KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ビクトリア州
  • ミュージアム・ビクトリア
  • メルボルン博物館
  • 中国
  • 交流
  • 保護
  • 共有
  • 分野
  • 四川省
  • 専門知識

「王立展示館」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月30日
    成都の金沙博物館が南半球最大の博物館と協力協定締結

    10月30日、成都市で開催された協力開始式典の様子。「自然と文化を通じて出会う・古蜀金沙(こしょくきんさ)とオーストラリア」協力開始式典が10月30日午後、中国四川省の成都市で開催された。今後、金沙遺跡博物館と、南半球最大の博物館であるオーストラリア・ビクトリア州のメルボルン博物館を運営するミュージアム・ビクトリア(MV)は手を携え、一連の友好協力活動を行っていく。今年9月に金沙遺跡博物館とMVがメルボルン市で期間5年の「学術協力共同構築協定」を締結。双方が専門職員の交流や交換展示の開催、プロジェクト協力を進める他、文化財の収蔵、保護、博物館デジタル化技術や管理運営などの分野における専門知識を共有することを取り決めた。今回の式典を機に、両館はより長期的で深い協力関係構築へと踏み出す。MVはオーストラリア最大の博物館運営機関であり、現在はメルボルン博物館と王立展示館、移住博物館など3つの博物館が見学可能。収蔵品は計1700万点余りに上り、自然科学からアボリジニ文化、社会・歴史、科学技術など多くの分野を網羅している。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209872

  • 2018年10月30日
    成都の金沙博物館が南半球最大の博物館と協力協定締結

    10月30日、成都市で開催された協力開始式典の様子。「自然と文化を通じて出会う・古蜀金沙(こしょくきんさ)とオーストラリア」協力開始式典が10月30日午後、中国四川省の成都市で開催された。今後、金沙遺跡博物館と、南半球最大の博物館であるオーストラリア・ビクトリア州のメルボルン博物館を運営するミュージアム・ビクトリア(MV)は手を携え、一連の友好協力活動を行っていく。今年9月に金沙遺跡博物館とMVがメルボルン市で期間5年の「学術協力共同構築協定」を締結。双方が専門職員の交流や交換展示の開催、プロジェクト協力を進める他、文化財の収蔵、保護、博物館デジタル化技術や管理運営などの分野における専門知識を共有することを取り決めた。今回の式典を機に、両館はより長期的で深い協力関係構築へと踏み出す。MVはオーストラリア最大の博物館運営機関であり、現在はメルボルン博物館と王立展示館、移住博物館など3つの博物館が見学可能。収蔵品は計1700万点余りに上り、自然科学からアボリジニ文化、社会・歴史、科学技術など多くの分野を網羅している。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209829

  • 2018年10月30日
    成都の金沙博物館が南半球最大の博物館と協力協定締結

    10月30日、成都市で開催された協力開始式典の会場。「自然と文化を通じて出会う・古蜀金沙(こしょくきんさ)とオーストラリア」協力開始式典が10月30日午後、中国四川省の成都市で開催された。今後、金沙遺跡博物館と、南半球最大の博物館であるオーストラリア・ビクトリア州のメルボルン博物館を運営するミュージアム・ビクトリア(MV)は手を携え、一連の友好協力活動を行っていく。今年9月に金沙遺跡博物館とMVがメルボルン市で期間5年の「学術協力共同構築協定」を締結。双方が専門職員の交流や交換展示の開催、プロジェクト協力を進める他、文化財の収蔵、保護、博物館デジタル化技術や管理運営などの分野における専門知識を共有することを取り決めた。今回の式典を機に、両館はより長期的で深い協力関係構築へと踏み出す。MVはオーストラリア最大の博物館運営機関であり、現在はメルボルン博物館と王立展示館、移住博物館など3つの博物館が見学可能。収蔵品は計1700万点余りに上り、自然科学からアボリジニ文化、社会・歴史、科学技術など多くの分野を網羅している。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209898

  • 2018年10月30日
    成都の金沙博物館が南半球最大の博物館と協力協定締結

    10月30日、成都市で開催された協力開始式典の様子。「自然と文化を通じて出会う・古蜀金沙(こしょくきんさ)とオーストラリア」協力開始式典が10月30日午後、中国四川省の成都市で開催された。今後、金沙遺跡博物館と、南半球最大の博物館であるオーストラリア・ビクトリア州のメルボルン博物館を運営するミュージアム・ビクトリア(MV)は手を携え、一連の友好協力活動を行っていく。今年9月に金沙遺跡博物館とMVがメルボルン市で期間5年の「学術協力共同構築協定」を締結。双方が専門職員の交流や交換展示の開催、プロジェクト協力を進める他、文化財の収蔵、保護、博物館デジタル化技術や管理運営などの分野における専門知識を共有することを取り決めた。今回の式典を機に、両館はより長期的で深い協力関係構築へと踏み出す。MVはオーストラリア最大の博物館運営機関であり、現在はメルボルン博物館と王立展示館、移住博物館など3つの博物館が見学可能。収蔵品は計1700万点余りに上り、自然科学からアボリジニ文化、社会・歴史、科学技術など多くの分野を網羅している。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209861

  • 1