KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • エルデニ
  • ダライ・ラマ
  • チベット仏教寺院
  • 乾隆帝
  • 令和
  • 創設
  • 博士
  • 塔院
  • 完成
  • 宿舎

「理藩院」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年11月26日
    (10)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の涼州会談展示室にあるサキャ・パンディタの座像(複製品)。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612961

  • 2021年11月26日
    (12)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺のパンチェン・ラマ6世第1展示室。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612966

  • 2021年11月26日
    (2)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の「写寿班禅聖僧併賛」碑。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612379

  • 2021年11月26日
    (11)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺に伝わるパンチェン・ラマ6世献上の大利益銅鈴杵(れいしょ、密教法具の金剛鈴と金剛杵)の複製品。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613164

  • 2021年11月26日
    (15)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の牌坊(はいぼう)。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613470

  • 2021年11月26日
    (21)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の側門。(7月23日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613592

  • 2021年11月26日
    (18)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の清浄化城塔(側面)。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613552

  • 2021年11月26日
    (16)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の清浄化城塔。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613556

  • 2021年11月26日
    (8)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の涼州会談第2展示室。涼州会談は1247年に行われたチベット仏教の高僧サキャ・パンディタとモンゴルの王族コデンの会談で、チベットがモンゴルに従属することが決まった。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612886

  • 2021年11月26日
    (6)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の大雄宝殿。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612888

  • 2021年11月26日
    (1)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の「清浄化城塔記」碑。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中段にある西黄寺は、東黄寺と並び、黄寺または双黄寺とも呼ばれる。清代には理藩院が直轄する重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持った。現在は国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。創建は1651(順治8)年で、清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として建てられ、1652年に完成した。1780(乾隆45)年には、乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れたパンチェン・エルデニ6世が同寺で逝去し、乾隆帝が「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。パンチェン・エルデニ10世は1987年、同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設した。中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を担う高級人材を養成する最高学府であり、その創設は、「活仏(高僧)」や「格西(博士)」の養成を「経院式教学(従来の寺院教育)」から教室での集団教育へ変える初めての試みとなった。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112611788

  • 2021年11月26日
    (19)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の清浄化城塔と牌坊(はいぼう、手前)。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613585

  • 2021年11月26日
    (22)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の門殿。(7月23日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613586

  • 2021年11月26日
    (23)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の門殿。(7月23日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613590

  • 2021年11月26日
    (14)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の清浄化城塔。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613314

  • 2021年11月26日
    (9)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の涼州会談展示室にあるコデンの胸像(複製品)。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612932

  • 2021年11月26日
    (25)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺境内の中国チベット語系高級仏教学院。(7月23日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613587

  • 2021年11月26日
    (24)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の再建記念碑。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613591

  • 2021年11月26日
    (17)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の清浄化城塔(背面)。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613555

  • 2021年11月26日
    (13)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺のパンチェン・ラマ6世展示室の内部。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613163

  • 2021年11月26日
    (4)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺のチベット仏教学術制度第2展示室。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612880

  • 2021年11月26日
    (5)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の垂花門と清浄化城塔。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612889

  • 2021年11月26日
    (7)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の慧香閣と蔵経殿。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112612891

  • 2021年11月26日
    (20)北京のチベット仏教寺院、西黄寺を訪ねて

    西黄寺の天王殿と鐘楼、鼓楼。(7月24日撮影)中国北京市朝陽区安定門外の黄寺路中心部に位置する西黄寺は、東黄寺とともに「黄寺」や「双黄寺」と呼ばれている。清代の理藩院が直轄した重要な皇室寺院で、ダライ・ラマとパンチェン・エルデニの北京での滞在地として、チベット仏教界で大きな影響を持つ。同寺は清朝政府がダライ・ラマ5世を迎えるための宿舎として1651(順治8)年に造営を開始し、1652年に完成した。1780(乾隆45)年にはパンチェン・エルデニ6世が乾隆帝の誕生祝いのため北京を訪れ、同寺での滞在中に逝去。乾隆帝は「清浄化城塔」と「清浄化城塔院」を建立した。1987年には、パンチェン・エルデニ10世が同寺に中国チベット語系高級仏教学院を創設。同学院は中国チベット仏教の研究、教育、寺院管理を行う高度な仏教人材を養成する最高学府であるとともに、チベット仏教における「活仏」(高僧)や「格西」(博士に相当する最高学位)の養成教育を「経院式教学」(中国チベット寺院教育)から教室での集団教育へ変えた歴史的先駆者とされる。同寺は現在、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112613559

  • 1