KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統文化
  • 無形文化遺産
  • 野生動物
  • 保存状態
  • 保護動物
  • 中国福建省
  • カイナン
  • ターミンジカ
  • 動植物資源
  • 熱帯雨林

「生きた化石」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
245
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
245
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯「岳雲衛国」の上演の様子。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/王洪君)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯「岳雲衛国」の一場面。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/呉昭紅)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯「岳雲衛国」の上演の様子。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/呉昭紅)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯「岳雲衛国」の一場面。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/王洪君)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯「岳雲衛国」の一場面。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/呉昭紅)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯の舞台裏の様子。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/王洪君)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    皮影戯、雲南省伝統演劇演芸合同公演に登場

    24日、皮影戯「岳雲衛国」の上演の様子。第2回雲南省伝統演劇演芸合同公演が23~27日、中国雲南省蒙自(もうじ)市で開催された。同市の紅河大劇院とその周辺の広場では、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」や同省の地方劇、滇劇(てんげき)など伝統的な演劇や演芸が交替で上演された。中国の民間に古くから伝わる伝統芸術「皮影戯」は、動物の皮や厚紙で作った人形の影絵をスクリーンに映して演じる芝居で、2千年以上の歴史を持つ。絵画と切り絵細工、語りと歌の演芸、伝統演劇が一体となった中国の伝統文化の「生きた化石」として知られている。(蒙自=新華社配信/馬秀娟)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場するモデル。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場したモデル。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場するモデル。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場したモデルら。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場するモデル。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーのオープニングセレモニーで、太鼓をたたく出演者。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場するモデル。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーで、リー族の伝統的な織物「竜被」を披露するモデルら。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    海南省海口市で伝統織物「黎錦」のファッションショー

    19日、「大美黎錦」ファッションショーに登場したモデル。中国海南省海口市の騎楼老街でこのほど、「大美黎錦(リージン)」ファッションショーが行われ、美しい民族衣装が大勢の観光客を魅了した。「黎錦」は海南省に住むリー族の女性に代々伝わる織物の伝統技法で、中国の紡績史の「生きた化石」と呼ばれている。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.94
    2020年11月03日
    「新華社」湖南省で絶滅危惧種のシダ植物「ヘゴ」を発見

    中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県の林業部門は、同県蔚竹口(うつちくこう)郷でこのほど、絶滅危惧種に指定される大型のシダ植物「ヘゴ」を発見したと明らかにした。10株が見つかり、測定の結果、平均の高さは1メートル、最も高いもので2メートル前後あることが分かった。ヘゴは「シダの王様」と呼ばれ、これまで確認されているシダ植物の中でも数少ない木生シダの一種。恐竜と同時代の植物であることから「生きた化石」とも呼ばれ、植物の起源や進化、古気候学を研究する上で重要な価値を持つ。(記者/柳王敏)<映像内容>シダ植物「ヘゴ」を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    5日、海南省の覇王嶺熱帯雨林で撮影したカンランアオヘビ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区で福州評話を披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さんの写真を撮る市民。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で陳燕彬(ちん・えんひん)さんが披露する福州評話の「八珍楼」を聞く市民や観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で福州評話を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    5日、海南省の覇王嶺熱帯雨林で撮影したタカサゴノキ属の紅花天料木(HomaliumhainanenseGagnep.)。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で陳燕彬(ちん・えんひん)さんが披露する福州評話の「八珍楼」を聞く市民。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で福州評話を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市

    5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で陳燕彬(ちん・えんひん)さんが披露する福州評話の「八珍楼」を聞く市民や観光客。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    5日、海南省の覇王嶺熱帯雨林で撮影したアカメガシワの一種、山苦茶(Mallotusoblongifolius(Miq.)Muell.Arg.)中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月04日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    4日、海南省の尖峰嶺熱帯雨林で撮影した多孔菌科のキノコ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月04日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    4日、樹齢千年に達するクヌギの一種、盤殻櫟(CyclobalanopsispatelliformisChun.)。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月04日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    4日、海南省の尖峰嶺熱帯雨林で撮影したクロヘゴ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月04日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    4日、海南大田国家級自然保護区の熱帯雨林で撮影したカイナンターミンジカ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月03日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    3日、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月03日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    3日、海南省の五指山熱帯雨林で撮影したキアノメラスルリモントンボ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.44
    2020年09月03日
    「新華社」モンゴル族のオルティンドー、時を超え歌い継がれる大自然の響き

    中国のモンゴル族には「オルティンドー」と呼ばれる独特の民謡が伝えられている。モンゴル語で「長い歌」を意味し、息の長い発声や高音を強調する特徴を持つ。2005年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第3回「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」リストに加わり、06年には国務院により第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。オルティンドーの伝承者、阿拉坦其其格(アラタン・チチゲ)さんは、ふるさとの内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗で、夏休み中の20日間を利用して子どもたちのためにオルティンドーの無料講座を開講している。オルティンドーは、北方の草原で生きる遊牧民の労働から生まれ、モンゴル族の人々が歴史・文化や道徳・習慣、哲学・芸術について抱く心境を、独自の言語によって表現している。ゆったりと長い旋律で明るくおおらかな境地を歌い上げ、「草原音楽の生きた化石」と呼ばれる。アラタン・チチゲさんは毎年夏休み前になると、各小中学校でオルティンドーに関する広報活動を行う。その際、声が向いている子どもを選抜し、無形文化遺産の伝承拠点で行う20日間の無料講座に招待する。これまでに青海省や甘粛省、内モンゴル自治区の赤峰市や包頭市などに8カ所の伝承拠点を設立、過去12年間で合計約千人の子どもたちを指導してきた。<映像内容>モンゴル族の民謡「オルティンドー」を歌う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月03日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    3日、海南省の五指山熱帯雨林で撮影した海南島固有のカマキリの一種、海南角螳(Ceratohaaniahainanensis)。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月03日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    3日、海南省の毛瑞林場熱帯雨林で撮影したモンキアゲハ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月03日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    3日、海南省の五指山熱帯雨林で撮影したクワズイモ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したクワガタムシ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したハナミョウガ属の植物、假益智(AlpiniamaclureiMerr.)。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したシマオオタニワタリ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したクスノキ科タブノキ属の一種、華潤楠(Machiluschinensis(Champ.exBenth.)Hemsl.)。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したクワ科の植物、フィカス・アルティシマ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したシオカラトンボの一種(OrthetrumtriangulareSelys,1878)。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したカナヘビ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    2日、海南省の百花嶺熱帯雨林で撮影したベニトンボ。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭))=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    1日、海南省の黎母山(れいぼさん)熱帯雨林。中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.94
    2020年08月14日
    「新華社」楽器の「生きた化石」青州挫琴、演奏はコーリャンの茎で

    中国古代の楽器「築」の流れをくむ挫琴(ざきん)は、千年以上の歴史を持ち、楽器の「生きた化石」と呼ばれる。中国山東省青州(せいしゅう)市に伝わる挫琴は独特な形状をしており、擦弦楽器としても弾弦楽器としても使える。2009年に山東省の無形文化遺産に登録された。挫琴の代表的伝承者の趙興堂(ちょう・こうどう)さん(74)は、コーリャンの茎を弓にして挫琴を弾く。ここ数年は100人余りの生徒に挫琴の制作や演奏技術を無料で教えており、「生きた化石」は脈々と受け継がれていく。(記者/張力元、王歓)<映像内容>挫琴の演奏の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見

    穂花杉の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.78
    2020年07月14日
    「新華社」モウコノウマ、今年上半期に41頭誕生新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地で今年1~6月、世界で唯一の現存する野生馬、モウコノウマが新たに41頭誕生した。大部分は人工飼育されていない野生馬だった。同自治区野生馬繁殖研究センターの馬新平(ば・しんぺい)主任によると、モウコノウマの繁殖期は5月から始まり6月にピークを迎える。カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区では、野生馬29頭、半野生馬6頭、人工飼育馬6頭が誕生した。モウコノウマは約6千万年の進化の歴史を持つ「生きた化石」で、世界でも約2千頭しか生息していない。同自治区内に生息するモウコノウマの個体数は現在、479頭まで増加している。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆ウイグル自治区のモウコノウマの様子、授乳の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見

    現代の穂花杉。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見

    穂花杉の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見

    穂花杉の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見

    穂花杉の化石の復元図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 01:21.58
    2020年06月18日
    「新華社」「生きた化石」オオヤマレンゲ続々開花河北省青竜満族自治県

    6月も中旬となり、中国河北省秦皇島市青竜満族自治県にある祖山国家地質公園ではオオヤマレンゲが競うように咲き始めた。オオヤマレンゲは中国語で天女木蘭、または天女花といい、第四紀氷河時代を生き延びた希少な花で「植物の生きた化石」と呼ばれ、世界的に貴重な樹種として知られる。オオヤマレンゲは涼しく湿潤な環境を好み、標高千メートル以上の日陰の斜面や谷間に生息する。オオヤマレンゲは現存する株が少なく、このように一定規模の株数がまとまって開花する光景は、世界的にも珍しい。(記者/郭雅茹)<映像内容>祖山国家地質公園の風景、開花したオオヤマレンゲ、撮影日:2020(令和2)年6月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月14日
    「生きた化石」オオヤマレンゲ続々開花河北省青竜満族自治県

    14日、祖山でオオヤマレンゲを鑑賞する観光客。中国河北省秦皇島市青竜満族自治県の祖山国家地質公園ではこのところ、「植物の生きた化石」と呼ばれるオオヤマレンゲ約2千株が続々と開花し、多くの観光客が鑑賞に訪れている。オオヤマレンゲは中国語で天女木蘭、または天女花といい、中国の国家2類保護植物となっている。第四紀氷河時代を生き延びた希少な花で貴重な植物として、中国の「保護すべき絶滅危惧植物リスト」に登録されている。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月14日
    「生きた化石」オオヤマレンゲ続々開花河北省青竜満族自治県

    14日、祖山で撮影したオオヤマレンゲ。中国河北省秦皇島市青竜満族自治県の祖山国家地質公園ではこのところ、「植物の生きた化石」と呼ばれるオオヤマレンゲ約2千株が続々と開花し、多くの観光客が鑑賞に訪れている。オオヤマレンゲは中国語で天女木蘭、または天女花といい、中国の国家2類保護植物となっている。第四紀氷河時代を生き延びた希少な花で貴重な植物として、中国の「保護すべき絶滅危惧植物リスト」に登録されている。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月14日
    「生きた化石」オオヤマレンゲ続々開花河北省青竜満族自治県

    14日、祖山でオオヤマレンゲを撮影する観光客。中国河北省秦皇島市青竜満族自治県の祖山国家地質公園ではこのところ、「植物の生きた化石」と呼ばれるオオヤマレンゲ約2千株が続々と開花し、多くの観光客が鑑賞に訪れている。オオヤマレンゲは中国語で天女木蘭、または天女花といい、中国の国家2類保護植物となっている。第四紀氷河時代を生き延びた希少な花で貴重な植物として、中国の「保護すべき絶滅危惧植物リスト」に登録されている。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.38
    2020年05月08日
    「新華社」梵浄山麓でハンカチノキの花を観賞貴州省銅仁市

    中国貴州省銅仁市の梵浄山国家級自然保護区は2018年7月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に登録された。ハンカチノキ(学名:Davidiainvolucrata)は1千万年前の新生代第三紀から残る「生きた化石」で、第四紀の氷河期に大半の地域で絶滅したが、中国南部の一部地域で生き残った。自然保護区の緩衝地帯にある同市江口県徳旺トゥチャ族ミャオ族郷壩梅(はばい)村のハンカチノキは現在、開花期を迎えており、花は真っ白なハトが風を受けて羽を広げた姿にも似た、個性的な美しさを見せている。(記者/劉勤兵、楊焱彬、呉思、汪軍)<映像内容>ハンカチノキの風景、ハンカチノキの花など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.10
    2020年04月29日
    「新華社」まるで白いハト、「ハトノキ」が見頃湖南省張家界

    中国湖南省張家界市に位置する武陵源風景区では連日雨が降る中、百株余りの「ハトノキ」(学名:Davidiainvolucrata)が咲き誇り、まるで林立する峰々の間を舞う白いハトのように、風に揺らぐ姿を見せている。「ハトノキ」はハンカチノキとも呼ばれ、「植物界の生きた化石」とされる。中国では国家1級重点保護野生植物に指定されており、毎年4~5月に見頃を迎える。(記者/姚羽)<映像内容>ハトノキの咲く風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月26日
    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護

    張家界市永定区の犀牛潭ダム跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月26日
    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護

    張家界市桑植県にある鴉雀洞発電所のダム堤体の撤去現場。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月26日
    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護

    撤去される前の永定区山羊渓発電所の建物。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)撤去される=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月26日
    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護

    張家界市永定区の山羊渓発電所跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月26日
    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護

    張家界市永定区の竜潭発電所跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月26日
    湖南省張家界市、ダム撤去でチュウゴクオオサンショウウオ保護

    張家界市桑植県の鴉雀洞発電所の建物跡地。(資料写真)チュウゴクオオサンショウウオは俗に「娃娃魚(ワーワーユー)」と呼ばれる中国の希少野生動物で、「生きた化石」と称される。中国湖南省張家界市は2年前から、複数の水力発電ダムを撤去して、チュウゴクオオサンショウウオの生息地の環境保全に努めている。(張家界=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:55.48
    2020年04月13日
    「新華社」重点保護鳥類コウライアイサを確認吉林省

    中国吉林省白山市撫松県の頭道松花江流域でこのほど、中国国家1級重点保護野生動物、コウライアイサの姿が捉えられた。同省森林公安局松江河森林公安分局の警官が監視カメラによる巡視中に発見した。コウライアイサは世界的に絶滅の危機に瀕しており、北東アジア地域で最も絶滅の恐れが高い水鳥の一種でもある。生息数は世界で2千羽に満たない。コウライアイサは2002年に国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種(EN)に指定され、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と称されている。今回確認されたコウライアイサは約10羽。地元の森林公安局は引き続き保護措置を強化し、繁殖と生息の安全を守る生態バリアを構築していく。(記者/周万鵬)<映像内容>野生のコウライアイサの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区

    3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサの群れ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区

    3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサの群れ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区

    3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサの群れ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区

    3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    世界的希少種のコウライアイサが飛来広西チワン族自治区

    3月31日、水面上を低く飛ぶコウライアイサ。野鳥愛好家がこのほど、中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県で国家1級重点保護野生動物のコウライアイサを発見し、その姿を撮影した。コウライアイサは1千万年以上前から生息していた中国の固有種で、開けた河川や湖沼に生息し、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:12.32
    2020年03月14日
    「新華社」パンダより希少な中国ビーバー、生息数500頭超える

    動物界の「建築家」「生きた化石」と呼ばれるビーバーは、生態環境の改善に重要な役割を果たしている。中国新疆ウイグル自治区のアルタイ地区では、地元政府と民間公益団体の保護により、域内に生息するヨーロッパビーバーの中国固有種「蒙新河狸」(学名:Castorfiberbirulai)の数が500頭を超えた。新疆瞳之初自然保護協会の責任者、初雯雯(しょ・ぶんぶん)さんは「コクトカイ県のウルングル川流域でこのほど、5頭のビーバーが氷の上で食事をしているのを初めて観察できた」と語った。同協会は2018年からアルタイ地区林業局と共同でビーバーの生態観測と保護活動を行っている。ビーバーは生態環境の変化に非常に敏感だと言われる。蒙新河狸は中国で一級重点保護野生動物にしてされており、絶滅の危機に瀕したこともある。初さんは「蒙新河狸は生態環境を改善することができる。彼らが作るダムは小さな生息環境を形成し、多くの生物種を取り込み小さな生態循環を作り出している。同時に洪水のリスクも抑えることができる」と語る。アルタイ地区はここ数年、生態保護に力を入れている。野生動物の巡回保護制度を整備したほか、川辺の林で重点的にフェンスの設置や管理保護、植樹造林を実施したことで、ビーバーの生存環境は大きく改善された。最新の統計によると、域内の蒙新河狸の生息数は162群、510頭となっている。(記者/孫哲)<映像内容>野生のビーバーの様子、撮影日:2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    Woolmaker

    19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: Male flower cones hang from branches of a woolly plant. For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique chance for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    Woolmaker

    19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique opportunity for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger//dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    Woolmaker

    19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique opportunity for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    Woolmaker

    19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: Lars Leonhard, the university‘s district gardener, is standing on a ladder and looking at flower cones of a rare woolly plant. For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique chance for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    Woolmaker

    19 February 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: For the past twelve years, a rare species of wool-mill, a conifer that was thought to have died out over 50 million years ago, has been growing under the 18-metre-high glass dome in the university‘s Botanical Garden. The living fossil was only rediscovered in 1994 in a gorge near Sydney (Australia). Female and male flower cones are now growing on the branches for the first time. A unique opportunity for botanists to breed new specimens of the plant dinosaur. Photo: Horst Ossinger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    馬尾繍を刺繍するスイ族の女性。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月08日
    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村

    代頭村の民家内部。(資料写真)中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    海南覇王嶺熱帯雨林で撮影したナンバンギセル。(2019年10月26日撮影)中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    海南覇王嶺熱帯雨林で撮影したヒメガエル。(2019年10月26日撮影)中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    海南省の覇王嶺熱帯雨林で撮影したセンリョウ。(2019年10月26日撮影)中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    海南覇王嶺熱帯雨林で撮影したカンムリワシ。(2019年10月26日撮影)中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月25日
    動植物の宝庫、海南省の熱帯雨林を訪ねて

    海南省の覇王嶺熱帯雨林で撮影したカイナンテナガザル。(2019年10月25日撮影)中国海南省には、国内で最も動植物の分布が集中し、保存状態が最も良く、面積も最大の熱帯雨林が広がっている。世界の熱帯雨林を構成する一員として、景色が美しいだけでなく、国家1級保護動物のカイナンテナガザルやカイナンターミンジカなど多くの野生動物や、「植物界の生きた化石」と呼ばれるヘゴなどさまざまな植物が生息しており、動植物資源の宝庫と言える。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月25日
    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村

    10月25日、空から見た湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村の村落建築。(小型無人機から)中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月25日
    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村

    10月25日、代頭村。(小型無人機から)中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3