KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 中欧班列
  • 令和
  • 欧州
  • 記者
  • 出発
  • 一帯一路
  • 通関
  • 経由
  • 貿易
  • 到着

「班列」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
936
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
936
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  両手を広げ世界を受け入れる中国
    2017年08月02日
    両手を広げ世界を受け入れる中国

    河北省鄭州市の鄭州鉄道コンテナセンター駅で、大型のガントリークレーンを使った「中欧班列」への貨物の積込作業(2017年8月2日撮影)。中国は改革開放の40年、両手を大きく広げ、世界を抱き寄せた。閉鎖または半閉鎖の状態から全方位的開放への偉大な転換を実現した。新時代を迎えた中国は、時代の趨勢の先頭に立ち、開放を拡大し、帆をあげて出航する。(北京=新華社記者/李安)=2017(平成29)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100276

  • カザフ走る「中欧班列」 カザフで存在感高める中国
    2017年09月02日
    カザフ走る「中欧班列」 カザフで存在感高める中国

    カザフスタンを走る中国と欧州を列車でつなぐ「中欧班列」(共同)

    商品コード: 2017090201713

  •  「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
    2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、トラック上のコンテナ貨物をつり下げて発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」に積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501723

  •  「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
    2017年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、トラック上のコンテナ貨物をつり下げて発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」に積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2017(平成29)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501796

  •  「中欧班列」武漢線始発駅の改修・拡張工事が完了
    2018年01月30日
    「中欧班列」武漢線始発駅の改修・拡張工事が完了

    1月30日、改修を終えた呉家山駅に進入する列車。【新華社武漢】中国湖北省武漢市の呉家山駅改修・拡張工事が1月30日に竣工した。この「中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)」始発駅は工事完了後、華中地域(河南省、湖北省、湖南省)における中欧物流集散地形成に大きな力になることが期待されている。武漢線を運営する武漢漢欧国際物流公司によると、2017年の武漢線の「中欧班列」運行数は377本、貨物輸送量は3万4千TEU(20フィート標準コンテナ換算)に達している。今年の輸送量は前年比30%以上増の500本に達する見通しで、この始発駅貨物輸送能力がさらに要求される。(梅濤)=2018(平成30)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500831

  •  「中欧班列」武漢線始発駅の改修・拡張工事が完了
    2018年01月30日
    「中欧班列」武漢線始発駅の改修・拡張工事が完了

    1月30日、改修を終えた湖北省武漢市の呉家山駅で発車を待つ列車。【新華社武漢】中国湖北省武漢市の呉家山駅改修・拡張工事が1月30日に竣工した。この「中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)」始発駅は工事完了後、華中地域(河南省、湖北省、湖南省)における中欧物流集散地形成に大きな力になることが期待されている。武漢線を運営する武漢漢欧国際物流公司によると、2017年の武漢線の「中欧班列」運行数は377本、貨物輸送量は3万4千TEU(20フィート標準コンテナ換算)に達している。今年の輸送量は前年比30%以上増の500本に達する見通しで、この始発駅貨物輸送能力がさらに要求される。(梅濤)=2018(平成30)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500862

  •  「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目
    2018年03月07日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    中国製の車両部品、食品原料、家具・電気製品、日用品などをいっぱいに積み込み、西安新筑(しんちく)駅からドイツのハンブルクに向けて出発するX8001中欧班列。(3月7日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309826

  •  開放性の維持による貿易促進は中独の共同利益に合致
    2018年04月16日
    開放性の維持による貿易促進は中独の共同利益に合致

    2018年4月16日、ドイツ西部の都市デュースブルクのDIT貨物場に停車する国際定期貨物列車「中欧班列」のコンテナ。中国とドイツの国交が樹立されてからの46年間、特に中国の改革開放の40年間は、両国の経済貿易協力が急速に発展し、かつてない「成功のストーリー」を描き出し、双方に堅実な利益をもたらしてきた。まさにヨゼフ・ブラムル・ドイツ外交政策協会研究員が述べたように、中国やドイツなどの貿易大国にとって、経済発展を助けることができるのは自由貿易だけなのだ。両国は長年にわたり、一貫してグローバル化と自由貿易の支持者かつ受益者であり続けてきた。(北京=新華社記者/羅歓歓)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200443

  •  両手を広げ世界を受け入れる中国
    2018年04月26日
    両手を広げ世界を受け入れる中国

    ベルギーのアントワープに向かい河北省の唐山港京唐港区を出発する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車、4月26日撮影)。唐山港京唐港区では同日、中欧班列が正式的に開通した。中国は改革開放の40年、両手を大きく広げ、世界を抱き寄せた。閉鎖または半閉鎖の状態から全方位的開放への偉大な転換を実現した。新時代を迎えた中国は、時代の趨勢の先頭に立ち、開放を拡大し、帆をあげて出航する。(北京=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100338

  •  「中欧班列」「中亜班列」で企業の専用列車が急増安徽省
    2018年04月30日
    「中欧班列」「中亜班列」で企業の専用列車が急増安徽省

    安徽省合肥市で荷物の積み込み作業を行う、同市の自動車メーカー江淮汽車(JAC)の「専用列車」。中亜班列の「江淮号」は2018年より運行を開始した。(2018年4月撮影)中国と「一帯一路」沿線諸国の経済・貿易の結び付きが深まるにつれて、国内外の各業界、企業の貨物輸送への需要も伸び続けている。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」と中国と中央アジアを結ぶ「中亜班列」でも、企業の専用貨物列車が増加しており、多くの貨物が「相乗り列車」ではなく、専用列車で輸送されている。(合肥=新華社配信)=2018(平成30)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111302864

  •  18年上半期の中国経済成長率、6·8%
    2018年05月07日
    18年上半期の中国経済成長率、6·8%

    5月7日、青島膠州湾国際物流パークで、大型クレーンが中国と中央アジアを結ぶ国際定期貨物列車である中亜(青島)国際班列に貨物を積み込む様子。中国国家統計局は16日、経済データを発表した。初歩的な計算によると、上半期の国内総生産(GDP)は41兆8961億元で、不変価格で計算すると、成長率は前年比6・8増だった。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700715

  •  「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目
    2018年05月11日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    ウズベキスタンの緑豆1066トンを載せた「中亜班列」(中国〜中央アジアを結ぶ国際定期貨物列車)の帰り便がタシュケントから西安新筑(しんちく)駅に到着した。(5月11日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309886

  •  唐山-アントワープ間の初の「中欧班列」、ベルギーに到着
    2018年05月12日
    唐山-アントワープ間の初の「中欧班列」、ベルギーに到着

    12日、ベルギーのアントワープ港の貨物ヤードに到着した唐山-アントワープ間を結ぶ初の国際貨物列車。中国の唐山とベルギーのアントワープを結ぶ初の国際定期貨物列車「中欧班列」が12日、16日間の走行を終えてアントワープに到着した。同日の歓迎式に出席したアントワープ港湾局国際関係部のアルヌーツ部長は、これはベルギーと中国の貿易関係史におけるマイルストーンだと述べた。(ブリュッセル=新華社記者/葉平凡)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400609

  •  唐山-アントワープ間の初の「中欧班列」、ベルギーに到着
    2018年05月12日
    唐山-アントワープ間の初の「中欧班列」、ベルギーに到着

    12日、ベルギーのアントワープ港の貨物ヤードに到着した唐山-アントワープ間を結ぶ初の国際貨物列車。中国の唐山とベルギーのアントワープを結ぶ初の国際定期貨物列車「中欧班列」が12日、16日間の走行を終えてアントワープに到着した。同日の歓迎式に出席したアントワープ港湾局国際関係部のアルヌーツ部長は、これはベルギーと中国の貿易関係史におけるマイルストーンだと述べた。(ブリュッセル=新華社記者/葉平凡)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400571

  •  唐山-アントワープ間の初の「中欧班列」、ベルギーに到着
    2018年05月12日
    唐山-アントワープ間の初の「中欧班列」、ベルギーに到着

    12日、ベルギーのアントワープ港の貨物ヤードに到着した国際貨物列車「中欧班列」の荷下ろしの様子。中国の唐山とベルギーのアントワープを結ぶ初の国際定期貨物列車「中欧班列」が12日、16日間の走行を終えてアントワープに到着した。同日の歓迎式に出席したアントワープ港湾局国際関係部のアルヌーツ部長は、これはベルギーと中国の貿易関係史におけるマイルストーンだと述べた。(ブリュッセル=新華社記者/葉平凡)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400551

  •  「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目
    2018年05月15日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    西安市の隋唐長安城東遺跡で出土した遺物を調査する中国社会科学院考古研究所西安唐城考古チームの責任者、李春林(り・しゅんりん)氏(左)とチームメンバーの王子奇(おう・しき)氏。(5月15日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309890

  •  「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目
    2018年05月15日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    西安市の隋唐長安城東市遺跡で出土した底部に墨で「■(■が欠字)家酒店」と書かれた壺の底部破片を見せる考古学者。(5月15日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309870

  •  ハンブルクの「中欧班列」
    2018年05月29日
    ハンブルクの「中欧班列」

    5月29日、ドイツのハンブルクで「中欧班列」の貨物を下ろすコンテナクレーン。ハンブルク港はドイツ最大の港湾であり、欧州でも2番目に大きいコンテナ港だ。同国における「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の重要なターミナルの一つでもある。2017年末時点で、「中欧班列」は中国の38都市と、欧州13カ国の36都市との間で運行されている。「よりスピーディーで効果的、信頼できる」輸送サービスとして、中国と欧州の物流貨物輸送分野で独自の地位を築いている。(ハンブルク=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500280

  •  開放性の維持による貿易促進は中独の共同利益に合致
    2018年05月29日
    開放性の維持による貿易促進は中独の共同利益に合致

    2018年5月29日、独ハンブルグで、タワークレーンが「中欧班列」のコンテナをトラックに積み込んでいる。中国とドイツの国交が樹立されてからの46年間、特に中国の改革開放の40年間は、両国の経済貿易協力が急速に発展し、かつてない「成功のストーリー」を描き出し、双方に堅実な利益をもたらしてきた。まさにヨゼフ・ブラムル・ドイツ外交政策協会研究員が述べたように、中国やドイツなどの貿易大国にとって、経済発展を助けることができるのは自由貿易だけなのだ。両国は長年にわたり、一貫してグローバル化と自由貿易の支持者かつ受益者であり続けてきた。(北京=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200453

  •  ハンブルクの「中欧班列」
    2018年05月29日
    ハンブルクの「中欧班列」

    5月29日、ドイツハンブルクのEurokombiターミナルに入線する「中欧班列」。ハンブルク港はドイツ最大の港湾であり、欧州でも2番目に大きいコンテナ港だ。同国における「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の重要なターミナルの一つでもある。2017年末時点で、「中欧班列」は中国の38都市と、欧州13カ国の36都市との間で運行されている。「よりスピーディーで効果的、信頼できる」輸送サービスとして、中国と欧州の物流貨物輸送分野で独自の地位を築いている。(ハンブルク=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500287

  •  ハンブルクの「中欧班列」
    2018年05月29日
    ハンブルクの「中欧班列」

    5月29日、ドイツのハンブルクで、「中欧班列」で運ばれて来たコンテナをトラックに積み込むコンテナクレーン。ハンブルク港はドイツ最大の港湾であり、欧州でも2番目に大きいコンテナ港だ。同国における「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の重要なターミナルの一つでもある。2017年末時点で、「中欧班列」は中国の38都市と、欧州13カ国の36都市との間で運行されている。「よりスピーディーで効果的、信頼できる」輸送サービスとして、中国と欧州の物流貨物輸送分野で独自の地位を築いている。(ハンブルク=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500279

  •  ハンブルクの「中欧班列」
    2018年05月29日
    ハンブルクの「中欧班列」

    5月29日、ドイツのハンブルクの「中欧班列」で運ばれた貨物を保管する倉庫。ハンブルク港はドイツ最大の港湾であり、欧州でも2番目に大きいコンテナ港だ。同国における「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の重要なターミナルの一つでもある。2017年末時点で、「中欧班列」は中国の38都市と、欧州13カ国の36都市との間で運行されている。「よりスピーディーで効果的、信頼できる」輸送サービスとして、中国と欧州の物流貨物輸送分野で独自の地位を築いている。(ハンブルク=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500286

  •  ハンブルクの「中欧班列」
    2018年05月29日
    ハンブルクの「中欧班列」

    5月29日、ドイツのハンブルクにあるコンテナ倉庫で、「中欧班列」のコンテナをトラックに積み込むリーチスタッカー。ハンブルク港はドイツ最大の港湾であり、欧州でも2番目に大きいコンテナ港だ。同国における「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の重要なターミナルの一つでもある。2017年末時点で、「中欧班列」は中国の38都市と、欧州13カ国の36都市との間で運行されている。「よりスピーディーで効果的、信頼できる」輸送サービスとして、中国と欧州の物流貨物輸送分野で独自の地位を築いている。(ハンブルク=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500245

  •  「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目
    2018年06月13日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    中欧班列に「乗せられた」輸入車ボルボ(VOLVO)が、西安国際港務区にある西安鉄道コンテナセンター駅に到着した。(6月13日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309934

  •  「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目
    2018年06月13日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    中欧班列に「乗せられ」西安に到着した輸入車ボルボ(VOLVO)が、西安国際港務区にある西安鉄道コンテナセンター駅から運び出されている。(6月13日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091310040

  •  通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年
    2018年08月09日
    通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年

    9日、「中欧班列」ウルムチ集散センターに停車する、積荷を満載にした定期列車。「一帯一路」構想の提唱以来、千年の歴史を持つ古代シルクロードが新たな活気を放っている。シルクロード経済ベルトの美しい光景として、中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易協力や互恵・ウィンウィンを加速させただけでなく、中国内陸市場と中央アジアやヨーロッパの市場を結ぶターミナルとしての新疆の位置づけをますます際立たせてきた。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400378

  •  通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年
    2018年08月09日
    通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年

    9日、操業2年間の「中欧班列」ウルムチ集散センターで、車両を操縦して貨物を運ぶ作業員。「一帯一路」構想の提唱以来、千年の歴史を持つ古代シルクロードが新たな活気を放っている。シルクロード経済ベルトの美しい光景として、中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易協力や互恵・ウィンウィンを加速させただけでなく、中国内陸市場と中央アジアやヨーロッパの市場を結ぶターミナルとしての新疆の位置づけをますます際立たせてきた。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400346

  •  通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年
    2018年08月09日
    通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年

    9日撮影した操業2年間の「中欧班列」ウルムチ集散センター。「一帯一路」構想の提唱以来、千年の歴史を持つ古代シルクロードが新たな活気を放っている。シルクロード経済ベルトの美しい光景として、中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易協力や互恵・ウィンウィンを加速させただけでなく、中国内陸市場と中央アジアやヨーロッパの市場を結ぶターミナルとしての新疆の位置づけをますます際立たせてきた。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400360

  •  通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年
    2018年08月09日
    通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年

    9日、「中欧班列」ウルムチ集散センターで、荷積みを待つ定期列車。「一帯一路」構想の提唱以来、千年の歴史を持つ古代シルクロードが新たな活気を放っている。シルクロード経済ベルトの美しい光景として、中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易協力や互恵・ウィンウィンを加速させただけでなく、中国内陸市場と中央アジアやヨーロッパの市場を結ぶターミナルとしての新疆の位置づけをますます際立たせてきた。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400344

  •  通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年
    2018年08月09日
    通路がターミナルに変身「中欧班列」ウルムチ集散センター操業2年

    9日、「中欧班列」ウルムチ集散センターで、クレーンを操縦して荷降ろしをする作業員。「一帯一路」構想の提唱以来、千年の歴史を持つ古代シルクロードが新たな活気を放っている。シルクロード経済ベルトの美しい光景として、中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は、中国と「一帯一路」沿線諸国の貿易協力や互恵・ウィンウィンを加速させただけでなく、中国内陸市場と中央アジアやヨーロッパの市場を結ぶターミナルとしての新疆の位置づけをますます際立たせてきた。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400404

  •  中欧班列、累計運行本数が1万本に
    2018年08月26日
    中欧班列、累計運行本数が1万本に

    26日、湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅でハンブルグと武漢を結ぶ中欧班列X8044便からの荷卸しをする作業員。中欧班列(中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車)X8044便が26日、中国湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着し、中欧班列の累計運行本数は1万本に達した。中欧班列は2011年の運行開始以来、急速に発展し、規模・本数が急拡大してきた。「一帯一路」建設の代表的な成果となった現在、「一帯一路」沿線を駆け抜ける「鉄のキャラバン」に例えられている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715084

  •  中欧班列、累計運行本数が1万本に
    2018年08月26日
    中欧班列、累計運行本数が1万本に

    26日、湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着したハンブルグと武漢を結ぶ中欧班列X8044便。(小型無人機から)中欧班列(中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車)X8044便が26日、中国湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着し、中欧班列の累計運行本数は1万本に達した。中欧班列は2011年の運行開始以来、急速に発展し、規模・本数が急拡大してきた。「一帯一路」建設の代表的な成果となった現在、「一帯一路」沿線を駆け抜ける「鉄のキャラバン」に例えられている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715501

  •  中欧班列、累計運行本数が1万本に
    2018年08月26日
    中欧班列、累計運行本数が1万本に

    26日、湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着したハンブルグと武漢を結ぶ中欧班列X8044便。中欧班列(中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車)X8044便が26日、中国湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着し、中欧班列の累計運行本数は1万本に達した。中欧班列は2011年の運行開始以来、急速に発展し、規模・本数が急拡大してきた。「一帯一路」建設の代表的な成果となった現在、「一帯一路」沿線を駆け抜ける「鉄のキャラバン」に例えられている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715592

  •  中欧班列、累計運行本数が1万本に
    2018年08月26日
    中欧班列、累計運行本数が1万本に

    26日、湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着したハンブルグと武漢を結ぶ中欧班列X8044便。中欧班列(中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車)X8044便が26日、中国湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着し、中欧班列の累計運行本数は1万本に達した。中欧班列は2011年の運行開始以来、急速に発展し、規模・本数が急拡大してきた。「一帯一路」建設の代表的な成果となった現在、「一帯一路」沿線を駆け抜ける「鉄のキャラバン」に例えられている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715244

  •  中欧班列、累計運行本数が1万本に
    2018年08月26日
    中欧班列、累計運行本数が1万本に

    26日、湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅でハンブルグと武漢を結ぶ中欧班列X8044便からの荷卸しをする作業員。中欧班列(中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車)X8044便が26日、中国湖北省武漢市の呉家山コンテナ鉄路センター駅に到着し、中欧班列の累計運行本数は1万本に達した。中欧班列は2011年の運行開始以来、急速に発展し、規模・本数が急拡大してきた。「一帯一路」建設の代表的な成果となった現在、「一帯一路」沿線を駆け抜ける「鉄のキャラバン」に例えられている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715136

  •  中国の18年輸出入総額、過去最高を更新
    2018年08月31日
    中国の18年輸出入総額、過去最高を更新

    貨物を積んだ「中亜班列」(中国と中央アジア、西アジア、南アジア諸国をつなぐ国際定期貨物列車)の「斉魯(さいろ)号」は、山東省威海市を出発してウズベキスタンの首都タシケントへ向かった。(2018年8月31日撮影)中国の税関総署が14日に発表したデータによると、中国の2018年の輸出入の合計は前年比9・7%増の30兆5100億元(1元=約16円)で、2017年の史上最高額を2兆7千億元上回った。(威海=新華社配信/唐克)=2018(平成30)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610864

  •  「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
    2018年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」にコンテナ貨物を積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501756

  •  「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
    2018年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」にコンテナ貨物を積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501757

  •  「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
    2018年09月25日
    「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    重慶市団結村駅で、発車前の中国とシンガポールを結ぶ「中新班列」にコンテナ貨物を積載するガントリークレーン。(2018年9月25日撮影)中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。(重慶=新華社記者/唐奕)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501794

  •  中欧班列、中国·ポーランド青少年友好交流を推進
    2018年09月25日
    中欧班列、中国·ポーランド青少年友好交流を推進

    25日、中国語を勉強するポーランドのウッチ第1小学校の児童。中国四川省成都市青白江区外国語小学校とポーランドのウッチ第1小学校が25日、ポーランドのウッチ市で友好校協定を締結。2015年の成都市とウッチ市の友好都市締結に続く、両都市の人的、文化交流・協力の新たな成果となった。2013年に成都市青白江区からウッチ市に至る中欧班列(蓉欧快速鉄道)が開通してから5年間、両都市を往復する列車本数は絶えず増加し、双方の経済・貿易、教育、文化などの分野における交流・協力を力強く推進している。(ウッチ=新華社記者/陳序)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825635

  •  中欧班列、中国·ポーランド青少年友好交流を推進
    2018年09月25日
    中欧班列、中国·ポーランド青少年友好交流を推進

    25日、ポーランドのウッチ第1小学校で、同国の小学生に中国の食べ物を紹介する成都市青白江区外国語小学校の教師、李艶(り・えん)さん。中国四川省成都市青白江区外国語小学校とポーランドのウッチ第1小学校が25日、ポーランドのウッチ市で友好校協定を締結。2015年の成都市とウッチ市の友好都市締結に続く、両都市の人的、文化交流・協力の新たな成果となった。2013年に成都市青白江区からウッチ市に至る中欧班列(蓉欧快速鉄道)が開通してから5年間、両都市を往復する列車本数は絶えず増加し、双方の経済・貿易、教育、文化などの分野における交流・協力を力強く推進している。(ウッチ=新華社記者/陳序)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825639

  •  「中欧班列」、青海省デリンハ市からロシアへ初運行
    2018年10月09日
    「中欧班列」、青海省デリンハ市からロシアへ初運行

    9日、デリンハ市貨物運送ターミナルを出発し、ロシアのバルナウルへ向かう国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が9日、青海省海西モンゴル族チベット族自治州徳令哈(デリンハ)市からロシアのバルナウルへ向け出発した。同「中欧班列」は41両編成で、一般的な20フィートコンテナ82基分の塩化マグネシウム製品が積み込まれている。デリンハ市を出発し、ユーラシア大陸橋の西部ルートに沿い、西寧市、蘭州市、ウルムチ市を通り、阿拉山口市で中国を出国、カザフスタン経由でロシアのバルナウルに到達する。中国国内区間3450キロ、国外区間895キロ、合計4345キロを約12日間かけて走行する。(デリンハ=新華社記者/張宏祥)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111650

  •  「中欧班列」、青海省デリンハ市からロシアへ初運行
    2018年10月09日
    「中欧班列」、青海省デリンハ市からロシアへ初運行

    9日、デリンハ市貨物運送ターミナルでロシアのバルナウルへの出発を待つ国際定期貨物列車「中欧班列」。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が9日、青海省海西モンゴル族チベット族自治州徳令哈(デリンハ)市からロシアのバルナウルへ向け出発した。同「中欧班列」は41両編成で、一般的な20フィートコンテナ82基分の塩化マグネシウム製品が積み込まれている。デリンハ市を出発し、ユーラシア大陸橋の西部ルートに沿い、西寧市、蘭州市、ウルムチ市を通り、阿拉山口市で中国を出国、カザフスタン経由でロシアのバルナウルに到達する。中国国内区間3450キロ、国外区間895キロ、合計4345キロを約12日間かけて走行する。(デリンハ=新華社記者/張宏祥)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111519

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュのコンテナターミナルでリエージュから鄭州へ向かう中欧班列の出発式に出席した来賓。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925496

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュのコンテナターミナルでリエージュから鄭州へ向かう中欧班列の出発式に出席した河南省の何金平(か・きんぺい)副省長(前列左)とベルギー・ワロン地域政府のピエール・イブ・ジェオレ(Pierre-YvesJeholet)副大統領。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925541

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュで中欧班列新路線協力協定に調印する中国とベルギーの代表。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925526

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュから鄭州へ向かう中欧班列の一番列車をスマートフォンで撮影するスタッフ。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925590

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュで行われた中欧班列新路線開通記者会見で発言する河南省の何金平(か・きんぺい)副省長(左から3人目)。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925516

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュのコンテナターミナルで出発するリエージュから鄭州へ向かう中欧班列の一番列車。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925615

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュで中欧班列新路線協力協定の調印後に握手する中国とベルギーの代表。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925501

  •  ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始
    2018年10月24日
    ベルギー·リエージュと鄭州を結ぶ中欧班列、運行開始

    24日、ベルギー・リエージュで行われた中欧班列新路線開通記者会見場で撮影した、中国とベルギーの協力を象徴するスマーフ(ベルギーの漫画家ピエール・クリフォールの作品に登場するキャラクター)の置物。中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が24日、37基のコンテナを積んでベルギー・リエージュのコンテナターミナルから目的地の中国河南省鄭州に向けて出発し、ベルギーと中国を結ぶ3路線目の中欧班列の正式な開通を示した。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925489

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.67
    2018年10月30日
    「新華社」西安とラトビア·リガを結ぶ中欧班列、運行開始

    10月30日午後4時20分、貨物を満載した国際貨物列車「中欧班列」(西安)がゆっくりと中国陝西省西安市の新築駅を出発した。一路西へ向かうこの列車の出発は、同市とラトビアの首都リガを結ぶ中欧班列が運行を開始したことを意味している。今年、西安を出発した中欧班列は既に累計千本以上に達している。今回運行を開始した西安-リガ間の中欧班列は、西安市の新築駅を出発し、新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口市で口岸(通関地)を通過。カザフスタン、ロシア、ベラルーシなどの国々を経由してリガに至る、総延長約9千キロの路線となっている。合計41両のコンテナ車を積載し、輸送貨物は約千トン、主に機械部品や日用品、食品、繊維制品などを運ぶ。中欧班列(西安)はこれまで、西安から中央アジア5カ国やイランのテヘラン、ドイツのハンブルク、フィンランドのコウボラ、ハンガリーのブダペスト、ポーランドのワルシャワ、ベルギーのヘント、イタリアのミラノ、ベラルーシのミンスク、ロシア、ラトビアのリガまで計11路線を運行しており、中央アジアと欧州の主要貨物供給地をほぼ完全に網羅している。(記者/李華、蔡馨逸)<映像内容>国際貨物列車「中欧班列」運行の様子、撮影日:2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209787

  •  邯鄲とモスクワ結ぶ定期貨物列車が運行開始全長9500キロ
    2018年11月28日
    邯鄲とモスクワ結ぶ定期貨物列車が運行開始全長9500キロ

    28日、邯鄲貨物ターミナルで出発を待つ邯鄲‐モスクワ間中欧班列の1番列車。中国河北省邯鄲市とロシアのモスクワを結ぶ中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が28日、コンテナ41個の貨物を積んで邯鄲貨物ターミナルから出発した。全線距離は9500キロで15日間かけ走行する。(邯鄲=新華社配信/彭亜峰)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310355

  •  邯鄲とモスクワ結ぶ定期貨物列車が運行開始全長9500キロ
    2018年11月28日
    邯鄲とモスクワ結ぶ定期貨物列車が運行開始全長9500キロ

    28日、邯鄲貨物ターミナルで出発を待つ邯鄲‐モスクワ間中欧班列の1番列車。中国河北省邯鄲市とロシアのモスクワを結ぶ中欧班列(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)が28日、コンテナ41個の貨物を積んで邯鄲貨物ターミナルから出発した。全線距離は9500キロで15日間かけ走行する。(邯鄲=新華社配信/彭亜峰)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310973

  •  今年初運行の「中欧班列」、義烏を出発
    2019年01月04日
    今年初運行の「中欧班列」、義烏を出発

    4日、今年初運行の「中欧班列」(義烏-マドリード)が、義烏鉄道口岸(通関地)を出発した。今年初めて運行される中国浙江省金華市義烏市(ぎうし、金華市の管轄下にある県級市)とスペイン・マドリードを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が4日、90TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積み込み、義烏鉄道口岸(通関地)を出発した。(金華=新華社配信/呂斌)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700753

  •  今年初運行の「中欧班列」、義烏を出発
    2019年01月04日
    今年初運行の「中欧班列」、義烏を出発

    4日、今年初運行の「中欧班列」(義烏-マドリード)が、義烏鉄道口岸(通関地)を出発した。今年初めて運行される中国浙江省金華市義烏市(ぎうし、金華市の管轄下にある県級市)とスペイン・マドリードを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が4日、90TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積み込み、義烏鉄道口岸(通関地)を出発した。(金華=新華社配信/呂斌)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700697

  •  今年初運行の「中欧班列」、義烏を出発
    2019年01月04日
    今年初運行の「中欧班列」、義烏を出発

    4日、浙江省金華市義烏市の鉄道口岸(通関地)で、作業員が点検の済んだコンテナをクレーンで吊り上げ、中欧班列に載せている。今年初めて運行される中国浙江省金華市義烏市(ぎうし、金華市の管轄下にある県級市)とスペイン・マドリードを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が4日、90TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積み込み、義烏鉄道口岸(通関地)を出発した。(金華=新華社配信/呂斌)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700698

  •  「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供
    2019年01月19日
    「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供

    19日、空から見た「長安号優良輸入品週末市」の会場。(小型無人機から)中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202869

  •  「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供
    2019年01月19日
    「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供

    19日、「長安号優良輸入品週末市」の会場で、コンテナ内のラック前でカーゴリストをチェックするスタッフ。中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202861

  •  「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供
    2019年01月19日
    「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供

    19日、「長安号優良輸入品週末市」の会場を散策する市民。中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202905

  •  「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供
    2019年01月19日
    「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供

    19日、「長安号優良輸入品週末市」でカザフスタン製の食用油を購入する市民。中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202870

  •  「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供
    2019年01月19日
    「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供

    19日、「長安号優良輸入品週末市」で食品を購入する市民。中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202863

  •  「一帯一路」を支える遠距離夫婦進化する「あけおめコール」
    2019年01月22日
    「一帯一路」を支える遠距離夫婦進化する「あけおめコール」

    四川省綿陽市の家で、父の曹玉強さんとビデオ通話をする子ども。(1月22日撮影)中国四川省綿陽市の李玲(り・れい)さん(39)が夫と「しばしの別れ」をしてから150日が過ぎた。夫の曹玉強(そう・ぎょくきょう)さんは遠洋航海船の船長で、現在地中海を航行中だ。今年は2人が離ればなれで過ごす4度目の春節(旧正月)となる。曹さんは「21世紀海上シルクロード」を航海しており、李さんが働く綿陽駅では、貨物を満載した成都始発の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が1日に何本も通過していく。「21世紀海上シルクロード」を行く船であれ「シルクロード経済ベルト」を行く中欧班列であれ、いずれも「一帯一路」沿線の往来を日増しに緊密化させている。(成都=新華社配信/朱琳琳)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621586

  •  「一帯一路」を支える遠距離夫婦進化する「あけおめコール」
    2019年01月22日
    「一帯一路」を支える遠距離夫婦進化する「あけおめコール」

    綿陽駅で乗客を案内する李玲さん(左)。(1月22日撮影)中国四川省綿陽市の李玲(り・れい)さん(39)が夫と「しばしの別れ」をしてから150日が過ぎた。夫の曹玉強(そう・ぎょくきょう)さんは遠洋航海船の船長で、現在地中海を航行中だ。今年は2人が離ればなれで過ごす4度目の春節(旧正月)となる。曹さんは「21世紀海上シルクロード」を航海しており、李さんが働く綿陽駅では、貨物を満載した成都始発の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が1日に何本も通過していく。「21世紀海上シルクロード」を行く船であれ「シルクロード経済ベルト」を行く中欧班列であれ、いずれも「一帯一路」沿線の往来を日増しに緊密化させている。(成都=新華社配信/朱琳琳)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621515

  •  「一帯一路」を支える遠距離夫婦進化する「あけおめコール」
    2019年01月25日
    「一帯一路」を支える遠距離夫婦進化する「あけおめコール」

    春節(旧正月)を前に、四川省綿陽市の家で航行中の夫の曹玉強さんとビデオ通話をする李玲さんとその家族。(1月25日撮影)中国四川省綿陽市の李玲(り・れい)さん(39)が夫と「しばしの別れ」をしてから150日が過ぎた。夫の曹玉強(そう・ぎょくきょう)さんは遠洋航海船の船長で、現在地中海を航行中だ。今年は2人が離ればなれで過ごす4度目の春節(旧正月)となる。曹さんは「21世紀海上シルクロード」を航海しており、李さんが働く綿陽駅では、貨物を満載した成都始発の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が1日に何本も通過していく。「21世紀海上シルクロード」を行く船であれ「シルクロード経済ベルト」を行く中欧班列であれ、いずれも「一帯一路」沿線の往来を日増しに緊密化させている。(成都=新華社配信/朱琳琳)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621537

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、「中欧班列年越し用品フェア」で商品を購入する西安市民。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918404

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、「中欧班列年越し用品フェア」で商品を購入する西安市民。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918823

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、「中欧班列年越し用品フェア」で商品を購入する西安市民。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918496

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、カザフスタンから輸入した蜂蜜を見せるEC企業、西安駱駝客電子商務のスタッフ。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918489

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、西安新築駅に到着した中欧班列X9020。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918653

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、「中欧班列年越し用品フェア」で商品を購入する西安市民。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918934

  •  中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市
    2019年01月27日
    中欧班列が年越し用品市場を豊かに陝西省西安市

    27日、中欧班列で輸入した食用油をチェックするEC企業、西安駱駝客電子商務のスタッフ。食品、食用油、赤ワインなどの商品を詰み込みカザフスタン南部の経済中心都市アルマトイを出発した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)X9020が27日、6日間の長旅を経て中国鉄道西安局集団の西安新築駅に無事到着した。今年1月1日以来、西安に到着した29本目の「洋年貨(輸入年越し用品)」専用列車だ。春節(旧正月)を控え、消費者が「中欧班列」の運んで来た輸入年越し用品を手軽に購入できるよう、西安は「第1回中欧班列年越し用品フェア」を開催。欧州、中央アジアの40以上の国・地域からの商品は、西安の年越し用品市場をより豊かにしている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918925

  •  「中欧班列」「中亜班列」で企業の専用列車が急増安徽省
    2019年01月31日
    「中欧班列」「中亜班列」で企業の専用列車が急増安徽省

    合肥貨物輸送センターを出発する、安徽省蕪湖市の自動車メーカー奇瑞汽車の乗用車を積んだ同社の「専用列車」。(2019年1月撮影)中国と「一帯一路」沿線諸国の経済・貿易の結び付きが深まるにつれて、国内外の各業界、企業の貨物輸送への需要も伸び続けている。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」と中国と中央アジアを結ぶ「中亜班列」でも、企業の専用貨物列車が増加しており、多くの貨物が「相乗り列車」ではなく、専用列車で輸送されている。(合肥=新華社配信)=2019(平成31)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111302728

  •  「新華社」「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
    01:35.28
    2019年02月15日
    「新華社」「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現

    中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。重慶市の韓宝昌(かん・ほうしょう)プロジェクト管理局長は次のように説明した。現在、「陸海新ルート」の三つの物流方式はいずれも常態化した運行が実現している。(これまでの運行本数は)鉄道・海運の複合輸送で805本、当初の週1便から毎日の双方向運行となった。また国際鉄道連絡輸送(重慶~ベトナム・ハノイ)は55本、重慶~ASEANの国境を跨いだ道路輸送が661本となっている。シンガポール、日本、オーストラリア、ドイツを含めた71の国と地域の155の港をカバーしている。「陸海新ルート」はすでに「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)と長江黄金水道の連結を実現し、シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロードの有機的なつながりを初歩的に実現している。(記者/張海舟)<映像内容>中国重慶市などの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501716

  •  中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始
    2019年03月02日
    中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始

    2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅を出発する中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」列車。(小型無人機から)中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」が2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅から出発し、中欧班列(鄭州)初の越境電子商取引(EC)ルートが正式に開通した。このルートは中国河南省鄭州とベルギーのリエージュを結んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502646

  •  中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始
    2019年03月02日
    中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始

    2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅を出発する中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」列車。(小型無人機から)中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」が2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅から出発し、中欧班列(鄭州)初の越境電子商取引(EC)ルートが正式に開通した。このルートは中国河南省鄭州とベルギーのリエージュを結んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502729

  •  中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始
    2019年03月02日
    中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始

    2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅で出発を待つ中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」列車。中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」が2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅から出発し、中欧班列(鄭州)初の越境電子商取引(EC)ルートが正式に開通した。このルートは中国河南省鄭州とベルギーのリエージュを結んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502645

  •  中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始
    2019年03月02日
    中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始

    2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅で出発を待つ中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」列車。中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」が2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅から出発し、中欧班列(鄭州)初の越境電子商取引(EC)ルートが正式に開通した。このルートは中国河南省鄭州とベルギーのリエージュを結んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502704

  •  中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始
    2019年03月02日
    中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始

    2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅で出発を待つ中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」列車。中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」が2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅から出発し、中欧班列(鄭州)初の越境電子商取引(EC)ルートが正式に開通した。このルートは中国河南省鄭州とベルギーのリエージュを結んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502712

  •  中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始
    2019年03月02日
    中欧班列(鄭州)初の越境EC専用路線運行開始

    2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅で出発を待つ中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」列車。中国とヨーロッパを結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列(鄭州)の「菜鳥号」が2日、中鉄聨合国際コンテナ有限公司鄭州センター駅から出発し、中欧班列(鄭州)初の越境電子商取引(EC)ルートが正式に開通した。このルートは中国河南省鄭州とベルギーのリエージュを結んでいる。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502752

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.67
    2019年03月05日
    「新華社」ウルムチ集合センターの「中欧班列」始発本数が新記録達成

    中国鉄路ウルムチ局集団有限公司の担当者によると、今年に入りすでに100本近くの国際定期貨物列車「中欧班列」が新疆ウイグル自治区のウルムチ集合センターから国外に向け出発した。また、2018年の同センター発の列車は前年比41・2%増の1002本となり、2016年と2017年の合計本数を上回り年間本数の新記録を達成した。同センターを始発駅とする西行きの国際定期貨物列車路線は、現在すでに20路線となり、中央アジアと欧州の19カ国26都市にアクセスしている。ウルムチを国際陸港区にし、「通路経済」から「港湾経済」へと転換していくため、同センターでは現在、能力増強と効率向上を積極的に進めている。現在、新疆ウイグル自治区内外の輸出入企業82社と共同で集荷連盟を設立し、定期貨物列車の貨物供給源の組織を広東省、浙江省、北京市、上海市、重慶市など10余りの省と直轄市に広げ、中国企業の海外進出のために重要な支援を提供している。「一帯一路」の核心エリア建設に対し重要な支援を提供するため、ウルムチでは現在、ウルムチ鉄道西駅国際口岸貿易区や総合保税区などを主要区域とする国際陸港区を建設している。ウルムチ集合センター中欧班列の作業線は現在の2線から15線に拡充され、列車編成の効率が現在の3倍になる見込みだ。(記者/周生斌、符暁波)<映像内容>ウルムチ集合センターの風景、国際定期貨物列車「中欧班列」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502616

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:41.30
    2019年03月15日
    「新華社」「中欧班列」の運行本数が2千本にウルムチ集結センター

    貨物を満載した国際定期貨物列車「中欧班列」が15日、中国新疆ウイグル自治区のウルムチ集散センター駅を出発し、ロシアのクラスノダールに向かった。これにより、同センターが2016年に運用開始してからの「中欧班列」の累計運行本数が2千本に達した。「中欧班列」の路線は増え続けており、通関効率も絶えず向上している。輸送の所要時間は1カ月余りから10日前後に短縮され、国際市場における中国製品の競争力を引き上げた。中央アジア諸国の良質な小麦や肉を満載した何本もの復路定期列車が、この通関地を経由して中国に入ってきており、製品はその後、中国国内の市場で販売される。ウルムチ集結センターは、西は新疆と中央アジア、欧州を結ぶ国際物流ルートの起点となり、東は内陸都市や沿海港湾と結ばれており、「東に連なり西に出る」という役割がますます際立っている。(記者/周生斌、符暁波)<映像内容>国際定期貨物列車「中欧班列」運行の様子など、撮影日:2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000315

  •  「中欧班列」「中亜班列」で企業の専用列車が急増安徽省
    2019年03月31日
    「中欧班列」「中亜班列」で企業の専用列車が急増安徽省

    安徽省合肥市のバスメーカー、安凱汽車が設計した中欧班列の「専用列車」コンテナは特殊な固定装置を備え、高速な鉄道輸送でも貨物のバランスを保つことができる。(2019年3月撮影)中国と「一帯一路」沿線諸国の経済・貿易の結び付きが深まるにつれて、国内外の各業界、企業の貨物輸送への需要も伸び続けている。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」と中国と中央アジアを結ぶ「中亜班列」でも、企業の専用貨物列車が増加しており、多くの貨物が「相乗り列車」ではなく、専用列車で輸送されている。(合肥=新華社配信)=2019(平成31)年3月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111302763

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で発車を待つ成都行きの中欧班列第1便。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801444

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で成都行きの中欧班列の第1便を撮影する人。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801552

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で行われた第1便出発式典でテープカットする同国と中国のゲスト。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801583

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で成都行きの中欧班列の第1便を撮影する人々。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801472

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で成都行きの中欧班列の第1便を撮影する人。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で発車を待つ成都行きの中欧班列第1便。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801500

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で発車を待つ成都行きの中欧班列第1便。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801565

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月04日
    ルクセンブルク発成都行きの中欧班列が正式運行

    4日、ルクセンブルク・デュドランジュ鉄道駅で発車を待つ成都行きの中欧班列第1便。ルクセンブルクから中国四川省成都市に向かう「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の第1便が4日、CFLマルチモーダル社のデュドランジュ鉄道駅を発車した。列車はドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンなどを経由し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から中国に入り、15日後に成都国際鉄道港に到着する予定。(ルクセンブルク=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801566

  •  「新華社」独ポルシェのスポーツカー、「中欧班列」で中国へ
    00:51.15
    2019年05月09日
    「新華社」独ポルシェのスポーツカー、「中欧班列」で中国へ

    独高級車メーカー、ポルシェはこのほど、国際定期貨物列車「中欧班列」を利用した中国へのスポーツカー輸出を開始した。輸送所要時間は海上輸送に比べて3週間短縮された。ポルシェの広報担当者の話によると、毎週2便の「中欧班列」が4月から、同社のスポーツカーを重慶に輸送している。各便44基のコンテナにスポーツカー88台が積載される。「一帯一路」建設により、同社のスポーツカーはより迅速に中国市場に届けられるようになったという。ポルシェの鉄道輸送を手配している独ヘルマン・ワールドワイド・ロジスティックスは、「中欧班列」による輸送の所要時間は18日間だと明らかにした。ポルシェが3月末に発表した情報によると、同社が2018年に海上輸送で中国に輸出したスポーツカーは約8万台。中国はポルシェブランドの納車台数が最大の単一市場となっている。同社は今後、中国への輸出における鉄道輸送の比率を11%に引き上げる計画だ。(記者/王平平、沈忠浩)<映像内容>ポルシェが中欧班列で中国に輸出開始の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901169

  •  湖南省初の「中亜班列」出発長沙市
    2019年06月07日
    湖南省初の「中亜班列」出発長沙市

    7日、湖南省長沙市北駅を出発する同省初の「中亜班列」。中国湖南省長沙市でこのほど、中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車「中亜班列」がコンテナ54台を載せて出発した。これは同省を出発する初の「中亜班列」で、内陸に位置する同省が「一帯一路」建設の新たなプラットフォームを構築したことを意味する。列車は約10日後、ウズベキスタンとカザフスタンに到着する。(長沙=新華社配信/長沙金霞経済開発区提供)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:長沙金霞経済開発区/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403761

  •  湖南省初の「中亜班列」出発長沙市
    2019年06月07日
    湖南省初の「中亜班列」出発長沙市

    7日、湖南省長沙市北駅を出発する同省初の「中亜班列」。中国湖南省長沙市でこのほど、中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車「中亜班列」がコンテナ54台を載せて出発した。これは同省を出発する初の「中亜班列」で、内陸に位置する同省が「一帯一路」建設の新たなプラットフォームを構築したことを意味する。列車は約10日後、ウズベキスタンとカザフスタンに到着する。(長沙=新華社配信/長沙金霞経済開発区提供)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:長沙金霞経済開発区/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403760

  •  第1回中国-中東欧国家博覧会開催浙江省寧波市
    2019年06月08日
    第1回中国-中東欧国家博覧会開催浙江省寧波市

    8日、会場にある中国浙江省義烏市とスペイン・マドリードを結ぶ国際定期貨物列車「義新欧」中欧班列の模型に展示された商品を見る来場者。中国浙江省寧波市で8日、第1回中国-中東欧国家博覧会が開幕した。今回の博覧会は「開放と協力の深化、手を携えた互恵とウィンウィン」をテーマに、メインフォーラムや東欧国家イメージ展、欧州商品展など20余りのイベントが行われる。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001281

  •  「広東省製」完成車、初めて中欧班列で輸出
    2019年09月10日
    「広東省製」完成車、初めて中欧班列で輸出

    広東省東莞市の広東石竜鉄道国際物流センターで、「広汽伝祺」のGSシリーズ乗用車を検査する黄埔税関の職員。(資料写真)中国の自動車大手である広州汽車集団が手掛ける国産ブランド「広汽伝祺」のGSシリーズ乗用車4台を積み込んだ「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)がこのほど、広東省東莞市の広東石竜鉄道国際物流センターを出発し、ロシアのボルシノ駅へと向かった。同センターにとって初めての完成車輸出業務で、同省の地元自動車メーカーが「中欧班列」を通じて完成車を「一帯一路」沿線国へ輸出するのも今回が初めて。(広州=新華社配信/広東石竜鉄道国際物流センター提供)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:広東石竜鉄道国際物流センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101864

  •  満洲里駅経由の「中欧班列」が5千本に内モンゴル自治区
    2019年09月25日
    満洲里駅経由の「中欧班列」が5千本に内モンゴル自治区

    25日、ロシア・エカテリンブルクへの出発を待つ満洲里駅を経由する5千本目の中欧班列。日用品を満載した42両編成のコンテナ専用貨物列車が25日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市が管轄する県級市、満洲里市の満洲里駅を出発し、ロシアのエカテリンブルクに向かった。中国鉄路ハルビン局集団によると、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が2013年に運行を開始して以来、これが同駅を経由して出入境する5千本目の列車だという。(ハルビン=新華社配信/中国鉄路ハルビン局集団提供)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:中国鉄路ハルビン局集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101906

  •  「新華社」中欧班列に新路線、越境EC商品を迅速に配送浙江省義烏市
    01:53.44
    2019年10月11日
    「新華社」中欧班列に新路線、越境EC商品を迅速に配送浙江省義烏市

    中国長江デルタ地域初の越境電子商取引(EC)「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の「義新欧鉄道」(浙江省義烏市とベルギーのリエージュを結ぶ列車)「eWTP(世界電子貿易プラットフォーム)菜鳥号」が9日午前、義烏市で正式に運行を開始、中欧班列にまた一つ新ルートが加わった。列車は義烏市を出発し、カザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランド、ドイツの5カ国を経由し欧州の地理的中心地であるベルギーのリエージュに向かう。越境ECの商品はリエージュ到着後、菜鳥網路科技有限公司がリエージュに設けた物流拠点eHUBや、欧州地域の幹線ネットワークと末端配送ネットワークを経由し、迅速に欧州の他の国々へ配送されていく。試算によると、品物が義烏市から直接欧州へ送られることで、以前の積み替え輸送に比べ1日から2日到着が早まるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>中欧班列の新路線が運航開始、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101843

  •  連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始
    2019年10月15日
    連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始

    連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車の運行が始まった。(15日撮影)自動車部品や日用品を積んだ41両編成の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)がこのほど、江蘇省連雲港市の中国カザフスタン物流基地から出発した。新ユーラシア・ランドブリッジ、カスピ海横断国際輸送ルートを経由して、アゼルバイジャンのバクー港およびカスピ海横断鉄道沿線の各駅に向う。これによって、連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際貨物列車の定期運行が始まった。(連雲港=新華社配信/李海波)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019102407050

  •  連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始
    2019年10月15日
    連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始

    連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車の運行が始まった。(15日撮影)自動車部品や日用品を積んだ41両編成の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)がこのほど、江蘇省連雲港市の中国カザフスタン物流基地から出発した。新ユーラシア・ランドブリッジ、カスピ海横断国際輸送ルートを経由して、アゼルバイジャンのバクー港およびカスピ海横断鉄道沿線の各駅に向う。これによって、連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際貨物列車の定期運行が始まった。(連雲港=新華社配信/李海波)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019102407083

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...