KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 一人
  • 中国人
  • 中国語
  • 中央
  • 勉強
  • 南京大虐殺
  • 友人
  • 吉川淳子
  • 帰国
  • 平成

「王怡」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月15日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    15日、南京中医薬大学で、大学1年生の王怡(おう・い)さん(左)、陳煒嘉(ちん・いか)さん(中央)と話し合う吉川淳子さん。中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902102

  • 1