KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • ろう
  • 記者
  • 令和
  • 同地
  • 青島市
  • 歴史
  • 地域
  • 始皇帝
  • だい
  • ツーリズム

「琅琊」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2018年10月16日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    山東省沂南県にある諸葛亮故里記念館の正門。(2018年10月16日撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501667

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2018年10月16日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    山東省沂南県にある諸葛亮故里記念館の様子。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070501674

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2018年10月16日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501695

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2018年10月16日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070501671

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2018年10月16日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。(2018年10月撮影)中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501629

  •  「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕
    2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、東晋の女性の装飾品を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702937

  •  「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕
    2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、山西省大同市石家寨(せっかさい)村の北魏司馬金龍夫妻の合葬墓から出土した列女古賢漆絵屏風を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703576

  •  「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕
    2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、江蘇省丹陽市の斉(南朝)帝陵から出土した、木の下の賢士を題材とする画像磚(がぞうせん)とその拓本を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703318

  •  「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕
    2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、江蘇省南京市の南朝墓から出土した陶牛車などの文化財を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702872

  •  「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕
    2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、山西省大同市の北魏墓から出土した彩絵伎楽陶俑(手前)などの文化財を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702830

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2019年07月03日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    3日、山東省沂南県の諸葛亮故里記念館に展示されている諸葛亮の生涯を描いた木版レリーフ。中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070501662

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2019年07月03日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    3日、山東省沂南県の諸葛亮故里記念館に安置されている諸葛亮の像。中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070501696

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2019年07月03日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    3日、山東省沂南県の諸葛亮故里記念館に展示されている諸葛亮の生涯を描いた木版レリーフ。中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070501681

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2019年07月03日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    3日、山東省沂南県の諸葛亮故里記念館。中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501636

  •  諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県
    2019年07月03日
    諸葛孔明の故郷を訪ねて山東省沂南県

    3日、山東省沂南県の諸葛亮故里記念館に安置されている諸葛亮の像。中国の後漢末期から三国時代にかけての政治家・軍事家、諸葛亮(孔明)の出身地は「三国志・諸葛亮伝」によると琅琊(ろうや)郡陽都県とされており、現在の山東省臨沂(りんぎ)市沂南県にあたる。県内の磚埠(せんふ)鎮諸葛村には諸葛亮故里記念館があり、敷地面積は3360平方メートル。館内には諸葛亮の像や本人と子孫に関する資料が展示されている。庭には隋代から唐代初期に植えられたとされる銀杏の古木がある。記念館の正殿中央には諸葛亮の像が安置されており、周囲の壁には生涯を描いた14枚の木版レリーフが飾られている。(臨沂=新華社配信/麻傑)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070501639

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、記念撮影をする日本代表のスズキ・アヤ(AyaSuzuki)さん。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700321

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700370

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、記念撮影をするために、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前に集まった美女選手たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700375

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700451

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、「四時節令鼓」の打ち方を学ぶ美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700477

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台を訪れた美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700318

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、「四時節令鼓」の打ち方を学ぶ日本代表のスズキ・アヤ(AyaSuzuki)さん。(奥中央)2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700457

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700470

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、「四時節令鼓」の打ち方を学ぶ日本代表のスズキ・アヤ(AyaSuzuki)さん。(中央)。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700364

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700484

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊文化陳列館の入り口付近で記念撮影をする日本代表のスズキ・アヤ(AyaSuzuki)さん。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に扶桑国に渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700411

  •  ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問
    2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊文化陳列館の入り口付近で記念撮影をする日本代表のスズキ・アヤ(AyaSuzuki)さん。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700414

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊台遺跡の発掘状況を説明する合同調査チームの彭峪(ほう・よく)さん。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602792

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊台遺跡で出土した秦漢時代の石造りの道について説明する発掘チームのメンバー。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602856

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊台遺跡で見つかった排水口の穴があけられた床石。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602795

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊台遺跡の発掘現場。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602811

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊台遺跡の発掘現場。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602831

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊遺跡で出土した陶製排水管。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602812

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、排水管の仕組みと構造を説明する発掘チームのメンバー(左から2人目)。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602785

  •  皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    2019年12月21日
    皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    21日、琅琊台遺跡で出土した陶製排水管。中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602771

  •  「新華社」皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土
    01:40.43
    2019年12月25日
    「新華社」皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。山東省文物考古研究院と青島市文物保護考古研究所の合同調査チームは10月末、国家文物局の許可を得て、琅琊台遺跡の発掘調査を正式に開始した。遺跡は西海岸新区琅琊鎮にあり、山頂部分の版築土台(大台)と海辺の版築土台(小台)の2カ所からなる。発掘調査は秦漢時代の琅琊文化の解明を主眼に実施された。頂上部の第1発掘地点では、3本の整った陶製配管が整然と並ぶ様子が見て取れた。配管は太く厚みがあり、両端の口径を変えることで連結できるようになっている。現代の排水管によく似ている。第1発掘地点からそれほど遠くない場所にある第2発掘地点では、秦漢時代の石造りの床に開けられた排水口が見つかった。くぼみを作るように敷かれた六つの大小異なる石の中心部の石に四角形の小さな穴が開けられている。穴の形状と精密な作りから室内排水用だと暫定的に判断された。秦漢時代の政治の中心は陝西省一帯であり、琅琊台は山東地域でも数少ない同時代の皇帝巡幸に関わる遺跡とされる。文献には秦の始皇帝や漢の皇帝が琅琊台に巡幸したと記されており、今回の発掘調査を見ても、この場所にかつて皇帝と直接関わりのある格式の高い皇室建造物が存在していた可能性は排除できない。果たしてどのような皇室建造物だったのか。考古学界の見解は現時点で一致していない。ある者はきらびやかな行宮だったといい、ある者は始皇帝が建てた祭祀台だったと推測する。琅琊台の発掘調査がさらに進展すれば、始皇帝が何故同地を3度も巡幸したかという千年の歴史の謎も明らかにされるかもしれない。(記者/李紫恒)<映像内容>琅琊台遺跡の考古発掘調査、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322933

  •  (1)山水を彩る伝統風景建築中国十大名亭を訪ねて
    2021年04月09日
    (1)山水を彩る伝統風景建築中国十大名亭を訪ねて

    安徽省滁州(じょしゅう)市琅琊山風景区にある酔翁亭。(2015年12月8日撮影)亭(てい、ちん)は中国人が作りだした風景建造物で、水辺や山中に立ち、風景に彩りを添える。休憩や納涼、観賞の場としても使われ、中国の庭園には欠かせない存在となっている。開放式の構造で壁はなく、屋根は六角形や八角形、円形など各種様式がある。高所に築けば眼下を見渡すことができ、山前に築けば山の高さを際立たせることができる。水辺にあれば水面に倒影の趣を添え、林にあれば見え隠れする姿が奥ゆかしさを感じさせる。全国各地に点在する亭は風格もさまざまで、それぞれが秀麗な姿を持つ。その多くに重厚な歴史と文化があり、歴代の帝王や文人墨客が足跡を残している。数多くの亭の中でも酔翁亭、蘭亭、陶然亭、愛晩亭、滄浪亭、歴下亭、沈香亭、真趣亭、湖心亭、翠微亭が中国十大名亭として知られている。(滁州=新華社記者/王頌)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909400

  • 1