KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 建設
  • 記者
  • ボルト
  • 作業員
  • 完成
  • 投資
  • 設備
  • 部分
  • 変圧器

「特別高圧」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年12月29日
    電力の「女医」、高所作業で電線を「診察」浙江省

    甘粛省白銀市での特別高圧線工事に参加する高さん(左)。電線は黄土高原の無人区域を横断しており、地面からの距離は約300メートル。当時の気温は氷点下20度近く。(2017年12月29日撮影)中国浙江省での電力の高所作業はこれまで60年近く、男性だけが担当してきた。浙江省送変電工程有限公司の女子高所作業班メンバー、高菲(こう・ひ)さんは高所作業に従事する同省初の女性作業員だ。(杭州=新華社配信/浙江省送変電工程有限公司提供)=2017(平成29)年12月29日、クレジット:浙江省送変電工程有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702363

  • 2017年12月30日
    電力の「女医」、高所作業で電線を「診察」浙江省

    甘粛省白銀市での特別高圧線工事に参加する高さん。電線は黄土高原の無人区域を横断しており、地面からの距離は約300メートル。当時の気温は氷点下20度近く。(2017年12月30日撮影)中国浙江省での電力の高所作業はこれまで60年近く、男性だけが担当してきた。浙江省送変電工程有限公司の女子高所作業班メンバー、高菲(こう・ひ)さんは高所作業に従事する同省初の女性作業員だ。(杭州=新華社配信/浙江省送変電工程有限公司提供)=2017(平成29)年12月30日、クレジット:浙江省送変電工程有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702506

  • 2018年09月07日
    中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設

    8月7日、ブラジル南東部のミナスジェライス州アルコス市付近に位置する、ブラジルベロモンテ特別高圧送電プロジェクト二期第9セクションの施工現場で、ブラジル側の作業員を指導する中国側の現場施工管理責任者、劉年(りゅう・ねん)氏(左)。ベロモンテ水力発電所はブラジル第2位の水力発電所で、二期プロジェクトは中国国家電網公司が海外で初めて、単独で投資、建設、運営を行った特別高圧直流送電プロジェクトであり、「特別高圧+クリーンエネルギー」のラテンアメリカにおけるモデルプロジェクトでもある。プロジェクトはブラジル北部のパラー州を北端に、南に向かって5つの州を通過しながら、最終的にはリオデジャネイロ州に達し、全長2518キロメートルとなる。(リオデジャネイロ=新華社記者/李明)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021302

  • 2018年09月07日
    中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設

    8月7日、ブラジル南東部のミナスジェライス州アルコス市付近に位置する、ブラジルベロモンテ特別高圧送電プロジェクト二期第9セクションの現場で施工する作業員。ベロモンテ水力発電所はブラジル第2位の水力発電所で、二期プロジェクトは中国国家電網公司が海外で初めて、単独で投資、建設、運営を行った特別高圧直流送電プロジェクトであり、「特別高圧+クリーンエネルギー」のラテンアメリカにおけるモデルプロジェクトでもある。プロジェクトはブラジル北部のパラー州を北端に、南に向かって5つの州を通過しながら、最終的にはリオデジャネイロ州に達し、全長2518キロメートルとなる。(リオデジャネイロ=新華社記者/李明)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021306

  • 2018年09月07日
    中国とブラジル、「電力高速道路」を共同建設

    8月7日、ブラジル南東部のミナスジェライス州アルコス市付近に位置する、ブラジルベロモンテ特別高圧送電プロジェクト二期第9セクション作業場の作業員。ベロモンテ水力発電所はブラジル第2位の水力発電所で、二期プロジェクトは中国国家電網公司が海外で初めて、単独で投資、建設、運営を行った特別高圧直流送電プロジェクトであり、「特別高圧+クリーンエネルギー」のラテンアメリカにおけるモデルプロジェクトでもある。プロジェクトはブラジル北部のパラー州を北端に、南に向かって5つの州を通過しながら、最終的にはリオデジャネイロ州に達し、全長2518キロメートルとなる。(リオデジャネイロ=新華社記者/李明)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021300

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: An excavator excavates a test field of around 2500 square metres on the Reinshof trial farm. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. (aerial photo with drone) Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303300

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: An excavator excavates a test field of around 2500 square metres on the Reinshof trial farm. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303335

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: An excavator excavates a test field of around 2500 square metres on the Reinshof trial farm. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303361

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: An excavator excavates a test field of around 2500 square metres on the Reinshof trial farm. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. (aerial photo with drone) Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303182

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: Pipes for underground cables lie on the Reinshof test farm on a test field measuring around 2500 square metres. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. (aerial photo with drone) Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303341

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: Pipes for underground cables lie on the Reinshof test farm on a test field measuring around 2500 square metres. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. (aerial photo with drone) Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303318

  • 2019年04月02日
    Test field for extra-high voltage power line

    02 April 2019, Lower Saxony, Göttingen: An excavator excavates a test field of around 2500 square metres on the Reinshof trial farm. The effects of underground power lines on the ground along the planned high-voltage power line Wahle-Mecklar are to be simulated on the surface on behalf of the grid operator Tennet and investigated by agricultural scientists from the University of Göttingen. (aerial photo with drone) Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040303302

  • 01:29.60
    2019年05月02日
    「新華社」電力の「女医」、高所作業で電線を「診察」浙江省

    中国浙江省で2日、特別高圧直流送電線の高所での年次保守点検作業が完了した。約800人の作業員が技術改良、欠陥検査、潜在的な危険への対策など約200項目の保守点検を順次完了させた。高所作業員の中で、浙江省送変電工程有限公司の女子高所作業班メンバー、高菲(こう・ひ)さんがひときわ目を引いていた。浙江省での電力の高所作業はこれまで60年近く、男性だけが担当してきた。高さんは高所作業に従事する初の女性作業員だ。高さんは「私たちの仕事は高所の電力設備の医師のようなものです。電線上に傷やバリ(不要なでっぱり)が少しでもあれば、全電力系統の動作に影響する可能性があります。バリを発見したら、即座に紙やすりで削ります」と説明。現在では小型無人機や望遠鏡が広く応用されているが、電線上の欠陥や問題には微細なものも多いため、人間による高所作業だからこそ、レンズでは捉えきれない多くの問題を発見できると述べた。作業環境は非常に過酷で、少なくとも3、4時間は高所での作業を続けなければならない。高さんは「最も記憶に残るのは、甘粛省白銀市での特別高圧線工事に参加したことです。黄土高原の無人区域を横断する電線で、鉄塔は川の両岸の山頂に建てられ、電線は水面から300メートル以上上空にありました。当時の気温は氷点下20度近く、電線の上で絶えず動いていないと体温を保てませんでしたが、最長で連続8時間作業しました」と振り返る。高さんは「この仕事は私に強さと勇気をくれました。挑戦する勇気と成長したいという意欲があれば、不可能なことはありません。一つの課題を克服し、一つの任務を完了するごとに、私たちは非常に誇らしく感じます」と語った。(記者/朱涵)<映像内容>特別高圧直流送電線の保守点検の様子、撮影日:2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903004

  • 01:16.54
    2019年06月11日
    「新華社」中国企業建設のアンゴラの変電所、引渡し式典開催

    中国企業が建設を請け負ったアンゴラ・ルアンダ州電化・各戸引込プロジェクトのうち、ベロモンテ特別高圧変電所の引渡し式典がこのほど、ルアンダ州カクアコ市で行われた。これにより同プロジェクトは最終段階に入った。中国電力建設集団有限公司(中国電建)の李訓峰(り・くんほう)アンゴラ首席代表によると、アンゴラ・ルアンダ州電化・各戸引込プロジェクトは主に、60キロボルト変電所9カ所と関連施設の新規建設とし、今年8月に完成する見込みだ。同国のジョアン・バティスタ・ボルジェス電力・水相は、引渡し式典で、「プロジェクト完成後は、ルアンダ州の配電能力は大幅に引き上げられ、30万戸の電化が実現し、住民生活を改善し、地元の250万以上の人に恩恵をもたらすことができるだろう」と述べた。アンゴラ・ルアンダ州電化・各戸引込プロジェクトは、中国電建傘下の中国水電建設集団国際工程有限公司によるEPC(設計・調達・建設)総請負プロジェクト。2016年10月に着工し、契約工期は34カ月、契約額は6億7500万ドル(1ドル=約108円)となっている。(記者/呉長偉)<映像内容>中国企業が建設を請け負ったアンゴラの電化・各戸引込プロジェクトの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108263

  • 2019年06月24日
    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る

    左:1969年、貴州省貴陽市烏当区で電線の点検修理をする技術者。(資料写真)右:6月24日、天津市武清区王慶坨鎮で「夏の電力消費ピークに備えた特別巡回」要請に基づき、魯固、錫泰、廊河の3本の特別高圧送電線が並列した場所で小型無人機(ドローン)による巡回検査を行い、送電の安全を確保する国家電網天津検修公司特別高圧送電検査室ドローン巡回検査班の作業員、司浩宇(し・こうう)さん。(天津=新華社記者/李然)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元(1元=約15円)の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708620

  • 2019年07月11日
    棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト山東省

    11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。中国山東省棗荘(そうそう)市で建設が進む千キロボルト(kV)特別高圧交流送変電プロジェクトは、国家重点プロジェクト「濰坊-臨沂-棗荘-菏沢-石家荘」千キロボルト特別高圧交流送変電プロジェクトの重要な一部分とされており、中国が独自に開発した送電技術や設備を使用している。完成後は、省内の電力需給の逼迫が効果的に緩和される。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706430

  • 2019年07月11日
    棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト山東省

    11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。中国山東省棗荘(そうそう)市で建設が進む千キロボルト(kV)特別高圧交流送変電プロジェクトは、国家重点プロジェクト「濰坊-臨沂-棗荘-菏沢-石家荘」千キロボルト特別高圧交流送変電プロジェクトの重要な一部分とされており、中国が独自に開発した送電技術や設備を使用している。完成後は、省内の電力需給の逼迫が効果的に緩和される。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706469

  • 2019年07月11日
    棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト山東省

    11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。中国山東省棗荘(そうそう)市で建設が進む千キロボルト(kV)特別高圧交流送変電プロジェクトは、国家重点プロジェクト「濰坊-臨沂-棗荘-菏沢-石家荘」千キロボルト特別高圧交流送変電プロジェクトの重要な一部分とされており、中国が独自に開発した送電技術や設備を使用している。完成後は、省内の電力需給の逼迫が効果的に緩和される。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706519

  • 2019年07月11日
    棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト山東省

    11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。中国山東省棗荘(そうそう)市で建設が進む千キロボルト(kV)特別高圧交流送変電プロジェクトは、国家重点プロジェクト「濰坊-臨沂-棗荘-菏沢-石家荘」千キロボルト特別高圧交流送変電プロジェクトの重要な一部分とされており、中国が独自に開発した送電技術や設備を使用している。完成後は、省内の電力需給の逼迫が効果的に緩和される。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706482

  • 2019年07月11日
    棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト山東省

    11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。中国山東省棗荘(そうそう)市で建設が進む千キロボルト(kV)特別高圧交流送変電プロジェクトは、国家重点プロジェクト「濰坊-臨沂-棗荘-菏沢-石家荘」千キロボルト特別高圧交流送変電プロジェクトの重要な一部分とされており、中国が独自に開発した送電技術や設備を使用している。完成後は、省内の電力需給の逼迫が効果的に緩和される。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706488

  • 2020年04月14日
    世界最大容量の主変圧器、江蘇省蘇州市に到着

    14日、主変圧器の状態を点検する電気技術者。中国江蘇省蘇州市にある千キロボルトの特別高圧変電所「東呉変電所」の拡張工事現場にこのほど、単体容量が世界最大となる主変圧器が到着した。15日、送電大手の国家電網傘下にある国網江蘇電力への取材で分かった。同変電所の建設により川上から川下まで約10億元(1元=約15円)の投資を呼び込むとみられている。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709125

  • 2020年04月14日
    世界最大容量の主変圧器、江蘇省蘇州市に到着

    14日、主変圧器の輸送車の状態を点検する電気技術者。中国江蘇省蘇州市にある千キロボルトの特別高圧変電所「東呉変電所」の拡張工事現場にこのほど、単体容量が世界最大となる主変圧器が到着した。15日、送電大手の国家電網傘下にある国網江蘇電力への取材で分かった。同変電所の建設により川上から川下まで約10億元(1元=約15円)の投資を呼び込むとみられている。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709087

  • 2020年04月14日
    世界最大容量の主変圧器、江蘇省蘇州市に到着

    14日、輸送中の主変圧器。中国江蘇省蘇州市にある千キロボルトの特別高圧変電所「東呉変電所」の拡張工事現場にこのほど、単体容量が世界最大となる主変圧器が到着した。15日、送電大手の国家電網傘下にある国網江蘇電力への取材で分かった。同変電所の建設により川上から川下まで約10億元(1元=約15円)の投資を呼び込むとみられている。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709124

  • 2020年04月14日
    世界最大容量の主変圧器、江蘇省蘇州市に到着

    14日、主変圧器を搭載して公道を走る特殊輸送車。中国江蘇省蘇州市にある千キロボルトの特別高圧変電所「東呉変電所」の拡張工事現場にこのほど、単体容量が世界最大となる主変圧器が到着した。15日、送電大手の国家電網傘下にある国網江蘇電力への取材で分かった。同変電所の建設により川上から川下まで約10億元(1元=約15円)の投資を呼び込むとみられている。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709161

  • 01:16.58
    2021年05月31日
    「新華社」ヘリで作業員つり上げ送電線を補修寧夏回族自治区

    中国国家電網傘下の国網寧夏電力はこのほど、「ヘリコプタースリング法」で電圧等級が最高の特別高圧直流送電線の補修作業を行った。電気を逃がす専用の服を着用した作業員は、ヘリで高所までつり上げられると強電界に入り、30分以内に作業を終えた。(記者/于瑶、蘇醒) =配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053105149

  • 00:50.80
    2021年10月12日
    「新華社」晋北特別高圧変電所の拡張工事、急ピッチで進行中山西省応県

    中国山西省朔州市応県の晋北千キロボルト特別高圧交流変電所では現在、昨年から始まった拡張工事が急ピッチで進んでいる。年内には工事を終え、稼働する予定。同変電所は「蒙西-天津南】特別高圧交流送変電プロジェクトに属する。既に備えていた3千メガボルトアンペアの主変圧器2組に加え、さらに1組設置するための工事を行っており、土木部分の93%、電気設備の41・5%が完成した。完成後は、送電効率の大幅な向上が見込まれ、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の電力を確保する上で大きな役割が期待される。(記者/徐偉) =配信日: 2021(令和3)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101209868

  • 1