KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 伝統
  • 家屋
  • 歴史
  • 記者
  • チベット
  • 上里
  • 交易
  • 千年
  • 商人

「瓦葺き」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    新地蔵と出島(ステレオ写真)

    梅香崎の丘陵地十人町東側から右手に新地唐人蔵、築町、出島方面を眺望したステレオ写真。築町には明治22年(1889)に建設された2階建て煉瓦造り瓦葺きの十八銀行が写っており、その時期の風景である。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:THE FAR EAST?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号115‐4‐0]

    商品コード: 2017081502372

  • -
    東大寺の鐘楼

    大仏殿の東側に位置する。現在の建物は東大寺勧進となった栄西が承元年間(1207~11)に再建したものである。天竺様と唐様を調和させた様式であり、入母屋造、本瓦葺きの建物である。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号30‐2‐0]

    商品コード: 2017080902108

  • -
    鯉のぼり

    原題は Boys Festival at Yokohama. 平屋建の小さな家が並んでいる。瓦葺きと並んで檜皮葺様の屋根も見える。都心から少しはずれた地域の写真と思われるが詳細は不明。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐82‐0]

    商品コード: 2017081401655

  • -
    鎌倉の大仏

    台座前方には銅造蓮弁(れんべん)が写る(4枚現存)。また、像左横の瓦葺き建物と、前面灯籠(とうろう)の笠に付く渦巻き状の張り出しが『ザ・ファー・イースト』1870年5月30日号の写真と同じであるので、これに近い時期の撮影と思われる。信仰の対象であり、現在お像に上がることは禁じられている。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐20‐0]

    商品コード: 2017081002771

  • -
    鎌倉の大仏

    像左後方に瓦葺きの建物がある。伯爵(はくしゃく)阿部家(旧福山藩主)の明治26年(1893)のアルバム『各地名所』所収写真にも同じ建物が写っており、本資料は同年を中心とした時期以降に撮影されたと推定できる。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐56‐2]

    商品コード: 2017081400628

  • -
    瀬戸内海大島

    英語で「瀬戸内海の入り口近くの大島」と解説されている。愛媛県の大島と思われる。潮の干満に合わせて船が着岸できる、船着き場が材木で組まれている。民家は山の斜面まで見られるが、瓦葺きの屋根が多い。=撮影年月日不明、愛媛、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐34‐0]

    商品コード: 2017080201826

  • -
    農家

    2軒の藁葺きの農家。それぞれの農家の人が小さく写っている。左の農家の前には物干しに洗濯物が干しており、右の農家には大八車がある。右手奥には2軒の瓦葺きの農家見える。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐16‐0]

    商品コード: 2017080400581

  • -
    茂木の家並み

    茂木の若菜川上流を高台から望む。若菜川は干潮のため水量は少ないが、満潮時は潮が流れ込んでいた。下流には木製の若菜橋が見える。屋根は瓦葺きが多いが、手前には何軒かの藁葺き屋根も見える。茂木は長崎、島原や大村と近く、歴史的には教会領、天領、島原領、代官領と支配が代わり、明治12年(1879)茂木村となった。昭和37年(1962)長崎市に編入された。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐38‐0]

    商品コード: 2017081502123

  • -
    黒谷金戒光明寺文殊堂

    黒谷金戒光明寺三門を三門北東側から西に望む。三門は万延1年(1860)に創建された。本瓦葺きの入母屋の重厚な大屋根を構える。裏側の正面には後小松天皇の宸翰「浄土真宗最初門」の勅額が掲げられ、右前には石橋が架かる。F.ベアド撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐26‐0]

    商品コード: 2017082300893

  • 1966年07月31日
    大詰めの岡山城再建

    戦災で焼失した岡山城の再建工事が進んでおり、屋根の瓦ぶきが始まった。天守閣の瓦は平瓦、巴(ともえ)瓦など約5万枚。頂上のシャチには金ぱくが張られる。再建工事は前年9月から始まり、天守閣と隣接する2階建ての塩蔵、廊下門、不明門、 雁 木 門と、これらを取り巻く長さ450メートルの塀が鉄筋コンクリートで造られる。=1966(昭和41)年7月ごろ、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112108748

  • 1972年04月01日
    与那国島・祖内の集落

    復帰を迎える与那国祖納の集落、瓦ぶき、カヤブキの家が並ぶ=1972(昭和47)年4月1日、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017072100527

  • 1976年09月06日
    高灯ろう建設完成絵図 灯ろう一基“3千両”なり

    金刀比羅の高灯ろう建設一件書と完成絵図。瀬戸内海を航行する船の目標になった100年前の灯台・金刀比羅の高灯ろう工費は、寄付金や講で賄い、その金3千両…。高さ約30メートル、下部は石を積んだ台座で、木造瓦ぶきの二層造り。油をたいて明かりをともし目印とした。1856(安政3)年に工事開始、同6年に完成した

    商品コード: 2014021700245

  • 1977年02月02日
    平城宮大内裏 1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から

    平城宮大内裏。左は第一次内裏、右は第二次内裏−築地塀に囲まれた朱塗り、白壁、瓦ぶきの殿舎が青空に映えて、ひときわ高いのが天皇の政務所・大極殿(写真ニュース「1300年前の奈良観光 平城京の復元模型から」6枚組の3)

    商品コード: 2014070100620

  • 1977年04月11日
    大仏殿下層大屋根 大仏殿の瓦ぶき工事始まる

    ジャンボ瓦が大屋根に勢ぞろい、瓦ぶき作業が始まった大仏殿下層大屋根。今度、大屋根に乗せられるのは計約11万枚。うち“昭和の新瓦”は約6万枚で、来年2月には終わる予定=1977(昭和52)年4月11日、奈良・東大寺

    商品コード: 2014072200145

  • 1977年11月01日
    井上新太郎さん 秋の叙勲

    製作中の古代瓦ぶきの模型の前で受章の喜びを語る井上新太郎さん=1977(昭和52)年11月1日、京都府相楽郡木津町の自宅

    商品コード: 2015010700352

  • 1977年12月20日
    大仏殿瓦ぶきほぼ完了

    急ピッチで進められる東大寺大仏殿大屋根の瓦ぶき

    商品コード: 2015031900159

  • 1978年03月23日
    東大寺大仏殿の大屋根 大仏殿瓦の葺き替え完了

    完了した東大寺大仏殿の大屋根(上層)の瓦ぶき。上方左右はシビ(鴟尾)。昭和大修理の主目的「瓦のふき替え」工事が、シビの金箔(きんぱく)押しを最後に完了した。着工以来5年ぶり=1978(昭和53)年3月23日、奈良市雑司町

    商品コード: 2015060800133

  • 2003年05月22日
    最初の瓦載せる大谷門主 西本願寺「瓦葺き上げ式」

    西本願寺・御影堂の「瓦葺き上げ式」で、最初の瓦を屋根に載せる大谷光真門主=22日午後、京都市下京区

    商品コード: 2003052200237

  • 2006年12月06日
    式典を行う関係者 瓦17万5千枚をふき始め

    東本願寺御影堂で行われた、瓦を屋根にふく「瓦葺き上げ始め式」=6日午前、京都市下京区

    商品コード: 2006120600058

  • 2007年10月24日
    西田中瓦窯跡の発掘現場 藤原宮の瓦焼いた窯跡発掘

    日本初の瓦ぶき宮殿・藤原宮の瓦を焼いた西田中瓦窯跡の発掘現場=24日、奈良県大和郡山市

    商品コード: 2007102400218

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月22日
    御影堂で瓦葺き納め式 瓦17万枚ふき替え終える

    東本願寺の御影堂で催された、屋根のふき替えを終える「瓦葺き納め式」=22日午前、京都市下京区

    商品コード: 2008052200185

  • 2009年02月12日
    迎賓館の門、瓦ぶき?

    奈良県・石神遺跡

    商品コード: 2009021200219

  • 2009年02月12日
    迎賓館の門、瓦ぶき?

    奈良県・石神遺跡

    商品コード: 2009021200220

  • 2009年02月12日
    迎賓館の門、瓦ぶき?

    奈良県・石神遺跡

    商品コード: 2009021200221

  • 2009年02月12日
    出土した屋根瓦 迎賓館の門、瓦ぶき?

    奈良県明日香村の石神遺跡で出土した屋根瓦=12日

    商品コード: 2009021200222

  • 2009年02月12日
    迎賓館の門、瓦ぶき?

    奈良県・石神遺跡

    商品コード: 2009021200227

  • 2009年02月12日
    石神遺跡の発掘現場 迎賓館の門、瓦ぶき?

    建物跡などが見つかった石神遺跡の発掘現場=12日、奈良県明日香村

    商品コード: 2009021200228

  • 2012年07月25日
    見つかった建物跡 “別格”の瓦ぶき建物か

    藤原宮の「東方官衙地区」で発見された建物跡。柱穴跡からは礎石の下に敷いていた石(左)も見つかった=25日、奈良県橿原市

    商品コード: 2012072500476

  • 2012年07月25日
    “別格”の瓦ぶき建物か

    奈良県橿原市・藤原宮跡

    商品コード: 2012072500497

  • 2012年07月25日
    “別格”の瓦ぶき建物か

    奈良県橿原市・藤原宮跡

    商品コード: 2012072500496

  • 2012年07月25日
    “別格”の瓦ぶき建物か

    奈良県橿原市・藤原宮跡

    商品コード: 2012072500498

  • 2012年07月25日
    “別格”の瓦ぶき建物か

    奈良県橿原市・藤原宮跡

    商品コード: 2012072500499

  • 2013年02月06日
    瓦ぶきの塀跡 讃岐国府の所在地が確定

    讃岐国府跡から見つかった瓦ぶきの塀跡=香川県坂出市

    商品コード: 2013020600330

  • 2013年06月28日
    報道陣に公開された正倉院 正倉院いよいよ瓦ぶき

    報道陣に公開された、屋根瓦のふき替えが目前に迫った正倉院=28日午前、奈良市

    商品コード: 2013062800132

  • 2013年06月28日
    瓦のふき替え目前の正倉院 正倉院いよいよ瓦ぶき

    屋根瓦のふき替えが目前に迫った奈良市の正倉院=28日午前

    商品コード: 2013062800135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月25日
    瓦を固定する大谷暢顕門首 10万枚の瓦ぶき始まる

    東本願寺・阿弥陀堂の瓦ぶきが始まり、軒丸瓦をくぎで固定する大谷暢顕門首(右)=25日午前、京都市下京区

    商品コード: 2013072500091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月25日
    阿弥陀堂の瓦ぶき 10万枚の瓦ぶき始まる

    東本願寺で始まった、阿弥陀堂の瓦ぶき。右は軒丸瓦を固定する大谷暢顕門首=25日午前、京都市下京区

    商品コード: 2013072500092

  • 2013年09月29日
    秋の山里の風景

    キーワード:屋外、屋根、家、家並み、瓦葺き、建物、山里、産業、実り、秋、集落、田んぼ、日本、農業、風景、無人、稲作、農作地帯、風景メイン写真=2013(平成25)年9月29日、愛媛県今治市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082900362

  • 2014年09月12日
    瓦ぶきが完了した阿弥陀堂 10万枚瓦ぶき完了

    瓦ぶきが完了した東本願寺の阿弥陀堂=12日午前、京都市下京区

    商品コード: 2014091200085

  • 2014年09月12日
    阿弥陀堂の屋根 10万枚瓦ぶき完了

    瓦ぶきが完了した東本願寺の阿弥陀堂の屋根=12日午前、京都市下京区

    商品コード: 2014091200111

  • 2014年09月12日
    瓦ぶきが完了した屋根 10万枚瓦ぶき完了

    約10万8千枚の瓦ぶきが完了した東本願寺の阿弥陀堂の屋根=12日午前、京都市下京区

    商品コード: 2014091200123

  • 2014年09月19日
    中世山城に瓦ぶき建物

    大阪府河内長野市・烏帽子形城跡

    商品コード: 2014091900660

  • 2014年09月19日
    中世山城に瓦ぶき建物

    大阪府河内長野市・烏帽子形城跡

    商品コード: 2014091900662

  • 2014年09月19日
    中世山城に瓦ぶき建物

    大阪府河内長野市・烏帽子形城跡

    商品コード: 2014091900665

  • 2014年09月19日
    中世山城に瓦ぶき建物

    大阪府河内長野市・烏帽子形城跡

    商品コード: 2014091900666

  • 2014年09月19日
    発掘調査現場 中世山城に瓦ぶき建物

    山城・烏帽子形城跡の発掘調査現場=17日、大阪府河内長野市

    商品コード: 2014091900687

  • 2018年05月11日
    黒住教武道館

    厳かな雰囲気が漂う黒住教武道館。柔道着姿の子どもたちの気合が館内に響く。釣り手で相手の襟をつかみ攻めていく瞳は皆、真剣そのものだ。宗忠神社(岡山市北区上中野)の一角に立つ黒住教武道館。300畳ほどの広さを持つ建物は、瓦ぶきの大きな屋根が印象的で厳かな雰囲気を漂わす。=2018(平成30)年5月11日、岡山市北区上中野、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061300673

  • 2018年06月05日
    朝日高校柔道場

    国の登録有形文化財で今も使われている朝日高の柔道場。朝日高(岡山市中区古京町)のグラウンドの一画。れんがの基礎の上に築かれた平屋の木造建物は、飾り気のない板張りが力強さを感じさせる。1世紀の歴史を持つ文化財ながら、今も現役の同高柔道場(約240平方メートル)だ。1919(大正8)年、旧制第六高等学校(六高、岡山大の前身)の柔道場として設けられ、50年代前半に六高跡へ移転した朝日高に引き継がれた。もともとの瓦ぶきから、鋼板製に変わった屋根を除き、骨組みや内外装の壁板は建築当時のまま。2011年、国の登録有形文化財に指定され、来年には築100年の節目を迎える。=2018(平成30)年6月5日、岡山市中区古京町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082122236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月21日
    ブルーシートをかける人ら 屋根瓦崩落、雨漏り懸念

    地震で被害を受けた瓦ぶきの屋根にブルーシートをかける人たち=20日、山形県鶴岡市

    商品コード: 2019062100006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月21日
    ブルーシートかける作業員 屋根瓦崩落、雨漏り懸念

    地震で被害を受けた瓦ぶき屋根にブルーシートをかける作業員=21日午前、新潟県村上市府屋地区

    商品コード: 2019062100590

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月21日
    シートかける作業員 屋根瓦崩落、雨漏り懸念

    地震で被害を受けた瓦ぶき屋根にブルーシートをかける作業員=21日午前、新潟県村上市府屋地区

    商品コード: 2019062100591

  • 2019年07月30日
    但馬の小京都 出石の町並み

    キーワード:なつかしい、レトロ、屋外、屋根、町並み、瓦葺き、観光、建物、時計台、出石、小京都、情緒、辰鼓楼、町家、日本、風景、風情、豊岡、豊岡市、無人、旅行、但馬、風景メイン写真=2019(令和元)年7月30日、兵庫県城下町、クレジット:KOICHI_UENO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042013628

  • 2019年07月30日
    但馬の小京都 出石の町並み

    キーワード:なつかしい、レトロ、屋外、町並み、瓦葺き、観光、建物、時計台、出石、小京都、城、情緒、辰鼓楼、町家、道路、日本、風景、風情、豊岡市、無人、旅行、但馬、出石城、大手前通り、風景メイン写真=2019(令和元)年7月30日、兵庫県城下町、クレジット:KOICHI_UENO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042013942

  • 2019年07月30日
    但馬の小京都 出石の町並み

    キーワード:なつかしい、屋外、町並み、瓦葺き、観光、建物、出石、小京都、城、情緒、町家、日本、風景、風情、豊岡市、無人、旅行、但馬、出石城、風景メイン写真=2019(令和元)年7月30日、兵庫県城下町、クレジット:KOICHI_UENO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042013890

  • 2019年07月30日
    但馬の小京都 出石の町並み

    キーワード:なつかしい、屋外、町並み、瓦葺き、観光、建物、出石、小京都、城、情緒、町家、日本、風景、風情、豊岡市、無人、旅行、但馬、出石城、風景メイン写真=2019(令和元)年7月30日、兵庫県城下町、クレジット:KOICHI_UENO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042013892

  • 2019年07月30日
    但馬の小京都 出石の町並み

    キーワード:なつかしい、レトロ、屋外、屋根、町並み、瓦葺き、観光、建物、時計台、出石、小京都、情緒、辰鼓楼、町家、道路、日本、風景、風情、豊岡市、無人、旅行、但馬、大手前通り、風景メイン写真=2019(令和元)年7月30日、兵庫県城下町、クレジット:KOICHI_UENO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042013893

  • 2019年07月30日
    但馬の小京都 出石の町並み

    キーワード:なつかしい、レトロ、屋外、屋根、町並み、瓦葺き、観光、建物、時計台、出石、小京都、情緒、辰鼓楼、町家、日本、風景、風情、豊岡市、無人、旅行、但馬、風景メイン写真=2019(令和元)年7月30日、兵庫県城下町、クレジット:KOICHI_UENO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042013534

  • 2020年05月14日
    ひょう被害の10日後に生産・生活の秩序を回復貴州省岑鞏県

    14日、岑鞏県の村民が住む伝統的な木造瓦ぶきの家屋。土を焼いた瓦は4日のひょうで全て壊れた。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県で4日午後にひょうが降り、羊橋トゥチャ族郷で最大直径70ミリのひょうが13分間降り続くなど、同郷や水尾鎮など四つの郷と鎮で大きな被害を受けた。このひょうで地域の生産と生活が深刻な影響を受け、45人が負傷し、3700戸以上の家屋が損壊したほか、面積4千ムー(約267ヘクタール)以上の農作物が被害を受け、数多くの車が損傷し、直接的な経済損失は9千万元(1元=約15円)に上った。地元では5日から大規模な復旧作業が行われており、わずか10日で生産・生活の正常な秩序がほぼ回復した。(岑鞏=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104739

  • 2021年01月19日
    奉神門の瓦ぶき始まる/首里城公園

    奉神門の屋根瓦をふく職人たち=2021(令和3)年1月19日、首里城公園、沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090903893

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    奉神門の瓦ぶき始まる/首里城公園 つち音響く

    火災で焼けた屋根に赤瓦をふく作業が進む奉神門=2021(令和3)年1月19日午後、首里城公園、沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090903943

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    首里城 奉神門の瓦ぶき始まる

    火災で焼けた屋根に赤瓦をふく作業が進む奉神門=2021(令和3)年1月19日午後、首里城公園、沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090903955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    首里城 奉神門の瓦ぶき始まる

    火災で焼けた屋根に赤瓦をふく作業が進む奉神門=2021(令和3)年1月19日午後、首里城公園、沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090903896

  • 2021年02月20日
    茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の住民が地元のブタで手作りした臘肉(ラーロウ、豚バラの干し肉)。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)=配信日:2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214225

  • 2021年02月26日
    (1)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮で糖画(べっ甲あめ細工)を描く子ども。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100700

  • 2021年02月26日
    (5)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、麺を打つ上里古鎮の住民。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103986

  • 2021年02月26日
    (3)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の街並み。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100382

  • 2021年02月26日
    (11)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の街並み。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100770

  • 2021年02月26日
    (14)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮に残る粉ひき小屋。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103414

  • 2021年02月26日
    (7)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の街並み。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103526

  • 2021年02月26日
    (12)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の一角。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100385

  • 2021年02月26日
    (13)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮に残る粉ひき小屋。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100766

  • 00:54.94
    2021年02月26日
    「新華社」茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。同鎮では、古い家屋が当時の状態のまま保存されている。多くが木造瓦ぶきの民家だ。地元の人によると、茶馬古道には3里ごとに宿場が置かれ、それぞれ上里、中里、下里と呼ばれたことが、鎮の名前の由来だという。街中では昔ながらの郷土料理「九斗碗(どんぶりを用いた9種類のセット料理)」「撻撻麺(ダーダー麺、幅広の手打ち麺)」「雅安大肉麺(豚角煮麺)」などが楽しめる。暖かな春の日差しの中、古鎮は今なお春節(旧正月)ムードにあふれている。(記者/康錦謙)=配信日:2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107428

  • 2021年02月26日
    (9)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の街並み。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100689

  • 2021年02月26日
    (10)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の名物料理。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100397

  • 2021年02月26日
    (4)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の入り口に設けられた新型コロナウイルス対策の検査所。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100697

  • 2021年02月26日
    (6)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の街並み。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100371

  • 2021年02月26日
    (2)茶馬古道の宿場町「上里古鎮」四川省雅安市

    20日、上里古鎮の一角。中国古代の交易路「茶馬古道」ではかつて、雲南、四川とチベットとの間などで茶や馬の交易が行われていた。商人の悠久の往来は、人的・文化的交流と民族の融合を導いた。茶馬古道上にある四川省雅安市雨城区の上里古鎮は、今でも昔ながらの商いの伝統を守り続けている。観光客のにぎわいと木造瓦ぶきの家屋は、千年の時を超えて茶馬古道の栄光の歴史を今に伝える。(雅安=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100708

  • 1