KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 内城
  • 千年
  • 占領
  • 周囲
  • 国宝
  • 城壁
  • 場所
  • 大石

「燕州」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城で現在も続く城壁の調査と修復。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511637

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城の見張り台跡から南を望む。眼下に見えるのは太子河と農地。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511674

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城で現在も続く城壁の調査と修復。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511752

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城の損壊した城壁。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511789

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城の中腹にある保存状態の良い貯水池。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511742

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城の主峰に築かれた見張り台の跡。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511589

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城の城壁の一部。考古学調査のため閉鎖されている。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511700

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城の石を積み上げて築かれた堅固な城壁。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市

    燕州城から西を望む。眼下に見えるのは農場。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605161

  • 1