KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 牧畜民
  • 草原
  • 家畜
  • 発展
  • 風景
  • 位置
  • 牧場
  • 放牧

「牧畜業」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
221
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
221
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年09月22日
    噴火活動続く阿蘇中岳

    ヨナ(火山灰)をかぶった牧草地では放牧牛が下痢や流産をする-と麓から飼料を運び上げる牧畜業者=阿蘇中岳(写真特集「噴火活動続く阿蘇中岳」5枚組4)

    商品コード: 2012031400210

  • 2002年02月01日
    羊の世話をする社員 「建設駄目なら農業で」

    牧畜業へ進出した「北工建設」で羊の世話をする社員=1月21日、北海道北桧山町

    商品コード: 2002020100241

  • 2008年11月14日
    名所前で草をはむ羊

    パリのエッフェル塔前で草をはむ羊たち。フランスのバルニエ農相は、コスト高に苦しむ農家に対する2億5000万ユーロの支援策を発表したが、「不十分」と主張する牧畜業者が羊を引き連れデモ行進した。(ロイター=共同)

    商品コード: 2008111400117

  • 2018年03月29日
    不安を語る牧畜業者 牧畜業者に広がる不安

    英国のEU離脱への不安を語る牧畜業者のガレス・デービースさん=13日、英西部ランドリンドッド・ウェルズ(共同)

    商品コード: 2018032900375

  • 2018年03月29日
    牧畜業者に広がる不安

    英国ウェールズ・ランドリンドッド・ウェルズ、イングランド、スコットランド

    商品コード: 2018032900409

  • 2018年03月29日
    牧畜業者に広がる不安

    英国ウェールズ・ランドリンドッド・ウェルズ、イングランド、スコットランド

    商品コード: 2018032900410

  • 2018年03月29日
    牧畜業者に広がる不安

    英国ウェールズ・ランドリンドッド・ウェルズ、イングランド、スコットランド

    商品コード: 2018032900411

  • 2018年03月29日
    牧畜業者に広がる不安

    英国ウェールズ・ランドリンドッド・ウェルズ、イングランド、スコットランド

    商品コード: 2018032900412

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山にある夏の牧場内の店で帳簿をつける牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の夏の牧場へ向かうため、牧畜禁止エリアを通る牧畜民とヒツジの群れ。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900354

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日夕方、巴爾魯克山にある夏の牧場からヒツジ小屋に向かうヒツジの親子。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900377

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の奥にある整備後の牧畜用道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山にある夏の牧場を馬に乗って散策する裕民県の牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の牧畜用道路を走る裕民県ジイェク鎮の牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の奥にある夏の牧場で放牧する裕民県ジイェク鎮の牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    23日、巴爾魯克山にある夏の牧場のテントで、粉食を作る牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900367

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    23日、巴爾魯克山の夏の牧場で毛を刈るためヒツジを移動させる牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900393

  • 2018年08月06日
    チベット自治区、第1回ヤク産業発展サミットフォーラム開催

    6日、チベット自治区第1回ヤク産業発展サミットフォーラムの会場。中国チベット自治区第1回ヤク産業発展サミットフォーラムが6日、ラサで開幕した。ヤク産業の現状、産業の革新理念、ターゲットを絞った貧困支援事業などを巡り、ラサ市唯一の純牧畜業県である当雄(ダムション)県について分析・研究し、より多くの牧畜民の増収と富裕化を促進するため、いかに高原の現代牧畜業をよりよく発展させ、地域経済の構造転換を加速するかを討論する。会期は8日まで。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900538

  • 2018年08月06日
    チベット自治区、第1回ヤク産業発展サミットフォーラム開催

    6日、チベット自治区第1回ヤク産業発展サミットフォーラム会場で、ヤク肉のピザを試食する出席者。中国チベット自治区第1回ヤク産業発展サミットフォーラムが6日、ラサで開幕した。ヤク産業の現状、産業の革新理念、ターゲットを絞った貧困支援事業などを巡り、ラサ市唯一の純牧畜業県である当雄(ダムション)県について分析・研究し、より多くの牧畜民の増収と富裕化を促進するため、いかに高原の現代牧畜業をよりよく発展させ、地域経済の構造転換を加速するかを討論する。会期は8日まで。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900526

  • 2018年08月06日
    チベット自治区、第1回ヤク産業発展サミットフォーラム開催

    6日、チベット自治区第1回ヤク産業発展サミットフォーラム会場で、ヤク肉ジャーキーの紹介を聞く参加者。中国チベット自治区第1回ヤク産業発展サミットフォーラムが6日、ラサで開幕した。ヤク産業の現状、産業の革新理念、ターゲットを絞った貧困支援事業などを巡り、ラサ市唯一の純牧畜業県である当雄(ダムション)県について分析・研究し、より多くの牧畜民の増収と富裕化を促進するため、いかに高原の現代牧畜業をよりよく発展させ、地域経済の構造転換を加速するかを討論する。会期は8日まで。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900532

  • 2018年11月17日
    眠い?

    トルコ・ワンの牧畜業の男性とロバやヒツジたち。男性に群れるヒツジをよそに、ロバは眠たげ?(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2018111701979

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.11
    2018年12月01日
    「新華社」ウルムチ、大雪と砂じんに見舞われる新疆各地で悪天候

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は1日、強い寒気の影響を受け大雪「黄色」警報が発令された。空を覆う砂じんの影響も相まって市内の視界は100メートルを切り、歩行者や車は砂じんと風雪で前に進むのも困難な状況になった。最低気温は零下15度まで落ち込み、砂じん嵐による大気汚染が深刻だった。自治区内の他地域でも暴風や寒波、大雪、砂じんなど極端な天候に相次ぎ見舞われた。自治区北部では最低気温が零下15~20度まで下がり、中でもタルバガタイ地区北部やアルタイ地区、昌吉(しょうきつ)回族自治州東部は最低気温零下25~33度を記録した。トルファンやハミ、カラマイも程度の異なる低温や降雨降雪を伴う暴風や砂じん嵐に見舞われた。気象当局は、今回の寒波や暴風、降雪によって道路の凍結や局地的な吹雪、砂じん嵐が起こるとしており、交通や旅行、牧畜業、ハウス農業、都市運営、市民生活などに悪影響が及ぶとして、警戒を呼びかけている。(記者/郭燕)<映像内容>大雪と砂じんに見舞われる街の様子、撮影日:2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120431815

  • 01:51.23
    2019年03月16日
    「新華社」チベット自治区で春恒例の耕作始めの儀式

    中国チベット自治区山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)で16日、年に1度の開耕式が行われ、祝日の晴れ着を着た村民が耕作を待つ農地に集まった。耕作始めの儀式に参加した代表者50人余りがトラクターの前に立つと、人々の喝采の中で村民が次々と彼らに哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)をささげ、ハダカムギ酒を献じた。出発の儀式が終わると、彼らは色とりどりの旗や花で飾られた新しいトラクターに乗り、耕作を待つ農地へと向かった。女性はトラクターの後についてハダカムギの種をまき、1年の豊作を祈願した。克松社区の農業生産は基本的に機械化されており、2018年の総収入は3427万4700元(1元=約17円)、1人当たりの可処分所得は1万9735元に達した。チベット自治区の農業・牧畜業はここ数年で著しい発展を遂げ、特に中国共産党第18回全国代表大会(党大会)以降は、自治区の農業は豊作が続き、食糧生産量は3年連続で100万トン以上を維持している。ハダカムギの生産量も70万トンを突破し、農村住民1人当たりの可処分所得は1万元の大台を突破した。(記者/索朗徳吉、何程)<映像内容>中国チベット自治区の耕作始めの儀式の様子、撮影日:2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032006233

  • 02:04.90
    2019年04月24日
    「新華社」台湾農家、精緻農業で切り拓く希望の田野福州市

    中国の福建省福州市と台湾の経済・社会における融合発展が進むにつれ、ますます多くの台湾同胞が福州市で投資し、農業を発展させている。台湾屏東(へいとう)県出身の謝根亮(しゃ・こんりょう)さんは1991年、福州市管轄する福清市で弘晟食品を設立した。ここ数年は大陸の広大な市場と優れた政策環境に着目し、台湾特有の樹木、真柏(シンパク)を導入。栽培から盆栽制作にいたる特色ある精緻な農業を発展させてきた。台湾真柏の幹は柔らかかつ丈夫で、造型がしやすく、寒さと乾燥に強いため栽培も容易で、盆栽や庭木に適している。謝さんは台湾真柏を普及させ、消費市場を育成することで、企業の転換と向上を目指している。謝さんの特色のある精緻な農業に対し、同じく台湾同胞農家の劉進裕(りゅう・しんゆう)さんは、集約農業に重点を置く。台湾の先進的な経験を参考に科学技術イノベーションを用いた近代的フルーツ栽培の道を歩んでいる。福州市は2018年末時点で累計507の台湾資本農業プロジェクトの誘致に成功している。総投資額は12億6千万ドル(1ドル=約112円)で、契約額は7億3千万ドル、実行額は4億9千万ドルに達する。農業や林業、牧畜業、副業などの産業が含まれる。また、同市では累計で13の郷鎮が台湾の9つの郷鎮とマッチング交流を実施。初期段階の両岸農業協力交流メカニズムを作り上げ、両岸(中国の大陸と台湾)農業と企業の協力・交流プラットフォームを構築した。(記者/林凱)<映像内容>盆栽など農業の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042400998

  • 2019年07月07日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    7日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100279

  • 2019年07月07日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    7日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村で、ヤクを放牧する牧畜民。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100258

  • 2019年07月07日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    7日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤクの群れ。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100341

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100289

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村で集乳する林清溝十五公里集乳所の技術者(右)。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/高健鈞)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100348

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/高健鈞)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100253

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の紅原ヤク乳業有限責任公司の工場で働く技術者。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100222

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/高健鈞)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100264

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村で、牧畜民を訪ね集乳する林清溝十五公里集乳所の技術者(右)。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100329

  • 2019年08月09日
    豊かな水と緑チベット北部の牧場風景

    9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原で草を食べる牛や羊の群れ。雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081608043

  • 2019年08月09日
    豊かな水と緑チベット北部の牧場風景

    9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原。(小型無人機から)雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081608025

  • 2019年08月09日
    豊かな水と緑チベット北部の牧場風景

    9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原。(小型無人機から)雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081607973

  • 2019年08月09日
    豊かな水と緑チベット北部の牧場風景

    9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原で草を食べる牛や羊の群れ。雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081608074

  • 2019年08月09日
    豊かな水と緑チベット北部の牧場風景

    9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原を歩くヤクの群れ。(小型無人機から)雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081608046

  • 03:01.68
    2019年11月18日
    「新華社」飼い葉集めに大忙し青海チベット高原で冬支度始まる

    初冬を迎え、中国青海省の南部では、広範囲にわたって雪が降り、気温が下がった。天気の変化が牧畜業に与える影響に備え、長江、黄河、瀾滄江の「三江」の源流を擁する同省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県の牧畜民は、家畜を無事に越冬させようと一生懸命飼い葉を集めている。県下の格多村の党支部書記によると、同村では2013年から牧草を植え始め、以前はげ山と荒れ地が広がっていた格多草原のうち、約11万ムー(約7300ヘクタール)が現在では緑に覆われている。(記者/田文傑)<映像内容>青海チベット高原の雪景色、飼い葉を集める様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112003865

  • 2020年01月18日
    よいしょ!

    トルコ東部で、そりで飼料を運ぶ牧畜業者。雪をかき分けて進みます。(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2020011800142

  • 2020年01月29日
    冬本番

    トルコ東部で家畜を連れる牧畜業者。冬本番で一面雪に覆われています。(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2020012903545

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.14
    2020年03月08日
    「新華社」地元警察が牧畜作業を支援内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)は純粋な牧畜業地域で、春にヒツジとヤギの出産に立ち会うことが地元の牧畜民にとって1年で最も重要な生産任務となっている。同地に駐屯する国境派出所は、時期になると経験豊かなモンゴル族警官から成る作業チームを結成し、労働力が不足している国境管轄区域の牧畜農家で出産補助や飼育、畜舎の消毒・殺菌など踏み込んだ支援を行い、牧畜生産者が直面する困難を解決している。(記者/哈麗娜)<映像内容>内モンゴル自治区の牧畜農家、羊や牛の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104915

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.95
    2020年03月08日
    「新華社」辺境警察が牧畜民の生産と生活を支援内モンゴル自治区

    春を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟では、牧畜民がヒツジやヤギの出産に立ち会う忙しい時期を迎えている。ヤギの出産は牧畜業発展の重要なプロセスで、牧畜民が生産と収入を増やす重要な方法でもある。シリンゴル盟の辺境管理支隊の警察は、管轄地域の牧畜民に対し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染検査を実施するとともに、飼料の代理購入や輸送など、彼らの生産と生活を手伝っている。(記者/葉紫嫣)<映像内容>ヒツジやヤギの様子、赤ちゃんにミルクをあげる様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104910

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801496

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(左)と妻(右)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801516

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬にくらを着ける宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801560

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬の手綱を締める宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801518

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、煮込んだ肉を盛り付ける宋天柱さん(左)と妻。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、白ヤクを畜舎へ帰るよう促す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801493

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(右)と妻(左)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801503

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを追う宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801559

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを探す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801581

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801580

  • 2020年05月31日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    青海省玉樹チベット族自治州雑多県昂賽郷で、山に登り冬虫夏草を採取している両親の帰りを、テントのそばで待つ子どもたち。(5月31日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703846

  • 2020年05月31日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    採取したばかりの冬虫夏草を手にする青海省玉樹チベット族自治州の牧畜民、尼瑪達傑(ニマダルジェ)さん。(5月31日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703847

  • 2020年05月31日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    冬虫夏草を採取する13歳のチベット族の少女、才仁永尕(ツェリンヨンガ)さんと父親の永周正(えい・しゅうせい)さん。(5月31日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703869

  • 2020年05月31日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    冬虫夏草を採取する青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱(きょくまらい)県の牧畜民、白瑪寛卓(ペマチャムゾ)さん。(5月31日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703902

  • 2020年05月31日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    山中を進む青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱(きょくまらい)県の「冬虫夏草採取集団」。(5月31日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703797

  • 2020年05月31日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱(きょくまらい)県巴干郷で、冬虫夏草を採取して下山した後に買い付け業者と取引する牧畜民。(5月31日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703874

  • 2020年06月02日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    娘を連れて冬虫夏草を採取する青海省玉樹チベット族自治州雑多県昴賽郷の牧畜民、南多(ナムド)さん。(6月2日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703873

  • 2020年06月02日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    青海省玉樹チベット族自治州雑多県昂賽郷で、両親が山へ冬虫夏草の採取に出掛けた後、一緒に遊ぶ子どもたち。(6月2日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703787

  • 2020年06月02日
    冬虫夏草で牧畜民の収入源を多様化青海省

    娘を連れて冬虫夏草を採取する青海省玉樹チベット族自治州雑多県昂賽郷の牧畜民、南多(ナムド)さん。(6月2日撮影)中国長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域、三江源地区に位置する青海省玉樹チベット族自治州は、青海チベット高原における重要な牧畜業基地で、家畜数は200万頭を超える。地元政府の指導の下、同自治州は206の新型農牧民合作社(協同組合)を設立、自然災害対策やヤクの出荷率向上などに重要な役割を果たし、牧畜民の収入増を後押ししている。同自治州は良質な冬虫夏草の産地でもあり、業界では「中国の冬虫夏草は青海を見よ、青海の冬虫夏草は玉樹を見よ」と言われている。三江源の農牧民は、毎年5月末から冬虫夏草の収穫の最盛期を迎える。冬虫夏草一本一本が農牧民の生活の希望となり、牧畜民の収入源を多様化させている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703827

  • 2020年08月06日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    6日、扎青塘草原でテントを張り、金馬文化節を楽しむチベット族の人々。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403592

  • 2020年08月08日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    8日、馬に乗り扎青塘草原を駆けるチベット族の住民。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403645

  • 2020年08月09日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    9日、上空から見た色達県泥拉壩湿地。同湿地は富栄養泥炭から成り、水系が発達している。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403464

  • 2020年08月09日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    9日、夕暮れ時の色達県中心部。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403476

  • 2020年08月09日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    9日、上空から見た色達県泥拉壩湿地の河川。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403540

  • 2020年08月09日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    9日、扎青塘草原にある伝統的な黒いテント。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403690

  • 2020年08月09日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    9日、色達県泥拉壩湿地をのんびり進むヤク。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403692

  • 2020年08月09日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    9日、上空から見た色達県泥拉壩湿地の河川。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403509

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、色曲河谷の田園風景。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403673

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、朝焼けに染まる扎青塘草原。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403694

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、朝焼けに染まる扎青塘草原。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403624

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、遠くに見える色達県の東嘎寺。県内には29カ所のチベット仏教寺院がある。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403693

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、国道548号色達県霍西郷区間に現れたチベットアカゲザル。多くの人が足を止めて見ていた。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403469

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、色達県楊各郷でケサル王の彩色彫刻の前で作業するチベット族の人々。ケサル王の彩色彫刻は国家級無形文化遺産に登録されている。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403524

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、色達県楊各郷の山に沿って立ち並ぶチベット式住居「色達藏寨」。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403486

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、朝焼けに染まる扎青塘草原。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403525

  • 2020年08月10日
    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州

    10日、色達県楊各郷のチベット式住居「色達藏寨」。四川省人民政府の承認を経て第7次省級文物保護単位(重要文化財)に指定された。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403689

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会で展示された自動給餌ライン。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903972

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会で家畜用の無針注射器を見る来場者。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903965

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会で展示された家禽飼育設備。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903909

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会の会場。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903934

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会で養豚ロボットを見学する来場者。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903983

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会で展示された非接触型1日齢デビーキング注射一体機。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903866

  • 2020年09月03日
    中国牧畜業博覧会にハイテク飼育設備が登場

    3日、中国牧畜業博覧会で養豚ロボットを見学する来場者。中国湖南省長沙市でこのほど、第18回中国牧畜業博覧会が開催された。多くの業界関係者が会場を訪れ、家畜飼育用の設備などを注文していた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903973

  • 2020年10月18日
    大規模化・集約化で畜産業の発展目指す寧夏回族自治区

    18日、銀川市賀蘭県にある寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)の暖泉万頭肉牛飼育場で、肉用牛に餌をやる従業員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にある畜産企業、寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)は近年、大規模化、標準化、集約化、産業化によって、畜産業の発展を推進している。同社は現在、肉牛飼育場2カ所、肉羊飼育場2カ所で肉用牛1万4千頭、肉用羊6万匹を飼育しており、優良品種の繁殖、飼育、加工、販売、科学研究を一体化した現代的な牧畜業基地の建設を目指している。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601680

  • 2020年10月18日
    大規模化・集約化で畜産業の発展目指す寧夏回族自治区

    18日、銀川市賀蘭県にある寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)の暖泉万頭肉牛飼育場で、肉用牛に餌をやる従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にある畜産企業、寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)は近年、大規模化、標準化、集約化、産業化によって、畜産業の発展を推進している。同社は現在、肉牛飼育場2カ所、肉羊飼育場2カ所で肉用牛1万4千頭、肉用羊6万匹を飼育しており、優良品種の繁殖、飼育、加工、販売、科学研究を一体化した現代的な牧畜業基地の建設を目指している。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601816

  • 2020年10月18日
    大規模化・集約化で畜産業の発展目指す寧夏回族自治区

    18日、銀川市賀蘭県にある寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)の暖泉肉用羊繁殖センター。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にある畜産企業、寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)は近年、大規模化、標準化、集約化、産業化によって、畜産業の発展を推進している。同社は現在、肉牛飼育場2カ所、肉羊飼育場2カ所で肉用牛1万4千頭、肉用羊6万匹を飼育しており、優良品種の繁殖、飼育、加工、販売、科学研究を一体化した現代的な牧畜業基地の建設を目指している。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601820

  • 2020年10月18日
    大規模化・集約化で畜産業の発展目指す寧夏回族自治区

    18日、銀川市賀蘭県にある寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)の暖泉肉用羊繁殖センターで、羊に餌をやる従業員。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にある畜産企業、寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)は近年、大規模化、標準化、集約化、産業化によって、畜産業の発展を推進している。同社は現在、肉牛飼育場2カ所、肉羊飼育場2カ所で肉用牛1万4千頭、肉用羊6万匹を飼育しており、優良品種の繁殖、飼育、加工、販売、科学研究を一体化した現代的な牧畜業基地の建設を目指している。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601794

  • 2020年10月18日
    大規模化・集約化で畜産業の発展目指す寧夏回族自治区

    18日、銀川市賀蘭県にある寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)の暖泉万頭肉牛飼育場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にある畜産企業、寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)は近年、大規模化、標準化、集約化、産業化によって、畜産業の発展を推進している。同社は現在、肉牛飼育場2カ所、肉羊飼育場2カ所で肉用牛1万4千頭、肉用羊6万匹を飼育しており、優良品種の繁殖、飼育、加工、販売、科学研究を一体化した現代的な牧畜業基地の建設を目指している。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601834

  • 2020年10月18日
    大規模化・集約化で畜産業の発展目指す寧夏回族自治区

    18日、銀川市賀蘭県にある寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)の暖泉万頭肉牛飼育場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓にある畜産企業、寧夏農墾賀蘭山牛羊産業(集団)は近年、大規模化、標準化、集約化、産業化によって、畜産業の発展を推進している。同社は現在、肉牛飼育場2カ所、肉羊飼育場2カ所で肉用牛1万4千頭、肉用羊6万匹を飼育しており、優良品種の繁殖、飼育、加工、販売、科学研究を一体化した現代的な牧畜業基地の建設を目指している。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601806

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月29日
    冬に備える標高4500メートルの村青海省称多県

    10月29日、青海省玉樹チベット族自治州称多県内の嘉塘草原で家畜を放牧する牧畜民。中国青海省のバヤンカラ山脈の麓、標高4500メートルの高地にある玉樹チベット族自治州称多県清水河鎮は、牧畜業が盛んな村。昨年は春節(旧正月)前後に雪害があり、多くの牧畜民が打撃を受けた。今年は無事に冬を越せるよう教訓を生かし、村を挙げて飼料や食糧、燃料の備蓄を強化。牧畜民に家畜保険への加入を呼び掛けているほか、家畜の免疫力を高めるためのワクチン接種も徹底している。(称多=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604999

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月29日
    冬に備える標高4500メートルの村青海省称多県

    10月29日、青海省玉樹チベット族自治州称多県の雪に覆われた牧場。中国青海省のバヤンカラ山脈の麓、標高4500メートルの高地にある玉樹チベット族自治州称多県清水河鎮は、牧畜業が盛んな村。昨年は春節(旧正月)前後に雪害があり、多くの牧畜民が打撃を受けた。今年は無事に冬を越せるよう教訓を生かし、村を挙げて飼料や食糧、燃料の備蓄を強化。牧畜民に家畜保険への加入を呼び掛けているほか、家畜の免疫力を高めるためのワクチン接種も徹底している。(称多=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604920

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月29日
    冬に備える標高4500メートルの村青海省称多県

    10月29日、青海省玉樹チベット族自治州称多県清水河鎮で積み上げた飼い葉を確認する牧畜民。中国青海省のバヤンカラ山脈の麓、標高4500メートルの高地にある玉樹チベット族自治州称多県清水河鎮は、牧畜業が盛んな村。昨年は春節(旧正月)前後に雪害があり、多くの牧畜民が打撃を受けた。今年は無事に冬を越せるよう教訓を生かし、村を挙げて飼料や食糧、燃料の備蓄を強化。牧畜民に家畜保険への加入を呼び掛けているほか、家畜の免疫力を高めるためのワクチン接種も徹底している。(称多=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月29日
    冬に備える標高4500メートルの村青海省称多県

    10月29日、青海省玉樹チベット族自治州称多県清水河鎮で飼い葉を運ぶ牧畜民。中国青海省のバヤンカラ山脈の麓、標高4500メートルの高地にある玉樹チベット族自治州称多県清水河鎮は、牧畜業が盛んな村。昨年は春節(旧正月)前後に雪害があり、多くの牧畜民が打撃を受けた。今年は無事に冬を越せるよう教訓を生かし、村を挙げて飼料や食糧、燃料の備蓄を強化。牧畜民に家畜保険への加入を呼び掛けているほか、家畜の免疫力を高めるためのワクチン接種も徹底している。(称多=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605053

  • 00:57.49
    2020年11月16日
    「新華社」中国の「ラクダの里」、レースでにぎわう内モンゴル自治区

    「ラクダの里」と呼ばれる中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗で16日、第3回ラクダ文化ナーダムが開催され、ラクダ270頭以上がレースに出場した。同旗ではここ数年、地元の貴重な畜産資源であるフタコブラクダの保護が奏功し、ラクダの飼育数が2万4千頭に達した。ラクダ関連産業は農業と牧畜業発展の要となっている。(記者/李雲平)<映像内容>第3回ラクダ文化ナーダム、ラクダのレースの様子、撮影日:2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112602290

  • 2020年11月17日
    牧畜業の産業集積を加速甘粛省武威市

    17日、「醤牛肉」(牛肉を醤油やさまざまな調味料で煮込んだもの)製品の材料を検査する武威嘉禾佳生態農業科技の従業員。中国甘粛省武威市はここ数年、牧畜業の産業集積を加速させてきた。牧草栽培から肉牛・乳牛飼育、食肉や乳製品の加工まで完結した産業チェーンを構築し、資源の配分と利用を最適化することで、地元住民の雇用や増収増を促進している。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601063

  • 2020年11月17日
    牧畜業の産業集積を加速甘粛省武威市

    17日、牧草の積み込み作業を行う武威金科脈草業の従業員。(小型無人機から)中国甘粛省武威市はここ数年、牧畜業の産業集積を加速させてきた。牧草栽培から肉牛・乳牛飼育、食肉や乳製品の加工まで完結した産業チェーンを構築し、資源の配分と利用を最適化することで、地元住民の雇用や増収増を促進している。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601252

  • 1
  • 2
  • 3