KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヘリ
  • 東日本大震災
  • 中国
  • 土砂崩れ
  • 復興
  • インドネシア
  • 場所
  • 自宅
  • 空撮
  • 付近

「爪痕」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
896
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
896
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1945年04月03日
    惨状も日常的な光景に 欧州戦線

    ドイツ西部ツバイブリュッケンのすさまじい破壊のつめ跡。ヒトラーの強硬路線によりドイツ側がこうむった代償はとてつもなく大きい。こうした惨状はありふれた光景となった=1945年4月(ACME)

    商品コード: 2015041300426

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月22日
    太平洋戦争

    マリアナ諸島のある島の海岸で、制服を脱ぎ、日光浴を楽しむ米海軍従軍看護婦。島の海岸で、ここのように米軍の艦砲射撃のつめ跡のない場所は少ない=1945年3月、米海軍撮影(ACME)

    商品コード: 2010070200307

  • 1949年01月02日
    新春の表町商店街

    正月の人出でにぎわう表町商店街。日展岡山会場が開幕したこの日、会場の天満屋前は日展目当ての人々の列で埋まった。日展地方巡回の先駆けとして岡山会場が初開催されたのはこの前年の昭和23年。戦災のつめ跡が残る中、岡山県民の文化や芸術に対する渇望は強く、日展開催は人々の精神的な糧となった。戦後4年目の新春。着実に復興する岡山中心街の熱気が伝わってくる。=1949(昭和24)年1月2日、岡山市表町・天満屋前、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061501309

  • 1960年08月02日
    原爆ドームと平和資料館

    当時の生々しいつめ跡を残す原爆ドーム(もとの産業奨励館)、中央は慰霊碑、その右は原爆の子の像、正面は平和資料館=1960(昭和35)年8月2日(35年内地6208)

    商品コード: 2008051200624

  • 1963年03月17日
    地滑り、列車も押し流す

    北陸線の列車を押し流し、海にまで達した地滑りの爪痕=1963(昭和38)年3月17日、新潟県西頸城郡能生町で共同通信社特別機から(38年内地 1345)

    商品コード: 2011071300163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1964年06月16日
    新潟地震

    1964年6月16日午後1時過ぎ、新潟県粟島沖を震源としてマグニチュード7.5の地震が発生、被害は新潟、山形、秋田など日本海側を中心とする各県に及んだ。とりわけ新潟市内の被害は甚大で、炎上した昭和石油の焔が周辺住宅街にも広範な火災を引き起こしたほか、信濃川河畔の県営住宅が地盤の液状化で横倒しになるなど、大きな爪痕を残した。写真は落下した昭和大橋(手前)と噴煙を上げて燃える昭和石油と成沢石油の貯油タンク=1964(昭和39)年6月16日、新潟市で共同通信社ヘリから(資料68745、39年内地2538コマ、昭和1060)

    商品コード: 1964061650001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年03月23日
    北爆のつめ跡 ベトナム戦争

    1966年3月23日 北ベトナム発(場所不明)米軍爆撃機によって破壊された北ベトナムの橋。橋がやられたため北側はバイパス道路を造ったが、これも爆撃目標になった(UPI=共同)

    商品コード: 2008071800191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1967年07月10日
    山津波で21人生き埋め

    崩れ落ちたつめ跡も生々しい神戸市葺合区市ケ原の山津波現場=1967(昭和42)年7月10日午前10時40分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2011042700478

  • 1967年07月10日
    佐賀県 伊万里市の水害

    大水害のつめ跡を残す伊万里市=1967(昭和42)年7月10日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041200670

  • 1967年07月10日
    伊万里市の水害

    大水害のつめ跡を残す伊万里市=1967(昭和42)年7月10日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041200869

  • 1967年07月10日
    佐賀県 伊万里市の水害

    大水害のつめ跡を残す伊万里市=1967(昭和42)年7月10日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041201202

  • 1967年07月10日
    佐賀県 伊万里市の水害

    大水害のつめ跡を残す伊万里市=1967(昭和42)年7月10日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041201203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年07月07日
    水害 倉岳山頂から襲った土石流

    倉岳山頂から襲った山津波(土石流)のつめ跡=1972(昭和47)年7月7日、熊本県天草郡倉岳町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015040700355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年08月06日
    青森・岩木町で“鉄砲水”

    町の中心を二つに切り裂いた鉄砲水のつめ跡。青森地方は5日夜から局地的に雷を伴なった大雨となり、100ミリを超える豪雨に見舞われた中津軽郡岩木町では、民家約30戸が全半壊、5戸が流出、死者17人が出た=1975(昭和50)年8月6日、青森県中津軽郡岩木町百沢地区で八戸第9飛行隊ヘリから(注:日経新聞6日付夕刊には「東奧日報提供」記載あり)

    商品コード: 2013022700358

  • 1975年12月12日
    補償にもツメ跡

    水島重油禍から1年、第2の重油流出事故に備え漁民が考案した円型の浮沈式移動いけす=1975(昭和50)年12月12日、香川県王越

    商品コード: 2006052300062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1976年09月13日
    小豆島の内海町西村 土砂崩れの無残なツメ跡

    山津波に襲われ無残なツメ跡を残す香川県・小豆島の内海町西村。台風17号の影響で記録的な集中豪雨に見舞われた小豆島では、新たに池田町谷尻地区で13戸が山津波に流され、18人が生き埋めとなり、4人が死亡、14人が行方不明=1976(昭和51)年9月13日午後4時20分、香川県・小豆島で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2014021300261

  • 1976年09月14日
    兵庫県・一宮町福知地区 久方の太陽に“無残な姿”

    無残なツメ跡を残す兵庫県・一宮町福知地区。矢印は、住民が避難しようとした下三方小学校。鉄筋3階建ての同校は、約50メートルも先に押し流された。台風17号の影響で記録的な集中豪雨に見舞われた同地区では、民家約50戸も土砂に埋まった=1976(昭和51)年9月14日午前6時40分、兵庫県宍粟郡一宮町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2014021300284

  • 1976年09月14日
    小豆島の池田町谷尻 久方の太陽に“無残な姿”

    やっと日は出たがツメ跡も無残、土砂に埋まった香川県・小豆島の池田町谷尻の中心部。台風17号の影響で記録的な集中豪雨に見舞われた同地区では、13戸が山津波に流され、18人が生き埋めとなり、4人が死亡、14人が行方不明になっている=1976(昭和51)年9月14日午前8時、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2014021300282

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年04月01日
    遺体収容をする捜索隊 ツメ跡残る駒ケ岳雪崩現場

    7人が雪崩に巻き込まれた中央アルプス駒ケ岳の将棊頭(しょうぎがしら)山に続く沢筋(右)。遺体の収容に当たる捜索隊の姿が見える。上部に雪崩の跡がくっきり=1977(昭和52)年4月1日午後2時30分過ぎ、長野県木曽郡木曽町で共同通信社ヘリから(52年内地 2490)

    商品コード: 2014071600538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年04月01日
    中央アルプス駒ケ岳 ツメ跡残る駒ケ岳雪崩現場

    中央アルプス駒ケ岳の将棊頭(しょうぎがしら)山に続く沢筋で遺体の収容に当たる捜索隊。上部に雪崩の跡がくっきり=1977(昭和52)年4月1日午後2時30分過ぎ、長野県木曽郡木曽町で共同通信社ヘリから(52年内地 2489)

    商品コード: 2014071600537

  • 1978年02月09日
    一時解雇 “春”を待つ伊豆半島

    地震のため一時解雇され、失業保険の手続きをするホテルや旅館の従業員。230人の死傷者と4400棟の家屋を破壊し、伊豆半島に大きなツメ跡を残した伊豆大島近海地震から14日で1カ月になる=下田市の公共職業安定所(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の1)

    商品コード: 2015041500136

  • 1978年02月09日
    つめ跡 “春”を待つ伊豆半島

    崩れたままの石垣のそばを学童たちは防災頭巾をかぶって集団登校。地震が起こした山津波で4戸が倒壊、7人が死亡した加茂郡河津町では、学童たちが元気に集団登校を続けている=河津町(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の4)

    商品コード: 2015041500145

  • 1989年08月02日
    ツキノワグマのつめ跡 生息の可能性高い

    環境庁の現地調査で発見された、ミズメの木につけられたツキノワグマのつめ跡=大分県・三重町(撮影年月日不明)

    商品コード: 2008121700092

  • 1989年08月05日
    強制労働の”つめ跡”視察

    戦時中、本土決戦に備えるために掘られた地下壕を視察するハンス・シュイーラーさん夫妻(左から3、4人目)ら西独の平和運動家=1989(平成元)年8月5日午前11時、兵庫県西宮市甲陽園

    商品コード: 2020031303602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年08月18日
    白鳳南海地震の噴砂 白鳳南海地震のつめ跡発見

    斜めに走る黒い帯状の跡が白鳳南海地震の噴砂。日本書紀の記録を実証した(撮影年月日不明)

    商品コード: 2008122000071

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年04月12日
    海覆う原油、真っ黒な空 湾岸戦争のツメ跡

    「どす黒い油」集めた流出原油を堀の中にポンプで流し込む。流出から2カ月以上経ても海岸の原油の層はかなり厚い=サウジアラビア・ジュベイル(共同)

    商品コード: 1991041200016

  • 1991年06月05日
    空から見た火砕流のツメ跡 白い焦土の世界

    空から見た火砕流のツメ跡 樹木はなぎ倒され、すっぽりと灰をかぶった上木場地区=1991(平成3)年6月5日午前

    商品コード: 2018082821946

  • 1991年06月05日
    白い焦土の世界

    空から見た火砕流のツメ跡 岩が散乱し、くすぶり続ける家屋=1991(平成3)年6月5日午前

    商品コード: 2018082821953

  • 1991年06月05日
    白い焦土の世界

    空から見た火砕流のツメ跡 灰が積もり、焼け焦げたワゴン車のそばを歩き回る犬=1991(平成3)年6月5日午前

    商品コード: 2018082821960

  • 1991年06月05日
    白い焦土の世界

    空から見た火砕流のツメ跡 火砕流で跡形もなくつぶされた2台の車=1991(平成3)年6月5日午前

    商品コード: 2018082821965

  • 1991年06月05日
    テレビ局のテントと三脚 白い焦土の世界

    空から見た火砕流のツメ跡 残されたままになっているテレビ局のテントと三脚=1991(平成3)年6月5日午前

    商品コード: 2018082821976

  • 1991年06月06日
    広がる火砕流の爪痕 雲仙岳、火砕流続く

    東側斜面に大きく広がる火砕流の爪痕。右上は溶岩塊がせり出す地獄跡火口=1991(平成3)年6月6日午前9時

    商品コード: 2018082822108

  • 1991年06月07日
    火砕流の爪痕 雲仙岳、溶岩さらに隆起

    長崎県・雲仙岳地獄跡火口上空西側から見た火砕流の爪痕。溶岩があふれそうな火口から、約4・3キロの島原市北上木場町までの谷を薄茶色の溶岩と火山灰が埋め尽くした。火砕流先端から島原湾に突き出た水無川河口(右上)までは3キロあまり、眉山(左上)の向こうには島原市街地が見える=1991(平成3)年6月7日午後4時5分、雲仙・普賢岳上空2300メートルから撮影

    商品コード: 2018082822251

  • 1991年06月11日
    火砕流の爪痕 火口に新たな溶岩ドーム

    大規模火砕流発生以来、3日ぶりに姿を見せた雲仙・普賢岳(左上)と火砕流の爪痕=1991(平成3)年6月11日午前11時50分

    商品コード: 2018112921801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年06月24日
    深いツメ跡残した湾岸戦争

    (1)多国籍軍の攻撃でバグダッド上空を照らし出すイラクの対空砲火とえい光弾=1月17日(ロイター=共同)(平成3年カラーニュース45)

    商品コード: 2007122000108

  • 1993年07月13日
    乗用車と衝突した漁船 海岸沿いに深いつめ跡

    津波で陸に乗り上げ、駐車中の乗用車と”衝突”した漁船=1993(平成5)年7月13日午前0時、北海道・江差港

    商品コード: 2019072100151

  • 1993年09月04日
    押しつぶされた家屋 台風13号、南九州につめ跡

    土砂崩れで押しつぶされた家屋と流され横転した車=4日午前7時15分、鹿児島県・川辺町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993090400017

  • 1993年09月04日
    金峰町の土砂崩れ現場 台風13号、南九州につめ跡

    山肌が大きくえぐられ多数の行方不明者が出た土砂崩れ現場=4日午前6時45分、鹿児島県・金峰町大坂扇山で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993090400010

  • 1993年09月04日
    早朝から捜索活動 台風13号、南九州につめ跡

    土砂で押しつぶされた家屋の近くで行われる行方不明者の捜索=4日午前6時50分、鹿児島県・金峰町大坂扇山で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993090400013

  • 1993年09月04日
    川辺町で捜索活動 台風13号、南九州につめ跡

    土砂で壊された住宅跡での捜索活動=4日午前9時5分、鹿児島県・川辺町小野(台風13号)

    商品コード: 1993090400019

  • 1993年09月04日
    遺体搬出 台風13号、南九州につめ跡

    運び出される加覧菜穂子さんの遺体=4日午前8時43分、鹿児島県・川辺町小野

    商品コード: 1993090400020

  • 1993年09月04日
    川辺町の被災現場 台風13号、南九州につめ跡

    土砂に飲み込まれた被災現場=4日午前7時10分、鹿児島県・川辺町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993090400014

  • 1993年09月04日
    遺体収容作業 台風13号、南九州につめ跡

    毛布にくるまれ土砂崩れ現場から運び出される遺体=4日午後、鹿児島県・金峰町大坂扇山

    商品コード: 1993090400047

  • 1993年09月04日
    土砂で壊れた商店 台風13号、南九州につめ跡

    土砂が流れ込み壊れた商店=4日午前8時30分、鹿児島県・川辺町小野(台風13号)

    商品コード: 1993090400018

  • 1993年09月04日
    壊れた家屋 台風13号、南九州につめ跡

    土砂崩れで倒壊した住居=4日午前9時10分、鹿児島県・金峰町大坂扇山で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993090400021

  • 1993年12月10日
    90年かけて砂防工事は4割 巨大崩落のつめ跡

    (1)崩落を続ける鳶山下に作られた多枝原砂防ダム群。立山カルデラからの土砂流出を調節する巨大なコンクリート構造物が続く=10月、富山県・大山町の常願寺川上流

    商品コード: 1993121000028

  • 1993年12月10日
    90年かけて砂防工事は4割 巨大崩落のつめ跡

    (2)砂防工事現場へ資材を運ぶトロッコ。スイッチバックを繰り返し山を上る=10月、富山県・立山町

    商品コード: 1993121000032

  • 1993年12月13日
    無残なつめ跡花倉病院 危険地居住に誓約書

    8月6日の土石流で9人の犠牲者が出た花倉病院。4カ月過ぎた今も傷跡は残ったまま=12月3日、鹿児島市吉野町花倉(災害、集中豪雨)

    商品コード: 1993121300047

  • 1994年04月16日
    焼け残った黒焦げの電柱 空襲の跡残す電柱を復元

    空襲のつめ跡を残す焼け残った黒焦げの電柱=東京都台東区三筋(第二次世界大戦)

    商品コード: 1994041600025

  • 1995年02月24日
    水揚げされるイカナゴ つめ跡残る漁港に活気戻る

    漁が解禁となり、次々に水揚げされるイカナゴ=24日午前9時30分、淡路島・北淡町の育波漁港

    商品コード: 1995022400023

  • 1995年03月10日
    糟川良谷さん 戦争のつめ跡に迫る

    中国での戦争のつめ跡を発掘するため、この夏にもハルビン市を訪れる糟川良谷さん=宮城県塩釜市の自宅で(カラーネガ)(宮城県塩釜市の公務員・かすかわ・よしや)

    商品コード: 1995031000034

  • 1995年03月16日
    西宮市屋敷町の倒壊家屋 ツメ跡残す倒壊家屋が今も

    西宮市内で最大の犠牲者を出した屋敷町に残された倒壊家屋=9日、兵庫県(カラーネガ)

    商品コード: 1995031600105

  • 1995年03月16日
    地震当日の西宮市内 ツメ跡残す倒壊家屋が今も

    阪神大震災で多くの家屋が倒壊した兵庫県西宮市=1月17日、共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1995031600102

  • 1995年07月06日
    被災地回る立候補者 参院選スタート

    阪神大震災のつめ跡が残る選挙区内を歩いて回る参院選の立候補者と運動員=6日午後、神戸市灘区(カラーネガ)

    商品コード: 1995070600079

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  倒壊した阪神高速道と渋滞する国道43号=平成7年1月17日、神戸市東灘区深江本町

    商品コード: 1996011100045

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  階段状の補強工事が進む崩壊した斜面=5日、兵庫県西宮市仁川百合野町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100060

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  町の再生に向け、仮設店舗が建ち並ぶ神戸市長田区の菅原地区=7日(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100064

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  遊園地に隣接する仮設住宅の前でバドミントンをする親子=7日、神戸市中央区のポートアイランド(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100070

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  階段状の補強工事が進む崩壊した斜面=5日、兵庫県西宮市仁川百合野町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100049

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  一面焼け野原となった神戸市長田区の菅原地区=平成7年1月25日(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100050

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  倒壊した阪神高速道と渋滞する国道43号=平成7年1月17日、神戸市東灘区深江本町

    商品コード: 1996011100051

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  町の再生に向け、仮設店舗が建ち並ぶ神戸市長田区の菅原地区=7日(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100052

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  11軒の民家が土砂にのみ込まれた兵庫県西宮市仁川百合野町の地滑り現場=平成7年1月18日、共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100059

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  一面焼け野原となった神戸市長田区の菅原地区=平成7年1月25日(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100063

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  遊園地に隣接する仮設住宅の前でバドミントンをする親子=7日、神戸市中央区のポートアイランド(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100053

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  復旧工事が急ピッチで進む阪神高速道の倒壊現場=6日、神戸市東灘区深江本町(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100054

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  復旧工事が急ピッチで進む阪神高速道の倒壊現場=6日、神戸市東灘区深江本町(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100047

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  11軒の民家が土砂にのみ込まれた兵庫県西宮市仁川百合野町の地滑り現場=平成7年1月18日、共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996011100048

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  新しい建物が建ち始め、徐々に明るさを取り戻し始めた神戸市の繁華街三宮=9日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1996011100055

  • 1996年01月11日
    つめ跡残る現場ルポ 被災地に再生の息吹

    )、社会351S、17日付朝刊以降使用  新しい建物が建ち始め、徐々に明るさを取り戻し始めた神戸市の繁華街三宮=9日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1996011100067

  • 1996年06月02日
    「平成新山」と命名 普賢岳の大火砕流から5年

    )、記事24行  あの時は入学したばかりの一年生だった児童も六年生になった。死者・行方不明者四十三人を出した大火砕流災害から六月三日で丸五年が経過する長崎県雲仙・普賢岳。まだつめ跡も残るふもとの被災地だが、復興への努力が続いている。 普賢岳の噴火活動は終息し、土石流から流域を守るため河川の砂防工事は急ピッチで進み、空から草木の種子をまいてふもとを緑化し災害を防ごうと上空にはヘリコプターが飛ぶ。 島原市と深江町の三カ所にある被災者団地はほぼ順調に住宅建設が進み、被災者は「第二のふるさと」で生活を始めている。 溶岩ドームの部分は「平成新山」と名付けられ、地元は災害で減少した観光客の呼び戻しに懸命だ。 【写真説明】 大火砕流で死者・行方不明者43人の被害者を出した雲仙・普賢岳の活動は終息。隆起した溶岩ドームは「平成新山」と名付けられた=6月1日、共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996060200020

  • 1996年06月13日
    滑走路に残るつめ跡 ガルーダ機炎上事故

    ガルーダ機(上方)が離陸に失敗、滑走路に残るタイヤの跡=13日午後1時30分、福岡空港で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996061300128

  • 1996年06月13日
    滑走路に残るつめ跡 ガルーダ機炎上事故

    ガルーダ機(上方)が離陸に失敗、滑走路に残るタイヤの跡=13日午後1時30分、福岡空港で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996061300132

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年07月10日
    2年前の青苗地区 あす南西沖地震3周年

    )、社会55S  大津波や火災の爪痕(つめあと)が残っていたころの被災地=94(平成6)年5月、北海道奥尻町青苗

    商品コード: 1996071000023

  • 1996年07月28日
    斜古丹山の亀裂を見る訪問団 東方沖地震のつめ跡を見る

    東方沖地震でできた斜古丹山の亀裂を見学する青少年訪問団=26日、色丹島の斜古丹山中腹(同行記者団撮影)

    商品コード: 1996072800045

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年12月07日
    保存が決まった被災家屋 雲仙の被災家屋を保存へ

    雲仙・普賢岳災害のつめ跡を後世に残そうと、保存が決まった長崎県深江町川原端地区の被災家屋

    商品コード: 1996120700002

  • 1997年07月07日
    集団下校する友が丘中学生 消えないつめ跡

    容疑者の少年が逮捕された後も集団下校する生徒。中学生を襲った衝撃はあまりにも大きい=6月30日、神戸市須磨区友が丘(小6男児殺害事件関連)

    商品コード: 1997070700040

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年08月11日
    地雷の撤去作業 岐路に立つアンゴラ和平

    内戦のつめ跡残るアンゴラでは、今も金属探知機を使った地雷の撤去作業が続いている=7月29日、アンゴラ中部のクイト郊外(共同)

    商品コード: 1997081100069

  • 1997年09月18日
    残る地上げのつめ跡 新たな「虫食い」防げ

    )、企画93S、20日付朝刊以降使用  不動産業者の地上げのつめ跡が虫食い状態で残った東京都新宿区内の土地

    商品コード: 1997091800104

  • 1997年10月15日
    ブルドーザーで取り壊し 人質事件のつめ跡消し去る

    14日、ブルドーザーで取り壊しが始まったリマの日本大使公邸(ロイター=共同)

    商品コード: 1997101500005

  • 1997年10月15日
    取り壊される大使公邸 人質事件のつめ跡消し去る

    14日、ブルドーザーで取り壊しが始まったリマの日本大使公邸(共同)

    商品コード: 1997101500004

  • 1998年03月17日
    マラト・ウラザリンさん

    被ばくのつめ跡の深さを訴えるマラト・ウラザリンさん

    商品コード: 1998031700145

  • 1998年03月23日
    廃仏棄釈のつめ跡語る写真

    法隆寺が刊行した千早定朝の伝記に掲載された「廃仏棄釈」の様子を写した写真

    商品コード: 1998032300151

  • 1998年08月31日
    余笹川の流木などを撤去 豪雨被災地で復旧作業開始

    豪雨のつめ跡が残る余笹川で、重機を使って行われる流木などの撤去作業=8月31日午後2時40分、栃木県那須町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1998083100108

  • 1999年08月09日
    絵巻と作者の吉井さん 大震災のつめ跡絵巻物に

    阪神大震災前後の阪神電鉄沿線を描いた絵巻物と作者の吉井貞俊・西宮神社権宮司=兵庫県西宮市の西宮神社

    商品コード: 1999080900127

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年12月13日
    更地に犠牲者悼む花束 いまだ残る高潮のつめ跡

    )、社会407S、21日付朝刊用、解禁厳守  高潮被害によるがれきが取り除かれた更地に供えられた犠牲者を悼む花束=7日、熊本県不知火町松合

    商品コード: 1999121300085

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年08月23日
    小学生が有珠山ふもと見学 噴火のつめ跡丸ごと保存

    )、社会01S  1977年噴火の地殻変動で倒壊した有珠山ふもとの病院を見学する小学生=18日、北海道・壮瞥町

    商品コード: 2000082300001

  • 2000年10月14日
    阪神大震災のつめ跡 私が正しいという自信

    )、社会405S、20日付朝刊以降使用、解禁厳守  阪神大震災のつめ跡

    商品コード: 2000101400072

  • 2001年10月02日
    ユーゴ空爆のつめ跡 「米国がなければ幸せ」

    1999年のNATO空爆で破壊されたままのユーゴスラビア旧国防省(共同)

    商品コード: 2001100200077

  • 2002年11月26日
    写真展見る人たち 国境なき医師団が写真展

    「国境なき医師団(MSF)日本」が開いた写真展「暴力の爪痕(つめあと)」を見る人たち=26日、東京都品川区のミツムラ・アート・プラザ

    商品コード: 2002112600100

  • 2003年02月17日
    豊田直巳さん イラクに残る戦争のつめ跡

    豊田直巳さん

    商品コード: 2003021700109

  • 2003年03月15日
    焼け焦げた人体の痕跡 戦火のつめ跡生々しく

    爆撃で焼け焦げた床に残る人体の痕跡。爆発のすごさが分かる=13日、バグダッド市内(共同)

    商品コード: 2003031500009

  • 2003年03月15日
    空爆を受けたシェルター 戦火のつめ跡生々しく

    米軍の空爆に直撃されたアマリヤ・シェルター。1発目で天井が崩壊し、2発目の焼夷(しょうい)弾で内部が焼き尽くされたという=13日、バグダッド市内(共同)

    商品コード: 2003031500008

  • 2003年03月15日
    犠牲者の墓 戦火のつめ跡生々しく

    アマリヤ・シェルターの敷地内に並ぶ犠牲者の墓=13日、バグダッド市内(共同)

    商品コード: 2003031500012

  • 2003年03月15日
    犠牲者の写真 戦火のつめ跡生々しく

    アマリヤ・シェルター内に展示されている、米軍の爆撃による犠牲者の写真。子供の顔が目立つ=13日、バグダッド市内(共同)

    商品コード: 2003031500011

  • 2003年03月15日
    壁に残った女性の影 戦火のつめ跡生々しく

    爆撃で焼け焦げた壁に残った女性の影=13日、バグダッド市内(共同)

    商品コード: 2003031500010

  • 2004年10月25日
    山古志村の地滑り 山肌に残る地滑りのつめ跡

    地震で発生した新潟県山古志村の土砂崩れ=25日午前、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2004102500308

  • 2004年11月08日
    壊れた塀 新潟県中越地震

    地震のつめ跡が残る学校の塀を横目に、再開された中学校に入る生徒=8日午前8時40分、新潟県越路町の越路中

    商品コード: 2004110800027

  • 2004年12月31日
    通り埋める観光客 つめ跡残るビーチに観光客

    31日、観光客でにぎわうタイ南部プーケットのパトンビーチの通り(共同)

    商品コード: 2004123100076

  • 2005年01月25日
    遺体を指さす女性 つめ跡深く、険しい復興

    24日、インドネシア・バンダアチェの自宅前で、がれきに埋まった遺体を指さす女性(共同)

    商品コード: 2005012500233

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...