以上普及する計画で、豊洲水素ステーションは都営の燃料電池バスの水素供給を担う。穴水孝東ガス副社長は同日、「大幅に稼働率が上がる」と期待を示した。他の水素ステーションの1日の平均利用台数は、燃料電池車(FCV)5台ほど。=2020(令和2)年1月16日、東京都江東区豊洲、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012425039

  • 2020年01月24日
    燃料電池バス 東北初の燃料電池バス公開

    東北で初めて導入され、公開された燃料電池バス=24日、福島県いわき市

    商品コード: 2020012422436

  • 2020年05月29日
    広州市初の燃料電池路線バス、試験運用へ

    5月29日、バス後方に備え付けられた水素燃料電池スタックを紹介する技術スタッフ。中国広東省広州市公共交通集団は、同市初となる燃料電池(FC)バスのモデル路線を開通し、開発区で燃料電池バス15台の運用を開始すると発表した。今回導入する燃料電池バスは水素充填にわずか15分しかかからず、一充填走行距離は400キロ以上、エネルギー変換効率は約53~55%となっている。エンジンシステムなどのコア部品は広州雄韜氫恒科技が提供した。(広州=新華社記者/田建川)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401993

  • 2020年05月29日
    広州市初の燃料電池路線バス、試験運用へ

    5月29日、燃料電池バスの運転手。中国広東省広州市公共交通集団は、同市初となる燃料電池(FC)バスのモデル路線を開通し、開発区で燃料電池バス15台の運用を開始すると発表した。今回導入する燃料電池バスは水素充填にわずか15分しかかからず、一充填走行距離は400キロ以上、エネルギー変換効率は約53~55%となっている。エンジンシステムなどのコア部品は広州雄韜氫恒科技が提供した。(広州=新華社記者/田建川)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402046

  • 2020年05月29日
    広州市初の燃料電池路線バス、試験運用へ

    5月29日、バスターミナルに駐車した燃料電池バス。中国広東省広州市公共交通集団は、同市初となる燃料電池(FC)バスのモデル路線を開通し、開発区で燃料電池バス15台の運用を開始すると発表した。今回導入する燃料電池バスは水素充填にわずか15分しかかからず、一充填走行距離は400キロ以上、エネルギー変換効率は約53~55%となっている。エンジンシステムなどのコア部品は広州雄韜氫恒科技が提供した。(広州=新華社記者/田建川)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402015

  • 2020年07月29日
    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市

    29日、張家口市の水素燃料電池バス。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303182

  • 2020年07月29日
    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市

    29日、水素燃料電池バスの運行データを収集する張家口市の水素エネルギー・再生可能エネルギー研究院の職員。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303307

  • 2020年07月29日
    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市

    29日、張家口市橋東区で水素燃料電池バスに乗り込む市民。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303282

  • 2020年07月29日
    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市

    29日、張家口市の水素燃料電池バス。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303208

  • 2020年08月31日
    燃料電池バスとバッテリー 燃料電池バスで電力供給

    トヨタ自動車の燃料電池バスと、家電などへの給電も可能なホンダ製バッテリー(手前)=31日、東京都港区

    商品コード: 2020083100635

  • 2020年10月11日
    燃料電池バスと路線バス 名古屋で連節バス試走

    新たな路面公共交通システムの試験走行で、名古屋駅前に停車する燃料電池バス(右)。左は通常の路線バス=11日午後

    商品コード: 2020101100263

  • 2020年10月11日
    試験走行する燃料電池バス 名古屋で連節バス試走

    新たな路面公共交通システムの試験走行で、名古屋駅前を通る燃料電池バス=11日午後

    商品コード: 2020101100262

  • 01:04.96
    2020年10月29日
    「新華社」排気ガスを出さない水素燃料電池バスが運行開始、吉林省白城市

    中国吉林省白城市は、同省で初となる水素燃料電池バスを導入し、15台で運行を始めた。バスは中国第一汽車集団傘下のトラックメーカー、一汽解放汽車による開発・製造で、最高速度は時速60キロ、燃料補給はわずか15分、氷点下30度の環境でも運行できる。煙感知器や自動消火などの安全装置が設置され、スマートフォンのアプリで状態監視や位置確認が可能な公共交通運行システムも搭載されている。<映像内容>水素燃料電池バスの運航の様子、車内の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103005641

  • 2020年11月08日
    【輸入博】輸入博、世界で人気の新製品発表プラットフォームに成長

    8日、トヨタ自動車が2022年北京冬季五輪・パラリンピック向けにカスタマイズした水素を燃料とした燃料電池バス。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)が10日夕方、閉幕した。主催者の発表によると、世界的な新型コロナウイルス感染症の流行は依然続いているものの、第3回輸入博参加者の熱意は衰えておらず、取引成立・合意額は前回より2・1%増加、年間累計で726億2千万ドル(1ドル=約105円)となった。統計によると、今回の輸入博では411の新製品、新技術、新サービスが世界初、アジア初、また中国初出展として紹介された。中でも世界初の数は半分以上を占める。1週間近い会期中に来場者数は延べ約61万2千人に上った。オブザーバーは、輸入博が世界の企業に最も人気の新製品発表プラットフォームになりつつあると指摘した。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111300914

  • 2020年12月25日
    JR東日本のJR竹芝水素シャトルバス

    東京駅から東京都港区の複合施設「ウォーターズ竹芝」まで走行している「JR竹芝水素シャトルバス」。SDGsを意識したオリジナルラッピングが施されている。=2020(令和2)年12月25日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011807365

  • 2020年12月25日
    JR東日本のJR竹芝水素シャトルバス

    東京駅から東京都港区の複合施設「ウォーターズ竹芝」まで走行している「JR竹芝水素シャトルバス」。SDGsを意識したオリジナルラッピングが施されている。=2020(令和2)年12月25日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011807363

  • 2020年12月25日
    JR東日本のJR竹芝水素シャトルバス

    東京駅から東京都港区の複合施設「ウォーターズ竹芝」まで走行している「JR竹芝水素シャトルバス」。SDGsを意識したオリジナルラッピングが施されている。=2020(令和2)年12月25日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011807341

  • 2021年03月03日
    (1)再生可能エネルギー産業の発展が加速河北省張家口市

    張家口市内の路線で運行されている水素燃料電池バス。(資料写真)中国河北省張家口市橋東区政府はこのほど、同区の海珀爾新能源科技の水電解水素製造プロジェクトによる試験製造が、安全で円滑に稼働して既に半年が経過したと明らかにした。これにより同市の水素製造や水素充塡(じゅうてん)、水素燃料電池エンジン製造、完成車製造など、水素燃料電池自動車の全産業チェーンが形成され、環境に配慮した2022年北京冬季五輪・パラリンピック開催を後押ししていくことが示された。(張家口=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303396

  • 2021年03月03日
    (2)再生可能エネルギー産業の発展が加速河北省張家口市

    水素充填を行う水素燃料電池バス。(資料写真)中国河北省張家口市橋東区政府はこのほど、同区の海珀爾新能源科技の水電解水素製造プロジェクトによる試験製造が、安全で円滑に稼働して既に半年が経過したと明らかにした。これにより同市の水素製造や水素充塡(じゅうてん)、水素燃料電池エンジン製造、完成車製造など、水素燃料電池自動車の全産業チェーンが形成され、環境に配慮した2022年北京冬季五輪・パラリンピック開催を後押ししていくことが示された。(張家口=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303397

  • 2021年04月12日
    (3)北京延慶水素エネルギー産業パーク2期着工

    10日、燃料電池バスに水素を充填(じゅうてん)するスタッフ。北京冬季五輪の競技会場である延慶では、「延慶水素エネルギー産業パーク」2期プロジェクト(冬季五輪付帯工事、水素スタンド)の工事が10日、正式に始まった。(北京=新華社配信/張延)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305911

  • 2021年04月18日
    (2)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーションで、水素を充てんする水素燃料電池バス。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804788

  • 2021年04月18日
    (6)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーションで、水素燃料電池バスに水素を充てんするスタッフ。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804790

  • 2021年04月18日
    (4)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーションで、水素を充てんする水素燃料電池バス。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804793

  • 2021年04月18日
    (5)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーション。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804780

  • 2021年04月18日
    (3)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーションで、水素燃料電池バスに水素を充てんするスタッフ。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804783

  • 2021年04月18日
    (1)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーション前に停車する水素燃料電池バス。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804786

  • 2021年04月18日
    (7)シノペック、海南省ボアオ鎮に水素ステーション開設

    16日、シノペックの水素ステーション。中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)は16日、ボアオ・アジアフォーラムの2021年年次総会が開かれる海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮に水素ステーションをオープンした。年次総会出席者の送迎用に投入される水素燃料電池バスに水素エネルギーを供給する。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804785

  • 2021年05月22日
    (9)第5回世界知能大会、天津市で開幕

    20日、梅江会展中心で、水素燃料電池バスから降りた来場者。中国天津市の梅江会展中心(梅江コンベンション・エキシビションセンター)で20日、第5回世界知能大会(WIC)が開幕した。会期は23日まで。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052202209

  • 2021年06月04日
    中国西部地区初の固定式水素ステーションが運営開始

    2日、西昌市の月城水素ステーションとまもなく運行が始まる水素燃料電池バス。中国四川省涼山イ族自治州西昌市で2日、標準化された固定式の水素充填ステーションが運営を開始した。同市の市街地を走る初の水素燃料電池バス10台も順次運営を開始する。新エネルギーの技術開発などを手掛ける同市の東方電気(西昌)氫能源が投資・運営する月城水素ステーションは、1日当たり500キログラムの水素充填が可能で、最大で1日に水素燃料電池バス50台の需要を満たすことができる。10分で20キログラムの水素を充填でき、1回の充填で500キロメートルの走行が可能となる。(西昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060415505

  • 2022年01月13日
    トヨタグループ4社がFCバス導入

    アイシン、豊田自動織機、デンソー、トヨタ紡織のトヨタ自動車グループ4社はトヨタの燃料電池(FC)バス「SORA(ソラ)」を導入し、披露会を13日開いた。各社の本社や工場地区で通勤バスなどに活用し、4社合計で年間40トンの二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込めるという。脱炭素化に加え、水素需要を広げてインフラ普及にも貢献したい考えだ。各社1台ずつ導入し12月下旬から運用を始めた。アイシンと豊田自動織機は愛知県刈谷市内の本社と最寄り駅を、トヨタ紡織は猿投工場(愛知県豊田市)を結ぶ通勤バスとして活用。デンソーは高棚製作所(同安城市)で運用し、工場見学用送迎バスにも利用する。同日会見したアイシンの伊勢清貴副会長は「(今回の取り組みをきっかけに)一般の車両に需要が広がれば水素ステーションの拡大にも寄与する。愛知の地から貢献したい」と意気込んだ。また愛知県の大村秀章知事は「脱炭素に向けた先駆的な取り組みだ。県も先頭を切って全力で取り組む」と力を込めた。写真はトヨタの燃料電池バス「ソラ」。=2022(令和4)年1月13日、愛知県内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011409342

  • 2022年01月13日
    燃料電池バス 通勤に燃料電池バス

    燃料電池で動く通勤用のバス。右奥は水素ステーション=13日午前、愛知県刈谷市

    商品コード: 2022011303775

  • 2022年01月13日
    視察する大村秀章知事 通勤に燃料電池バス

    水素ステーションで燃料電池バスへの水素供給のデモンストレーションを視察する愛知県の大村秀章知事(右)=13日午前、愛知県刈谷市

    商品コード: 2022011303777

  • 2022年01月13日
    燃料電池バスの車内 通勤に燃料電池バス

    燃料電池で動く通勤用のバスの車内=13日午前、愛知県刈谷市

    商品コード: 2022011303778

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-3

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-5

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-2

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-6

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-7

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-1

  • 2022年01月13日
    通勤に燃料電池バス

    商品コード: 2022011303815-4

  • 2022年01月13日
    燃料電池バス 通勤に燃料電池バス

    トヨタ自動車グループが報道陣に公開した燃料電池で動く通勤用のバス=13日午前、愛知県刈谷市

    商品コード: 2022011303815

  • 2022年01月18日
    (6)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京冬季五輪・パラリンピックバスの停車や補修などを行う施設、延慶停保中心場駅で、車庫に入る水素燃料電池バス。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809659

  • 2022年01月18日
    (2)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京市延慶区の道路を走行する水素燃料電池バス。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809648

  • 2022年01月18日
    (3)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京冬季五輪・パラリンピックでバスの停車や補修などを行う施設、延慶停保中心場駅の前を走行する水素燃料電池バス。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809641

  • 2022年01月18日
    (1)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    北京冬季五輪の延慶競技エリアを走行する水素燃料電池バス。(2021年12月9日、スマートフォンで撮影)中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809647

  • 2022年01月18日
    (8)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京冬季五輪・パラリンピックバスの停車や補修などを行う施設、延慶停保中心場駅で車両を点検する運転手。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809684

  • 2022年01月18日
    (4)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京冬季五輪・パラリンピックバスの停車や補修などを行う施設、延慶停保中心場駅に入る水素燃料電池バス。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809652

  • 2022年01月18日
    (5)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京冬季五輪・パラリンピックバスの停車や補修などを行う施設、延慶停保中心場駅で車両を点検する運転手。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809658

  • 2022年01月18日
    (7)北京公交集団、水素燃料電池バス212台導入五輪を支援

    17日、北京冬季五輪・パラリンピックバスの停車や補修などを行う施設、延慶停保中心場駅に入る水素燃料電池バス。中国北京市の路線バス事業者、北京公交集団はこのほど、延慶競技エリアに水素燃料電池バス212台を導入し、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの交通サービスを保障する準備を整えた。これらのバスは大会終了後、延慶区内での通常運行に使用されるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011809681

  • 2022年03月15日
    燃料電池バス 関西空港に燃料電池バス

    関西エアポートと南海バスが報道陣に公開した燃料電池バス=15日午前、関西空港

    商品コード: 2022031507108

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306603

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306600

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306578

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306583

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306582

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306590

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306601

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306588

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306580

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306609

  • 2022年03月23日
    東京都交通局の燃料電池バスの車両

    キーワード:東京都、東京都交通局、有明自動車営業所、都営バス、燃料電池、燃料電池バス、FCバス、FC、トヨタ自動車、トヨタ、SORA、水素、トヨタフューエルセルシステム、TFCS=2022(令和4)年3月23日、東京都江東区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306584

  • 1
  • 2