KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 人々
  • 令和
  • 歴史
  • 紹介
  • 一文
  • 一般
  • 上陸
  • 京城
  • 任務
  • 北京

「琉球国」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
51
( 1 51 件を表示)
  • 1
51
( 1 51 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1954年02月22日
    尚詮(しょうせん)

    沖縄の現況を語る尚詮(しょうせん)氏(最後の琉球国王・尚泰の孫)=1954(昭和29)年2月22日(29年内地2377)

    商品コード: 2012072300197

  • 1996年02月22日
    厳しいオーディション突破 沖縄舞踊団が開会式に出演

    昨年9月、アトランタで開かれたジャパンフェスト95で熱演する「琉球国祭り太鼓USA」のメンバー=アトランタのボタニカルガーデン(共同)

    商品コード: 1996022200037

  • 1996年02月22日
    厳しいオーディション突破 沖縄舞踊団が開会式に出演

    昨年9月、アトランタで開かれたジャパンフェスト95で熱演する「琉球国祭り太鼓USA」のメンバー=アトランタのボタニカルガーデン(共同)

    商品コード: 1996022200038

  • 1996年12月07日
    復元された「御後絵」 よみがえる琉球王の肖像画

    沖縄戦で焼失した歴代琉球国王の肖像画「御後絵(おごえ)」を復元した画家の佐藤文彦さん=沖縄県立芸大

    商品コード: 1996120700038

  • 1999年05月20日
    首里城跡 首里城跡など世界遺産に

    )、内政302S、22日付朝刊用、解禁厳守  世界遺産への推薦が決まった琉球国王の居城「首里城跡」=15日午前、那覇市で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1999052000143

  • 1999年07月31日
    披露された琉球国祭り太鼓 地域の新しい祭りを披露

    ふるさと文化フェスティバルで披露された「琉球国祭り太鼓」=7月31日午後、大阪市港区

    商品コード: 1999073100078

  • 2000年01月01日
    「琉球国王」が平和祈念 首里城で新春の儀式

    2000円札のデザインになった守礼門で知られる那覇市の首里城公園で、新春を祝う琉球王朝の正月儀式「朝拝御規式(ちょうはいおきしき)」が再現され、国王(手前右端)が観光客のシャッター音が響く中、新年の平和平穏を祈念した=1日午前

    商品コード: 2000010100058

  • 2000年09月24日
    らでん細工の印ろう 琉球国王ゆかりの資料展示

    )、社会02S  首里城公園南殿で公開される螺鈿(らでん)細工の印ろう「黒漆獅子牡丹螺鈿印籠」

    商品コード: 2000092400004

  • 2000年12月04日
    公表された書簡 琉球国王の書簡を公表

    琉球国王尚泰から薩摩藩の家老島津石見(久浮)に送られた書簡

    商品コード: 2000120400109

  • 2000年12月31日
    首里城公園の太鼓群舞 各地で世紀変わりイベント

    那覇市の首里城公園で大みそかイベント「二十一世紀の幕開け」が十二月三十一日夜開催され、オープニングで「琉球国祭り太鼓」の舞い納めが披露された。同公園が「世界遺産登録」と世紀越えを祝賀し企画したもので、南国沖縄としては冷たい強風が吹きつけるなか大勢の観客が詰めかけ勇壮な太鼓群舞に酔いしれていた。

    商品コード: 2000123100068

  • 2001年09月14日
    薩摩藩主・島津義久の書状 琉球王に上洛を進言

    薩摩藩主の島津義久が琉球国王の尚寧に送った書状

    商品コード: 2001091400099

  • 2002年08月26日
    浦添ようどれの墓室内部 琉球国王の墓室を初公開

    13世紀後半に造営されたとされる琉球国王の墓「浦添ようどれ」の墓室内部=26日午後、沖縄県浦添市

    商品コード: 2002082600164

  • 2002年08月26日
    石棺内部 琉球国王の墓室を初公開

    「浦添ようどれ」の墓室内の石棺内部。火葬されたとみられる、一部が焦げた遺骨が葬られていた=26日午後、沖縄県浦添市

    商品コード: 2002082600165

  • 2002年09月01日
    「御額拝見」の儀 首里城で扁額2枚を復元

    首里城で再現された「御額拝見(おんがくはいけん)」の儀で、中国からの冊封使(さっぽうし・列後方のかさをかぶった人々)を出迎える琉球国王(列の先頭)ら=1日午前10時、那覇市

    商品コード: 2002090100020

  • 2003年05月17日
    首里城のサミット参加首脳 首里城で最後のひととき

    琉球国王や王妃の衣装を着た地元の人と記念写真に納まる太平洋・島サミットを終えた各国首脳ら=17日午後、那覇市の首里城公園

    商品コード: 2003051700089

  • 2003年12月12日
    本を手にする佐藤文彦さん 琉球国王の肖像画収録

    歴代琉球国王の肖像画を復元、収録した本を手にする佐藤文彦さん

    商品コード: 2003121200003

  • 2006年03月17日
    王冠 琉球尚家資料など国宝に

    「琉球国王尚家関係資料」の「王冠」

    商品コード: 2006031700199

  • 2007年01月25日
    茶菓子を振る舞う女性 琉球国王の書院復元

    復元された木造建築「鎖之間」で、沖縄伝統の茶菓子を振る舞う女性=25日午前、那覇市

    商品コード: 2007012500117

  • 2007年01月25日
    復元された木造建築 琉球国王の書院復元

    約70年ぶりに復元された首里城の木造建築「鎖之間」(左)と「書院」=25日午前、那覇市

    商品コード: 2007012500116

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年06月02日
    琉球国祭り太鼓と獅子舞 被災地支援の感謝伝えたい

    麗水万博の「ジャパンデー」で披露された沖縄県の琉球国祭り太鼓と獅子舞=2日、韓国・麗水市(共同)

    商品コード: 2012060200578

  • 2014年08月25日
    (めどるま・たけお) 目取真武雄

    琉球国際祭り太鼓の演出家、目取真武雄(めどるま・たけお)=2009年6月2日、東京・汐留の共同通信社

    商品コード: 2014082500555

  • 2015年07月11日
    家紋が逆のチラシ 琉球王家家紋が逆向きに

    琉球国王・尚家の家紋のともえが誤って逆向きに印刷されたチラシ(左)と正しいチラシ

    商品コード: 2015071100327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月06日
    琉球国王の催事用衣装 収蔵品395点が焼失か

    火災で一部がすすけて変色した琉球国王の催事用衣装(復元)=6日午後、那覇市

    商品コード: 2019120605094

  • 2019年12月27日
    斎藤さんと寄贈する品々 琉球国王ゆかりの盃寄贈へ

    14代斎藤用之助さんと沖縄県立博物館・美術館に寄贈する盃など=26日、佐賀市

    商品コード: 2019122701814

  • 2020年01月01日
    城内歩く国王役ら 琉球国王、優雅に登場

    見物客の前を歩く琉球王国時代の国王役と王妃役=1日、那覇市の首里城公園

    商品コード: 2020010100145

  • 2020年01月01日
    宴の国王役と王妃役 琉球国王、優雅に登場

    新春の宴に登場した琉球王国時代の国王役と王妃役=1日、那覇市の首里城公園

    商品コード: 2020010100149

  • 2020年01月01日
    国王役と王妃役 琉球国王、優雅に登場

    新春の宴に登場した琉球王国時代の国王役と王妃役=1日、那覇市の首里城公園

    商品コード: 2020010100148

  • 2020年02月08日
    目録手渡す14代用之助さん 琉球ゆかりの盃を寄贈

    11代斎藤用之助が持ち帰った琉球国王ゆかりの盃など(奥)を沖縄県立博物館・美術館に寄贈し、首里城復興のための県に宛てた寄付金の目録を田名真之館長(右)に手渡す14代用之助さん=8日午後、那覇市

    商品コード: 2020020801349

  • 2020年02月08日
    盃などと14代用之助さん 琉球ゆかりの盃を寄贈

    11代斎藤用之助が持ち帰った琉球国王ゆかりの盃など(中央)を沖縄県立博物館・美術館に寄贈した14代用之助さん(左)。右は田名真之館長=8日午後、那覇市

    商品コード: 2020020801351

  • 2020年02月08日
    寄贈した14代用之助さん 琉球ゆかりの盃を寄贈

    11代斎藤用之助が持ち帰った琉球国王ゆかりの盃などを沖縄県立博物館・美術館に寄贈した14代用之助さん=8日午後、那覇市

    商品コード: 2020020801350

  • 2020年12月30日
    (5)航海の歴史をひも解く、中国古代航海文物展が開幕上海市

    28日、航海文物展に展示された、明の崇禎帝による琉球国王冊封の勅諭。中国上海市浦東新区臨港新城にある中国航海博物館で28日、「海はすぐそこに-中国古代航海文物展」が開幕した。天津市や遼寧省、上海市などの25の博物館から航海に関する文化財160点以上を一堂に集め、科学技術や歴史、貿易、文化といった観点で人類の航海の歴史を紹介している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001370

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の建物内の大広間。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004672

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球漆器。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004676

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている三線(サンシン)と中国の拳法家、周子和(しゅう・しわ)が使っていた刀剣(手前)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004674

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球王国の首里城とその周辺地域を記した屏風。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004671

  • 2021年02月09日
    (3)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている冊封使船の模型。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700054

  • 2021年02月09日
    (5)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている康熙56(1717)年に冊封副使・徐葆光(じょ・ほこう)が著した中国から琉球までの「針路図」(航海図)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004295

  • 2021年02月09日
    (6)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球国の史書。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004296

  • 2021年02月09日
    (4)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球人形と琉球漆器、紅型(びんがた、琉球染物)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004298

  • 2021年02月09日
    (8)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球漆器の皿。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004299

  • 2021年02月09日
    (11)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている明清時代の琉球冊封使に関する資料。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004306

  • 2021年02月09日
    (2)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)にある「後天井」(奥の中庭)の様子。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608943

  • 2021年02月09日
    (1)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    16日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球最初の正史「中山世鑑(ちゅうざんせいかん)」。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700033

  • 2021年02月09日
    (7)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球人の墓碑。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004297

  • 2021年02月10日
    (19)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の石造りの中庭。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004310

  • 2021年02月10日
    (13)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球のシーサー。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004307

  • 2021年02月10日
    (18)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の石造りの中庭。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004311

  • 2021年02月10日
    (20)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球の「石敢當」(左側、中国由来の魔よけの石碑や石標)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004312

  • 2021年02月10日
    (12)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている那覇の茶器。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004305

  • 2021年02月10日
    (17)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の外観。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004309

  • 2021年02月10日
    (15)中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の入り口。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004308

  • 1