KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ひと
  • ギョーザ
  • テーマ
  • パンダ
  • ムー
  • 令和
  • 児童
  • 国家
  • 小吃
  • 教育活動

「特別教育活動」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2022年03月01日
    (2)四川料理文化を目と舌で楽しむ「川菜博物館」四川省成都市

    四川料理の火加減の技術を披露する料理人。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区三道堰鎮にある「川菜(四川料理)博物館」は、国家3A級(上から3番目)観光地であり、料理文化をテーマとする博物館でもある。敷地面積は約40ムー(約2・67ヘクタール)、収蔵品は6千点余り。同館は「食べられる博物館」で、館内で行われる特別教育活動では、児童・生徒が収蔵館と原料展示区、四川料理の原料加工道具区を見学し、本場四川の小吃(軽食)を味わうことができる。無形文化遺産の伝統調理法と包丁さばきの実演も行われ、季節野菜のポット栽培やパンダをかたどった蒸しギョーザ作りの体験も可能となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030110314

  • 2022年03月01日
    (4)四川料理文化を目と舌で楽しむ「川菜博物館」四川省成都市

    川菜博物館。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区三道堰鎮にある「川菜(四川料理)博物館」は、国家3A級(上から3番目)観光地であり、料理文化をテーマとする博物館でもある。敷地面積は約40ムー(約2・67ヘクタール)、収蔵品は6千点余り。同館は「食べられる博物館」で、館内で行われる特別教育活動では、児童・生徒が収蔵館と原料展示区、四川料理の原料加工道具区を見学し、本場四川の小吃(軽食)を味わうことができる。無形文化遺産の伝統調理法と包丁さばきの実演も行われ、季節野菜のポット栽培やパンダをかたどった蒸しギョーザ作りの体験も可能となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030110316

  • 2022年03月01日
    (1)四川料理文化を目と舌で楽しむ「川菜博物館」四川省成都市

    川菜博物館の収蔵館と、展示された収蔵品。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区三道堰鎮にある「川菜(四川料理)博物館」は、国家3A級(上から3番目)観光地であり、料理文化をテーマとする博物館でもある。敷地面積は約40ムー(約2・67ヘクタール)、収蔵品は6千点余り。同館は「食べられる博物館」で、館内で行われる特別教育活動では、児童・生徒が収蔵館と原料展示区、四川料理の原料加工道具区を見学し、本場四川の小吃(軽食)を味わうことができる。無形文化遺産の伝統調理法と包丁さばきの実演も行われ、季節野菜のポット栽培やパンダをかたどった蒸しギョーザ作りの体験も可能となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030110318

  • 2022年03月01日
    (5)四川料理文化を目と舌で楽しむ「川菜博物館」四川省成都市

    四川料理作りの体験。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区三道堰鎮にある「川菜(四川料理)博物館」は、国家3A級(上から3番目)観光地であり、料理文化をテーマとする博物館でもある。敷地面積は約40ムー(約2・67ヘクタール)、収蔵品は6千点余り。同館は「食べられる博物館」で、館内で行われる特別教育活動では、児童・生徒が収蔵館と原料展示区、四川料理の原料加工道具区を見学し、本場四川の小吃(軽食)を味わうことができる。無形文化遺産の伝統調理法と包丁さばきの実演も行われ、季節野菜のポット栽培やパンダをかたどった蒸しギョーザ作りの体験も可能となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030110319

  • 2022年03月01日
    (3)四川料理文化を目と舌で楽しむ「川菜博物館」四川省成都市

    漢服(漢民族の伝統衣装)の礼儀体験。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区三道堰鎮にある「川菜(四川料理)博物館」は、国家3A級(上から3番目)観光地であり、料理文化をテーマとする博物館でもある。敷地面積は約40ムー(約2・67ヘクタール)、収蔵品は6千点余り。同館は「食べられる博物館」で、館内で行われる特別教育活動では、児童・生徒が収蔵館と原料展示区、四川料理の原料加工道具区を見学し、本場四川の小吃(軽食)を味わうことができる。無形文化遺産の伝統調理法と包丁さばきの実演も行われ、季節野菜のポット栽培やパンダをかたどった蒸しギョーザ作りの体験も可能となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030110321

  • 1