KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 歴史
  • 中華門
  • 古城
  • 説明
  • 全長
  • 千年
  • 外側
  • 建設

「甕城」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
80
( 1 80 件を表示)
  • 1
80
( 1 80 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  古都西安で中国とフランス芸術家の競演
    2018年09月17日
    古都西安で中国とフランス芸術家の競演

    17日、公演が行われた西安明代城壁の甕城。「第3回中国‐フランス文化フォーラム」共同文芸公演が、17日夜、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われた。中国とフランスの多くの芸術家が参加し、多元的な芸術要素を融合させた見事な演奏や演技などを披露した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120145

  •  古都西安で中国とフランス芸術家の競演
    2018年09月17日
    古都西安で中国とフランス芸術家の競演

    17日、「梁山伯と祝英台の沈思(ちんし)」を演奏するフランスの音楽家フィリップ氏(右)と中国の音楽家胡帥(こ・すい)氏。「第3回中国‐フランス文化フォーラム」共同文芸公演が、17日夜、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われた。中国とフランスの多くの芸術家が参加し、多元的な芸術要素を融合させた見事な演奏や演技などを披露した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092119904

  •  古都西安で中国とフランス芸術家の競演
    2018年09月17日
    古都西安で中国とフランス芸術家の競演

    17日、「黄河」を演奏する中国のピアニスト劉詩昆(りゅう・しこん)氏。「第3回中国‐フランス文化フォーラム」共同文芸公演が、17日夜、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われた。中国とフランスの多くの芸術家が参加し、多元的な芸術要素を融合させた見事な演奏や演技などを披露した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092119955

  •  古都西安で中国とフランス芸術家の競演
    2018年09月17日
    古都西安で中国とフランス芸術家の競演

    17日、「霓裳羽衣(げいしょううい)の舞」を演じる西安歌舞劇院の団員。「第3回中国‐フランス文化フォーラム」共同文芸公演が、17日夜、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われた。中国とフランスの多くの芸術家が参加し、多元的な芸術要素を融合させた見事な演奏や演技などを披露した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092119994

  •  中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露
    2018年09月22日
    中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露

    22日、楽曲「天山之春」を演奏する中国琵琶演奏家の章紅艶(しょう・こうえん)。中日平和友好条約締結40周年記念の文化イベントである「2018·長安回望」-中日文化交流イベントの開幕式およびライブイベントが22日、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われ、中日両国のアーティストがともに素晴らしいパフォーマンスを披露した。(西安=新華社記者/張博文)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620825

  •  中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露
    2018年09月22日
    中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露

    22日、楽曲「夢入江南」を披露する中国人アーティスト。中日平和友好条約締結40周年記念の文化イベントである「2018·長安回望」-中日文化交流イベントの開幕式およびライブイベントが22日、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われ、中日両国のアーティストがともに素晴らしいパフォーマンスを披露した。(西安=新華社記者/張博文)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620829

  •  中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露
    2018年09月22日
    中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露

    22日、楽曲「時の彼方に」を披露する日本人バイオリニスト、川井郁子。中日平和友好条約締結40周年記念の文化イベントである「2018·長安回望」-中日文化交流イベントの開幕式およびライブイベントが22日、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われ、中日両国のアーティストがともに素晴らしいパフォーマンスを披露した。(西安=新華社記者/張博文)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620777

  •  中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露
    2018年09月22日
    中日のアーティスト、古都西安でパフォーマンスを披露

    22日、民族音楽「錦鶏出山」を披露する中国人アーティスト。中日平和友好条約締結40周年記念の文化イベントである「2018·長安回望」-中日文化交流イベントの開幕式およびライブイベントが22日、中国陝西省西安市内の明代城壁の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)内で行われ、中日両国のアーティストがともに素晴らしいパフォーマンスを披露した。(西安=新華社記者/張博文)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620784

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.14
    2018年11月19日
    「新華社」完全な形で残る貴重な古城壁安徽省寿県

    中国安徽省淮南(わいなん)市寿(じゅ)県は中国の国家歴史文化名城(貴重な歴史・文化を有する都市を保護する制度)に指定されている。寿県には城郭都市を防衛するための城壁施設が、中国で唯一完全な姿で残っている。全長7147メートルの城壁は南宋時代に建設が始まり、れんがの壁と石の基礎の堅固な造りで、四つの門があり、それぞれの門には甕城(おうじょう、城門に加えられた二重あるいは三重の防御用城壁)が築かれ、完備された軍事防衛機能を擁するが、洪水を防ぐ能力も非常に高く、歳月の移り変わりを経て、今も独特な魅力を保っている。(記者/鄔金夫、張錚、董雪)<映像内容>完全な形で残る貴重な古城の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009741

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場となった城壁上で、子どもらに春聯の書き方を説明する書道家(右端)。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918475

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場で書道家が「福」の字を書くのを見学する子どもたち。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918625

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、南京市中華門甕城の城壁上でのイベントに訪れた市民。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918364

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベントの会場となった南京市中華門甕城の城壁。(小型無人機から)中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918742

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場で記念撮影する小学生。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919107

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、南京市中華門甕城の城壁上でのイベントに訪れた市民。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919168

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場となった城壁上で、書道家が「福」の字を書くのを見学する市民。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919129

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、城壁に掛けられる大型春聯の除幕式を行う来賓。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919133

  •  城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京
    2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、南京市中華門の甕城の城壁に掛けられた大型春聯。(小型無人機から)中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918611

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月27日
    修復続く清代の軍事都市「漢城」と「満城」新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区バルクル・カザフ自治県の漢城。西側の甕城と城壁は当時の姿をとどめている。西門「得勝門」は後に再建された。(6月27日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市のバルクル・カザフ自治県に「漢城」「満城」と呼ばれる清代の二つの軍事都市が今もその姿をとどめている。両都市がシルクロード北道の要衝の地に築かれ、既に200年以上の歳月が経つ。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703848

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.41
    2020年08月03日
    「新華社」前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。同遺跡の平面は方形をしており、南壁に1カ所だけ設けられた城門の外側に甕城が築かれている。門の内側には城の最上部へ続く石造りの階段がある。鶏鹿塞の北と南西にはのろし台が設置され、遠距離を隔て呼応していた。遺跡は2千年以上にわたる自然の浸食を受け、城壁が複数の箇所で倒壊するなど損傷が激しかった。そのため国家文物局の許可を得て、2016年10月に修復保護プロジェクトが開始された。修復工事では築城当時の材料と技法を用い、最小限の介入と原型保持の原則を堅持。城壁や甕城、角台、4カ所ののろし台などで補強工事を実施し、築城当時の姿を再現した。(記者/李雲平)<映像内容>軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405485

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の城壁。手前は見学用に設けられた通路。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402189

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の城壁。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402336

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の全景。(小型無人機から)中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402182

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡を見学する観光客。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402155

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の全景。(小型無人機から)中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402184

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の前に立つ文化財標識。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402201

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、城壁に囲まれた鶏鹿塞遺跡の内部。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402241

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の城壁。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402188

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の城壁。中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402211

  •  前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区
    2020年08月09日
    前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    9日、鶏鹿塞遺跡の全景。(小型無人機から)中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形または方形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402259

  •  蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省
    2021年01月20日
    蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、蒲州古城西門甕城の古城壁と城壁に設けられた排水系統。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703770

  •  蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省
    2021年01月20日
    蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、風化しまだら状になった蒲州古城の明代城壁。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703768

  •  (3)蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省
    2021年01月25日
    (3)蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、修復作業中の蒲州古城の西門甕城。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902884

  •  (4)蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省
    2021年01月25日
    (4)蒲州古城、西門甕城の修復進む山西省

    20日、蒲州古城西門甕城の門洞。中国山西省の文化財部門は昨年4月より、国の財政支援を受け、同省永済市にある蒲州(ほしゅう)古城の明代西門甕城(おうじょう、城郭の防御施設)の保護修復工事を実施している。11月の完成を見込む。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902891

  •  (7)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (7)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内を見学する来場者。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911191

  •  (4)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (4)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内を見学する来場者。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911184

  •  (2)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (2)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館の外観。(小型無人機から)中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911182

  •  (16)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (16)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内に展示された城壁のれんが。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911338

  •  (9)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (9)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内を見学する来場者。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911238

  •  (5)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (5)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内に展示された城壁のれんが。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911187

  •  (3)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (3)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館と周辺の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911181

  •  (10)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (10)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内を見学する来場者。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911244

  •  (15)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (15)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内に展示された城壁のれんが。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911294

  •  (13)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (13)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内に展示された黎川れんが窯。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911273

  •  (8)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (8)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、館内を見学する来場者。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911208

  •  (1)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (1)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館と周辺の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911177

  •  (6)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (6)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、展示品について説明するスタッフ。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911185

  •  (11)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (11)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館と周辺の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911251

  •  (12)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (12)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館と周辺の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911252

  •  (14)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (14)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館展示ホールの一角。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911270

  •  (17)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省
    2021年12月29日
    (17)南京城壁博物館が試験運営を開始江蘇省

    28日、南京城壁博物館の外観。中国江蘇省の南京城壁博物館が28日、試験運営を始めた。南京の南の城門、中華門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)東側にあり、延べ床面積は約1万3千平方メートル。館内には貴重な文化財2千点(組)余りが展示され、設計思想や建築技術、遺産伝承などの面から、南京城壁の歴史や文化、遺産的な価値を感じることができる。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911339

  •  (8)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (8)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907925

  •  (2)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (2)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。(小型無人機から)中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907910

  •  (9)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (9)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場で、基礎石材を修復する作業員。中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907921

  •  「新華社」盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    00:55.01
    2022年05月09日
    「新華社」盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(記者/楊世尭) =配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907909

  •  (4)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (4)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。(小型無人機から)中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907934

  •  (7)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (7)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907900

  •  (3)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (3)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。(小型無人機から)中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907937

  •  (6)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (6)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907940

  •  (5)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (5)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907906

  •  (1)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市
    2022年05月09日
    (1)盧竜県で明代城門などの修繕進む河北省秦皇島市

    7日、永平府城壁西門甕城の修繕工事現場。(小型無人機から)中国河北省秦皇島市盧竜県では、明代永平府城壁の西門と西門甕城(おうじょう、城門の防御施設)、西水門の修繕工事が進んでいる。永平府の城壁は、長城本体などと長城の防御体系を構成した。同市の明代長城の重要な構成部分でもある。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907905

  •  (2)千年の歴史ある石造りの町「呉堡石城」陝西省
    2022年06月18日
    (2)千年の歴史ある石造りの町「呉堡石城」陝西省

    7日、呉堡石城の甕城(おうじょう、城門の防御施設)前を散策する観光客。中国陝西省楡林市呉堡県にある「呉堡石城」は千年の歴史を持つ石造りの町で、面積は約10万平方メートル。高さ6~10メートル、周長1225メートルの城壁に囲まれている。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は保存・開発事業が進められている。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061806688

  •  (1)温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省
    2022年10月07日
    (1)温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省

    朔門甕城の遺構。(資料写真)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100710009

  •  (3)温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省
    2022年10月07日
    (3)温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省

    埠頭に堆積した磁器片。ほとんどが宋元時代の竜泉青磁だった。(資料写真)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100710014

  •  (2)温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省
    2022年10月07日
    (2)温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省

    北宋時代の斜面式埠頭。(資料写真)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100709818

  •  (3)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (3)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した埠頭遺構。(小型無人機から)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112946

  •  (4)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (4)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した古建築の基礎をシートで覆う発掘スタッフ。中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112947

  •  (14)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (14)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    朔門古港遺跡から出土した竜泉青磁。(組み合わせ写真)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101200013

  •  (10)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (10)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、温州市を流れる甌江(おうこう)。川中にあるのが江心嶼で、河畔の緑地の手前に見えるのが朔門古港遺跡。(小型無人機から)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101113023

  •  (9)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (9)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した埠頭遺構。(小型無人機から)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101113025

  •  (13)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (13)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    11日、温州市博物館の倉庫で、出土した竜泉青磁を点検する温州市文物考古研究所の職員。中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101113055

  •  (6)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (6)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で発掘を進めるスタッフ。中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたこと2021年末からのが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112948

  •  (12)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (12)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    朔門古港遺跡から出土した甌窯磁器(上段)、湖田窯磁器(中段)、建窯磁器。(組み合わせ写真)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101113044

  •  (7)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (7)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、甌江(おうこう)河畔にある朔門古港遺跡。(小型無人機から)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112938

  •  (8)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (8)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した異なる時代の建築物の堆積。中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112939

  •  (2)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (2)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した青磁片を見せる発掘スタッフ。中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112944

  •  (5)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (5)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した甕城遺構。(小型無人機から)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101112945

  •  (1)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (1)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    11日、温州市博物館の倉庫で、出土した竜泉青磁を点検する温州市文物考古研究所の職員。中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101200027

  •  (11)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省
    2022年10月11日
    (11)温州は海のシルクロードの重要拠点朔門古港遺跡の調査で実証浙江省

    10日、朔門古港遺跡で出土した溝渠遺構。(小型無人機から)中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。2021年末からの半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。(温州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2022(令和4)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101113027

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.04
    2022年10月15日
    「新華社」温州は海のシルクロードの重要拠点千年前の港の遺跡が証明浙江省

    中国浙江省温州市にある朔門古港遺跡の発掘調査で、温州が宋元時代の時点で南東部沿岸の重要商業港となり、海のシルクロードの重要拠点となっていたことが証明された。中国国家文物局が9月28日に開いた「考古中国」重大プロジェクト発表会で、浙江省文物考古研究所が発表した。東晋時代の初期に建設された温州古城は、同省を流れ、温州で海に注ぐ甌江(おうこう)の南岸に位置する。朔門古港遺跡は古城の北大門「朔門」の外、現在の鹿城区望江東路にあり、ほどなく海に注ぐ甌江に隣接している。2021年末に望江路地下道の建設に合わせて実施された考古学調査で存在が確認され、温州市文物考古研究所と浙江省文物考古研究所が合同で発掘調査を行った。半年余りの調査で、考古学者は古港と古城に関する重要な遺構を大量に発見した。年代は北宋から中華民国に及び、宋元時代を中心に最も古いものは千年前までさかのぼった。浙江省文物考古研究所の方向明(ほう・こうめい)所長は、今回の発掘で宋元時代と明清時代にそれぞれ建設された朔門甕城(おうじょう、城門の防御施設)の遺構が見つかったほか、千年間の川岸の変遷を証明する宋・元・明・清各時代の河堤、橋梁、水門などの建築遺構、全長380メートルの江岸埠頭(ふとう)群の遺構を発見したと説明した。埠頭群遺構の発掘では、宋代の埠頭8カ所と北宋期と南宋期の沈没船各1隻を発見。南宋の沈没船はすでに発掘と室内への移動を終えており、現在は脱水や補強などの処理が行われている。北宋の沈没船は現在も発掘が進められている。同遺跡では1トンを超す磁器片の堆積も注目を集めた。9割以上が宋元時代の竜泉窯磁器で、中国古陶磁学会の常務副会長を務める復旦大学の沈岳明(しん・がくめい)教授は、竜泉は甌江上流にあり、川を下って温州で海船に積み替えるのが竜泉青磁を輸出する最も便利なルートだったと指摘。古港は竜泉青磁が当時、海外で流行していたことの重要な証拠になると語った。方氏は「朔門古港遺跡は、中国の海洋考古学と都市考古学がここ数年で収めた重要な成果であり、海のシルクロードを最も詳しく解釈するものだといえる」と説明。遺跡は規模が大きく整っており、年代も明確で内容も豊かだとし、都市と港、航路が三位一体となった体系を形成していると総括した。(記者/殷暁聖、馮源、魏一駿) =配信日: 2022(令和4)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101512444

  • 1