KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 景観
  • 位置
  • 風景
  • 歴史
  • 面積
  • 人気
  • 観光客
  • 馬平

「燕山山脈」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
128
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
128
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1984年12月31日
    山々に築かれた慕田峪長城 北京北郊・慕田峪

    燕山山脈麓の山々に築かれた慕田峪長城。紀元前の春秋戦国時代から歴代王朝が国防を目的に造った長城は、東西6千キロにおよぶ人類最大の建造物=1984(昭和59)年12月(共同)

    商品コード: 2016010800138

  • 1998年06月10日

    昭和 312 ◎中国・天下第一関、山海関、ヨコ、万里の長城の東端に位置し渤海と燕山山脈に挟まれた幅約8キロの要衝、昭和初期撮影

    商品コード: 2003052700090

  • 2018年07月02日
    山間に広がる花の海北京市密雲区

    2日、「人間花海」景勝地で花見をする観光客。中国の燕山山脈の山深くに位置する北京市密雲区太師屯鎮車道峪村の「人間花海」(この世の花の海)花の景勝地ではこのところ、栽培されているラベンダーや、ヒャクニチソウなど数十種類の花が相次いで見頃を迎え、大勢の避暑や花見の観光客を魅了している。ここ数年、北京市密雲区は山地という自然環境的優位性を生かし、登山や、花見、民俗など観光産業の発展に力を入れ、山間地帯の農民の増収を後押ししている。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400664

  • 2018年07月02日
    山間に広がる花の海北京市密雲区

    2日、「人間花海」景勝地に咲き誇る美しい花々。(ドローンで撮影)中国の燕山山脈の山深くに位置する北京市密雲区太師屯鎮車道峪村の「人間花海」(この世の花の海)花の景勝地ではこのところ、栽培されているラベンダーや、ヒャクニチソウなど数十種類の花が相次いで見頃を迎え、大勢の避暑や花見の観光客を魅了している。ここ数年、北京市密雲区は山地という自然環境的優位性を生かし、登山や、花見、民俗など観光産業の発展に力を入れ、山間地帯の農民の増収を後押ししている。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400678

  • 2018年07月02日
    山間に広がる花の海北京市密雲区

    2日、「人間花海」景勝地で写真を撮影する観光客。中国の燕山山脈の山深くに位置する北京市密雲区太師屯鎮車道峪村の「人間花海」(この世の花の海)花の景勝地ではこのところ、栽培されているラベンダーや、ヒャクニチソウなど数十種類の花が相次いで見頃を迎え、大勢の避暑や花見の観光客を魅了している。ここ数年、北京市密雲区は山地という自然環境的優位性を生かし、登山や、花見、民俗など観光産業の発展に力を入れ、山間地帯の農民の増収を後押ししている。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400667

  • 2018年07月02日
    山間に広がる花の海北京市密雲区

    2日、「人間花海」景勝地でのんびり花を眺めて過ごす観光客。中国の燕山山脈の山深くに位置する北京市密雲区太師屯鎮車道峪村の「人間花海」(この世の花の海)花の景勝地ではこのところ、栽培されているラベンダーや、ヒャクニチソウなど数十種類の花が相次いで見頃を迎え、大勢の避暑や花見の観光客を魅了している。ここ数年、北京市密雲区は山地という自然環境的優位性を生かし、登山や、花見、民俗など観光産業の発展に力を入れ、山間地帯の農民の増収を後押ししている。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400656

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉珏(ぎょくかく、端に切れ目のある玉製の輪)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000961

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の「牛首神像」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000967

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉珏(ぎょくかく、端に切れ目のある玉製の輪)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001052

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている雲形の「玉佩(ぎょくはい、玉製の装飾品)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001132

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の「牛首神像」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001134

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている雲形の「玉佩(ぎょくはい、玉製の装飾品)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000968

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の管玉。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000963

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉猪竜(ブタの頭とヘビの胴体が合体した形の玉器)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001104

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製のおの。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001188

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている竜をかたどった「C」字形の玉器。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001221

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている竜をかたどった「C」字形の玉器。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001215

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉猪竜(ブタの頭とヘビの胴体が合体した形の玉器)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001234

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の「牛首神像」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001111

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の輪「玉環(ぎょくかん)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001190

  • 02:45.46
    2019年10月31日
    「新華社」多彩な秋色に染まる古長城河北省遵化市

    秋深まる中国河北省唐山市に位置する県級市、遵化(じゅんか)市の山々には、くねくねと横たわる巨竜のような古長城と色とりどりの葉が織りなす壮大な風景が広がっている。同市全域を貫く古長城は、東は洪山口(こうさんこう)から、西は北京郊外の清東陵付近まで、燕山山脈に沿って蛇行しながら80キロにわたって続いている。同地で最初に長城を築いたのは戦国時代の燕国(えんこく)で、その後の歴代王朝も修復を続けた。現存する城壁の大部分は明代に整備されたもので、比較的良く保存されている。(記者/高博)<映像内容>河北省遵化市の古長城の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608604

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞内の、照明に照らされて美しい鍾乳石。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600755

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区の薊州鍾乳洞を訪れた観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600800

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞の外部景観。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600791

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞内の、照明に照らされて美しい鍾乳石。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600822

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区の薊州鍾乳洞を訪れた観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600813

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞内の、照明に照らされて美しい鍾乳石。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600823

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞内の、照明に照らされて美しい鍾乳石。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600824

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞内の、照明に照らされて美しい鍾乳石。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600802

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区の薊州鍾乳洞の外部景観。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600821

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区にある薊州鍾乳洞内の、照明に照らされて美しい鍾乳石。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600814

  • 2019年12月05日
    照明に映えて美しい薊州鍾乳洞天津市

    5日、天津市薊州区の薊州鍾乳洞内にある鍾乳石「石の椅子」。中国天津市薊州(けいしゅう)区の薊州鍾乳洞は、燕山山脈の支脈に位置する。18億年前の古原生代~中原生代の地層で、中国では珍しい白雲岩の割れ目洞。1998年に山でアナグマを追っていた地元の農民が偶然発見した。翌年行われた国の地質部門の調査と測量で、開発可能空間が1平方キロあり、華北地区で最も広い面積を持つ鍾乳洞であることが分かった。天津市で唯一の洞窟景観でもある。洞窟内の気温は年間を通じて摂氏18度で保たれている。一般公開が始まった2006年10月から現在まで、景観40カ所余りが段階的に整備された。きらきらと光るさまざまな形の鍾乳石が照明に照らされ色とりどりに輝く様子は、道教で仙人が住む「洞天福地」のようでもあり、多くの観光客を引きつけている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600815

  • 2020年04月05日
    燕山に春の訪れ河北省遷安市

    5日、河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区。(小型無人機から)中国の燕山山脈に位置する河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区ではこのところ、アンズの花が咲き競い、山肌を覆う花々と万里の長城が美しく壮大な風景を織り成している。(遷安=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300236

  • 2020年04月05日
    燕山に春の訪れ河北省遷安市

    5日、河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区。(小型無人機から)中国の燕山山脈に位置する河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区ではこのところ、アンズの花が咲き競い、山肌を覆う花々と万里の長城が美しく壮大な風景を織り成している。(遷安=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300260

  • 2020年04月05日
    燕山に春の訪れ河北省遷安市

    5日、河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区ではこのところ、アンズの花が咲き競い、山肌を覆う花々と万里の長城が美しく壮大な風景を織り成している。(遷安=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300282

  • 2020年04月05日
    燕山に春の訪れ河北省遷安市

    5日、河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区。(小型無人機から)中国の燕山山脈に位置する河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区ではこのところ、アンズの花が咲き競い、山肌を覆う花々と万里の長城が美しく壮大な風景を織り成している。(遷安=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300240

  • 2020年04月05日
    燕山に春の訪れ河北省遷安市

    5日、河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区ではこのところ、アンズの花が咲き競い、山肌を覆う花々と万里の長城が美しく壮大な風景を織り成している。(遷安=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300254

  • 2020年04月05日
    燕山に春の訪れ河北省遷安市

    5日、河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区。(小型無人機から)中国の燕山山脈に位置する河北省遷安市大崔荘鎮の長城風景区ではこのところ、アンズの花が咲き競い、山肌を覆う花々と万里の長城が美しく壮大な風景を織り成している。(遷安=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300271

  • 2020年06月10日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    10日、河北省遷安市大五里郷のクリ林で蜂の巣箱を運ぶ養蜂家。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508511

  • 2020年06月10日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    10日、河北省遷安市大五里郷のクリ林を走り抜けるサイクリスト。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508525

  • 00:43.48
    2020年06月10日
    「新華社」クワの実専業の村、摘み取りの最盛期迎える河北省

    中国河北省秦皇島市撫寧区旧県村はこのところ、クワの実の成熟期を迎えている。ふっくらとした果実を求めて観光客が訪れ、摘み取って味わう姿が見られる。燕山山脈の奥地にある同村は、地元でクワの実専業の村として知られ、村民たちは長きにわたりクワの木を育ててきた。村には現在、6千本近くのクワの木が植えられており、栽培面積は約500ムー(約33ヘクタール)、クワの実の年間生産量は400トンとなっている。村民たちが設立した芳美桑葚合作社(協同組合)には、これまでに30世帯以上が加入している。クワの実産業の付加価値をさらに高めるため、同組合はクワの実のドライフルーツやクワの実の果実酒、クワの葉茶などの商品を開発し発売している。(記者/曲瀾娟)<映像内容>クワの実の摘み取りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503794

  • 2020年06月10日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    10日、河北省遷安市大五里郷のクリ林で作業する農民。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508502

  • 2020年06月10日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    10日、河北省遷安市大五里郷のクリ林を走り抜けるサイクリスト。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508475

  • 2020年06月10日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    10日、河北省遷安市大五里郷で満開となったクリの花。(小型無人機から)中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508524

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で城壁の修復工事にあたる作業員。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508156

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で実施された城壁の修復工事で、石材を運ぶ作業員。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/高博)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508230

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で進む城壁の修復工事。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508235

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で城壁の修復工事にあたる作業員。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508047

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で城壁の修復工事にあたる作業員。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508262

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で城壁の修復工事にあたる作業員。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508271

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で進む城壁の修復工事。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508224

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で進む城壁の修復工事。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508268

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508272

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、潘家口ダムのダム湖の水面に姿を見せた長城の一部。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508289

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で進む城壁の修復工事。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508055

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/高博)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508233

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で進む城壁の修復工事。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/高博)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508238

  • 2020年06月19日
    「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    19日、万里の長城の喜峰口~西潘家口区間で進む城壁の修復工事。中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では現在、修復プロジェクトが実施されている。修復の対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。2018年の第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508299

  • 2020年06月20日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    20日、河北省唐山市遷西県白廟子郷東溝峪村のクリ林の中を走る車。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508481

  • 2020年06月21日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    21日、河北省唐山市遷西県漢児荘郷のクリ林。(小型無人機から)中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508493

  • 2020年06月21日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    21日、河北省唐山市遷西県東荒峪鎮大店子村のクリの木の傍らで畑を耕す農民。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508463

  • 2020年06月21日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    21日、河北省唐山市遷西県東荒峪鎮大店子村のクリの木の傍らで畑を耕す農民。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508542

  • 2020年06月21日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    21日、河北省唐山市遷西県漢児荘郷の観光風景区にあるクリの木の下で遊ぶ観光客。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508514

  • 2020年06月21日
    燕山山脈のふもとでクリの花が満開に河北省

    21日、河北省唐山市遷西県漢児荘郷の観光風景区でクリの花を撮影する観光客。中国河北省北部、燕山山脈の麓に位置する遷安市や唐山市遷西県などではこのところ、クリの花が満開を迎え、壮観な風景が広がっている。一帯では古くからクリが栽培され、農家に収入をもたらす重要な産業となっている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508495

  • 01:14.86
    2020年06月24日
    「新華社」「SNS映え」の万里の長城、修復現場を探訪河北省

    中国河北省唐山市遷西県と承徳市寛城満族自治県の県境付近に残る万里の長城の喜峰口~西潘家口区間は、14世紀後半の明朝洪武年間に造営され、城壁はレンガで築かれている。1970年代に潘家口ダムが建設されると、潘家口関城(長城の防御拠点)と城壁の一部が水没し「水中長城」の独特の景観を作り出した。空から俯瞰(ふかん)すると、燕山山脈の尾根を縫うように築かれた長城が、ダム湖の岸辺までつながっているのが分かる。水に潜る巨大な竜のようにも見え、観光客には「SNS映え」するとして人気がある。同長城では、社会からの募金を用いた修復・保護プロジェクトが実施されている。2018年の第1期工事に続き、現在は第2期工事が行われている。プロジェクトの対象は、城壁1005メートルと「敵台」と呼ばれる防御施設4カ所。第1期工事では4号敵台と両側の城壁132メートルの補修が完了し、今期は1~3号の敵台と残りの城壁873メートルの工事を実施している。今年末の完成を見込む。工事を指揮する河北省古代建築保護研究所の次立新(じ・りつしん)副所長によると、修復工事は必要最小限にとどめ、残せるものは残す方針で進められている。城壁の崩れた部分を補うことで、構造上の安全性を保証し、同時に全体の整合性を保つという。城壁の欠損面を補うレンガは、当時の製法をもとに今回新たに作られた。粘土や泥をこねるのに機械を用いた以外は、成型や焼成などすべて手作業で行われ、自然な外観を残している。(記者/高博、牟宇)<映像内容>万里の長城の修復現場、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508633

  • 2020年08月06日
    農村住宅の耐震改修に5億元弱投入河北省

    河北省の北部、燕山山脈の麓に位置する遵化市興旺寨郷何家峪村。(資料写真)中国河北省は今年に入り、農村住宅の耐震改修の資金保障メカニズムを整備し、中央・省クラスの関連補助金、累計4億8500万元(1元=約15円)を3万6600戸の耐震改修に当て、さらに農村住宅の省エネへの改修も進めている。同省財政庁が明らかにした。(遵化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020081205136

  • 2020年08月06日
    農村住宅の耐震改修に5億元弱投入河北省

    河北省の北部、燕山山脈の麓に位置する遵化市興旺寨郷何家峪村。(資料写真)中国河北省は今年に入り、農村住宅の耐震改修の資金保障メカニズムを整備し、中央・省クラスの関連補助金、累計4億8500万元(1元=約15円)を3万6600戸の耐震改修に当て、さらに農村住宅の省エネへの改修も進めている。同省財政庁が明らかにした。(遵化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020081205183

  • 2020年08月06日
    農村住宅の耐震改修に5億元弱投入河北省

    河北省の北部、燕山山脈の麓に位置する遵化市興旺寨郷何家峪村。(資料写真)中国河北省は今年に入り、農村住宅の耐震改修の資金保障メカニズムを整備し、中央・省クラスの関連補助金、累計4億8500万元(1元=約15円)を3万6600戸の耐震改修に当て、さらに農村住宅の省エネへの改修も進めている。同省財政庁が明らかにした。(遵化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020081205172

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305998

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306051

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査を行う陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306062

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306097

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の顔料成分を検査する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306057

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺で壁画を調査する天津市の文化財保護専門家・蔡習軍(さい・しゅうぐん)氏。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306139

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の含水率を測定する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306069

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査について説明する天津市の文化財保護専門家・蔡習軍(さい・しゅうぐん)氏(右)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306107

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305967

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画を顕微鏡で観察する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305980

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306035

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306068

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306112

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306123

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306148

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査を行う陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408661

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。(小型無人機から)中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305959

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305964

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305979

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306011

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306128

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306019

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306040

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮を干す村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900868

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮作りに励む村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900853

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮作りに励む村の人たち。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900657

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮作りに励む村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900956

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮を干す村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/楊世堯)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901040

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮を干す村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900679

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮作りに励む村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900865

  • 2020年10月16日
    伝統食品「豆皮」作りに追われる村の人々河北省遷安市

    16日、遷安市楊各荘鎮徐流口村の工場で、豆皮を干す村の人。中国の燕山山脈に位置する河北省遷安(せんあん)市楊各荘鎮の徐流口村は、伝統的な大豆食品、「豆腐片」(押し豆腐)や「豆皮」(ゆば)の生産が盛んな村として知られる。同村には現在、大豆製品を生産する小規模メーカーが57社、大規模メーカーが3社あり、大豆製品の年間生産量は90万キロ以上、利益は700万元(1元=約16円)余りに上るという。(遷安=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900682

  • 2021年02月19日
    (2)燕山山脈に抱かれた竜門湖に春の訪れ河北省遵化市

    18日、竜門湖の湖面から飛び立つカモの群れ。中国の燕山山脈に囲まれた河北省遵化(じゅんか)市の郊外にある竜門湖では、気温が上がるにつれて雪解けが進み、湖の上空を飛んだり、湖面を泳いだりする100羽余りのカモの姿が早春の風景を作り出している。同市はここ数年、竜門湖の水質や周辺環境の管理・保全に尽力。生態環境が改善されるに伴い、多くの野生の鳥類が生息するようになった。(遵化=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021907862

  • 1
  • 2