KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 国家
  • 職人
  • 記者
  • さらい
  • 仕上げ
  • 伝統文化
  • 作業場
  • 使命
  • 先輩

「版下絵」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を彫る陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625421

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を配置する陳義時さんと妻の徐夏娣(じょ・かてい)さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625359

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を彫る陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625400

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を配置する陳義時さんと妻の徐夏娣(じょ・かてい)さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625330

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を彫る準備をする陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625456

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を彫る陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625471

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で、彫り終えた活字を確認する陳義時さんと妻の徐夏娣(じょ・かてい)さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625408

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を配置する陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625345

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を配置する陳義時さんと妻の徐夏娣(じょ・かてい)さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625292

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で、弟子に印刷を指導する陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625376

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で、自身が彫刻、印刷した作品「熬波図(ごうはず)」を見せる陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座熬を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625485

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を配置する陳義時さんと妻の徐夏娣(じょ・かてい)さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625431

  •  木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市
    2019年06月18日
    木版印刷の大家、先祖伝来の技を守り無形文化遺産を伝承江蘇省揚州市

    18日、揚州市広陵区杭集鎮にある自宅の作業場で活字を彫る陳義時さん。中国江蘇省揚州市出身で今年72歳になる陳義時(ちん・ぎじ)さんは、国家級無形文化遺産、木版技術の代表的伝承者。陳さんは生前の祖父と父も有名な木版画彫刻師で、揚州市で木版印刷を手掛けていたという彫刻家一家に生まれた。10代の頃から父に従って技術を磨いてきた陳さんは、生涯を木版印刷に捧げ、技術を伝えていくことを自らの使命と考えている。木版印刷の工程には大きく分けて、材料の準備、彫刻、印刷・重ね刷り、装丁などがある。そのうち彫刻工程は通常、さらに版下絵描き、糊付け、彫り、さらい、仕上げなど複数の工程に分けられる。彫刻刀は数十種類あるが、よく使用するのは握った時の手の形からその名が付いた「拳刀」だ。木版印刷は実践性の高い技術であり、師が弟子に手取り足取り教えてこそ極意が伝わるとして、陳さんは主に「徒弟制」で技を伝えている。陳さんは「私たちはもっと大先輩の力を借り、徒弟制や講座を通して、技術を最大限に伝えていかなければならない」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625311

  •  (6)春節用の木版年画作りに追われる職人たち河南省朱仙鎮
    2021年01月22日
    (6)春節用の木版年画作りに追われる職人たち河南省朱仙鎮

    19日、河南省開封市朱仙鎮の工房で、版下絵を木板に彫る職人。中国河南省開封市朱仙鎮の木版年画工房ではこのところ、職人らが春節(旧正月)用の伝統的な飾り物、木版年画の制作に追われている。同鎮の木版年画は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(開封=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012204305

  • 1