KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ユネスコ
  • 中華民国
  • 人類
  • 令和
  • 傑作
  • 先頭
  • 千年
  • 口承
  • 四つ
  • 悠久

「琴棋書画」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    日光東照宮

    キーワード:日光東照宮、陽明門、彫刻(琴棋書画)写真=撮影年月日不明、栃木、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019112704721

  • -
    琴棋書画図, The Four Elegant Accomplishments (Kin ki sho ga), Edo period (1615–1868), ca. 1788, Japan,

    琴棋書画図, The Four Elegant Accomplishments (Kin ki sho ga), Edo period (1615–1868), ca. 1788, Japan, Triptych of polychrome woodblock prints; ink and color on paper, 15 x 30 in. (38.1 x 76.2 cm), Prints, Kitagawa Utamaro (Japanese, 1753?–1806), The Four Elegant Accomplishments were the highly esteemed cultural activities of Chinese literati. Here, Utamaro parodies the venerable tradition by setting a contemporary version in an Edo pleasure house.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021081010764

  • 2010年10月20日
    落札されたふすま絵 狩野派のふすま絵戻る

    競売で落札され、竜安寺に戻った「琴棋書画図」のうち2面=20日午後、京都市右京区

    商品コード: 2010102000475

  • 2021年10月06日
    (1)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている独幽琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605339

  • 2021年10月06日
    (2)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている飛泉琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605341

  • 2021年10月06日
    (3)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている昭陵精一子題琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605342

  • 2021年10月06日
    (7)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている寒泉漱石琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605344

  • 2021年10月06日
    (9)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている酔濤琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605348

  • 2021年10月06日
    (8)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている鳳皇琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605346

  • 2021年10月06日
    (6)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている鶴鳴秋月琴(下)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605349

  • 2021年10月06日
    (4)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている祝公望琴(上)と海月清暉琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605343

  • 2021年10月06日
    (11)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている瀏陽礼楽局七弦琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605350

  • 2021年10月06日
    (10)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている程午加制琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605345

  • 2021年10月06日
    (5)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている万暦十年明琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605347

  • 2021年10月06日
    (12)悠久の調べ古琴の魅力に触れる湖南省博物館

    9月29日、湖南省博物館で展示されている古琴の制作道具。中国湖南省長沙市の湖南省博物館は53面の古琴を所蔵している。出土時期や制作年代は前漢時代から中華民国期までの2千年余りにわたり、中国琴文化の重要な構成部分になっている。古琴の元の名は「琴」で、「七弦琴」「瑶琴」とも呼ばれる。中国で最も長い歴史を持つ楽器の一つで、かつての文人の四芸(四つのたしなみ)を指す言葉「琴棋書画(きんぎしょが)」の先頭を占める。2003年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の口承および無形遺産に関する傑作」にも選定された。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100605352

  • 1