KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 自民党
  • 衆議院議員
  • 参議院議員
  • 首相
  • 会見
  • 発足
  • 建設
  • 政治
  • 中央

「環境庁長官」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
551
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
551
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1955年03月01日
    建設相など歴任 小山長規

    池田、佐藤内閣で建設相、田中内閣の環境庁長官を務めた小山長規氏=1955(昭和30)年2月、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016042800226

  • 1964年02月06日
    (はら・ぶんべえ) 原文兵衛

    警視総監、公害防止事業団理事長、参議院議員、自民党、東京地方区、環境庁長官、グローブ・ジャパン(地球環境国際議員連盟)会長、参議院議長、「女性のためのアジア平和国民基金」理事長=1964(昭和39)年1月22日撮影

    商品コード: 2006101800102

  • 1964年08月06日
    (うえだ・みのる) 上田稔

    参議院議員、自民党、環境庁長官=1964(昭和39)年7月6日撮影

    商品コード: 2006113000050

  • 1964年10月08日
    (こやま・おきのり) 小山長規

    衆議院議員、宮崎2区、自民党、建設相、環境庁長官、勲一等受章=1964(昭和39)年9月11日撮影

    商品コード: 2006122000092

  • 1966年09月14日
    (おざわ・たつお) 小沢辰男

    衆議院議員、自民党、新潟1区、新潟赤十字センター長、建設相、環境庁長官、厚生相=1966(昭和41)年9月14日撮影

    商品コード: 2007031500062

  • 1966年10月14日
    (おおいし・ぶいち) 大石武一

    衆議員議員、民主自由党、自民党、宮城2区、参議院議員、自民党、初代環境庁長官、農相=1966(昭和41)年10月撮影

    商品コード: 1966101400002

  • 1966年11月17日
    (こやま・おきのり) 小山長規

    衆議院議員、宮崎2区、自民党、建設相、環境庁長官、勲一等受章=1966(昭和41)年11月17日撮影

    商品コード: 2007031500107

  • 1967年02月01日
    (あおき・まさひさ) 青木正久

    衆議院議員、埼玉4区、自民党、環境庁長官=1969(昭和44)年2月26日撮影

    商品コード: 2007062000063

  • 1967年06月09日
    (いしもと・しげる) 石本茂

    参議院議員、自民党、環境庁長官、日本看護協会副会長=1967(昭和42)年6月9日撮影

    商品コード: 2007051500100

  • 1967年12月15日
    (かじき・またぞう) 梶木又三

    参議院議員、全国区、自民党、環境庁長官=1989(平成元)年議員引退=1967(昭和42)年10月18日撮影

    商品コード: 2006041100049

  • 1967年12月15日
    (かじき・またぞう) 梶木又三

    参議院議員、全国区、自民党、環境庁長官、平成元年議員引退=1967(昭和42)年10月18日撮影

    商品コード: 1967121500002

  • 1968年02月15日
    (はら・ぶんべい) 原文兵衛

    警視総監、公害防止事業団理事長、参議院議員、自民党、東京地方区、環境庁長官、グローブ・ジャパン(地球環境国際議員連盟)会長、参議院議長、「女性のためのアジア平和国民基金」理事長=1968(昭和43)年2月8日撮影

    商品コード: 2006011700066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年03月03日
    (はら・ぶんべえ) 原文兵衛

    参議院議員、自民党、東京地方区、環境庁長官、参議院議長、グローブ・ジャパン(地球環境国際議員連盟)会長、「女性のためのアジア平和国民基金」理事長、警視総監、公害防止事業団理事長=1968(昭和43)年2月7日撮影

    商品コード: 1968030300004

  • 1968年05月09日
    (うえだ・みのる) 上田稔

    参議院議員、自民党、国務大臣、環境庁長官、元建設省河川局長(昭和39年)=1968(昭和43)年2月撮影

    商品コード: 1968050900001

  • 1969年03月01日
    (やまだ・ひさなり) 山田久就

    衆議院議員、自民党、東京8区、環境庁長官、外務省大使館参事官、外務省事務次官、駐ソ大使、勲一等受章=1969(昭和44)年3月6日撮影

    商品コード: 2007062000031

  • 1969年03月01日
    (こやま・おさのり) 小山長規

    衆議院議員、宮崎2区、自民党、建設相、環境庁長官、勲一等受章=1969(昭和44)年3月撮影

    商品コード: 2007062100078

  • 1969年03月01日
    (くじらおか・ひょうすけ) 鯨岡兵輔

    衆議院議員、東京6区、自民党、環境庁長官=1969(昭和44)年3月10日撮影

    商品コード: 2007062000029

  • 1969年03月01日
    (うえむら・せんいちろう) 上村千一郎

    衆議院議員、自民党、愛知5区、環境庁長官、憲法調査会長=1969(昭和44)年3月5日撮影

    商品コード: 2007061200074

  • 1969年03月01日
    (もうり・まつへい) 毛利松平

    衆議院議員、自民党、愛媛3区、国務相、環境庁長官、扶桑会役員、大和企業社長、党県連顧問、勲一等受章=1969(昭和44)年3月5日撮影

    商品コード: 2007061400033

  • 1969年03月01日
    (おおいし・ぶいち) 大石武一

    衆議員議員、民主自由党、自民党、宮城2区、参議院議員、自民党、初代環境庁長官、農相=1969(昭和44)年3月3日撮影

    商品コード: 2007061400127

  • 1969年04月01日
    (おざわ・たつお) 小沢辰男

    衆議院議員、自民党、新潟1区、新潟赤十字センター長、建設相、環境庁長官、厚生相=1969(昭和44)年4月2日撮影

    商品コード: 2007062100016

  • 1969年05月01日
    (いなむら・としゆき) 稲村利幸

    衆議院議員、自民党、栃木2区、環境庁長官、脱税で起訴(1991(平成3)年)=1969(昭和44)年3月撮影

    商品コード: 2007053000122

  • 1970年10月16日
    (つちや・よしひこ) 土屋義彦

    参議院議員、自民党、埼玉地方区、環境庁長官、参院議長、埼玉県知事=1970(昭和45)年7月30日撮影

    商品コード: 1970101600002

  • 1971年02月26日
    (いしもと・しげる) 石本茂

    参議院議員、自民党、環境庁長官、日本看護協会副会長=1970(昭和45)年9月16日撮影(石本しげる)

    商品コード: 1971022600001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1971年02月26日
    (はら・ぶんべえ) 原文兵衛

    参議院議員、自民党、東京地方区、環境庁長官、グローブ・ジャパン(地球環境国際議員連盟)会長、参議院議長、「女性のためのアジア平和国民基金」理事長、警視総監、公害防止事業団理事長=1970(昭和45)年10月14日撮影

    商品コード: 1971022600011

  • 1971年03月12日
    (かじき・またぞう) 梶木又三

    参議院議員、全国区、自民党、環境庁長官、平成元年議員引退=1970(昭和45)年7月30日撮影

    商品コード: 1971031200005

  • 1971年07月05日
    記者会見する新大臣 第3次佐藤改造内閣

    大石武一環境庁長官=1971(昭和46)年7月5日、首相官邸

    商品コード: 1971070500002

  • 1971年07月05日
    第3次佐藤改造内閣スタート

    初閣議後、記念撮影に納まる新閣僚。(前列左から)田中角栄通産相、福田赳夫外相、佐藤栄作首相、前尾繁三郎法相、(前から2列目左から)赤城宗徳農相、原健三郎労相、山中貞則総務長官、西村英一建設相、水田三喜男蔵相、(前から3列目左から)高見三郎文相、渡海元三郎自治相、丹羽喬四郎運輸相、木村俊夫国務相(経企庁長官)、(前から4列目左から)増原恵吉国務相(防衛庁長官)、広瀬正雄郵政相、中村寅太国務相(国家公安委員長、行政管理庁長官)、(前から5列目左から)竹下登官房長官、斎藤昇厚相、大石武一国務相(環境庁長官)、(最後列左から)高辻正己内閣法制局長官、小池欣一官房副長官、平泉渉国務相(科技庁長官)、三原朝雄官房副長官=1971(昭和46)年7月5日、首相官邸(46年内地3616)

    商品コード: 2010120700124

  • 1971年07月06日
    記念撮影 第3次佐藤改造内閣

    (手前左から)田中角栄通産相、福田赳夫外相、佐藤栄作首相、前尾繁三郎法相、(2列目左から)赤城宗徳農相、原健三郎労相、山中貞則総務長官、西村英一建設相、水田三喜男蔵相、(3列目左から)高見三郎文相、渡海元三郎自治相、丹羽喬四郎運輸相、木村俊夫経企庁長官、(4列目左から)増原恵吉防衛庁長官、広瀬正雄郵政相、中村寅太行管庁長官・国家公安委員長、(5列目左から)竹下登官房長官、斎藤昇厚相、大石武一環境庁長官、(最後列左から高辻正己法制局長官、小池欣一官房副長官、平泉渉国務相(科技庁長官)、三原朝雄官房副長官=1971(昭和46)年7月5日、首相官邸

    商品コード: 1971070600001

  • 1971年07月15日
    (かじき・またぞう) 梶木又三

    参議院議員、全国区、自民党、環境庁長官、平成元年議員引退=1971(昭和46)年7月15日撮影

    商品コード: 1971071500003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1971年07月23日
    (はら・ぶんべえ) 原文兵衛

    参議院議員、自民党、東京地方区、環境庁長官、参議院議長、グローブ・ジャパン(地球環境国際議員連盟)会長、「女性のためのアジア平和国民基金」理事長、警視総監、公害防止事業団理事長=1971(昭和46)年7月14日撮影

    商品コード: 1971072300013

  • 1971年08月02日
    環境庁で全国環境担当部局長会議

    第1回全国環境担当部局長会議であいさつする大石環境庁長官=1971(昭和46)年8月2日、東京都千代田区の都道府県会館(46年内地4320)

    商品コード: 2011012500199

  • 1971年08月05日
    (おおいし・ぶいち) 大石武一

    衆議員議員、民主自由党、自民党、宮城2区、参議院議員、自民党、初代環境庁長官、農相=1971(昭和46)年7月5日撮影

    商品コード: 2005091500014

  • 1971年09月20日
    美濃部都知事、環境庁長官と初会談

    大石環境庁長官(右)との初会談に臨む美濃部東京都知事。悪化し続ける地盤沈下と光化学スモッグ対策について、協力を申し合わせた=1971(昭和46)年9月20日、環境庁

    商品コード: 2011012600161

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1971年10月07日
    環境庁長官、瀬戸内海汚染を視察

    空から瀬戸内海汚染の実情を視察するためヘリコプターに乗り込む大石環境庁長官=1971(昭和46)年10月7日、神戸市東灘区魚崎浜町の海上自衛隊阪神基地隊ヘリポート

    商品コード: 2011012600208

  • 1971年10月13日
    大石環境庁長官、美ケ原を視察

    牧場の有刺鉄線を批判する大石環境庁長官(中央)=1971(昭和46)年10月13日、長野県・美ケ原

    商品コード: 2011020700137

  • 1971年10月13日
    大石環境庁長官、美ケ原を視察

    美ケ原の道路建設反対派から建設中止の陳情書を受け取る大石環境庁長官(右)=1971(昭和46)年10月13日、長野県・美ケ原

    商品コード: 2011020700136

  • 1971年12月23日
    (おおいし・ぶいち) 大石武一

    衆議員議員、民主自由党、自民党、宮城2区、参議院議員、自民党、初代環境庁長官、農相=1971(昭和46)年12月3日撮影

    商品コード: 2005071300067

  • 1972年01月25日
    大石長官がチッソ社長と会談

    大石武一環境庁長官=1972(昭和47)年1月25日、環境庁

    商品コード: 1972012500003

  • 1972年01月26日
    水俣患者、環境長官と会見

    大石武一環境庁長官と会見する水俣病患者の川本輝夫さん(中央)と佐藤武春さん(右)=1972(昭和47)年1月26日、環境庁(47年内地488)

    商品コード: 2010091300160

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年01月29日
    水俣病患者があっせん申し入れ

    あっせん依頼の正式文書を大石武一環境庁長官(左・後ろ姿)に手渡す水俣病新認定患者の川本輝夫さん(中央)=1972(昭和47)年1月29日、環境庁

    商品コード: 2010090300290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年02月23日
    水俣病補償第1回本交渉

    患者とチッソとの第1回交渉。正面中央は患者たち、左は大石武一環境庁長官、右手前はチッソの島田賢一社長=1972(昭和47)年2月23日、環境庁

    商品コード: 2010091500102

  • 1972年03月02日
    (あおき・まさひさ) 青木正久

    衆議院議員、埼玉4区、自民党、環境庁長官=1971(昭和46)年11月12日撮影

    商品コード: 1972030200002

  • 1972年03月08日
    水俣病補償第2回本交渉

    話し合う大石武一環境庁長官(左端)、島田賢一チッソ社長(手前右)、患者家族代表=1972(昭和47)年3月8日、環境庁(47年内地1632)

    商品コード: 2010102500052

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:33.60
    1972年03月10日
    「中日映画社」水俣からの告発~生きる証

    胎児性患者・田中実子さん(18歳)は昭和30年発病なのにやっと昨年12月に認定。熊本県水俣市の株式会社チッソが製造していたアセトアルデヒド(化学製品の原料になる)をつくる工程で触媒として用いた水銀が、工場排水として自然界に流され、それが有機水銀(メチル水銀)となり、生物濃縮で高濃度になった魚介類をたくさん食べた人から発症した(1956年頃が発生のピーク)。おもな症状は、感覚障害、運動失調、視野狭窄(きょうさく)、聴力障害などで、ひどい場合は脳を冒し、死に至る。また母親が妊娠中に水銀で汚染された魚介類を食べた場合、胎児水俣病が発症することがある。<映像内容>生まれたときから何もできず座っているだけの水俣病患者 抗議デモ 企業側との自主交渉 多量の水銀を含む工業排水 大石環境庁長官水俣訪問15歳の胎児性患者、※撮影日不明・公開日:1972年(昭和47年)3月10日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2017112100393

  • 1972年03月31日
    (おおいし・ぶいち) 大石武一

    衆議員議員、民主自由党、自民党、宮城2区、参議院議員、自民党、初代環境庁長官、農相=1971(昭和46)年12月3日撮影

    商品コード: 1972033100014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年04月22日
    環境庁長官と自主交渉派 自主交渉派がチッソと交渉

    チッソとの交渉で座り込んだ水俣病自主交渉派の患者代表と話し合う大石武一・環境庁長官(中央でマイクを向けられしゃがみ込む人物)=1972(昭和47)年4月22日、環境庁

    商品コード: 2008121000470

  • 1972年06月14日
    美濃部都知事、大石長官と会談

    大石武一環境庁長官(右)と会談する美濃部亮吉東京都知事=1972(昭和47)年6月14日、環境庁

    商品コード: 1972061400030

  • 1972年07月07日
    記念撮影する各閣僚 田中内閣発足

    初閣議後、首相官邸の庭で記念撮影する各閣僚。前列左から、中曽根康弘通産相、三木武夫国務相、田中角栄首相、大平正芳外相、小山長規環境庁長官、郡祐一法務相、2列目左から佐々木英世運輸相、浜野清吾行政管理庁長官、植木庚子郎大蔵相、稲葉修文部相、田村元労働相、木村武雄建設相、3列左から二階堂進官房長官、塩見俊二厚生相、増原恵吉防衛庁長官、福田一自治相、足立篤郎農林相、本名武総理府総務長官・沖縄開発庁長官、山下元利官房副長官、4列目左から小宮山重四郎総理府総務副長官、吉国一郎法制局長官、後藤田正晴官房副長官=7日(第1次田中内閣)

    商品コード: 2002080500059

  • 1972年07月07日
    記者会見する新大臣 田中内閣が発足

    小山長規環境庁長官=1972(昭和47)年7月7日、首相官邸

    商品コード: 1972070700007

  • 1972年07月20日
    (こやま・おさのり) 小山長規

    衆議院議員、宮崎2区、自民党、建設相、環境庁長官、勲一等受章=1972(昭和47)年7月10日撮影

    商品コード: 2005080300026

  • 1972年07月28日
    (こやま・おきのり) 小山長規

    衆議院議員、宮崎2区、自民党、建設相、環境庁長官、勲一等受章=1972(昭和47)年7月10日撮影

    商品コード: 1972072800006

  • 1972年08月02日
    三井金属、上告せず

    小山長規環境庁長官(右)に上告しないと伝える尾本三井金属社長=1972(昭和47)年8月2日、環境庁

    商品コード: 2004030500178

  • 1972年09月03日
    小山長官、釧路湿原視察

    釧路湿原を視察する小山長規環境庁長官=1972(昭和47)年8月29日

    商品コード: 2010111800202

  • 1972年10月01日
    (しが・せつ) 志賀節節

    議員秘書、衆議院議員、自民党、岩手2区、環境庁長官=1972(昭和47)年10月撮影

    商品コード: 2007101500147

  • 1972年11月09日
    (きたがわ・いしまつ) 北川石松

    衆議院議員、大阪7区、自民党、環境庁長官、大阪府会議員、1972(昭和47)年11月撮影

    商品コード: 2007102400107

  • 1972年11月11日
    (いわたれ・すきお) 岩垂寿喜男

    衆議院議員、社会党、神奈川2区、環境庁長官=1972(昭和47)年11月撮影

    商品コード: 2007102500071

  • 1972年11月17日
    (うえむら・せんいちろう) 上村千一郎

    衆議院議員、自民党、愛知5区、環境庁長官、憲法調査会長=1972(昭和47)年10月27日撮影

    商品コード: 1972111700028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年11月17日
    (いなむら・としゆき) 稲村利幸

    衆議院議員、自民党、栃木2区、環境庁長官、脱税で起訴(平成3年)=1972(昭和47)年10月19日撮影

    商品コード: 1972111700022

  • 1972年12月22日
    初閣議後の記念撮影

    初閣議を終え記念写真に納まる(前列左から)中曽根康弘通産相、三木武夫環境庁長官、田中角栄首相、福田赳夫行政管理庁長官、大平正芳外相、(2列目左から)坪川信三総務長官、田中伊三次法相、小坂善太郎経済企画庁長官、斎藤邦吉厚相(3列目左から)桜内義雄農相、増原恵吉防衛庁長官、江崎真澄自治相、新谷寅三郎運輸相(4列目左から)愛知揆一蔵相、金丸信建設相、奥野誠亮文相、加藤常太郎労相(5列目左から)山下元利官房副長官、小宮山重四郎総務副長官、前田佳都男科技庁長官、二階堂進官房長官、久野忠治郵政相(二階堂の右斜め前)、(最上段左から)吉国一郎法制局長官、後藤田正晴官房副長官=1972(昭和47)年12月22日、首相官邸

    商品コード: 2011020100138

  • 1972年12月22日
    (おざわ・たつお) 小沢辰男

    衆議院議員、自民党、新潟1区、建設相、環境庁長官、厚生相、新潟赤十字センター長=1972(昭和47)年10月20日撮影

    商品コード: 1972122200008

  • 1973年01月19日
    (くじらおか・ひょうすけ) 鯨岡兵輔

    衆議院議員、東京6区、自民党、環境庁長官=1972(昭和47)年10月撮影

    商品コード: 1973011900020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1973年03月20日
    水俣病1次訴訟判決

    中継のテレビを見る三木武夫環境庁長官=1973(昭和48)年3月20日、国会内

    商品コード: 2010101900493

  • 1973年06月08日
    (やまだ・ひさなり) 山田久就

    衆議院議員、自民党、東京8区、環境庁長官、外務省大使館参事官、外務省事務次官、駐ソ大使、勲一等受章=1972(昭和47)年10月17日撮影

    商品コード: 1973060800028

  • 1973年06月08日
    (もうり・まつへい) 毛利松平

    衆議院議員、自民党、愛媛3区、国務相、環境庁長官、勲一等受章=1972(昭和47)年10月23日撮影

    商品コード: 1973060800023

  • 1973年07月09日
    水俣病患者補償協定に調印

    これを機会に水俣をきれいな町にと患者家族を激励する三木環境庁長官=7月9日

    商品コード: 2005120100027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1973年07月09日
    水俣病患者補償協定に調印

    これを機会に水俣をきれいな町にと患者、家族を激励する三木武夫環境庁長官=1973(昭和48)年7月9日、環境庁

    商品コード: 2010111100033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1973年07月09日
    水俣病患者補償協定に調印

    補償協定書にサインするチッソ側の野口専務(左)と患者側田上義春東京交渉団長と川本三郎さん(その右後ろ姿)。正面左から立会人の沢田一精熊本県知事、三木武夫環境庁長官、馬場社会党衆院議員、日吉フミコ水俣市民会議会長=1973(昭和48)年7月9日、環境庁(48年内地 4780)

    商品コード: 2010111100031

  • 1973年07月09日
    水俣病患者補償協定に調印

    補償協定書にサインするチッソ側野口専務(左)と患者側田上東京交渉団団長、その右が川本さん。正面左から立会人の沢田熊本県知事、三木環境庁長官、馬場社会党議員、日吉水俣市民会議会長=7月9日、環境庁(48年内地4780)

    商品コード: 2005120100026

  • 1974年01月18日
    (やまざき・たつお) 山崎竜男

    参議院議員、自民党、青森地方区、環境庁長官=1973(昭和48)年12月撮影

    商品コード: 1974011800035

  • 1974年01月18日
    (うえだ・みのる) 上田稔

    参議院議員、自民党、環境庁長官=1973(昭和48)年12月撮影

    商品コード: 1974011800005

  • 1974年03月29日
    (みき・たけお) 三木武夫

    衆議院議員、自民党、徳島県、環境庁長官、元首相=1973(昭和48)年12月6日撮影

    商品コード: 1974032900026

  • 1974年06月05日
    三木長官がノーカー出勤

    閣僚のノーカー運動で地下鉄千代田線に乗車、職場に向かう三木武夫環境庁長官。5日は、国連主催の「世界環境デー」。第2回「環境週間」の“目玉商品”は、自然保護運動。全国各地で多彩な行事が繰り広げられた=1974(昭和49)年6月5日

    商品コード: 2011121300155

  • 1974年07月12日
    三木副総理が辞表提出

    辞表提出のため首相官邸に入る三木武夫副総理(環境庁長官)。参院選中から“金権選挙”など田中角栄首相の政治姿勢を批判してきたが、党の近代化に全力を尽くすため閣外に去る意向を伝え辞表を提出した=1974(昭和49)年7月12日、首相官邸

    商品コード: 2012012300120

  • 1974年07月12日
    三木副総理が辞表提出

    「長い間お世話になりました」と頭を下げる三木武夫前環境庁長官(副総理)。参院選中から“金権選挙”など田中角栄首相の政治姿勢を批判してきたが、党の近代化に全力を尽くすため辞任。後任には同じ三木派の毛利松平氏が就任した=1974(昭和49)年7月12日、環境庁

    商品コード: 2012012300121

  • 1974年07月25日
    (もうり・まつへい) 毛利松平

    扶桑会役員、大和企業社長、党県連顧問、衆議院議員、自民党、愛媛3区、国務相、環境庁長官、勲一等受章=1974(昭和49)年7月18日撮影

    商品コード: 2005051800014

  • 1974年07月26日
    (もうり・まつへい) 毛利松平

    衆議院議員、自民党、愛媛3区、国務相、環境庁長官、扶桑会役員、大和企業社長、党県連顧問、勲一等受章=1974(昭和49)年7月12日撮影

    商品コード: 1974072600016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年08月12日
    公害病補償に新制度

    毛利松平環境庁長官(左)に公害病補償などの答申書を手渡す和達清夫中央公害対策審議会会長。答申内容は、同審議会の環境保険部会が、ことし9月発足の公害健康被害補償制度適用の公害の種類、患者の認定条件、給付内容などの実施事項を決めたもの=1974(昭和49)年8月12日、環境庁

    商品コード: 2012020700109

  • 1974年09月13日
    (もうり・まつへい) 毛利松平

    衆議院議員、自民党、愛媛3区、国務相、環境庁長官、扶桑会役員、大和企業社長、党県連顧問、勲一等受章=1974(昭和49)年8月12日撮影

    商品コード: 1974091300011

  • 1974年12月09日
    三木新内閣がスタート

    初閣議を終え記念撮影する三木内閣の閣僚。前列左から福田赳夫経済企画庁長官(副総理)、三木武夫首相、大平正芳蔵相、2列目左から村上勇郵政相、長谷川峻労相、福田一自治相、3列目左から坂田道太防衛庁長官、松沢雄蔵行政管理庁長官、金丸信国土庁長官、4列目左から仮谷忠男建設相、宮沢喜一外相、稲葉修法相、小沢辰男環境庁長官、河本敏夫通産相、5列目左から井出一太郎官房長官、佐々木義武科学技術庁長官、田中正巳厚相、植木光教総務長官、6列目左から安倍晋太郎農相、永井道雄文相、最上段左から川島広守官房副長官、吉国一郎内閣法制局長官、海部俊樹官房副長官=1974(昭和49)年12月9日、首相官邸(49年内地 7836)

    商品コード: 2012062200271

  • 1974年12月09日
    三木内閣が成立

    初閣議を終え、首相官邸で記念撮影する三木内閣の閣僚たち。前列中央が三木首相=1974(昭和49)年12月9日(首相・三木武夫、法相・稲葉修、外相・宮沢喜一、蔵相・大平正芳、文相・永井道雄、厚相・田中正巳、農相・安倍晋太郎、通産相・河本敏夫、運輸相・木村睦男、郵政相・村上勇、労相・長谷川峻、建設相・仮谷忠男、自治相・国家公安委員長・北海道開発庁長官・福田一、官房長官・井出一太郎、総理府総務長官・植木光教、行政管理庁長官・松沢雄蔵、防衛庁長官・坂田道太、経企庁長官・福田赳夫、科技庁長官・佐々木義武、環境庁長官・小沢辰男、沖縄開発庁長官・植木光教、国土庁長官・金丸信)

    商品コード: 2004032900177

  • 1974年12月26日
    小沢長官が四日市を視察

    係員の説明を聞きながら四日市のコンビナートを視察する小沢辰男環境庁長官。9月に発足した公害健康被害補償法の実施状況と大気汚染公害の原点といわれる四日市の現状を見るため、就任後初の視察を行った=1974(昭和49)年12月26日、三重県四日市市内の中部電力

    商品コード: 2012062100125

  • 1974年12月26日
    (おざわ・たつお) 小沢辰男

    衆議院議員、自民党、新潟1区、新潟赤十字センター長、建設相、環境庁長官、厚生相=1974(昭和49)年12月9日撮影

    商品コード: 2005053100100

  • 1975年01月05日
    小沢環境庁長官が現地視察

    流出原油の回収作業状況などを聞き、厳しい表情の小沢辰男環境庁長官。右端は、王越漁協の三木高敏組合長。三菱石油水島製油所重油流出事故により“死の海”と化した瀬戸内海一帯の海洋被害状況を自衛隊ヘリから視察した後、香川県の海岸線を視察してハマチ養殖場で被害状況を聞いた=1975(昭和50)年1月5日、香川県坂出市王越地区

    商品コード: 2012071700082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年01月08日
    水島事故で知事市長会議

    瀬戸内海環境保全知事市長会議であいさつする議長の坂井兵庫県知事。その右は小沢環境庁長官=1975(昭和50)年1月8日、東京・麹町会館(小沢辰男)

    商品コード: 2005101100063

  • 1975年01月21日
    排出ガス対策で閣僚協

    自動車排出ガス対策閣僚協議会の初会合に出席した井出官房長官(手前右から2人目)と小沢環境庁長官(向こう側右から2人目)=1975(昭和50)年1月21日、首相官邸

    商品コード: 2005111600066

  • 1975年01月23日
    衆院公害・環境特別委

    水島製油所の重油流失事故について説明する渡辺武夫三菱石油社長(中央)左から2人目は大島俊夫三菱石油水島製油所所長、右は小沢環境庁長官=1975(昭和50)年1月23日、院内

    商品コード: 2005121300098

  • 1975年01月31日
    衆院予算委

    不破氏の排ガス規制問題の追及に春日環境庁大気保全局長(左)と打ち合わせする小沢環境庁長官=1975(昭和50)年1月31日、院内(小沢辰男)

    商品コード: 2006022800084

  • 1975年02月07日
    衆院予算、総括質問終わる

    衆院予算委員会で、排ガス規制の延期を要望した河本敏夫通産相(左後方)は、小沢辰男環境庁長官とヒソヒソ話。左手前は、宮沢喜一外相=1975(昭和50)年2月7日

    商品コード: 2012073100442

  • 1975年02月18日
    毛利松平

    毛利松平、政治、もうり・まつへい、死去・1985(昭和60)年5月24日、大和企業社長、自民党党県連顧問、衆議院議員9期、自民党・愛媛3区、外務政務次官、衆院大蔵委員長、環境庁長官、勲一等瑞宝章受章=1975(昭和50)年2月18日

    商品コード: 1975072900046

  • 1975年02月20日
    衆院予算委で集中審議

    衆院予算委「公害」「中小企業」問題集中審議で、春日環境庁大気保全局長(手前左)と打ち合わせる小沢辰男環境庁長官。左端は参考人の豊田英二日本自動車工業会会長。豊田会長は、排ガス規制問題で「53年度目標を達成できる見通しは立っていない。現在の状況では見込みがない…」と悲観的な答弁を行った=1975(昭和50)年2月20日

    商品コード: 2012080200645

  • 1975年02月25日
    山田久就

    山田久就、官庁、政治、やまだ・ひさなり、死去・1987(昭和62)年12月15日、外務省参事官、駐イラン大使、外務事務次官、駐ソ大使、衆議院議員4期、自民党・東京8区、環境庁長官、勲一等旭日大綬章受章=1975(昭和50)年2月25日

    商品コード: 1975072900051

  • 1975年04月06日
    皇居サイクリング道路開設

    開設された自転車専用の「パレスサイド・サイクリング道路」で自転車に乗る小沢辰男環境庁長官。「皇居前広場で自転車に乗ろう」-警視庁交通部の発案で、毎週日曜日午前10時~午後5時まで、皇居前広場の祝田門~乾門間と北の丸公園の延べ5・5キロにわたって車を締め出しサイクリング専用道路になる=1975(昭和50)年4月6日、皇居前広場

    商品コード: 2012092400081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年04月06日
    自転車に乗る小沢環境庁長官 皇居サイクリング道路開設

    開設された自転車専用の「パレスサイド・サイクリング道路」で自転車に乗る小沢辰男環境庁長官。「皇居前広場で自転車に乗ろう」-警視庁交通部の発案で、毎週日曜日午前10時から午後5時まで、皇居前広場の祝田門-乾門間と北の丸公園の延べ5・5キロにわたって車を締め出しサイクリング専用道路になる=1975(昭和50)年4月6日、東京・皇居前広場 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P51)

    商品コード: 2015030200383

  • 1975年04月14日
    (おおいし・ぶいち) 大石武一

    衆議員議員、民主自由党、自民党、宮城2区、参議院議員・自民党、初代環境庁長官、農相=1975(昭和50)年4月14日整理

    商品コード: 1975041400031

  • 1975年06月17日
    林大幹

    林大幹、政治、はやし・たいかん、死去・2004(平成16)年7月11日、衆議院議員6期、自民党・千葉2区、環境庁長官=1975(昭和50)年6月17日整理

    商品コード: 1975061700043

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年06月30日
    稲村利幸

    稲村利幸、政治、いなむら・としゆき、衆議院議員8期、自民党・栃木2区、環境庁長官、脱税で起訴(1990年)、1997年7月4日有罪確定=1975(昭和50)年6月

    商品コード: 1975091800007

  • 1975年06月30日
    鯨岡兵輔

    鯨岡兵輔、政治、くじらおか・ひょうすけ、死去・2003(平成15)年4月1日、衆議院議員12期、自民党・東京6区→10区→比例東京ブロック、環境庁長官、衆院副議長、勲一等旭日大綬章受章=1975(昭和50)年6月

    商品コード: 1975102300027

  • 1975年06月30日
    岩垂寿喜男

    岩垂寿喜男、政治、いわたれ・すきお、死去・2001(平成13)年3月7日、衆議院議員8期、社会党・神奈川2区、環境庁長官、勲一等瑞宝章受章=1975(昭和50)年6月

    商品コード: 1975122200015

  • 1975年07月17日
    (おざわ・たつお) 小沢辰男

    衆議院議員、自民党、新潟1区、新潟赤十字センター長、建設相、環境庁長官、厚生相=1975(昭和50)年6月20日撮影

    商品コード: 2005040500107

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6