KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 国家
  • 平成
  • 指定
  • 旧正月
  • 春節
  • 杭州
  • 演目
  • 無形文化財
  • 紹興市

「甘霖鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年02月03日
    無形文化財で新年を迎える 紹興嵊州市東王村

    3日、東王村の文化会館で出演を待つ高足踊り(足場の付いた一本の棒に乗って飛び跳ねる芸)の出演者。【新華社杭州】中国浙江省紹興嵊州市の甘霖鎮東王村で3日、村の文化会館で春節を迎えるイベント「村の春節の夕べ」が行われた。国家級無形文化財に指定される複数の演目が、年末の濃厚な雰囲気を村人にもたらした。紹興市によれば、同市は昨年末までに644カ所の農村文化会館建設した。今年は300カ所近くを増設し、豊かな農村文化を支援する。(新華社記者/翁忻旸)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600822

  • 2018年02月03日
    無形文化財で新年を迎える 紹興嵊州市東王村

    3日、東王村の文化会館で嵊州市の伝統芸能を披露する吹奏楽団。【新華社杭州】中国浙江省紹興嵊州市の甘霖鎮東王村で3日、村の文化会館で春節を迎えるイベント「村の春節の夕べ」が行われた。国家級無形文化財に指定される複数の演目が、年末の濃厚な雰囲気を村人にもたらした。紹興市によれば、同市は昨年末までに644カ所の農村文化会館建設した。今年は300カ所近くを増設し、豊かな農村文化を支援する。(新華社記者/翁忻旸) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600823

  • 2018年02月03日
    無形文化財で新年を迎える 紹興嵊州市東王村

    3日、東王村の文化会館で村民に紹興市の蓮花落(伝統的な俗謡の一種)を披露する出演者。【新華社杭州】中国浙江省紹興嵊州市の甘霖鎮東王村で3日、村の文化会館で春節を迎えるイベント「村の春節の夕べ」が行われた。国家級無形文化財に指定される複数の演目が、年末の濃厚な雰囲気を村人にもたらした。紹興市によれば、同市は昨年末までに644カ所の農村文化会館建設した。今年は300カ所近くを増設し、豊かな農村文化を支援する。(新華社記者/翁忻旸)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600836

  • 2018年02月03日
    無形文化財で新年を迎える 紹興嵊州市東王村

    3日、空から撮影した東王村の文化会館、獅子舞や龍舞を楽しむ村の人々。【新華社杭州】中国浙江省紹興嵊州市の甘霖鎮東王村で3日、村の文化会館で春節を迎えるイベント「村の春節の夕べ」が行われた。国家級無形文化財に指定される複数の演目が、年末の濃厚な雰囲気を村人にもたらした。紹興市によれば、同市は昨年末までに644カ所の農村文化会館建設した。今年は300カ所近くを増設し、豊かな農村文化を支援する。(新華社記者/翁忻旸) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600815

  • 2018年02月03日
    無形文化財で新年を迎える 紹興嵊州市東王村

    3日、東王村の文化会館で新昌調腔(新昌県を中心に流行する中国伝統的な戯曲の一種)を披露する出演者。【新華社杭州】中国浙江省紹興嵊州市の甘霖鎮東王村で3日、村の文化会館で春節を迎えるイベント「村の春節の夕べ」が行われた。国家級無形文化財に指定される複数の演目が、年末の濃厚な雰囲気を村人にもたらした。紹興市によれば、同市は昨年末までに644カ所の農村文化会館建設した。今年は300カ所近くを増設し、豊かな農村文化を支援する。(新華社記者/翁忻旸) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600806

  • 00:37.99
    2020年06月02日
    「新華社」築100年以上の古建築を曳家で移動浙江省嵊州市

    中国浙江省嵊州(じょうしゅう)市甘霖鎮蒼岩村に位置する古建築「基成台門」ではこのほど連日、作業員らが建物の基礎工事のために穴を掘り、曳家(ひきや)の準備を進めている。基成台門は大部分が木造であるため、現場での保護作業が非常に重要となるが、関連する全ての保護措置はすでに適切に施されたという。基成台門は清代末期から中華民国初期の建築で、100年以上の歴史を持ち、敷地面積は700平方メートル近くに上る。独特かつ緻密な構造と合理的な配置が特徴で、外部に面した屋根付きの門と中庭、外庭を備え、梁受けや格子戸に施された彫刻は精巧で美しい。保存状態が比較的良いため、伝統的な家屋を研究する上で高い資料的価値がある。今回実施されている公共事業のための土地収用に伴う移転作業では、建築面積約2万5千平方メートルが対象となっており、すでに9割で撤去を完了した。作業中は歴史的建築物に対して一連の保護措置を取っており、基成台門の曳家工事の他にも「街心亭」の移築、「高屋台門」や「兪家台門」などの主要部材に対する保護措置も施されている。(記者/許舜達)<映像内容>古建築「基成台門」の曳家の準備の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401845

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.40
    2020年07月29日
    「新華社」9日間で55メートル、浙江省で百年の古建築を曳家で移設

    中国浙江省嵊州(じょうしゅう)市甘霖鎮蒼岩村で7月29日、百年を越える古建築「基成台門」を建物ごと移動させる曳家(ひきや)作業が完了し、55メートルの移動に成功した。台門とは同省紹興地区で邸宅を意味する。基成台門の敷地面積は700平方メートル近くあり、建物の重量は300トンを超える。曳家作業は全てコンピュータ操作で行われ、移動速度と振幅を正確に制御しながら実施された。基成台門は清朝末期から中華民国初期にかけての建築で、洪水被害を避けるため7月21日に曳家を開始。作業は9日間で完了した。(記者/許舜達)<映像内容>古建築「基成台門」の曳家作業の様子、撮影日:2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080501199

  • 1