KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 陽王鎮
  • 令和
  • 記者
  • 収穫
  • 風景
  • ろう
  • 山河
  • 景観
  • 太原
  • 農民

「王鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
152
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
152
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Mi Fu Bowing to Rock, Wang Zhen (Chinese, 1867-1938), Modern {Chinese period}, 1914, ink and color on paper,
    -
    Mi Fu Bowing to Rock, Wang Zhen (Chinese, 1867-1938), Modern {Chinese period}, 1914, ink and color on paper,

    Mi Fu Bowing to Rock, Wang Zhen (Chinese, 1867-1938), Modern {Chinese period}, 1914, ink and color on paper, 63-1/8 x 35-1/4 in. (image) 103-1/2 x 44-3/8 in. (overall), Asian Art.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023012910508

  •  ?? ??? ??? ??, Still-life with Plum, early 20th century, China, Folding fan mounted as an album leaf;
    -
    ?? ??? ??? ??, Still-life with Plum, early 20th century, China, Folding fan mounted as an album leaf;

    ?? ??? ??? ??, Still-life with Plum, early 20th century, China, Folding fan mounted as an album leaf; ink and color on alum paper, 6 1/8 x 19 in. (15.6 x 48.3 cm), Paintings, Wang Zhensheng (Chinese, 18421922).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050703635

  • 金メダルの王鎮 陸上男子20㌔競歩
    2016年08月13日
    金メダルの王鎮 陸上男子20㌔競歩

    男子20㌔競歩 ガッツポーズでゴールする中国の王鎮。1時間19分14秒で金メダルを獲得した=リオデジャネイロ(共同)

    商品コード: 2016081300155

  •  江蘇省、伝統村落観光の8コースを発表
    2017年06月13日
    江蘇省、伝統村落観光の8コースを発表

    江蘇省徐州市漢王鎮漢王村。(2017年6月13日撮影)中国江蘇省文化観光庁はこのほど、複数の部門と共同で通達を出し、同省の第1期認定伝統村落107カ所のリストを発表し、中でも歴史的な遺産の資源が豊富で、付帯設備が比較的整い、農村観光の発展条件を備えた26の優れた村落を選び出し、これらを巡る伝統村落観光の8コースを打ち出した。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042002995

  •  城隍神を迎える 西安の民俗行事
    2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、パレードで披露された春節を祝う民間の演芸「社火」。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800420

  •  城隍神を迎える 西安の民俗行事
    2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、城隍神を迎えるパレード。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800430

  •  城隍神を迎える 西安の民俗行事
    2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、パレードで太鼓や銅鑼を鳴らす人々。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800422

  •  城隍神を迎える 西安の民俗行事
    2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、城隍神を迎えるパレード。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800418

  •  辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市
    2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、集安市太王鎮銭湾(せんわん)村で部屋の片付けをする民宿経営者の孫継春(そん・けいしゅん)さん。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429760

  •  辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市
    2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、集安市太王鎮銭湾(せんわん)村で自宅を見せてくれた民宿経営者の馬貴生(ば・きせい)さん。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111430359

  •  辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市
    2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、集安市太王鎮銭湾(せんわん)村の景色。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529211

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月29日
    神秘なカルスト洞窟甘粛省隴南市万象洞

    29日、甘粛省隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の外部の様子。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、崩落によって形成されたカルスト洞窟で、洞内は四季を通じて気温が14度前後に保たれている。地質学専門家の調査によると2億5千万年から3億年の歴史があり、中国西北地区で発見された規模が大きく、雄大で奇特、秀麗なカルスト洞窟。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116352

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月29日
    神秘なカルスト洞窟甘粛省隴南市万象洞

    29日、甘粛省隴南市武都区漢王鎮にある万象洞を見学する観光客。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、崩落によって形成されたカルスト洞窟で、洞内は四季を通じて気温が14度前後に保たれている。地質学専門家の調査によると2億5千万年から3億年の歴史があり、中国西北地区で発見された規模が大きく、雄大で奇特、秀麗なカルスト洞窟。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116380

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月29日
    神秘なカルスト洞窟甘粛省隴南市万象洞

    29日、甘粛省隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、崩落によって形成されたカルスト洞窟で、洞内は四季を通じて気温が14度前後に保たれている。地質学専門家の調査によると2億5千万年から3億年の歴史があり、中国西北地区で発見された規模が大きく、雄大で奇特、秀麗なカルスト洞窟。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116688

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月29日
    神秘なカルスト洞窟甘粛省隴南市万象洞

    29日、甘粛省隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、崩落によって形成されたカルスト洞窟で、洞内は四季を通じて気温が14度前後に保たれている。地質学専門家の調査によると2億5千万年から3億年の歴史があり、中国西北地区で発見された規模が大きく、雄大で奇特、秀麗なカルスト洞窟。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月29日
    神秘なカルスト洞窟甘粛省隴南市万象洞

    29日、甘粛省隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、崩落によって形成されたカルスト洞窟で、洞内は四季を通じて気温が14度前後に保たれている。地質学専門家の調査によると2億5千万年から3億年の歴史があり、中国西北地区で発見された規模が大きく、雄大で奇特、秀麗なカルスト洞窟。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110116604

  •  小麦の収穫進む河北省雄安新区
    2019年06月13日
    小麦の収穫進む河北省雄安新区

    13日、雄安新区大王鎮小王村で行われる小麦の収穫作業。中国河北省雄安(ゆうあん)新区ではこのところ、小麦が収穫期を迎え、地元の農家が慌ただしく収穫作業に励んでいる。(雄安=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805619

  •  小麦の収穫進む河北省雄安新区
    2019年06月13日
    小麦の収穫進む河北省雄安新区

    13日、雄安新区大王鎮小王村で行われる小麦の収穫作業。中国河北省雄安(ゆうあん)新区ではこのところ、小麦が収穫期を迎え、地元の農家が慌ただしく収穫作業に励んでいる。(雄安=新華社記者/朱旭東)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805615

  •  小麦の収穫進む河北省雄安新区
    2019年06月13日
    小麦の収穫進む河北省雄安新区

    13日、雄安新区大王鎮小王村で小麦の収穫作業を行う農家。中国河北省雄安(ゆうあん)新区ではこのところ、小麦が収穫期を迎え、地元の農家が慌ただしく収穫作業に励んでいる。(雄安=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805564

  •  小麦の収穫進む河北省雄安新区
    2019年06月13日
    小麦の収穫進む河北省雄安新区

    13日、雄安新区大王鎮小王村で収穫期を迎えた小麦。(小型無人機から)中国河北省雄安(ゆうあん)新区ではこのところ、小麦が収穫期を迎え、地元の農家が慌ただしく収穫作業に励んでいる。(雄安=新華社記者/朱旭東)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805536

  •  小麦の収穫進む河北省雄安新区
    2019年06月13日
    小麦の収穫進む河北省雄安新区

    13日、雄安新区大王鎮小王村で行われる小麦の収穫作業。(小型無人機から)中国河北省雄安(ゆうあん)新区ではこのところ、小麦が収穫期を迎え、地元の農家が慌ただしく収穫作業に励んでいる。(雄安=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805561

  •  小麦の収穫進む河北省雄安新区
    2019年06月13日
    小麦の収穫進む河北省雄安新区

    13日、雄安新区大王鎮小王村で行われる小麦の収穫作業。(小型無人機から)中国河北省雄安(ゆうあん)新区ではこのところ、小麦が収穫期を迎え、地元の農家が慌ただしく収穫作業に励んでいる。(雄安=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805655

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の壁に刻まれた南宋時代の石刻。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704891

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704631

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704703

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704516

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704536

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704622

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704647

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704818

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704835

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の外観。(小型無人機から)中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704892

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704848

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704598

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704613

  •  夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省
    2020年12月03日
    夏涼しく冬暖かい「中国一の鍾乳洞」万象洞を訪ねて甘粛省

    3日、隴南市武都区漢王鎮にある万象洞の内部の様子。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮にある万象洞(ばんしょうどう)は、典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年の歴史を誇る鍾乳洞として知られる。洞内は通年14度前後に保たれ、夏涼しく、冬暖かい。カルスト地形が織りなす豊かな景観を持つ万象洞は、「中国一の鍾乳洞」(華夏第一洞)の美称を持つ。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704713

  •  中国各地に春の訪れ
    2021年04月05日
    中国各地に春の訪れ

    5日、江蘇省句容市天王鎮金山村で花見を楽しむ観光客。春を迎え、中国各地では思い思いに春の風景を楽しむ人々の姿が見られた。(鎮江=新華社配信/鍾学満)=配信日:2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040705889

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (6)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場オーナーの陳道玉(ちん・どうぎょく)さんと話す趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705506

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (11)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、チームメンバーを連れて有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705423

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (15)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、チームメンバーを連れて有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、超加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (14)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、若いチームメンバーに経験を伝える趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705452

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (4)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、チームメンバーを連れて有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705463

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (10)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村の食品加工会社で農産物の加工の現状について話を聞く趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705477

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (3)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場のオーナーに果樹の管理と手入れに関する知識を伝える趙亜夫さん。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705509

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (7)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、土の状態を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴きコメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705456

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (12)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、食品加工会社社長に地元農産物の加工の現状について話を聞く趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705450

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (9)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴きコメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705525

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (8)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場オーナーの陳道玉(ちん・どうぎょく)さん(中央)と土の状態を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705471

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (1)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、家族経営農場オーナーの陳道玉(ちん・どうぎょく)さんと果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(左)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705496

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (2)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村に広がる農地。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705507

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (5)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (13)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705443

  •  (16)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (16)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004185

  •  (23)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (23)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004199

  •  (24)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (24)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004200

  •  (4)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (4)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003071

  •  (6)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (6)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003077

  •  (17)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (17)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004189

  •  (22)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (22)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004201

  •  (10)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (10)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004152

  •  (20)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (20)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004198

  •  (15)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (15)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004186

  •  (13)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (13)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004179

  •  (3)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (3)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003070

  •  (14)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (14)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004181

  •  (3)花卉栽培で農村振興を後押し安徽省
    2021年12月30日
    (3)花卉栽培で農村振興を後押し安徽省

    27日、安徽省淮南市八公山区山王鎮で鉢植えの手入れをする農家の人。中国安徽省の複数の花卉(かき)栽培拠点では真冬でもラベンダーやクレオメソウ、コチョウランなど色とりどりの花が咲き乱れている。同省は花卉産業を中心とした農村振興を進め、環境に配慮した高効率な農業を大いに発展させてきた。美しい花々が地元農民に富をもたらしている。(合肥=新華社配信/陳彬)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005307

  •  (25)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (25)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004205

  •  (11)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (11)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004155

  •  (8)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (8)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004150

  •  (2)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (2)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003061

  •  (21)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (21)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004197

  •  (19)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (19)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004191

  •  (12)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (12)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004180

  •  (1)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (1)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003060

  •  (9)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (9)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004151

  •  (5)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (5)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003072

  •  (26)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (26)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004204

  •  (18)稷益廟の明代壁画山西省新絳県
    2021年12月30日
    (18)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (3)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内の石柱。洞床面の石筍と天井部のつらら石が連結して形成された。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (9)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内で石筍と鍾乳石、石柱が作る独特な景観。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414244

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (4)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内の石柱。洞床面の石筍と天井部のつらら石が連結して形成された。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414085

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (7)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内の石柱。洞床面の石筍と天井部のつらら石が連結して形成された。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414098

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (8)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内で石筍と鍾乳石、石柱が作る独特な景観。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414231

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (6)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内の石柱。洞床面の石筍と天井部のつらら石が連結して形成された。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (1)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内のカルスト景観。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414100

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (2)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内の石筍。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月14日
    (5)2億5千万年を経た鍾乳洞を訪ねて甘粛省隴南市

    2日、万象洞内の石柱。洞床面の石筍と天井部のつらら石が連結して形成された。中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮の「万象洞」は、中国北西部有数の大規模な天然鍾乳洞で、既に36万平方メートルで開発が行われている。地質学の専門家によると、万象洞は典型的なカルスト地形に属し、2億5千万~3億年前に主に崩落によって形成されたとみられ、国内では希少な例となっている。内部はカルスト地形の宝庫で、鍾乳石や石筍(せきじゅん)、石柱など多彩な景観が見られる。(隴南=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011414102

  •  (4)中国各地、早春の農作業が本格化
    2022年02月14日
    (4)中国各地、早春の農作業が本格化

    9日、畑で作業する甘粛省隴南(ろうなん)市武都区漢王鎮馬壩村の農家の人。早春を迎えた中国各地で、土起こしや種まき、肥料散布などの作業が本格的に始まった。農地には活気ある光景が広がっている。(眉山=新華社配信/冉創昌)= 配信日: 2022(令和4)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021409589

  •  (13)春の耕作期到来、中国各地で農作業に励む人々
    2022年03月31日
    (13)春の耕作期到来、中国各地で農作業に励む人々

    29日、河南省三門峡市大王鎮で、農機で土を耕す農家の人。春の耕作シーズンを迎えた中国各地では気温も上がり、農家の人々が農作業に精を出している。(三門峡=新華社配信/杜傑)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033104411

  •  (8)春の農作業に励む中国各地の農家
    2022年04月12日
    (8)春の農作業に励む中国各地の農家

    10日、河北省泊頭市窪里王鎮後高尭村の梨園で、受粉作業をする農家の人。春の耕作シーズンを迎えた中国各地では、農家の人々が畑仕事に精を出している。(泊頭=新華社配信/苑立偉)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041208196

  •  CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)
    2022年06月28日
    CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)

    (220628) -- QINHUANGDAO, June 28, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on June 28, 2022 shows lands under transformation in Liugezhuang Village of Shuangwang Town in Lulong County, north China‘s Hebei Province. Recent years Lulong County has implemented the land transformation of barren hills and wild grass land into terraced fields. Farming facilities including field paths and drainage channels have been constructed to improve agricultural production conditions. (Xinhua/Yang Shiyao)= 配信日: 2022(令和4)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062900253

  •  CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)
    2022年06月28日
    CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)

    (220628) -- QINHUANGDAO, June 28, 2022 (Xinhua) -- Villagers work in a terraced field in Liugezhuang Village of Shuangwang Town in Lulong County, north China‘s Hebei Province, June 28, 2022. Recent years Lulong County has implemented the land transformation of barren hills and wild grass land into terraced fields. Farming facilities including field paths and drainage channels have been constructed to improve agricultural production conditions. (Xinhua/Yang Shiyao)= 配信日: 2022(令和4)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062900275

  •  CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)
    2022年06月28日
    CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)

    (220628) -- QINHUANGDAO, June 28, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on May 18, 2022 shows villagers working in terraced fields in Honghuayu Village of Shuangwang Town in Lulong County, north China‘s Hebei Province. Recent years Lulong County has implemented the land transformation of barren hills and wild grass land into terraced fields. Farming facilities including field paths and drainage channels have been constructed to improve agricultural production conditions. (Xinhua/Yang Shiyao)= 配信日: 2022(令和4)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062900278

  •  CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)
    2022年06月28日
    CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)

    (220628) -- QINHUANGDAO, June 28, 2022 (Xinhua) -- Villagers work in a terraced field in Liugezhuang Village of Shuangwang Town in Lulong County, north China‘s Hebei Province, June 28, 2022. Recent years Lulong County has implemented the land transformation of barren hills and wild grass land into terraced fields. Farming facilities including field paths and drainage channels have been constructed to improve agricultural production conditions. (Xinhua/Yang Shiyao)= 配信日: 2022(令和4)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062900279

  •  CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)
    2022年06月28日
    CHINA-HEBEI-LULONG-LAND TRANSFORMATION (CN)

    (220628) -- QINHUANGDAO, June 28, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on May 18, 2022 shows terraced fields in Honghuayu Village of Shuangwang Town in Lulong County, north China‘s Hebei Province. Recent years Lulong County has implemented the land transformation of barren hills and wild grass land into terraced fields. Farming facilities including field paths and drainage channels have been constructed to improve agricultural production conditions. (Xinhua/Yang Shiyao)= 配信日: 2022(令和4)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062900261

  •  ETHIOPIA-CHINESE MEDICAL TEAM-HEALTH SERVICE
    2022年08月20日
    ETHIOPIA-CHINESE MEDICAL TEAM-HEALTH SERVICE

    (220820) -- ADDIS ABABA, Aug. 20, 2022 (Xinhua) -- Li Wangzhen, an ultrasound specialist of the 23rd batch of the Chinese medical team, conducts medical check-up for a patient at the Ethiopia-China Friendship Hospital, also known as the Tirunesh Beijing Hospital, in the southeastern suburb of Addis Ababa, Ethiopia, Aug. 18, 2022. TO GO WITH “Feature: Chinese medical team provides quality health service in Ethiopia“ (Xinhua/Michael Tewelde)= 配信日: 2022(令和4)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082012301

  •  (11)日めくりカレンダーで中国古代壁画の美しさを堪能
    2022年10月24日
    (11)日めくりカレンダーで中国古代壁画の美しさを堪能

    山西省忻州市五台県の仏光寺にある唐代の「天王鎮妖図」。(資料写真)中国山西省の山西科学技術出版社がこのほど、「山西文物日めくりカレンダー2023年壁画」を出版した。壁画愛好家の王介平(おう・かいへい)氏が編集し、省内に現存する南北朝、北斉、唐、五代十国、北宋、遼、金、元、明、清などの文物保護単位(重要文化財に相当)約30カ所から、優れた壁画300点余りを厳選、毎日1点ずつ解説つきで紹介している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102410363

  •  (SP)KAZAKHSTAN-ASTANA-ATHLETICS-ASIAN INDOOR CHAMPIONSHIPS
    2023年02月11日
    (SP)KAZAKHSTAN-ASTANA-ATHLETICS-ASIAN INDOOR CHAMPIONSHIPS

    (230211) -- ASTANA, Feb. 11, 2023 (Xinhua) -- Wang Zhen of China warms up during the men‘s high jump qualification at the 10th Asian Indoor Athletics Championships in Astana, Kazakhstan on Feb. 11, 2023. (Photo by Kalizhan Ospanov/Xinhua)= 配信日: 2023(令和5)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021115138

  •  (SP)KAZAKHSTAN-ASTANA-ATHLETICS-ASIAN INDOOR CHAMPIONSHIPS
    2023年02月11日
    (SP)KAZAKHSTAN-ASTANA-ATHLETICS-ASIAN INDOOR CHAMPIONSHIPS

    (230211) -- ASTANA, Feb. 11, 2023 (Xinhua) -- Wang Zhen of China competes during the men‘s high jump qualification at the 10th Asian Indoor Athletics Championships in Astana, Kazakhstan on Feb. 11, 2023. (Photo by Kalizhan Ospanov/Xinhua)= 配信日: 2023(令和5)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021115167

  •  (SP)KAZAKHSTAN-ASTANA-ATHLETICS-ASIAN INDOOR CHAMPIONSHIPS
    2023年02月11日
    (SP)KAZAKHSTAN-ASTANA-ATHLETICS-ASIAN INDOOR CHAMPIONSHIPS

    (230211) -- ASTANA, Feb. 11, 2023 (Xinhua) -- Wang Zhen of China warms up during the men‘s high jump qualification at the 10th Asian Indoor Athletics Championships in Astana, Kazakhstan on Feb. 11, 2023. (Photo by Kalizhan Ospanov/Xinhua)= 配信日: 2023(令和5)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021115171

  • 1
  • 2