KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 猿田彦神社
  • 猿田彦命
  • 猿田彦大神
  • 猿田彦珈琲
  • 平成
  • 到来
  • 境内
  • 太刀
  • 奉納
  • 季節

「猿田彦」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    向島白髭神社

    隅田七福神のひとつ寿老人を祀る。天暦5年(951)慈恵大師が近江国志賀郡から白髭大明神を勧請したのにはじまる。寺島町の総鎮守。祭神は猿田彦神。社殿は戦災を免れた。元治元年(1864)の造営。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐1‐0]

    商品コード: 2017080400512

  • 2012年02月22日
    笑顔を見せる三枝さん 「いよいよ」と思い新たに

    六代目「桂文枝」襲名披露興行などの成功祈願を終え、笑顔を見せる桂三枝さん。左は桂きん枝さん=22日午後、三重県伊勢市の猿田彦神社

    商品コード: 2012022200393

  • 2012年04月18日
    流山寺七福神「大黒天」と「猿田彦大神」が祀られている

    キーワード:屋外、寺、七福神、春、大黒天、日本、無人、その他、流山寺、猿田彦大神、テーマメイン写真=2012(平成24)年4月18日、千葉県流山市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052803446

  • 2013年09月05日
    宇治土公貞尚さん 緊張するも誇らしい毎日

    伊勢神宮内宮にほど近い猿田彦神社の宮司を務める宇治土公貞尚さん

    商品コード: 2013090500534

  • 2014年09月06日
    椿大神社

    キーワード:パース、屋外、夏、境内、建物、参道、森林、人物、神社、人間、昼、鳥居、日本、風景、複数、木立、椿大神社、猿田彦大神、伊勢国一宮、風景メイン写真=2014(平成26)年9月6日、三重県鈴鹿市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090201111

  • 2016年10月15日
    大元八幡神社=岡山県高梁市成羽町地区 備中神楽の季節が到来

    太刀を手に「猿田彦命の舞」を奉納する太夫=大元八幡神社。岡山県西部に国重要無形民俗文化財・備中神楽の季節が到来した。各地の神社では秋祭りの夜ごと、神楽太夫たちが厳かで、躍動感あふれる舞を奉納。11月下旬まで、地元住民や県内外から訪れる愛好者を神話の世界にいざなう。 備中神楽発祥の地・高梁市成羽町地区の大元八幡神社では15日午後7時から、境内に柱などを組み畳8枚を敷き詰めた 神殿 ( こうどの ) で、地元の備中成羽社(大塚芳伸代表)が演じた。さえわたる空気の中、「 猿田彦命 ( さるたひこのみこと ) の舞」では面を着けた太夫2人が太鼓の拍子に乗り、太刀や扇を手に白髪を振り乱しながら激しく舞った。神々の物語は 素戔嗚尊 ( すさのおのみこと ) と 大蛇 ( おろち ) の大立ち回りが見せ場の「大蛇退治」が終演するまで4時間以上続いた。備中神楽は江戸時代の国学者・西林国橋=高梁市出身=が、古事記などの神話を基に現在の形に仕上げた。 =2016(平成28)年10月15日、大元八幡神社=岡山県高梁市成羽町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061700717

  • 2018年10月20日
    備中神楽の季節が到来

    太刀を手に「猿田彦命の舞」を奉納する太夫=大元八幡神社。岡山県西部に国重要無形民俗文化財・備中神楽の季節が到来し、各地の神社では秋祭りの夜、神楽太夫たちが古式ゆかしい神々の舞を披露している。備中神楽発祥の地・高梁市成羽町地区の大元八幡神社でも20日、演舞が披露され、地元住民や県内外のファンを魅了した。=2018(平成30)年10月20日、岡山県高梁市成羽町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102324176

  • 00:30.03
    2020年01月18日
    災いサルように、猿面求め行列 「西日本新聞」福岡市・猿田彦神社で初庚申大祭

    福岡市早良区藤崎の猿田彦神社で18日、厄よけを祈願する初庚申(はつこうしん)大祭があり、縁起物の猿面を求める参拝者で未明からにぎわった。猿面を玄関に掛けておくと「災難が去る」と言い伝えられている。木から落ちない猿にあやかり、受験合格の願いを込める人も。大祭は毎年、最初の庚申(かのえさる)の日に催される、撮影日:2020(令和2)年1月18日、撮影場所:福岡市早良区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012425029

  • 2021年08月20日
    猿田彦フレンチ コーヒー値上げ相次ぐ

    値上げされた猿田彦珈琲の「猿田彦フレンチ」

    商品コード: 2021082004967

  • 1