KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 不足
  • 令和
  • 保存状態
  • 地表
  • 専門家
  • 発掘調査
  • 発見
  • 石器
  • 西寧
  • 資料

「爾雅」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:12.83
    2018年08月27日
    「新華社」【字幕あり】崆峒山麓の「高齢武侠夫婦」

    朝霧が立ち込める中、中国甘粛省平涼(へいりょう)市の崆峒(こうどう)山で二人の白髪の老人が剣舞を始めた。その機敏な動作は、二人が80歳だということを全く感じさせない。【解説】岳起中さんは甘粛省平涼市に住む、ごく普通の定年退職したサラリーマン。崆峒武術は22歳から続けている。すでに80歳を過ぎた高齢にもかかわらず、長年にわたり武術を学んできた彼は、手足の動作も機敏で、耳も目もはっきりしており、剣舞を舞う時に手に持った約1メートルの長さの銅製の煙草袋が非常に力強い。そして彼の連れ合いの張煒英さんも全く遜色なく、二人は時々腕比べをすることもある。崆峒山は甘粛省平涼市にあり、古代シルクロードの関中の西に位置する要塞だった。この地に生まれた崆峒武術の歴史は古く、「庄子」「爾雅」などの古書に「空同の人と武」の記載がある。今では武侠小説の中の武術の達人に出会うことは難しいが、崆峒武術は体を鍛え健康を維持する運動として、民間の生活に今も人気がある。(記者/多蕾)<映像内容>武術を披露する高齢夫婦のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082822912

  • 2021年07月13日
    (5)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡から出土した銅刀。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403666

  • 2021年07月13日
    (6)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡区。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404033

  • 2021年07月13日
    (7)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡で見つかった炉跡。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404050

  • 2021年07月13日
    (8)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡の発掘現場。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403996

  • 2021年07月13日
    (1)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡の発掘現場。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404012

  • 2021年07月13日
    (4)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡から出土した骨針。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403999

  • 2021年07月13日
    (3)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡から出土した毛織物。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403962

  • 2021年07月13日
    (2)シャルヤマカブ遺跡の発掘調査始まる青海省

    シャルヤマカブ遺跡で見つかった灰坑。(資料写真)中国青海省文物考古研究所は10日、同省海西モンゴル族チベット族自治州にあるシャルヤマカブ(夏爾雅瑪可布)遺跡の発掘プロジェクトを開始したと明らかにした。同遺跡は、同省チャダム盆地で発見された新石器~青銅器時代のノムホン(諾木洪)文化に属する。専門家によると、ノムホン文化は同省西部独自の青銅器文化を持つが、多くの謎が残されており関連研究も不足している。同遺跡は規模が大きく、遺物も豊富で保存状態も良く、地表に石造構造物が残っていることから、発掘価値が高いという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403590

  • 1